« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

メジロ (Japanese white-eye)2

公園には色々な鳥さんが訪れています。じっと一か所で待っていることもありますが、朝早い場合は、公園中歩き回ります。ほかの鳥さんを見つけるためです。この日は食いしん坊なメジロしかいませんでした。


Dsc_6228

まだ十分熟していない柿をついばんでいます。

Dsc_6264

そうかと思うとミズキの木の隣にある名前は知りませんが、ブルーベリーのような実をしきりと食べています。

Dsc_6290


もちろん、ミズキは大好物です。すこしはエゾビタキのために残してほしいのですが、人のことは知らんぷりです。



おまけ ヤブラン

Dsc_6509

2014年9月28日 (日)

河原のノビタキ (African Stonechat at the dry riverbed)

早朝の河原に居たノビちゃんは一羽ではなくかなりな数いました。風が吹くと飛ばされそうになっていました。


Img_1977

今年はどこも渡りが早いようです。そして数も多いような気がします。

Img_1776

もっとも、急に鳥さんの数が増えるはずもないので、目にする機会が多いだけでしょう。

Img_1852

ノビタキは夏高原で過ごして、冬は平地に降りてきて越冬するものと思っていましたが、調べてみるとやはり渡り鳥です。

Img_1902

多摩川でも越冬する個体が居るようなので、勘違いしていました。

Img_1914


越冬する個体が増えるというのも、良いような悪いような気がします。温暖化の影響ならやはり悪い方でしょう。

2014年9月27日 (土)

ノビタキ (African Stonechat)2

お仲間情報により、さっそく出かけてみました。早朝の河原は日の出直後と言うこともあり静かです。そこでは久しぶりに出会ったノビタキが飛び回っています。



Img_2009


一足先にお仲間が写真を撮っています。こちらも今日は久しぶりにデジスコ担いでやって来ました。

Img_2025


久しぶりだったので少し心配でしたが、結構上手く撮れます。しかも意外と良さそうです。


Img_2086


ピントも結構来ています。久しぶりですが改めて使ってみると結構良さそうな感じです。


Img_2114


しかもさすがデジスコです。3000mmの焦点距離の威力はずば抜けています。かなり遠いのですが、大きく撮れます。


Img_2190


最近いろいろ迷っていたのですが、また一つ選択肢が増えた感じです。

2014年9月25日 (木)

カワセミ (Common Kingfisher)2

柳の木に止まっていたカワセミが突然川に飛び込みました。それでも漁は失敗したようです。


Dsc_4486


飛び込んだ後素早く飛び上がり逆方向へ飛びます。ミサゴのように脚で魚を採るわけではないので、水につかっては居ません。

Dsc_4487

素早く水から離れるとすごい勢いで飛び去ります。漁はいつもうまくいくわけではありません。鳥の世界も甘いものではなさそうです。




おまけ アカボシゴマダラ

Dsc_5905

綺麗なチョウだったので、調べてみたらもっともふつうのアゲハと、思っていたのですが、お仲間の指摘で訂正しました。

2014年9月24日 (水)

カワラヒワ (Oriental Greenfinch)2

ミサゴを待つ間、いろいろな鳥さんが現れます。それだけ餌になるものが多いのでしょう。カワラヒワは群れで飛び回っています。


Dsc_4602

その数は、半端ではありません。青い空に黄色と黒の模様が飛び散ります。

Dsc_4605

これだけいっぺんに飛んでくれると、適当にシャッターを押してもどこかにピントが合ってくれます。

Dsc_4610

しかしよく観察しているとむやみに飛び回るのではなく、大型の鳥が上空を飛んだ時に危険を察知して飛び出すようです。

Dsc_4774

低空でアオサギやダイサギが飛んだ時や、もちろん猛禽が飛んだ時に一斉に飛び出しているようです。
時間が経つのを忘れさせてくれます。

続きを読む "カワラヒワ (Oriental Greenfinch)2" »

2014年9月23日 (火)

ミサゴ接近 (an Osprey closing to me)

早朝のミサゴは、すでにいつもの二羽の姿はなくいつもの一羽が枝に止まっていました。
ハトの群れが飛んだのを、何の鳥だろうと夢中でシャッターを押していて気が付かなかったのですが、ミサゴは枝を飛び立ってこちらに接近中です。

Dsc_5742

しまった、遅かったかと思ったのですが、ミサゴはどんどん近づいてきます。

Dsc_5743

青空を背景にどんどん迫って来ます。あっ、あっ、あっ!

