« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

Common reed-bunting

昨日の多摩川河原はおびただしい数のオオジュリンが居ました。

Dsc_4616



川沿いを歩くと次から次へ飛び出してきます。

 

Dsc_4631



オオジュリンは地味な鳥さんですが結構好きな鳥さんです。

Dsc_4650


かなりか細い声でスズメのように鳴きます。

Dsc_4731



普段は葦の中の虫を食べているようです。

Dsc_4767


驚いて飛び出すと木の枝に止まることもあります。

 

2015年2月27日 (金)

Long-tailed rosefinch2

久しぶりに多摩川の河原を歩きました。快晴の朝と言うこともあり、気持ちの良い

鳥見が出来ました。


Dsc_4792


橋の近くでは相変わらずベニマシコがヨモギの種子を食べています。


Dsc_4798


今年は豊作なのでしょうか、ここら辺りにはいっぱいです。

Dsc_4799


おかげで、ベニマシコもこちらもうれしいのですが、こちらとしては、もう少し上に

上がってくれると、もっと嬉しいのです。

Dsc_4800


どうしてもヨモギが被ってしまうので、いつも幻想的なボケの中のベニちゃんです。

Dsc_4801



そろそろベニちゃんともお別れの季節なので、何回も掲載しましたが、敢えて

今年最後のベニちゃんを載せることにしました。

Dsc_4802


また、来シーズンお会いしましょう。

 

2015年2月24日 (火)

Tufted duck

狙いの鳥さんが現れない場合、無駄足だったことになります。今日がそんな日でした。


居そうな場所2か所回ったのですが、完全な空振りに終わりました。代わりに

いっぱい居たキンクロハジロです。



Dsc_4298


毎年いっぱい来るそうです。


Dsc_4300


眠そうなところ、写真を撮られて不機嫌です。

Dsc_4344


目つきの悪いのも居ます。

Dsc_4347


メスの数の方が圧倒的に少なく、逆ハーレム状態です。

Dsc_4350

それでも、黒白のツートンがシックで人気があります。

 

2015年2月23日 (月)

African stonechat in a winter

ノビタキは本来夏鳥で、夏になると北海道や本州の高原で見られるが、冬には

南に帰るとされています。ところが最近多摩川では毎年越冬ノビタキが観察されます。



Dsc_4281


今年もいつもの場所で越冬ノビタキが見られます。


Dsc_4284


今日は暖かかったので、まだよかったのですが、寒い日には心配になります。

Dsc_4286


でも、あの元気な姿を見ていると大丈夫でしょう。

 

2015年2月22日 (日)

Common kesterel

鳥さんの世界も恋の季節に突入したようです。近場のチョウゲンボウが元気に

飛び回っています。



Dsc_3873


間もなくカップルの誕生です。

Dsc_3857


沢山のチョウゲンボウが飛び回っています。

Dsc_3908


余程この場所が気にいっていると思われます。

Dsc_3933


その飛び回るさまは、見ているだけで楽しくなります。

Dsc_3934


すぐに子供が生まれるでしょう。

 

2015年2月20日 (金)

Long-tailed tit

ここのところ急速に日が伸びて、夕方も暗くなるのが遅くなりました。

多摩川中洲あたりでも、期待の鳥さんが見れるかもしれません。

そんなことと関係なく公園を歩くとそろそろ巣材を集める気の早い鳥さんも居ます。

 

Dsc_3696


久しぶりにエナガを撮った気がします。

 

Dsc_3699


いつみてもかわいらしい鳥さんです。

 

Dsc_3704


早朝に比べると動きが遅い感じがします。

 

Dsc_3709


もうすぐ子育ての季節になるのでしょう。

2015年2月19日 (木)

White-cheeked starling

やっと雨が上がってとても気持ちの良い日でした。久しぶりの鳥見です。

あれ~、変な鳥さんがいます。



Dsc_3420


何でしょうか?


