« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

A Japanese sparrowhawk(2)

公園を散策していると広場に何かいます。はじめは遠くて判らなかったのですが、

近づくとなんとウサギです。カラスが2羽周りをうろついています。きっとカラスも

何者だろうと怪しんでいたのでしょう。


Dsc_2599




誰かが、飼いきれずに放したのでしょうか。それにしては野性味たっぷりです。

 

Dsc_2608



さらに近づくと藪の中に逃げ込んでしまいました。

ふと、見上げると木の上でツミが何やら食べています。正確には羽をむしって

食べやすくしています。これは雛に与えるためでしょう。


Dsc_26161



メスはオスから受け取ったばかりのようですが、周りでオナガが騒ぐので、落ち着きません。

Dsc_26281



いよいよツミの子育ても忙しくなっているようです。

 

2015年5月29日 (金)

A Grey wagtail

お目当ての鳥さんがなかなか鳴かないので、ぼんやりしていると、上から何かが沢に

降りて来ました。さては水浴びか!慎重に覗いてみるとキセキレイです。


Dsc_2491



ただ単に餌を探して下りて来たようです。

 

Dsc_2495



真っ黒くなった顔をして、尾羽を振り振り餌探しです。

Dsc_2498



沢沿いをうろうろ歩いています。

Dsc_2504



やっとのことで虫を捕まえました。狙いの鳥さんの水浴びとは程遠い出来事です。

2015年5月28日 (木)

A Japanese Paradise Flycatcher(♀)

先日のサンコウチョウが気にいらず、再び山奥まで出かけてみました。

早朝の林道では、サンコウチョウも鳴いていますが、数が少ない感じです。




Dsc_24091



今日はじめにカメラに捕らえたのはメスでした。サンコウチョウはメスも気に入って

いるので、それなりに満足です。



Dsc_24131




杉の間を飛び回るサンコウチョウを撮るのは、露出補正がままならず、苦労します。

Dsc_24142



先日のリベンジにはなりませんでしたが、まあ仕方ないか、と言う感じです。

2015年5月27日 (水)

An Asian brown Flycatcher

去年はコサメビタキの営巣姿を観察できました。今年はどうでしょうか。

目の前に飛んできてくれました。


Dsc_22561



久々に見るかわいらしい目です。

 

Dsc_22611



巣材でも集めているのでしょうか、地面に降りて何やら探しています。

Dsc_23031




そうかと思うとすぐ近くに来て、ポーズを取ってくれます。

Dsc_23061




見上げるとすぐ上で巣を作っているところでした。

Dsc_23201



判りにくい写真ですが見つかったでしょうか?




2015年5月26日 (火)

A Japanese Paradise Flycatcher

大方の渡り鳥は地元を抜けていきました。もちろん留まってくれている鳥さんも

いますが、葉の陰で見つけられません。先日からサンコウチョウを探して、ずいぶん

通っています。




Dsc_22211




今日やっと姿を見ることが出来ました。それでも高い木の上なのでやっと

判別できる程度です。サンコウチョウは黒い姿に青い目が特徴的です。



Dsc_22341



ちょっと寂しい写真ですが、今シーズン初めてなのでご勘弁ください。

必ずリベンジしますから・・・

2015年5月23日 (土)

A Little egret

川の中でコサギが漁をしています。近くで撮影していてもまるで無視です。



Dsc_0791



体を低くして、小魚でも狙っているのでしょうか。



Dsc_0798



捕まえた小魚は一飲みです。

Dsc_0861



近くで見ると結構大きく感じますが、こんな鳥さんもオオタカにかかったら、

ひとたまりもありません。

Dsc_0869



この時期のコサギは夏羽できれいです。

Dsc_0874



まるでシルクをまとっているようです。

Dsc_0880



いくらエレガントでも食べることには、熱心です。

2015年5月22日 (金)

A Common Kestrel

そろそろ雛が出てくるのではないかと、様子を見に行って来ました。

Dsc_15321



残念ながら未だ巣立ってはいないようです。チョウゲンボウはいつもの欅に居ました。

 

Dsc_15001



カラスが近づくのを追い払ったり、オスから餌をもらったり忙しくしています。

Dsc_15011



木の葉がすっかり緑になってチョウゲンの姿も引き立ちます。

Dsc_15061



これで、子供が巣立ったら、もっとにぎやかになるでしょう。

Dsc_15091



それが楽しみですが、まだもう少しかかりそうです。

Dsc_15451



チョウゲンも待ち遠しい顔していました。

2015年5月21日 (木)

