« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

A Japanese Green Woodpecker

アオゲラがあちこちの木に穴を掘っています。営巣準備なのでしょうが、よりによって

遊歩道のすぐ横に穴を掘っているアオちゃんが居ます。


Dsc_1886




散歩の人が通ると木の裏側に隠れるのですが、小さな声で鳴くので、すぐばれて

しまいます。

 

Dsc_19122



こんなところで営巣して子供でも穴から顔を出そうものなら大変です。

Dsc_1918




あっという間に人だかりができてしまいます。

Dsc_1930




このアオちゃんとしても、ここまで掘ったので後に引けなくなったのかもしれません。

Dsc_1939



こちらとしては、どうすることもできずただ見守るだけです。

午後から行って見ましたが、まだ掘っていました。案外本気かも知れません。


おまけ(ミズキ)

Dsc_1876

2015年4月29日 (水)

A flying Azure-winged Magpie

ギャーギャーと鳴くオナガはあまり人気がある鳥さんとは言えません。



Dsc_1706


尾が長いので、飛ぶのにも苦労している感じがします。



Dsc_1853



それでも調べてみると西日本では繁殖が確認されず、留鳥として姿を見ることが

できないそうです。


Dsc_1857



関東では、年がら年中見ることができるので、あまり人気もないのかもしれません。

Dsc_1858




声はきれいとは言えませんが、姿はそれほど悪くはありません。

Dsc_1859



西日本のように見れなくなっては大変です。今のうちに撮っておきましょう。




おまけ(オオデマリ)

Dsc_1187

2015年4月28日 (火)

A Baby Brown dipper

森の様子を見に行って来ました。川では巣立ったカワガラスが親の特訓を受けて

いました。

Dsc_12661



親の監視のもと餌取りの練習に励んでいます。

 

Dsc_13411



なかなか餌が取れません。お腹が減って親に泣きつきます。

 

Dsc_13801



見ようによっては、親を脅しているようにも見えます。

 

Dsc_15431



強烈に餌を催促します。

Dsc_15461




仕方なく親は餌を採って来て雛に与えます。

Dsc_15641




なかなかうまく行かないと、親も困り顔です。

Dsc_16061




この後雛ももう一度餌取りの練習を始めました。

 

2015年4月27日 (月)

A Grey bunting

桜の木の上で何か動いています。よく見るとクロジです。



Dsc_11362



何となく、季節外れで場違い感があります。



Dsc_11382



普段見るクロジは藪近くの地面と言うイメージですが、今日は桜に来ています。

Dsc_11422




今シーズン公園でクロジとは縁がなく一度も撮れませんでしたが、最後に

出てきてくれたのでしょう。


Dsc_11542



地味な鳥さんですが、新緑の中と言うところが新鮮です。




おまけ(アカメカシワ)

Dsc_1188
おまけも地味目にしました。

 

2015年4月26日 (日)

a Japanese sparrowhawk

ある日の情景。

ツミのメスがオスが獲物を持ってくるのを待っています。


Dsc_05152



オスは獲物を近くの木において離れます。

 

Dsc_05502



近くの枝に止まり、メスが取るのを見守っています。

Dsc_05562




その間、周りを警戒しています。

Dsc_05602



メスはオスが運んできた獲物を取に来て、その場で食べ始めました。



おまけ(イチリンソウ)

Dsc_9225

続きを読む "a Japanese sparrowhawk" »

2015年4月25日 (土)

A Oriental Greenfinch

多摩川縁をいつものように歩いていると、川の中にカワラヒワが居ます。

Dsc_8893



初夏のような日差しに誘われて、水浴びにでも来たのでしょう。

 

Dsc_8921



川の中を飛び回っています。

Dsc_8922


鳥は飛ぶとき必ず羽をたたむことがあるようです。

Dsc_8923


羽を下げた時はエンゼルのようです。

Dsc_8926


黄色い羽を広げると結構きれいです。

Dsc_8929


最後に降りてポーズを決めました。





おまけ(ノジシャ)

Dsc_9202

2015年4月24日 (金)

A Great reed waebler

今日のテーマは花をめでるオオヨシキリです。

Dsc_9128



多摩川では、早くもオオヨシキリがギョシギョシギギギギと鳴いています。

 

