« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

水場にて (at the waterhole)

昨日は多摩川の後、公園の水場で過ごしました。いろいろな小鳥たちが水浴びに来ます。

Img_3602Narcissus Flycatcher

ここに居ついているキビタキの♀です。単独でやって来ます。

Img_3635Eastern crowned willow warbler

たぶんセンダイムシクイだと思うのですが、よくわかりません。シジュウカラやエナガとの混郡でやって来て
水浴びしていきました。

Img_3766???

さて、今、水浴びしているのは、誰でしょう?


Img_3762Long-tailed Tit

この様子からするとエナガさんだったようです。野鳥たちの行水はそれなりに意味があり池も大事な場所なのです。











2013年9月28日 (土)

カラスのモビングを受けるノスリ(Eastern Buzzard and Crow)

晴れた早朝大空ではノスリがカラスにモビングされています。

Img_3361
最近多摩川にオオタカが出没します。今日も木の上にいましたが、寸でのところで、逃しました。

Img_3394
ちょっと経つと、今度は大空にカラスに追われる猛禽がいます。ノスリのようです。
オオタカだと思っていましたが、Satoさんから指摘されました。

Img_3496
青空にノスリの姿がきれいに映ります。

Img_3498
今日はこの後公園に向かいました。



2013年9月22日 (日)

キビタキ(♀) (Narcissus Flycatcher)

公園の水場もそろそろ南へ帰る鳥さんの休憩場所になって来ました。運の良い人は色んな鳥さんを見られます。

Img_2959
ミズキの実を食べた後、水浴びやのどを潤しに水場にやって来ます。今日はメスのキビタキがシジュウカラと
一緒にやって来ました。

Img_2961

鳥さんの動きが早く追い切れませんが、なぜかキビタキはゆったり構えています。

Img_3003

枝から池に降りてきてもゆったりと周りを見渡し、急ぐ様子はありません。これがオスとなるとそうはいかないと思いますが・・・

Img_3004

メスは肝が据わっているというか、大したものです。やっとシーズン到来の公園です。長いこと待ったかいがありました。



2013年9月17日 (火)

オオタカ (Northern Goshawk)

台風一過の公園を歩いていると一番高いヒマラヤスギのてっぺんに何かいます。
ここのところ早朝散歩を再開して時々歩いていたのですが、鳥さんに出会ったのは、久しぶりです。

Dsc_2436

よく見るとオオタカのようです。澄み切った青空をバックに何やら獲物を探しているようです。この公園でオオタカに
出くわしたのは初めてでした。思わずシャッターを押し続けてしまいます。

Dsc_2437

ちょっと遠いのでへなちょこ一眼では、よく見えません。仕方ないのでずるしてトリミングしてみました。

Dsc_2439


少しは大きく見えます。今日は何か得した気分です。調子に乗って明日も早朝散歩をしてみましょう。




2013年9月16日 (月)

ガビチョウ (Hwamei)

昨日今日とミズキの木の前でずっと待っていましたが、何も来ませんでした。あまりに寂しいので、
ガビチョウですが、掲載します。

Img_2843
ガビチョウはいわゆる篭脱けですが、野山に繁殖し、その声をとどろかせています。
目元が白の縁があり、特徴的ですが、このガビチョウはその内側の青いところが濃い感じがします。

Img_2844
鳥見の人には不人気ですが、何も来ないのでちょっと載せてみました。



2013年9月14日 (土)

ミズキにて

今年は公園の木々が実をいっぱいつけています。エゴノキ、マユミ、そしてミズキとどの木も豊作です。

Img_2778
この実がいっぱい成った木に鳥さんがやって来てその実をおなかっぱい食べるのです。
旅の途中の鳥さんは、これからの長旅に備えて、またいつもいる鳥さんも冬になって食べ物がなくなる前に
食いだめです。

Img_2791
本当は別の鳥さんを待っていたのですが、いつもの鳥さんがやって来てミズキの実を食べていました。

Img_2801

それでもそんな鳥さんに交じって珍しいお客さんもちゃっかり食べていました。今日は残念ながら撮影失敗ですが・・・・



2013年9月11日 (水)

モズ (Bull-headed shrike)

そろそろ鳥さんの観察場所を公園に移す時期かな~などと思いつつ名残惜しく河原を歩いていると
はるか遠くにモズがいます。

Img_2631

なぜか久しぶりにモズを見たような気がします。よく見ると喉元が膨らんだりへっこんだりしています。

Img_2671


こちらまで聞こえませんが鳴いているのかもしれません。

Img_2678

本当は、中洲の流木に猛禽でもいないかなと双眼鏡で覗いてみたのですが・・・




2013年9月 8日 (日)

コシアカツバメ (Red-ramped swallow)

電線にコシアカツバメが止まっています。図鑑によると腰が赤く、尾羽が非常に長く翼が大きいとあります。

Img_2491_2
確かに翼は幅が広い感じがしますが、尾羽はさほど長くありません。幼鳥でしょうか。

Img_2578_2
空を見上げると、相当数のコシアカツバメが飛んでいます。図鑑には本州中部以西で多いとありますが、
これも温暖化の影響でしょうか。

Img_2597_2
時々親鳥が下りてきて餌を与えています。

Img_2551_2

他にも幼鳥らしいのは何羽かいますが、こいつだけは電線を離れません。親鳥も時々
聡にきて、何か言っているように見えます。
鳥の世界も子育ては大変です。

Img_2558_2









2013年9月 3日 (火)

ヤマガラ (Varied tit)

水場には、行水に来たヤマガラもいましたが、なかなか順番が来ず長いこと待たされていました。

Dsc_2128
その上、やっと来た順番にもなにやら、もぞもぞしてなかなか行水もしませんでした。

Dsc_2134
それでもじっと見ているとそっとおしとやかに水浴びし、さっと引き上げました。



2013年9月 1日 (日)

コゲラ (Pygmy Woodpecker)

いつの間にか9月になってしまいました。そろそろ公園もチェックしておかないといけない時期になりました。

Dsc_1999
水場では驚くほど留鳥がいっぱい来ていました。晴天が続くせいでしょうか、水浴びや水を飲みにやって来ています。

Dsc_2005

水場について5分もしないうちにおなじみさんがいっぱいやって来てくれました。しばらく放っておいてしまいましたが、
元気にやっていそうです。

Dsc_2016
中でもコゲラはすぐ近くまでやって来て、こちらが焦ってしまいます。

Dsc_2029

ちょっと居ただけで、数種類の鳥さんがやって来ます。やっぱり公園はいいな~。


Dsc_2036

そろそろ、注意して周りを見渡していないといけません。






« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