Dsc_3444


ムクドリのようです。でも色合いが違います。

Dsc_3461


動きや行動パターンは間違いなくムクドリです。

Dsc_3485



それにしても別な鳥さんのようです。世間では最近、色んなムクドリが話題です。

Dsc_3513



でもここで、こんなに変わったムクちゃんに出会うとは思いませんでした。

Dsc_3520



ほら、普通のムクちゃんと並ぶと違いが明らかです。

 

 

2015年2月18日 (水)

Herring gull

雨の日はいやですね。おまけに寒いと来たら気持ちまで縮みます。

こんな日のために撮り置いたセグロカモメです。

Dsc_2159

多摩川を時々上って来て、楽しませてくれます。

 

Dsc_2165


セグロカモメは飛ぶ姿が好きです。羽を広げると優に1mは超えるでしょう。

 

Dsc_2166


それが、どんどん近づいてきます。

Dsc_2168


一瞬カメラを引いてしまいました。

Dsc_2169


飛ぶ姿の美しさと大きさに圧倒されます。

 

2015年2月17日 (火)

Peregrine falcon in a freezing rain

いつも大勢の鳥見の人がいる合流点も今日は誰も居ません。

止んだはずの氷雨がまた降ってきたので、観察舎の中で待機です。すると下流から

ハヤブサが飛んできていつもの枝に止まりました。

Dsc_3050

数分で飛び立ちます。何か見つけたのでしょう。

 

Dsc_3055


猛スピードで河原の方へ飛んでいきます。

 

Dsc_3064


河原の方へ降りたのはわかったのですが、見失いました。ちょっと経つと戻って来ます。

Dsc_3085


狩りは失敗だったようです。

Dsc_3099


目の前を通り過ぎて元いた枝に戻りました。

Dsc_3114


氷雨の中一時間粘りましたが、根負けして撤収しました。

 

2015年2月16日 (月)

Chestnut-eared bunting

多摩川のホオアカも大分人に慣れてきて、写真を撮らせてくれるようになりました。


Dsc_2802

しかも、一応ポーズをとってくれます。


Dsc_2808


ここには、4羽のホオアカが居て、一羽が飛んでもまだ、残っている奴が居ます。

 

Dsc_2851


ですから、じっとしていると必ず出てくるので、4回チャンスがあるわけです。

Dsc_2867


木どまりの後は、地面に降りて草の種子を落穂拾いです。

Dsc_2928


ずいぶん遊んでくれました。

 

2015年2月15日 (日)

A hunting of the Peregrine falcon

頭上をけたたましい鳴き声を響かせてハヤブサが飛んでいます。

 

Dsc_2614


どうしたんでしょうか?

 

Dsc_2639


天気の良い午後です。姿を追うと鉄橋の下に消えました。

向こう側からも飛び出しません。

どこ行ったんでしょう?消えたあたりへ行って見ます。

 

Dsc_2597

獲物をしっかり掴んで羽をむしっています。

 

Dsc_2590


何かわかりませんが犠牲になった鳥さんが居るようです。

 

Dsc_2587


鋭いまなざしで睨まれてしまいました。多摩川では毎日のように繰り返されている

光景です。

 

 

 

2015年2月14日 (土)

A hunting of the Black Kite

以前からトビが漁をするのは聞いていましたが、実際に目の前で魚を捕るのは

初めて見ました。それでもあわてたためボケボケですが、様子はわかります。

Dsc_2083

上の写真は魚を捕まえた瞬間です。ミサゴのようなポーズはしません。

 

Dsc_2084


暴れる魚をしっかり掴んでいます。しかもかなりな大物です。

Dsc_2086


獲物をつかんで放しません。

Dsc_2087


そのまま川岸へ向かいます。

Dsc_2089


これで逃げられる心配はありません。

Dsc_2103


大物のお魚をいただいています。ここでやっとピントが合いました。

ミサゴにその技を見せてやりたいくらいです。

 

2015年2月13日 (金)