Dsc_9150




このオオヨシキリ去年と同じところで同じように鳴いています。

Dsc_9158




たぶん同じ個体だと思います。

Dsc_9177




去年と違うところは花をめでる余裕ができたところでしょうか。




おまけ(フデリンドウ)

Dsc_9211

2015年4月23日 (木)

A Chestnut-cheeked starling

初夏のような陽気に誘われて、ぞくぞくと渡ってくる鳥さんがいます。今日はコムクドリ

を見ることが出来ました。




Dsc_0001



コムクドリを見るのは実に4年ぶりです。



Dsc_0012




まだ、鳥の写真を撮り始めた頃に多摩川土手で撮って以来です。

Dsc_9470



桜並木に来たコムクの群れは、かなりな数いました。


Dsc_9483



ところが、これが難しく、枝かぶり逆光の撮影条件で、ボツの山を築きます。

Dsc_9497



それでも、これでもかと言うくらい撮ったので、何枚かは使えそうです。

Dsc_9612



未熟な腕をカバーすることが枚数を取ること、と言うのも寂しいですが、

Dsc_9689



まあその内うまくなるでしょう。

 

2015年4月22日 (水)

A Zitting cisticola

公園で夏鳥の成果がないので、多摩川に出てみました。早くもオオヨシキリが鳴いて

いましたが、今日はセッカで行きましょう。




Dsc_8857



いつもながらの大声で鳴きながら飛んでいたセッカがススキの枯れ枝に止まりました。



Dsc_8859



どうやら若いセッカのようです。

Dsc_8861




しばらく大人しくしていましたが、その内飛び出します。

Dsc_8863




季節の花を入れなくてはと、苦労しますが無理やりやるとこうなります。

Dsc_8975




黄色い花のはるか向こうに止まっています。

 

2015年4月21日 (火)

A Japanese robin

各地に入った夏鳥を探して早朝の森に行って見ました。ここでは、コマドリが

元気に囀っていました。

Dsc_83832_2



問題なのは暗すぎてSSが上がらないことです。

 

Dsc_83952



それでも、いままで撮れなかったコマドリを撮れたことは、嬉しいことでした。

Dsc_86942



位置取りが悪くひどい写真ですが、そこは我慢、我慢。

Dsc_86992




もう一度リベンジするチャンスがあればうれしいのですが、どうでしょうか。

Dsc_84702


リベンジせずにはいられません。

 

2015年4月20日 (月)

A Narcissus flycatcher

次々と夏鳥がやって来ています。青に続いて黄色いキビタキも鳴きだしました。

Dsc_81682



ただ、遠くてなかなか上手く撮れません。

 

Dsc_76192



そこそこ近いと葉っぱの陰です。

Dsc_78482




そうかと思うと空抜けしてしまいます。

Dsc_81542



目線に来てくれた一枚です。




おまけ(アメリカスミレサイシン)

 

Dsc_8088

2015年4月19日 (日)

A Blue-and-White Flycatcher

各地で夏鳥が入ってきたということです。しばらくは楽しい日が続きそうです。



Dsc_7583



朝早くには鳴いていましたが、ちょっと遅いともう鳴きません。


Dsc_7659



鳴いてくれないと、姿を見つけるのは苦労します。

Dsc_7689



青、黄、橙色の鳥さんが賑やかです。

Dsc_7693




とりあえずは、青から行きますか。

2015年4月18日 (土)

Peregrine falcon 2

そう言えば崖のハヤブサを忘れていました。

Dsc_6982



青い空をバックにしたハヤブサは、まこと美しいものでした。

 

Dsc_6854



お気に入りの崖に止まります。

Dsc_6856



そこからこちらを見渡します。

Dsc_6859



しばらくじっとしていましたが、そのうち飽きて来たのか、飛び出しました。

Dsc_6964




さすが、その飛翔は迫力があります。

Dsc_6965



あっという間に体制を整えます。

Dsc_6966



残念ながらあまり出がよくありませんでしたが、多摩川では見られない迫力が

ありました。

2015年4月17日 (金)

Zitting cisticola

多摩川ではコイがあちこちで産卵しています。セッカが賑やかに鳴きだしました。



Dsc_74742



背景や構図をちゃんとやろうとしましたが、うまく行きません。



Dsc_74432



黄色い花を無理やり入れようとしたら、セッカが見えなくなりました。

Dsc_74022



ご愛嬌と言うことで、勘弁してください。

 

