« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

シメ (Hawfinch)2

今年最後の遊びはシメで〆ることが出来ました。

来年もまたよろしくお願いします。

Dsc_1517



もう過去は振り返らず、前を向いていきましょう。

2014年12月29日 (月)

セグロカモメ (Herring gull)

雨が上がったので、そろそろ夕方ですが多摩川に行って見ました。

特に何かを期待したわけではないのですが、夕闇前の河原を見たくなったのです。

Dsc_1428

予想通り何も出ません。海へ帰るセグロカモメが通り過ぎます。

Dsc_1441

あっという間に通り過ぎましたが、引き返してきます。

Dsc_1445


何かを見つけたのかもしれません。しきりと川面を見て飛んでいます。

Dsc_1452


ミサゴのように飛び込むのではないかと期待したのですが、そんなわけありません。

Dsc_1453

また、回転して飛んで行きました。

チョウゲンボウ飛翔 (Flying Common Kestrel)

河原でセキレイがうるさく騒いでいます。何だろうと目をやると、チョウゲンボウが飛び

立ちました。



Dsc_1293


一瞬遅れたため、その瞬間は撮れませんでした。

Dsc_1298


どんどん上空へ上がってしまいました。

Dsc_1330


いったい河原で何を狙っていたのでしょうか?


その足には何もつかんでいないので、狩りは失敗したものと思われます。

Dsc_1341


新たな獲物を探して上空をゆっくり旋回します。

Dsc_1348


そういえば、最近中洲の木に必ずと言っていいほど止まっています。

Dsc_1352


特に成果がない時には、うれしい鳥さんです。


2014年12月27日 (土)

イカルチドリ (Long-billed plober)2

川の岸辺には、チドリや、シギがいっぱいいます。岸辺を歩くと驚いて飛び立ちます。

Dsc_1106

コチドリが好きなのですが、このところ見かけるのはみんなイカルチドリのようです。

Dsc_1108



黄色いアイリングが目立つのはコチドリですが、これイカルのようです。

Dsc_1109


観察に熱心のあまり近づきすぎて飛ばれました。

 

2014年12月26日 (金)

カケス (Eurasian jay)

山の中には、ギャーギャーと言う声がしてカケスが飛び回っています。

 

Dsc_0404

観察によるとカケスはよく針葉樹に居る感じがします。特に杉の木でよく見かけます。

 

Dsc_0415


カラスの仲間ですから、雑食で、何でも食べるようです。

Dsc_0440

どんぐりなどの木の実は好物のようで、よく食べています。

Dsc_0494


結構きれいな鳥さんですが、いかんせん声がいただけません。それとちょっと

目つきが気になります。

2014年12月25日 (木)

ミヤマホウジロ (Yellow-Throated bunting)

実は狙いの鳥さんは、喉の黄色いこの鳥さんだったのです。割と簡単に見つけられた

ので、撮るのに慎重さが欠けていました。

Dsc_0431


逆光を避けて向こうに回ろうと、5,6羽いたミヤマホウジロを飛ばしてしまったのです。

 

Dsc_0436


折角の初対面だった♂なのに残念なことをしました。この日は出が悪く、写真を撮りに

来ていた人で撮れたのは自分だけだったようです。返す返すも残念です。仕方ないので、

また今度行って見ましょう。

2014年12月24日 (水)

ソウシチョウ (Red-billed leiothrix)

お目当ての鳥さんを探しながら山道を歩いていると藪の中で、にぎやかな声がします。

Dsc_0457


よく見るとソウシチョウです。久しぶりの出会いです。

Dsc_0460

ソウシチョウは篭脱けとか言われていますが、カラフルできれいな鳥さんです。

Dsc_0474

あのエキゾチックさが好きです。

Dsc_0482


ただ、実際は声はギャギャと言う声だし、忍者のような動きだし、姿とは大分違います。

Dsc_0484

まあ、せっかくここまで来たのですから、出会えたことは嬉しいことでした。

 

2014年12月23日 (火)

カイツブリ着水 (Little grebe landing on the water)

毎年年末に松のもみあげをします。松は一年に二度丁寧に手入れしてあげないと、樹形

を維持できません。そこで今日は、鳥見はお休みでした。

Dsc_0333s


昨日の朝、大栗川でカイツブリが飛んできたときの写真です。

 

Dsc_0334s


後で見たら、なかなか面白かったので、掲載します。

Dsc_0335s


着水時のカイツブリの羽が透明感があっていいなと思いました。

Take offの写真もあるのですが、それはまた今度!

