« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

ルリビタキ♀ (Red-flanked bluetail)

いつの間にか公園に冬鳥がいっぱい入っていました。今朝は写真もいっぱい撮ったので、今週は順次ご紹介できます。
まずは、ルリビタキ(♀)からにしましょう。

Dsc_5119
暖かな、日差しの中にケッツケッツケッツと鳴いて出てきてくれました。久しぶりのご対面です。

Dsc_5171
ベンチに座って見ていると、そろそろ終わりのモミジに入ってくれました。

Dsc_5188
サービスよくポーズをとってくれます。久しぶりに出会えてうれしい限りです。


Dsc_5191
あまりにも、サービスしすぎて足を滑らせてしまいました。
楽しい冬の幕開けになりそうです。







2013年11月26日 (火)

河原にて (at the shore of the river)

多摩川の河原を歩いていると突然足元から、鳥が飛びだすことがあります。バタバタバタと飛んで、先に降ります。
その後ひょこひょこと先導してくれます。ヒバリです。

Dsc_4211_2Eurasian skylark

そうかと思うとパッと飛んで木の枝にとまり、じっと動かない鳥もいます。まるで木トンの術でも使っているようです。
葉に隠れてよくわかりませんが、オオジュリンのようです。

Dsc_4009_2Reed bunting

足元に気を取られていると頭上に鳥の気配がして見上げると、なんとミサゴではないですか、シャッターチャンスを逃してしまいました。

Dsc_4198_2Osprey

もうちょっと早く気づいていれば、もう少しいい写真が撮れたのに残念です。それでも以前はデジスコ担いでの移動
だったので、とってもこんな写真撮れませんでしたから、良しとしますか。






2013年11月25日 (月)

タヒバリ (Water Pipit)

多摩川の川沿いを歩くと久しぶりに見るタヒバリが歩いています。セキレイの仲間だというのに、夏場はアラスカ方面に
避暑に行っているらしです。

Dsc_4145
冬になると本州以南へ戻ってきて、過ごすということですが、なかなかこの飛び方で長旅は大変でしょう。

Dsc_4169


あっちこっちで見かけますが、今シーズンは初めてです。目がくりくりしてかわいいのは、やはりセキレイの
仲間だからでしょうか。

Dsc_4186

しょっちゅう見かけるセグロセキレイやハクセキレイには普段、目もくれないのに、現金なものです。

Dsc_4194








2013年11月24日 (日)

ツグミ (Dusky thrush)

早朝の多摩川で今年初めてツグミを見つけました。冬鳥は続々と来ているようですが、ちょっと見ると、
すぐ居なくなってしまう今年の風潮です。

Dsc_3906

このツグミもどこかへ行ってしまうのでしょうか?公園では、ツグミの仲間を見かけましたが、さっと飛ばれました。

Dsc_3914


まだ、明けきらない朝なので、冬のような感じが出て、ツグミには合っているかもしれません。

Dsc_3918




2013年11月19日 (火)

ユリカモメ (Black-headed Gull)

秋風に乗って、白い鴎が多摩川を遡上します。あれはユリカモメです。自分では判断できないのですが、常連の
ベテランさんがそう言っていたので、間違いないでしょう。

Dsc_3715
下流からすごい勢いで近づいて来て、あっという間に目の前を通り過ぎてゆきます。
飛ぶ姿は、ぴか一です。

Dsc_3724
3羽の編隊でしたがきれいな飛行を見せながら、上流へ消えて行きました。



2013年11月17日 (日)

ヤマガラ (Varid tit)

先週は、ウソが入っていたので、今週は楽に撮れるだろうと高をくくっていたのですが、あにはからんや、何もいません。
公園中歩きましたが、何も見つけることができません。いったいどうしたんでしょう。
それでもヤマガラはニイニイと飛び回っています。

Dsc_3568
先週ウソがいた場所にいて、エゴノキに止まっては、実を採食します。

Dsc_3574
公園の北斜面なので、やっと日が差し始めたところです。狙いの鳥さんではありませんが、仕方ありません。

Dsc_3581
ヤマガラでも居てくれると、ほっとします。冬鳥もさーっと入って来てさーっと、どこかへ行ってしまった感じです。

Dsc_3604
焦らずに待っていれば、また、現れてくれるでしょう。







2013年11月16日 (土)

シメ (Hawfinch)

冬鳥がいっぱい入って来てうれしい限りです。今日も多摩川から始めました。さっそく桐の木の上にシメを見つけました。

Dsc_3405

シメ特有のペキペキという鳴き声ですぐに居場所がわかります。

Dsc_3407
朝陽に当たって気持ちよさそうです。公園にはまだ来ていないようですが、ここでは見るのは二度目です。

Dsc_3418

ここのところ、気温が一気に下がって寒さで凍えていたのですが、今日は暖かです。







2013年11月10日 (日)

ジョウビタキ (Daurian Redstart)

最近は日の出の時間が遅くなり、したがって早朝の鳥見も遅くなりました。多摩川に出かけますが、
誰も居ません。天気予報通り南風が吹いていました。さしたる成果もなく帰り掛け、ジョウビタキのカップルに出会いました。