2015年4月16日 (木)

The Ospray on the top of the cliff

春風に誘われて海の陽を浴びてきました。崖の上ではミサゴが飛びます。

Dsc_6454



快晴の空のもと久しぶりのミサゴです。

 

Dsc_6455



川に来ないと思ったら、こんなところに居ました。

Dsc_6465




ここでもホバリングして獲物を探しています。

 

Dsc_6744



そうかと思うと崖の上でダーウィンポーズのまねごとをします。

Dsc_6549




崖の上に突き出た枝に止まってくれました。

Dsc_6562




久しぶりのご対面です。

Dsc_6693




飛び立つと青い空に白い胴体が映えてきれいです。

 

2015年4月15日 (水)

Japanese sparrowhawk2

近くの公園にツミが居るとのことで、さっそく行って見ました。



Dsc_6080



確かに、少し待つとツミが現れました。メスのようです。



Dsc_6157



すぐにオスも現れます。

Dsc_6104



ツミも繁殖の季節です。

Dsc_6212




鳥さんの世界は、今繁殖に忙しい季節のようです。間もなく雛も出てくるのでしょう。

Dsc_6216



オスの表情は威厳に満ちています。が

Dsc_6172



時には、こんなリラックスした表情もします。

2015年4月14日 (火)

Brown-eared bulbuls in the cherry blossoms

写真を撮っていると、公園の駐車場のカギを開けてくれるおばちゃんが声をかけてきました。

Dsc_55512



「何か鳥がいるの?」  「ヒヨドリです」

 

Dsc_55722



「へえ~、きれいな鳥なの?」  「いいえ、きれいじゃないです」

 

Dsc_55732



「あら、そうなの」  「・・・」

Dsc_55482



残った桜にはいっぱい来ていました。

Dsc_55372



桜の中を飛び回るヒヨドリはいつもよりきれいに見えました。

2015年4月13日 (月)

The fight between common kesteral and Corvus

今朝、公園でセンダイムシクイの鳴き声を聞きました。いよいよ夏鳥到来です。

撮影はできませんでしたので、昨日撮ったチョウゲンボウvsカラスのバトルです。



Dsc_50152


上空をチョウゲンボウがカラスを追っています。



Dsc_50532



朝方はオオタカとバトルをしていたカラスが今度は相手を変えて、ファイトです。

Dsc_50932



上空で背面飛行したり、キックをしたり、すさまじいものです。

Dsc_51032



カラスの背面飛行に対抗してチョウゲンも背面で飛びます。

Dsc_51402



大きさの違いは歴然としています。

 

Dsc_51432



壮絶なファイトは2分くらいは続いたでしょうか。

Dsc_51562



最後は痛み分けでした。

 

2015年4月12日 (日)

Common Kingfisher

久しぶりの晴天に気をよくして一日中鳥見を楽しみました。



Dsc_5313



都市公園の池ではカワセミが飛んできました。




Dsc_5338



ちょうど桜が終わろうとしている時期です。

Dsc_5376



まだ散り忘れた桜に止まってくれました。

Dsc_5430



あちこちロケーションを変えてポーズをとってくれます。

Dsc_5443




さすが都会のカワセミは気が利いています。

 

2015年4月10日 (金)

Pacific swift

多摩川では、たくさんのツバメが見られます。



Dsc_3499


ツバメと言ってもいろいろ種類があります。飛んでいたツバメはアマツバメとイワツバメ

だったようです。



Dsc_3498



と言っても飛んでいるツバメは恐ろしく速く飛ぶので、ピントが合うのは、奇跡的です。

Dsc_3941




ですから、普通に見ていてイワツバメとアマツバメの見分けも難しいものです。

Dsc_3943



大きい奴と小さい奴で見分けていたら、どうもピントが合っていたのは、みんな

アマツバメだったようです。


Dsc_3945




胴体にみんな鎧のような模様があります。

Dsc_3947



それにしてもこれだけの写真を撮るのに何枚撮ったことでしょう。

 

2015年4月 9日 (木)