Dsc_5748


川面を探りながらさらに近づいてきます。

Dsc_5750

ミサゴの正面顔は、さらに迫力満点です。

Dsc_5754

まるでこちらを狙っているようです。シャッター音に気付いたのでしょうか、方向を変えます。

Dsc_5755


方向を変えたところですぐ上空でした。

Dsc_5756


それでも我々に意を介さず飛び去ります。
その間ファインダーを覗きこんでいたのですが、何とも迫力のシーンでした。

2014年9月22日 (月)

水場のキビタキ♂ (Narcissus Flycatcher at the water place)

閑話休題、ミサゴの飛翔は素晴らしいものがあります。もちろん魚を採る時のダイブはすごい迫力です。
それはそうと、水場にはキビタキ♂も来ていました。



Dsc_5508


メスは平気で出てきますが、オスはなかなか姿を現しません。夕方やっと人気がなくなる頃、出てきます。

Dsc_5509

メスに比べると度胸がないというか、小心と言うか、慎重と言うかわかりませんが、この辺は人間世界と同じようです。




おまけ ホトトギス

Dsc_4398

今年は鳥の方は撮れませんでしたが、代わりに花の方を撮っておきました。

2014年9月21日 (日)

ミサゴ飛翔 (Flying Osprey)

昨夜のお酒を振り払うように早朝から河原へ出かけます。お仲間はすでに到着しています。ミサゴも下流へ飛んで行ったとのこと、遅かったかな~、心配をよそにもう一羽が飛び回ります。


Dsc_4491

かなり遠いですが、いつもの場所よりよく見えます。

Dsc_4498

森の上を飛び回ります。

Dsc_4513

青空にその飛翔の姿が映えます。

Dsc_4519


秋空で青く晴れ渡ったキャンバスはこの上ない背景です。

Dsc_4523

上空を何度も旋回します。旋回しながら川面を観察しています。

Dsc_4548

川の水も澄んでいるので魚の姿もよく見えているはずです。

Dsc_4562

大きな魚を捕まえてくれ、と祈りながら、目の前で飛び込むのを待ちます。

2014年9月19日 (金)

モズ (Bull-headed srike)2

季節はどんどん進みます。いつの間にやら秋本番を思わせる陽気となって来ました。
河原では久しぶりにモズの姿が見られます。


Dsc_4257


クルミの木に飛んできたのは、オスのようです。

Dsc_4258


先日河原でお会いしたお年寄りが、最近はクルミの木がないようだが、どうしたんでしょう、と言っていたのを思い出します。

Dsc_4261


モズが止まった木も数少ないクルミの木でした。

Dsc_4296

ひとしきり高鳴きしていましたが、何かを見つけてようで、狙いを定めていました。

2014年9月17日 (水)

水場のガビチョウ (Hwamei in the water place)

水場は渡り鳥にとってしばしの休息を取るオアシスです。それでもそこに住み着いている鳥さんにとっては、縄張りです。



Dsc_4171


ガビチョウだって主張すべきは主張します。

Dsc_4176


人気の渡り鳥に負けてはいられません。歌だって歌います。

Dsc_4188

しかもここは、縄張りです。歌うだけ歌って満足します。

Dsc_4190

声援にはニッと笑って応えます。歌った後は一風呂浴びますか。

Dsc_4207

とっても満足です。渡り鳥だけが鳥ではありません。最近市民権を得て強気のガビちゃんです。


2014年9月16日 (火)

水場のキビタキ (Narcissus Flycatcher at the water place)2

水場に来たキビタキは水浴びをしたくて仕方ありません。


Dsc_3731

流れをしばらく見ています。

Dsc_3749

流れをまたいで、あっちへ行ったりこっちへ来たり、なかなか気持ちが固まりません。

Dsc_3764

アッと思ったら、意を決したキビタキは流れに飛び込みました。

Dsc_3767


その後流れの中でしばらく涼んでいました。

Dsc_3771


水から上がったキビタキは気持ちよさそうにしていました。

2014年9月15日 (月)

鳥見 (bird watching)

秋の連休ということで、やることがいっぱいある中、鳥さんを見るのは欠かしません。
早朝の河原では、久々にカワセミを撮ってみました。朝陽に映えています。


Dsc_3921

飛び出しを狙いましたが、一瞬遅れました。

Dsc_3923


その後公園に回ってヤマガラです。

Dsc_3941

水場にも立ち寄りましたが、鳥さんが出る前に帰宅、忙しい鳥見の朝でした。

2014年9月13日 (土)

水場のキビタキ (Narcissus Flycatcher at the water place)

今日の水場はツミが出たとのことで、小鳥は何も来ませんでした。仕方ないので昨日のキビタキです。


Dsc_3413

水場の裏に居ついたキビちゃんです。

Dsc_3416


時々、出てきますが今日は出ませんでした。ツミに食べられてしまったのでしょうか?

