« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

ツバメとハルシャギク(A Barn Swallow)

お仲間がいつもきれいな花を撮っていた場所でツバメが飛び交っていました。



Dsc_0779




いつも通るとセッカが鳴いているので、いつかセッカと共にと思っていましたが、

今日はツバメでした。



Dsc_0786



この黄色い花はハルシャギクと言うそうですが、いっぱい咲いているときれいです。

Dsc_0873





ツバメの素早さがたまらないのですが、ピンの来たものもありました。

Dsc_0883



花もそろそろ終わりの時期ですが何とか間に合ったという感じです。

Dsc_0891




次は向日葵でしょうか。

2015年6月29日 (月)

森のオオタカ(A Northern Goshawk)

森を散歩していると頭上でキィーキィーと言う鳴き声が聞こえます。見上げると

オオタカの幼鳥が松の木の枝に居ます。

Dsc_0539




早朝なので少し暗かったのですが、その雄姿は子供とは言えさすがオオタカです。

 

Dsc_0587





巣立ちしたばかりのようです。いろいろなことに興味を持ちます。

 

Dsc_0589



親鳥は早く独り立ちしてほしいと望んでいそうです。


ホシゴイ情報
今朝も同じ所にうずくまっていました。お兄ちゃんが付き添っています。なんだか随分痩せた気がします。

 

Dsc_0725

容疑者現る
ちょっと上流では容疑者(?)が川を渡っていました。

Dsc_0706
証拠がないだけに容疑者に仕立て上げるのもどうかと思いますが・・・・

2015年6月28日 (日)

高山にて3.久々のキクイタダキ(A Goldcrest)

高山の水場には色々な鳥さんがやって来ます。頭にキクの花を乗せたキクちゃんも

やって来ました。




Dsc_0086




水浴びに来たのでしょう。警戒しながら現れました。



Dsc_9428




よく見るとキクちゃんは目元がぼんやりしています。

Dsc_9431





初めはピントが悪いのかと思っていましたが、元々そんな眼のようです。


Dsc_9449



動きが早いのは相変わらずですが、地元に来た時よりゆったりした感じです。


Dsc_9508



それでも水浴び後、木の枝に飛んだ時の動きは早く、なかなか追いつけません。

Dsc_9808




久々の再会を愉しめました。

 

続きを読む "高山にて3.久々のキクイタダキ(A Goldcrest) " »

2015年6月27日 (土)

高山にて2.初めてのカヤクグリ(A Japanese Accentor)

霧が出てきた高山を歩くと足元でペアのカヤクグリが忙しそうに歩いています。



Dsc_9875



子育て準備なのか、動きがあわただしい感じです。そうかと思うと、巣材を集める

個体もいます。



Dsc_9919



ここではそこら中で子育てに向けた準備が始まっています。

Dsc_9942




調べてみるとカヤクグリは日本固有種と言うことで高山のハイマツ帯に住む

とあります。不思議なことにウィキペディアに出てきません。

Dsc_9973




この日が初見だったのですが、後で池に水浴びにもやって来ました。

Dsc_9990



清潔好きは他の鳥さんと変わりません。

2015年6月26日 (金)

高山にて1.メボソムシクイ(A Arctic warbler)

地元からいなくなってしまった鳥さんを求めて、高山に探索に行きました。

2000mを超える高山は寒く、空気も薄い感じです。でも鳥さんはいっぱい居ました。

初めに出てきたのはメボソムシクイ。




Dsc_9072



ポイントに到着するなり現れました。



Dsc_9074





地元ではセンダイムシクイは、よく見かけていましたが、メボソは初めてのような

気がします。


Dsc_9078




新緑の緑にきれいに映えています。メボソはセンダイと明らかに鳴き方が違います。

Dsc_9331




木から降りてきて水浴びをするつもりのようです。

Dsc_9179





いくら涼しくても体を清潔に保つには水浴びは欠かせません。

Dsc_9347





おや?よく見ると、お隣に誰か入っていますね・・・

2015年6月25日 (木)

カルガモ二番子(A Grey duck)

大栗川には沢山のカルガモが居ます。今日は2羽の子供を連れたカルガモに出会い

ました。


Dsc_8861_035


大抵の子供はすでに大人と同じくらいになっていますが、今日見たのは、まだ小さい

子供だったので、二番子かも知れません。

 