Green pheasant

いつも歩く工程は同じです。だからと言っていつも同じ鳥さんしかいないわけでは

ありません。いつも覗く川の水が干上がった場所でキジがいました。

Dsc_2221


どうも水を飲みに降りてきて日向ぼっこをしていたようです。

 

Dsc_2224


崖から覗いて目が合ってしまったので、キジの方があわてて場所を譲ってくれます。

Dsc_2225


かといって一目散と言うわけではありません。

Dsc_2235


のろのろと草むらへ入っていきます。

Dsc_2245


体が隠れるところまで来るとじっとして動きません。飛び立つのを待ったのですが、

時間切れでした。後はまた今度と言うことでお別れして来ました。


2015年2月12日 (木)

Common moorhen and Water rail

忙しく、午後からの鳥見でしたが、成果はかなりありました。

大栗川では久しぶりにバンが泳いでいました。



Dsc_2270


泳いでいる内にコガモが来ました。

Dsc_2280


あれ、バンとコガモに気を取られている脇を何か通り過ぎます。

Dsc_2284


あれ~、クイナのようです。クイナが泳いでいるのは初めて見ました。

Dsc_2296


向こう岸について、足が着いたようです。

Dsc_2325


ここにクイナがいるのは聞いていましたが、午後のこんな時間に会えるとは、

ラッキーでした。

Dsc_2331


久しぶりに出会えたクイナに喜びます。

Dsc_2348


実は今日はこれ以外にも色々な鳥さんと出会っていたのです。


2015年2月11日 (水)

Japanese Waxwing2

天気が良かったのでヒレンジャクを見に再び行って見ました。

Dsc_1734

いつみてもメタボな感じは否めません。それを気にしてか時々こんな恰好をします。

Dsc_1740


でもお腹の力が抜けると元の木阿弥です。

Dsc_1821


近くで確認するともっとメタボです。

Dsc_1903


それでもまだ食べ続けようとヤドリギに取り付きます。

Dsc_1930

自分一人で食べつくすつもりでしょうか?

Dsc_1934


一昨日は7羽いたのですが・・・・

 

 

2015年2月10日 (火)

A chat in the early morning

久しぶりに公園に行って見ました。最近ウソやトラに人が群がっているとのことで、

何となく敬遠していました。朝早かったせいで、誰も居ません。ウソが居るだけでした。

 

Dsc_1526


その内二羽のメスが井戸端会議を始めました。

Dsc_1532


何を話しているのでしょう?

Dsc_1540


内容は判りません。最近は水道に降りなくなったということですが、二羽で降りています。

Dsc_1544


その内一羽が水道の蛇口に飛び乗ろうとしていました。

早朝の井戸端会議風景でした。

 

2015年2月 9日 (月)

Long-tailed rosefinch

今年は多摩川にヨモギがいっぱいあって、そのお蔭でベニマシコも食べ物に困りません。

Dsc_1054


この日も一羽のオスがメス二羽を引き連れて食事中でした。


Dsc_1103


オスが引き連れてと言うよりは、メスにくっついてと言う感じでした。

Dsc_1117


オスはちょっとの人の気配で隠れてしまいますが、メスは動じません。

Dsc_1171


メスが大丈夫そうなのを見てオスもまた戻って来ます。

 

Dsc_1273


鳥の世界のオスはいつも慎重です。

2015年2月 8日 (日)

Japanese Waxwing

いつもの年と同じようにヒレンジャクがヤドリギにやって来ました。

Dsc_0753

お仲間の情報をもらって駆けつけました。


Dsc_0855


相変わらずのメタボな体に動きが悪そうな印象ですが、歌舞伎姿は迫力満点です。

Dsc_0989


それにしても毎年同じ木にやってくるのは不思議な感じがします。

Dsc_0995


実を食べつくすまで居てくれるのでしょう。

 

2015年2月 6日 (金)

Northern goshawk

 

二匹目のどじょうを求めて頻繁に遡上しますがなかなか出会えません。今日もダメでした。

その代りと言っては何ですが、オオタカが出てくれました。

Dsc_0675

以前にもここでさんざん楽しませてもらったことがあります。

 

