« ツミとチョウゲンボウ(A Japanese sparrowhawk & a Common Kestrel) | トップページ | ツバメ子育て(A Barn swallow) »

2015年6月10日 (水)

ゴイサギ(Black-crowned night heron)

梅雨の晴れ間に、久しぶりに大栗川へ行って見ました。どこからともなく2羽の

鳥さんが飛んできました。すかさずシャッターを押しますが何かはわかりません。


Dsc_5752



落ち着いて見るとゴイサギです。久しぶりの対面です。

 

Dsc_5753



よく見ると子供が一緒です。ホシゴイですが、すでに星が消えかかっています。

Dsc_5771




子供に漁を教えているのでしょうか、じっとして動きません。

Dsc_5800




ホシゴイも自分から積極的に漁をするでもありません。2羽で見つめ合っています。

Dsc_5803




しばらく見ていたのですが、動きがないので向こう岸に回ってみました。

Dsc_5817




ホシゴイはまだ鳥さんの写真を撮り始めたばかりの頃、大栗川で興奮しながら

撮らせてもらった記憶があります。

Dsc_5842





ゴイサギが漁の仕方を見せるように葦の中に入って行ったので、その場を離れましたが

帰りに寄ってみるとまだ2羽で同じところに居ました。この調子だと明日まで

居そうです。

« ツミとチョウゲンボウ(A Japanese sparrowhawk & a Common Kestrel) | トップページ | ツバメ子育て(A Barn swallow) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

こんにちは昨日大栗川でご一緒させていただき「ゴイサギ」を撮影させていただきました井上(イノウエタダシ)と申します。昨日は短い時間でしたがいろいろ野鳥のことを教えていただきましてありがとうございました。本日早速安部さんのブログ拝見させていただきました。私なりの感想を述べさせていただきます。作品全体から伝わる温かみのあるさり気ない作風に野鳥たちもさぞ安心しきっているのではないかと想像いたします。また撮影されている野鳥の種類の多さにドキドキです。私も野鳥に興味を持って2年ほど前からやっておりますがまだまだ足元にも及びません。それでも自然の中での野鳥撮影は心身ともリラックスさせてくれますし自分の知らない野鳥を撮影できたときは天にも昇る思いです。またその時々に出会える方々とお話しできることも楽しみの一つです。これからも安部さんのブログ楽しみにしております。

井上さん
コメントありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/61722473

この記事へのトラックバック一覧です: ゴイサギ(Black-crowned night heron):

« ツミとチョウゲンボウ(A Japanese sparrowhawk & a Common Kestrel) | トップページ | ツバメ子育て(A Barn swallow) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