Barn swallow

やっと晴れてくれたので、勇んで出かけました。


Dsc_3452


春ですね~、田んぼではツバメが巣材を集めているのでしょうか。



Dsc_3445



水を張られた田んぼに入って何かしきりと咥えています。

Dsc_3455



そしてそれを持って飛び立ちます。

Dsc_3456



この近所で巣作りでしょうか。

Dsc_3457



その内子ツバメが見られるかもしれません。

 

2015年4月 7日 (火)

A varid tit with cherry blossoms

あいにくの雨で外出できず、一日悶々としていました。気晴らしに桜ヤマガラです。




Dsc_2717

2015年4月 6日 (月)

Sparrow hawk

浅川合流点まで足を延ばして行って見ました。これと言った収穫はありませんでしたが、

帰りがけ、ハイタカ?が飛んでくれました。



Dsc_2986



河原が騒がしいので、ふと見ると何やら小さい鳥が逃げ惑っています。



Dsc_2988


狩りは失敗したようですが、未練がましく上空を旋回します。

Dsc_3006




近くを飛んでくれたので、久しぶりに撮れました。

Dsc_3008



浅川合流点の工事もすっかり終わり、静かな場所に戻っていました。

Dsc_3038



元居た鳥さんも戻ってくれるとうれしいのですが。

Dsc_3044



元に戻るのはしばらくかかることでしょう。

 

2015年4月 5日 (日)

A Tree sparrow in the cherry blossoms

折角のお花見チャンスだったのに寒さと時々降る雨のおかげで今年のお花見は

終わってしまいました。仕方がないので先日撮ったスズメのお花見です。






Dsc_0881


来年に期待しましょう。

2015年4月 4日 (土)

Brown dipper

お仲間の写真を見ていたら、どうしても見たくなってカワガラスを見に早朝から

出かけました。



Dsc_2095


その鳥は調べてみると決してカラスの仲間ではなくれっきとした潜り専門の

鳥さんでした。早朝しかも厚い雲に覆われて暗い中、滝の上にたたずんでいました。


 

Dsc_2214_2


水中の虫を捕まえては、滝の裏側へ運んでいきます。

Dsc_2110



よく見ているとカワウのように水中を泳ぐのではなく、歩いているようです。

Dsc_2183



そして見事に水中の虫を捕まえます。

Dsc_2146_2



見ているだけでも十数回虫を運んでいました。

Dsc_1912



どうやら滝の上に立って雛に巣立ちを促しているようです。

 

2015年4月 3日 (金)

Peregrine falcon on the cliff

崖の上のいつもの木にハヤブサが居ます。



Dsc_1142



大分長い間待ちましたが、攻撃態勢を取ります。


Dsc_1111



あっと言う間に飛び立ちます。

Dsc_1223



どこの獲物を狙ったのでしょう、多摩川を超えた向こう岸の河原に降りたちました。

Dsc_1255


遠くて定かではありませんが、狩りは成功だったよプです。何かを食べています。

食べ終わるとまた飛び立ちます。


Dsc_1273



そして、元居た木に戻って来ました。

Dsc_1341



この後、再度の狩りを期待したのですが、時間切れで撤収しました。

 

2015年4月 2日 (木)

Green Pheasant and rape blossoms

多摩川の中州にはキジがいっぱいいます。しかも春になるとよく鳴きます。


Dsc_0903


土手を歩く人はその鳴き声に一瞬立ち止まり、あたりを見回します。


Dsc_0908



鳥に興味がある人は、キジの姿を見つけホロうちの様子も見ることができます。


Dsc_0929



この季節菜の花が咲き、キジが鳴き何とも穏やかな良い季節です。

Dsc_0952


しかもキジは繁殖して増えているような気がします。



おまけ(ハナカイドウ)

Dsc_0851

続きを読む "Green Pheasant and rape blossoms" »

2015年4月 1日 (水)

CommonKingfisher

春の川面を見ているとカワセミがにぎやかに飛び回っています。


010


すぐそばに、どこからともなく飛んできました。


011


よく見ると、忙しく飛び回っているのは、オスのようです。

012



メスは別な場所でオスが魚を捕ってくるのをじっと待っているだけです。

357



この時期オスは一生懸命働きます。メスに魚を届けて気に入ってもらうためです。

361




それは涙ぐましい努力です。ここでも自然はいつものように回っています。

378


あちこちで水の跳ねる音が聞こえます。

 

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