Dsc_0680


いつも北の方から来て東南の方へ飛んでいきます。

Dsc_0686


今日もちょっと殺気がして空を見ると同じ方向へ飛んでいきます。

Dsc_0687


前回は獲物を探している風でしたが、今回はまっすぐ帰るところのようです。

 

Dsc_0690


獲物に有り付いて悠々と帰る感じでした。

 

2015年2月 5日 (木)

Long-billed plover

早朝の多摩川にはいろんな鳥さんが飛んでいます。この日も水辺で飛んでいる

鳥さんがいました。

Dsc_0007


ちょっと見は判らないと思いますが、たぶんイカルチドリだと思います。

 

Dsc_0009


最近飛んでる鳥さんに凝っているので、ついカメラを向けてしまいます。

Dsc_0010


元々コチドリが好きなのですが、イカルチドリも同じような姿です。

Dsc_0012


イソシギと同じ色合いの羽ですがあの色がなかなかシックでいいと思います。

Dsc_0013


この鳥さんの飛翔姿は初めて撮りましたが、岸辺に居る姿からは、不思議な感じが

します。

2015年2月 4日 (水)

Olive-backed Pipit

浅川の土手を二匹目のどじょうを探して歩きました。ふと気づくと土手で何か動いて

います。


Dsc_0310


よく見るとビンズイのようです。人が通っても動じません。


Dsc_0334


マラソンの人が通るとパッと飛んで木の枝に止まりました。

Dsc_0348


ビンズイとタヒバリは見分けがつきにくいのですが、それなりに違います。

Dsc_0367

よく似ているのは、親戚だからでしょうか。

2015年2月 3日 (火)

ルリビタキ (Red-flanked bluetail)2

今日は用事があり、短時間の鳥見しかできないため、

近場の公園で楽しむことにしました。

Dsc_9764


ここでは、ちょっと歩くとルリビタキに出会います。

 

Dsc_9748


♂、♀、若♂いろいろ出てきます。

Dsc_9738


背景からすると一番いい場所はわかっているのですが、

いつも人がいて何となく敬遠していました。

Dsc_9726


今日は誰も居なかったので、少しこの場所で遊んでもらい

ました。

Dsc_9708


一時間半の間に7個体のルリちゃんに出会いました。

2015年2月 2日 (月)

ヒメアマツバメ (House swift)

強風の吹き荒れた多摩川では、猛禽の他にもこんな鳥さんが飛び回っていました。

Dsc_9400

正面顔だと、蜂のようですがヒメアマツバメと言うそうです。

 

Dsc_9471


ツバメは夏のものだと思っていましたが、このツバメは関東では一年中いるそうです。

Dsc_9472


そう言えば普段ツバメと言っている鳥さんと形も色も違います。

Dsc_9473


顔が赤くないし白と黒のツートンで羽はコールテンのようです。

Dsc_9474


尾羽の切れ込みも少ないし、よく見ると全然違います。

でも飛ぶ速さはツバメと変わりません、北風に乗るとスピードについて行けません。

 

 

2015年2月 1日 (日)

ハヤブサの狩り (a hunting of the Peregrine falcon)

強風が吹き荒れる多摩川では猛禽が結構出てきます。今日もそんな一日でした。

Dsc_9161

遠くでハヤブサがコサギの群れに突っ込みます。あわてたコサギは逃げ惑います。


Dsc_9166


それでもみんな無事逃げて当然ながらハヤブサの狩りは失敗でした。

Dsc_9176


その後ハヤブサはあたりを旋回し諦めて飛び去ります。

Dsc_9192

強風の多摩川ではこの他、チョウゲンボウ、ノスリ、オオタカ、猛禽勢ぞろいです。


しかしいずれも遠く、写真としては面白くないものになってしまいました。

 

続きを読む "ハヤブサの狩り (a hunting of the Peregrine falcon)" »

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