Dsc_3187
二羽で仲良く遊んでいます。

Dsc_3189
この季節仲良くしているのは、珍しいのではないでしょうか。

Dsc_3195
地面に降りたり、策に上がったり、忙しくしています。

Dsc_3203
天気も良くなかったので、薄暗かたのですが、楽しそうなジョウビタキが見れただけでも、良しとしましょう。




2013年11月 9日 (土)

うそ (Eurasian Bullfinch)

実はずっと欲しかったレンズをついに購入したのです。朝から早く出かけたくてうずうずしていましたが、
用事があって出かけたのは9時ころでした。歩くこと数万歩、今日一日で三日分の歩数を稼いで
しまいました。さて、何はともあれ、レンズの性能評価です。いっぱい撮りましたが、今日は久しぶりに
再会したウソを撮ったので、それで見てみましょう。

Dsc_3083
去年最初に見つけたムラサキシキブに来ていました。

Dsc_3086
確認できたのはメスだけですが、あちこちで鳴き声は聞こえました。

Dsc_3087

天気が悪く薄暗かったので、きれいに撮れません。それでも前のへなちょこレンズより
幾分良いようです。これでまずい場合は、カメラを買い替えるか、腕を上げるしかありません。





2013年11月 6日 (水)

キジ (Green Pheasant)

そう言えば、この前の月曜日は猛禽が出るまできょろきょろしていましたが、崖のところにキジの声がしたので、
目を向けると草陰に確かにキジがいました。

Img_7536
草むらでどこにいるかわかりませんが、よく見ると隠れています。しばらくすると、のこのこ崖を昇り始めます。

Img_7658
時々、地面の何かを捕えて食べていましたが、崖の途中まで登って、姿を消してしまいました。



2013年11月 5日 (火)

飛びもの (Flying birds)

昨日は小雨交じりのはっきりしない天候でした。午前中に行った時も多摩川には誰も居ませんでした。
それでも、北東の風が少し吹いて絶好の条件ではありました。デジスコで飛びものの撮影練習にはもってこいの一日です。
午前中の薄暗い時には、川面をアオサギが飛びます。

Img_7437Grey heron

午後からも練習に励みます。飛んできたのはセグロカモメのようです。3羽編隊でしたが、ピントが合ったのは、1枚だけです。

Img_7471Herring Gull

そのあとは、ダイサギが飛び回りました。

Img_7772Great Egret

午後は、時々日も差してちょうど日に当たった時には、鳥もきれいに見えます。
崖の上にはノスリがいて、カラスがしょっちゅうちょっかいを出していました。たまりかねたノスリは、逃げ出します。

Img_7856Eastern Bzarrd

そして最後は上流から帰ってきたミサゴが頭の上を通過しましたが、全くピントがついていきませんでした。
清掃工場の周りまでいてしまったミサゴです。

Img_7838Osprey

はるか遠くを飛んでいます。時々こちらに来そうになりますが、やっぱり帰って行ってしまいました。

Img_7842Osprey

















2013年11月 4日 (月)

アオジ (Black-faced bunting)

今シーズン初めてということでは、忘れていましたが一昨日アオジを見かけました。何もいないときはずいぶん
お世話になるので忘れてはいけません。

Img_6632
何か冬鳥が一斉に入ってきた感じです。

Img_6787
多摩川のあっちこっちに飛んでいました。天気が良かった昨日の写真も載せてしまいましょう。

Img_7147
場所は違いますが、懐かしい姿は冬を感じさせます。これから寒くなるよ~という感じがします。





2013年11月 3日 (日)

ベニマシコ (Long-tailed Rosefinch)

お仲間情報により早朝からミサゴでも撮りたいと出かけたのです。
大分待ったのですが、成果なしで、そろそろ帰ろうかという頃、目の前にベニマシコが現れました。

Img_7059
懐かしい声でフィイフィイと鳴いています。あれ、びっくりしたな~とばかり、シャッターを押します。

Img_7098
昨シーズンはオスの姿をきれいに撮ることが出来ず残念だったのですが、目の前にオスがじっとしています。

Img_7117
食事に一生懸命で人には目もくれません。半年ぶりの再会です。朝日も出てきて光の具合も最高です。

Img_7139
昨日、ジョウビタキに出会ったばかりなのに、今日はベニマシコです。なんとなくついてる感じです。

そういえばメスも居たので、載せないと怒られそうです。

Img_7026

三連休は結構運がよく過ぎていきます。












2013年11月 2日 (土)

ジョウビタキ (Daurian Redstart)

夏が終わったと思ったら、短い秋はもう通り過ぎようとしているようです。休みの早朝からミサゴでも出ないかと
多摩川に出かけてみましたが、あいにく猛禽類は姿を見ることができません。
気が付くとジョウビタキのメスが近くに来ています。

Img_6708

もうそんな季節なのかと、振り返ると11月に入っています。朝晩は寒いくらいの陽気です。ジョウビタキは人間に対する
警戒心は薄いということで、写真を撮ろうとしても特に逃げることもありません。

Img_6718
今シーズン初めてなのでうれしくなります。メスですが、別嬪さんです。

Img_6715

ジョウビタキの非繁殖期は、縄張りを作って同種を排斥する習性があるそうです。
異性個体や、鏡に写った自分にさえ攻撃を加えるそうです。

Img_6733

そう言われるとかわいい顔ですが、目は結構きつい目をしています。












« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