A Little ringed plover

コアジサシのフィールドを歩いてみると、沢山の水鳥がいます。中でもお気に入りの

コチドリは久しぶりの再会でした。


Dsc_0630



その独特の配色は河原の砂利に紛れて、見つけにくいのですが、ここでは

わかりやすい姿ですぐに気が付きました。

 

Dsc_0618



水の中を餌を探してあっちこっち歩き回っています。

Dsc_0636



正面顔は、怖いものがあります。

Dsc_0514



それでも、忙しく動き回るさまは、かわいいものです。

Dsc_0517



特に、その黄色のアイリングは目立っています。

 

2015年5月20日 (水)

A Little Tern

今日はコアジサシのフィールドへ行って見ました。地元へもコアジサシは来るの

ですが、ここの奴は特別でした。




Dsc_9630


ホバリングからダイビングを繰り返すのです。



Dsc_9632



しかも数が多いのでその迫力はすごいものでした。

Dsc_9634

Dsc_9696




上空から見ていて垂直に降下します。

Dsc_9699





そのスピードはすごいものです。

Dsc_9755



しかもダイブした時にかなりの確率で魚を捕らえます。

Dsc_9640



まるでミサゴのようです。

Dsc_9641



ミサゴと違うのは嘴で咥えてくることです。

Dsc_9642




しかしミサゴより漁は上手いような気がします。

Dsc_9647



夏のような太陽のもと興奮を覚えました。

 

 

2015年5月19日 (火)

A Blue rock thrush in ookurigawa river

歯医者に行こうと大栗川沿いを歩いているときれいなさえずりが聞こえてきます。

この辺ではあまり聞いたことがない囀りです。大栗川護岸遊歩道から一羽の鳥が

対岸へ飛び立ちました。イソヒヨドリです。残念ながらカメラは持っていません。

歯医者へ行く途中ですから。帰りまで居て頂戴と念じながら、治療が終わって

帰宅途中、まだ居ます。人家の屋根で囀っています。慌ててカメラを取に帰ります。

カメラを持ってその場所に戻ると、もう見当たりません。どこかで声は聞こえるのですが

しばらく、うろつきましたが、残念!今日はあきらめです。残念なので今日のでは、

ありませんが、以前江の島で撮ったイソヒヨです。

Dsc_64311



大栗川沿いを歩くことがあったら、注意してみてください。

 



2015年5月17日 (日)

A pair of Japanese Green Woodpecker

そう言えば、あのアオゲラがどうなったのか心配している人が、いっぱい居るので、

数日前のカップルの様子をお知らせします。その日はメスが巣穴の点検に来ていました。




Dsc_6888



オスは外でメスの判定を待っています。そのうち心配になって覗いています。



Dsc_6896



メスが出てきて判定結果をオスと話し合っています。

Dsc_6909



果たしてどんな結果だったんでしょう。メスは飛んでいきましたが、オスは巣穴の

工事を再開していました。


Dsc_6917




良い結果だと良いのですが・・・



おまけ(ヒトリシズカ)

 

Dsc_6928

2015年5月16日 (土)

The Japanese lasser sparrowhawk

公園で営巣中のツミが気になって、よく出かけるのですがここのところ出会えず

心配していました。

Dsc_8784



今日はほぼ定位置で見ることができ、一安心です。

 

Dsc_8737




リラックスしてストレッチしています。

 

Dsc_8742




右左交互に、筋肉を伸ばしています。今日は余裕のツミ君です。




おまけ(エゴノキ)

Dsc_6933_2


明日も良い巡り会いでありますように・・・

 

2015年5月15日 (金)

At the water place

公園の水場にやっと鳥さんが来てくれるようになりました。



Dsc_8094



今日来てくれたのは、センダイムシクイが最初でした。



Dsc_8140



次に来たのはキビタキ♀でした。

Dsc_8154



春先はなかなか見つけるのが難しく、今日の出会いは嬉しい限りです。

Dsc_8276




次に見るのはセンダイムシクイでしょうか、久しぶりの出会いです。

Dsc_8362




エナガと一緒に行動しているようですが、いつもは木の上なので撮るのは

難しいのですが水場ではこっちのもんです。


Dsc_8491



あの切れ長の目元がかわいい鳥さんです。

2015年5月14日 (木)