2014年12月22日 (月)

ウグイス (Japanese Bush Warbler)3

今日は公園に行こうか、河原へ行こうか迷ったのですが、河原から公園に回りました。

Dsc_0371

公園では特に珍しい鳥さんがいたわけではないのですが、藪でジャッジャッと地鳴きする

ウグイスさんに出会えました。

 

Dsc_0369


実はウグイスはとても好きな鳥さんであの目が特に好きなのです。

Dsc_0365


切れ長と言うかそう見える目元がとても凛々しく思え、魅力を感じるわけです。

Dsc_0367


この季節には地鳴きなので、知らない人はウグイスとは気づきません。

Dsc_0363


藪から出てきて木の上できょろきょろしていました。

2014年12月21日 (日)

松と鳥 (the birds on the pine tree)

コハクチョウが来ているということで、何回も川に行きますが出会えません。そんな途中の

松の木にオナガが居ます。

Dsc_0206


オナガは、よく松の木に居ますがその種子でも食べているのでしょうか?

 

Dsc_0218


よく見るとムクドリの集団も松の木で何か食べています。不思議な光景でした。

続きを読む "松と鳥 (the birds on the pine tree)" »

2014年12月20日 (土)

ベニマシコ (Long-tailed rosefinch)4

ハイタカの飛翔を堪能した後、土手を歩いているとどこからともなく、フィフィと言う声が

聞こえてきます。見ると草むらに赤い鳥さんが来ていました。

Dsc_9680

ベニマシコです。赤い奴は今シーズン初めてです。

 

Dsc_9688


明るい日差しの中で草の種子を食べています。

 

Dsc_9946


どうもこの鳥さんは、草むらに居るのでバックが映えません。

 

Dsc_9955


数羽います。中にはメスも交じっていて全部で4羽でしょうか。

 

Dsc_0138

出合えただけでもうれしいことではありました。

2014年12月19日 (金)

ハイタカ (Sparrowhawk)2

上空をタカが飛んでいます。何度も何度も旋回します。しかもゆっくりと写真を撮ってくれと言わんばかりに。

Dsc_9536

青空を背景に気持ちよさそうです。実際は地上の獲物を探しているようです。

Dsc_9537


見たところオオタカかなと思ったのですが、ハイタカのようです。

Dsc_9555


ハイタカとオオタカの区別は難しいので、間違ってはいけないと図鑑で再確認です。

Dsc_9577


オオタカの方が翼の先が細くとがる。オオタカの尾は丸みを帯び、ハイタカは角ばっている。

Dsc_9578


頭はオオタカの方が大きく、前に突き出ている。

Dsc_9581


ハイタカの方が尾の班が荒く明瞭ではっきり見える。

Dsc_9586


まあ、そんなところのようですが、これだけ近くを飛んでくれたことに感謝!

2014年12月18日 (木)

カシラダカ (Rustic bunting)

河原の草藪から一斉に鳥さんが飛び出します。よく見ると、カシラダカのようです。


Dsc_9286


草の種子を食べていたようです。驚いて飛び散ったものと思われます。


Dsc_9297


カシラダカは結構冠羽があって、一見するとミヤマホウジロに似ています。

Dsc_9356


あわよくば、群れに交じっていないかと、片っ端からチェックします。

Dsc_9359



しかし喉が黄色い奴は居ません。

Dsc_9364


それでももしかしたらと、さらに探してみます。

Dsc_9367

似た奴は居ましたが、残念本物は交じっていませんでした。

2014年12月17日 (水)

カワラヒワ (Oriental Greenfinch)3

早朝の多摩川は誰も居ません、白い息を吐きながら、歩いていると前方に鳥影です。

逆光で何だか判らなかったのですが、帰ってから見たらカワラヒワでした。

Dsc_8940_2
何か草の実を咥えています。

羽の模様でベニマシコだと思ったのですが、お仲間の指摘で修正です。失礼しました。

2014年12月16日 (火)

公園の冬鳥たち (Winter birds in the park)

雨の予報を聞いて、早めに鳥見を済ませようと、公園に出かけました。公園には冬鳥がいっぱい入っています。

Dsc_9075_2

ルリビタキ(若)



Dsc_9116
ウソ(♂)

Dsc_9153
ウソ(♀)