Dsc_3435


そんなことはないでしょう。ちょっと警戒して出てこなかっただけでしょう。

Dsc_3443

きっとまた会えると信じています。

セッカ (Zitting Cisticola)4

秋に入って河原の鳥さんもその種類が入れ替わり始める頃です。ふと気づくと目の前にセッカが来ていました。


Dsc_3298


セッカは秋になっても河原に居座っていますが、鳴き声はあまりしません。

Dsc_3378

若いセッカなのでしょう、足音にびっくりして飛び出してきましたが、近くに止まってきょろきょろしてます。

Dsc_3380

しばらくすると草むらの中に入り込んでしまいました。住処でもあるのでしょうか。



おまけ ハナニラ

Dsc_3382

2014年9月12日 (金)

エナガ (Long-tailed Tit)2

公園の水場にやってきたもう一種類の群れはエナガでした。


Dsc_2402

エゴノキの虫をしきりと食べています。

Dsc_2438


若鳥がいっぱいで互いにじゃれているようです。

Dsc_2612

ここは紅葉もあってまだ、葉は緑色ですがその中で飛び回っています。

Dsc_2704
エナガやシジュウカラは時々その群れの中に貴重な鳥さんが一緒に居ることが多いので無視できません。



おまけ ハギ

Dsc_2349

2014年9月10日 (水)

ミサゴ (Osprey)

最近話題のミサゴが上流から飛んできました。早朝下流から飛んできて夕方下流へ帰って行くようです。


Dsc_3129

久しぶりに見るミサゴはやっぱりかっこいいものでした。

Dsc_3142

絶えず川面を見ながら飛んで獲物でもいようものなら、すぐにでもダイブしそうな感じです。

Dsc_3143


目の前でぐるりと一回りして下流へゆったりと飛んでいきます。

Dsc_3153

今年はここでのダイブが見れそうな感じを抱かせえてくれました。

2014年9月 9日 (火)

センダイムシクイ (Eastern crowned willow warbler)3

キビタキやヤマガラと群れを成してやってきたのはセンダイムシクイでした。ムシクイは姿だけでは判断が
難しく鳴き声を聞かないとわからないということですが、たぶんセンダイムシクイだと思います。


Dsc_2582

センダイムシクイも群れでいて、何種類もの鳥さんの群れがいっぺんに水場に来たという感じでした。

Dsc_2577

岩陰から見ていると水浴びまでしています。

Dsc_2585


水浴びから上がって体の水をまるで犬のように振るっていました。ムシクイは黄緑色の体なので、緑の葉の間に居る時はとても見分けがつきにくいものです。

Dsc_2639


あまりにいっぺんに色んな種類の鳥さんが現れたので、目移りしてしまいました。

2014年9月 8日 (月)

ヤマガラ (Varied tit)

昨日のキビタキは沢山の仲間と水場に来ていましたが、その中の一つはヤマガラです。


Dsc_2413

水場のエゴノキの実を採ろうと四苦八苦です。

Dsc_2415

今年は公園の実物の成長も順調で、エゴノキの実もあちこちで豊作のようです。

Dsc_2418

ヤマガラのこの実の気に入りと言ったら尋常ではありません。

Dsc_2420

まだ少し早いのではないかしらと思ってみていましたが、当人にとっては十分熟しているのかもしれません。

Dsc_2424

季節は一気にやって来ました。これからは渡りの鳥さんも立ち寄ってくれるでしょうから目が離せません。

2014年9月 7日 (日)

キビタキ♀ (Narcissus flycatcher)

暑さが少しぶり返して夏の疲れが出ています。久しぶりに公園を歩いてみました。壊れていた水場も
やっと直してくれました。そこには南へ帰る途中の第一陣が寄ってくれます。


Dsc_2458

キビタキです。いつもに比べると少し早い感じもしますが、早い分には一向に構いません。

Dsc_2470


水場に降りて来ました。久しぶりに見ましたが、相変わらずくりっとした目がかわいいです。

Dsc_2482

一羽ではなく複数来ています。春先にはメスを見つけるのは難しかったのですが、秋口はメスの方が積極的に出てきてくれます。

Dsc_2498


やっぱり水場を直してくれたおかげです。

Dsc_2509


水浴びをして満足そうです。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