A Barn swallow

所々に出来た水たまりにはツバメがいっぱいやって来ます。



Dsc_7739



何をしているのかと、よく観察すると巣材を集めているようです。



Dsc_7785




何もここでなくてもいいだろうと思いますが、たぶんここが一番なのです。

Dsc_7790



見かけで若そうなツバメも居ます。

Dsc_7824



しばらく休んでいると思ったら、おもむろに働き出します。

Dsc_7826



こんなに多くのツバメが一緒に働くのは、初めて見ました。

Dsc_7830_2



若いツバメと言えば働かないのが普通ですが・・・

 

2015年5月13日 (水)

Grey-tailed tattlesr

久しぶりに多摩川を散策しました。最近は日差しが強く日影のない河原は熱いので、

避けていたのですが早朝思い切って出かけてみました。




Dsc_7271


いつものコースを上流へ行くとどこからともなく、シギの群れが飛んできます。



Dsc_7281



かなりの数のキアシシギです。

Dsc_7294



何故か飛んできたと思ったら、狭い石の上に固まりました。

Dsc_7369




昨日夜中に降った雨で増水し岸辺が深くなっているようです。

Dsc_7385




今シーズン初めて見るキアシシギです。季節は確実に変わっています。

Dsc_7401




日中の気温が30度にもなるという日でしたが、キアシシギの姿を見ると何故か

季節のせいだと納得するものがありました。

 

2015年5月12日 (火)

A nest-building of Azure-winged Magpies

鳥さんの巣作り、営巣と言えば、この鳥さんも忙しそうに働いています。



Dsc_6501


公園の上空を飛び回るオナガです。



Dsc_6505



新緑のきれいな木の梢から枯れ枝やら集めています。

Dsc_6551



口にくわえて飛行するのも前が見ずらいでしょうに・・・

Dsc_6561




もっとも、口がふさがっていれば、あのやかましい声を聞かずに済みますが。




おまけ(タニウツギ)

Dsc_6458

2015年5月11日 (月)

Children of A Long-tailed Tit

深山から帰ってきた公園は静かです。鳥さん達は営巣に入っているのでしょうか。

そんな中で、もう巣立った鳥さんも居ます。




Dsc_6659



エナガの子供たちです。



Dsc_6665




日照りが続いたので、たまらず水浴びに来ていました。

Dsc_6670



あまりきれいな水ではありませんが、浅いところはこの辺りだけです。

Dsc_6691



水を浴びた後はタニウツギの中で体を乾かしていました。

Dsc_6644




親も近くで危険がないか監視しています。巣立ったとは言え、まだまだ用心が

必要です。

 




2015年5月10日 (日)

At the mountain(A Red-billed leiothrix)

目の前を素早く動き回る鳥さんが居ます。

Dsc_3732




よく見るとソウシチョウの群れです。

 

Dsc_3770




ソウシチョウはかなり派手目な鳥さんですが、その配色はきれいです。

Dsc_3820




この鳥さんも今シーズンは地元で撮れずに終わった鳥さんです。

Dsc_5248




群れで素早く動くので、なかなかきれいに撮れませんがここではのんびりして

いるように感じます。

Dsc_5265




枯れた倒木に止まってもシャッターを切る時間を与えてくれます。

Dsc_5276



ソウシチョウ自体もここでは浮かれているようです。

2015年5月 9日 (土)

At the mountain 3.(A Japanese robin)

地元では撮るのに苦労したコマドリもここ、パラダイスでは平気で出てきます。

Dsc_50661



さすが深山のパラダイスはすごいものがあります。

 

Dsc_4930



藪から出てきて鳴いてはくれませんが、姿はゆっくり見せたくれます。

Dsc_4824




オレンジ色の頭部が綺麗な鳥さんですが、実は胸のあたりの微妙な色もきれいです。

Dsc_5942



出てくると数分間はポーズを取ってくれます。

Dsc_5089




コルリが乗った木にコマドリも乗って撮らせてくれます。

Dsc_5095



まるで、地元でのサービスの悪さを補うようでした。

 

2015年5月 8日 (金)

At the mountain 3.(A Siberian blue robin)

深山のパラダイスには今まで見たことなかった鳥さんも登場しました。コルリです。

Dsc_3948


青い背中に白いお腹、オオルリよりずっときれいな気がします。

 