ウソは桜の芽を食べ始めました。他に食べ物がないのでしょう。いつもより早く木の芽に行っている感じです。

Dsc_9191
アオジ


今回から字を少し大きくしました。

写真展 第2回「多摩の野鳥たち」

お仲間も増えて、来年早々2回目の写真展を開催します。お時間があればご覧ください。



Poster2053

2014年12月15日 (月)

オオジュリン (Reed bunting)

葦原を歩いているとガサゴソと音がします。何だろうとじっと見ているとその中にオオジュリンの姿です。



Dsc_8953


しばらくするとそこから出てきてすすきの枝に止まってくれます。


Dsc_8961


久しぶりに見るオオジュリンです。

Dsc_8970


かなりの数のオオジュリンが葦原の中に居ます。近くを歩くと驚いてそこから出てきます。

Dsc_8977



あまり特徴はありませんが、よく見るとかわいい顔をしています。

Dsc_8992


何故か足環をしていました。

続きを読む "オオジュリン (Reed bunting)" »

2014年12月14日 (日)

ベニマシコ (Long-tailed rosefinch)2

いつもの鳥さん観察舎前のお馴染みさん達とのお話は楽しいものです。今日も対岸の木にウソが来ていたそうです。それにしてはベニマシコが最近見かけないと、話題は豊富です。
それではと、上流へ向かって歩くことにしました。


Dsc_8798



フィフィと言う声に周りを見渡すと、居ました。メスですが草の種子を食べています。


Dsc_8831

ここは、ベニマシコの餌が豊富にあります。きっと居るのではないかな、と思いながら歩いた甲斐がありました。


Dsc_8841


結構近くで撮れますが、若干逆光です。しかもメスしか見当たりません。今シーズンはまだオスを見ていない気がします。

Dsc_8857


この場所ならきっとオスも居るはずです。明日探してみましょう。


続きを読む "ベニマシコ (Long-tailed rosefinch)2" »

2014年12月12日 (金)

ノスリ (Eastern Buzzard)

合流点の工事の具合を見に行きました。しかも徒歩で。川を上流へ向かって歩くこと40分、やっと合流点が見えてきました。
双眼鏡で覗くと遠くに白い点が見えます。オオタカのようです。写真を撮りますが、わからないと思います。


Dsc_8442


たぶん300mはあります。とてもオオタカには見えませんね。あそこまで歩くとなるとたぶんぐるっと回って40分はかかります。
それまで止まっているでしょうか。途中堰を渡る手もありますが、川に落ちるリスクがあり、遠回りすることにします。しばらく歩くと藪から何かが飛び立ちました。


Dsc_8458


ノスリです。カラスに追われて飛び出したようです。すぐそばに止まってくれます。


Dsc_8492


若干逆光ですが、文句は言えません。


Dsc_8514


たぶん合流点の工事で住処を追われたのでしょう。


Dsc_8547


自分の向かう方向かう方へ飛んでくれます。


Dsc_8555



合流点は、雑木林が完全に切り倒されていました。それでもやや上流は無事のようです。何ともお金を使った自然破壊にしか見えませんが・・・。

続きを読む "ノスリ (Eastern Buzzard)" »

2014年12月11日 (木)

我慢比べ (the contestof endurrance)

雨の止むのを待って河原へ出かけました。崖の上にはハヤブサが止まっています。



Dsc_8025


じっとして動きません。雲行きも怪しくいつもはカメラマンがいっぱいいるここも今日は誰も居ません。


Dsc_8033


ハヤブサも獲物が来ないかとキョロキョロシテいます。天気も悪く薄暗いため撮影条件も悪いのですが、飛び出しを狙ってみようと最適な場所を探して歩きます。

Dsc_8199


一度失敗し目を離した隙に飛ばれたので、その後は狙ったまま動きません。2時間に及ぶ我慢比べでした。

Dsc_8341


しかし、その時はやって来てチャンスと思ったのですが、腕がついていきません。
ISO3200、SS1/200の条件なので仕方ないでしょうか・・・

2014年12月10日 (水)

ウソ (Eurasian bullfinch)2

平日の公園はカメラマンの顔ぶれも休日のそれとは、だいぶ違います。今日はずいぶん初めての顔ぶれとお会いしました。
公園のあちこちでウソの鳴き声がするのですが、姿が見えません。不思議に思っていたら、ウソはヒサカキの実を食べにその中に居たのです。近くを人が通ったので、ヒサカキから飛び出しました。


Dsc_7937


あわてて、桜の木に飛び移りました。しばらく観察しているとウソはそこで鳴いています。


Dsc_7940


この前と同じようにメスのようです。ヒサカキから飛び出したのは3,4羽いたのですが、それぞれ違う方向ににげたので、オスは見失いました。

Dsc_7949


更に観察していると同じヒサカキに戻るのですが、また飛び出します。どうやら人が通ったためではなく、ヒヨドリに追っぱらわれているようです。
今度も霧散しますが、かすかにオスを見つけました。いい出来ではないですが、とりあえず、オスです。


Dsc_7966


今度は桜の芽を食べだしました。

2014年12月 9日 (火)

チョウゲンボウ狩り(A hunting of the Common kestrel)

多摩川の河川敷を歩いているとチョウゲンボウが飛んできて中洲に下りたちます。そこには、もう一羽いて、二羽で仲良くしています。



Dsc_7624


親子でしょうか、しきりと狩りを促します。

Dsc_7634


一羽が時々藪に突っ込みます。そして藪から飛び立ちます。

Dsc_7682


小さな木の天辺に止まって何かをつかんでいたようです。

Dsc_7690


そのうち、それを食べているようです。昆虫でしょうか?遠くて分かりません。

Dsc_7692


もう一羽はどうしたのだろうと空に目をやるとカラスに追われていました。こちらは親かもしれません。

Dsc_7779


たぶん河川敷では、日常茶飯事起きている出来事なのでしょう。

2014年12月 8日 (月)

ヤマガラ (Varied tit)2

公園の山道を歩いていると突然ヤマガラが現れました。



Dsc_7330


すぐ近くに向こうから近づいてきました。どうしたんでしょう。


Dsc_7333


理由はすぐにわかりました。ここはエゴノキの下で、その実を探していたのです。

Dsc_7344


木になった実は大方食べつくしたので、枯葉の上に落ちた実を探していたのです。

Dsc_7351


お得意のポーズ。時間が取れるようになったので、公園を歩き回れます。

2014年12月 7日 (日)

公園の紅葉(The beautiful leaves in the park)

おそらく今年最後の紅葉を楽しんできました。公園は赤、黄、茶で染まっていました。


Dsc_7029Japanese-white eye


 

Dsc_7037Japanese tit


Dsc_7042_2Japanese bush warbler

Dsc_7055Red-flanked bluetail

Dsc_7119Japanese pygmmy woodpecker


そろそろ冬の支度が必要です。

2014年12月 6日 (土)

アオゲラ (Japanese Green Woodpecker)5

秋の紅葉も最終段を迎え赤や黄色に色を変えた葉も大方落ちてしまいました。そんな森の中をアオゲラが飛び回っていました。



Dsc_6535


寒さが厳しくなる頃です。

2014年12月 3日 (水)

カワセミ (Common Kingfisher)3

小川の縁で赤い鳥さんを探していると目の前をカワセミがゆっくり飛んで枝にとまりました。
いつも護岸のカワセミなので、今日は自然の中のカワセミに嬉しくなりました。

Dsc_6836


しばらくすると、何かに気が付いたようです。

Dsc_6837


よっぽど興味深いものだったのでしょう。


Dsc_6844

こちらはカワセミを撮り続けていたので、なんだか気づきませんでした。

2014年12月 2日 (火)

ハイタカ飛翔 (Flying Sparrowhawk)

そういえば上空には澄んだ青空を背景にハイタカが飛んでいました。



Dsc_6895


いつも不思議に思うのですがいつの間にかどこからともなく飛んできて気が付くとすぐ上に居るのです。

Dsc_6909



ただ、残念なのはかなり高く飛ぶのでよく姿がわからないことです。

Dsc_6916


オオタカに比べるとどことなく気品があるような気がするのですが、気のせいでしょうか?


Dsc_6925


それとも人によっては、逆に感じるのかもしれません。

2014年12月 1日 (月)

アオジ (Black-faced bunting)2

雑木林を歩いていると足元から驚いた鳥さんが飛び出しました。アオジでした。


Dsc_6853


あまりに驚いて飛び出したので、どうしていいか迷っています。

Dsc_6858


こちらとしては脅かそうとしたわけではないので、ひたすらシャッターを押します。

Dsc_6862


この鳥さんもこの冬初めての鳥さんでした。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