Dsc_3917




本によると下草が生い茂った落葉広葉樹林や混合林に生息するとあります。

Dsc_5453




地元ではなかなか見られない鳥さんです。

Dsc_5471_2



こんなにいろいろな鳥さんが現れていいのでしょうか、まあそれがパラダイスの


所以でしょうか。

2015年5月 7日 (木)

At the mountain 2.(A Willow tit)

深山の新緑は始まったばかりで、まだ新芽の出ていない木もあります。そんな中

元気に飛び回っている小鳥が居ます。コガラです。


Dsc_6163




久しぶりに見るコガラは新鮮でした。

 

Dsc_6200




今シーズンは地元では見れなかったので、2年ぶりです。


Dsc_6228




小さい鳥さんなので、動きが早くカメラが追い付きませんが、時々止まってくれます。

Dsc_6233




始まったばかりの新緑をバックにしてポーズを取ってくれます。

Dsc_6309




シジュウカラやヒガラとは、兄弟関係ですが、ネクタイの長さで区別できます。

Dsc_6324




胸からお腹にかけて白いので、なんとなくかわいく見えます。

2015年5月 6日 (水)

At the mountain 1.(A Eurasian nuthatch)

地元を通り過ぎてしまった鳥さんや山へ帰った鳥さんを追って深山に行って見ました。

Dsc_3372



そこは鳥さんのパラダイスでした。

 

Dsc_3564



お気に入りのゴジュウカラもいっぱいいました。

 

Dsc_3566




フィーフィーフィーフィーと言うお得意の鳴き声で飛び回ります。

Dsc_4305



今シーズンは地元まで来てくれなかったゴジュウカラですから1年ぶりの再会です。

Dsc_4310



色味は地味ですが行動は結構派手目です。

Dsc_4458


いっぱい写真を撮ったので、枝かぶりですが大きい写真も載せてあげましょう。

 

2015年5月 4日 (月)

A couple of the Japanese Green Woodpecker

毎日狙って撮っているわけではないのですが、通り道なので居るとつい撮ってしまう

アオゲラカップルです。



Dsc_2728



穴を掘るのはもっぱらオスですが、メスが時々チェックに来ます。そのチェックは

きわめて厳しく、オスに後で注文を付けるようです。



Dsc_2736



すると間もなくオスがやって来て奥行きを広げたり、メスの言うなりに仕上げて

行きます。

Dsc_2864



どうもこのカップル本気でここで営巣を考えているようです。もう5日になりますが、

諦めません。


Dsc_2866



こうなったらこちらも、とことん付き合いましょう。




おまけ(シラーカンパニュラータ)

Dsc_2910
お仲間に名前を教えていただきました。

2015年5月 3日 (日)

A Narcissus flycatcher4

お気に入りのキビタキも日々近くに来てくれるようになりました。



Dsc_24561



今朝は鳴かずに姿だけ現したので、あわててシャッターを切りました。



Dsc_24641



今シーズンの地元でのキビタキはこれで満足です。明日からは、また新たな目標を

狙いましょう。





おまけ(アオスジアゲハ)1

Dsc_2676

おまけ(アオスジアゲハ)2

Dsc_2706


おまけを豪勢にして見ました。

 

2015年5月 2日 (土)

A Narcissus flycatcher3

通過する夏鳥を追って毎日公園通いです。キビタキは何としてもちゃんと撮りたい

鳥さんです。

 

Dsc_22822



今日もリベンジのため朝早くから追っかけまわします。

 

 

Dsc_23012



幸い近くに来てくれました。

Dsc_23042




昨日と同じ個体のようですが、昨日メスと一緒に居たので、ひょっとすると

ひょっとしてくれるかもしれません。

Dsc_23092




一昨年の例もありますから。

Dsc_23112

そうだとするともうしばらく居てくれるかもしれません。




おまけ(ホウチャクソウ)

 

Dsc_22892_2

 

2015年5月 1日 (金)

A Narcissus flycatcher2

いかんせん今シーズンは、キビタキが上手く撮れません。



Dsc_2099



何しろ遠すぎて400mmでは、話になりません。


Dsc_2126



鳴き声は木霊し、きれいですが姿はよく見えません。

Dsc_2122



一番近くに来たときは、枝かぶりです。

Dsc_2110



しかたがないので、こちらに向って来た正面顔です。

Dsc_2163



明日こそ何とかしましょう。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