Dsc_8866_036



親のそばにぴったりついて離れません。

Dsc_8871_037



他の親子も大方無事育っていますが、二羽しかいない子供無事に育ってほしい

ものです。

Dsc_8906_038



お母さんはかなり周りに注意を向けています。

Dsc_8916_039


子供たちも元気いっぱいです。




ホシゴイ情報:お兄ちゃんが近くで見守っていました。

けがの具合も大分良さそうです。

Dsc_8738

2015年6月24日 (水)

ビオトープのオオヨシキリ(A Great reed warbler)

少し遠出して見たい鳥さんがあったので、行って見ました。残念ながら、まだハスが

出ておらず、鳥さんも見れませんでした。ここにはビオトープがあって、沢山の

オオヨシキリが飛び回っていました。




Dsc_8570_030




ビオトープとその周りの草地を行ったり来たりしています。



Dsc_8572_031



日差しが強く、長時間は居られません。

Dsc_8576_032




おまけに目的の鳥さんが居ないので、仕方なく散策してみます。

Dsc_8593_033




何でこんなところにこんな大きな池を作ったのでしょうか?

Dsc_8597_034





そうではなく、大きな池の周りに大きな住宅と街を作ったようです。

2015年6月23日 (火)

河原のイカルチドリ (A Long-billed plober)

お仲間情報を頼りに、お目当ての鳥さんを探しに行きました。ところが体調不良で

出遅れたため、出会うことができませんでした。代わりに居たのはイカルチドリです。




Dsc_8296_026



コチドリもそうですが、河原の石の間に居られるとすぐに見失ってしまいます。



Dsc_8306_027




保護色と言うか、何とも絶妙な色合いです。

Dsc_8308_028





止まっていると完全に見失うのですが、時々動いてくれるので、かろうじて

発見できます。


Dsc_8312_029




今日はしきりと鳴いていました。鳴き声もまた見つける手段としては有効です。


この後例のホシゴイのところに寄ってみましたが、見当たりませんでした。

仕方がないので更にツミを見に行きました。


Img_2476




4兄弟そろっていましたが、長兄は巣から離れたり戻ったりしていました。

明日くらいは完全巣立ちかも知れません。

 

2015年6月22日 (月)

久々のセッカ(A Zitting cisticola)

多摩川の河原では今、オオヨシキリの鳴き声とセッカの飛び回る姿が賑やかです。

今日はセッカが近くに来てくれました。




Dsc_8031




どうもこの花の下に巣があるようです。



Dsc_8037




飛び立ってもすぐにここへ戻って来ます。

Dsc_8046




セッカは枝に止まるポーズが独特です。

Dsc_8048




枝被りばかりですが、ご勘弁、ご勘弁。

Dsc_8054



アレチハナガサの茎は丈夫なのでセッカの良い止まり木になります。






ホシゴイ情報
今日も同じ場所に居ました。アオサギが見守っています。

Dsc_8029





2015年6月20日 (土)

子ツバメ(A young barn swallow)

散歩をしていると巣立ったばかりの子ツバメがいます。

Dsc_7652



電線に止まり親鳥が飛んでいるのを目で追っています。

 

Dsc_7678




きっと餌をもらえると思っているのでしょう。

Dsc_7684





それでも親鳥は一向に餌を持ってきません。

Dsc_7691




自分で早く捕れるようになりなさい、と言うことなのでしょう。厳しく優しい親鳥です。




もう一つの厳しい自然があります。例のホシゴイです。脚は完全に折れているようです。

Dsc_7629_024




お兄ちゃんが心配して寄り添っています。

Dsc_7608_023



親は離れたようです。あれ以来見かけません。

2015年6月19日 (金)

河原のキジ(A Green Pheasant)

一日中雨の予報です。雨雲レーダーを見ながら飛び出すタイミングを計っていましたが、

難しいようです。仕方ないので一昨日撮ったキジです。




Dsc_7067_019




多摩川の中州に現れたオスですが、動きが遅くほとんど同じ場所に居ました。



Dsc_7092_020



メスが現れるのを待ったのですが、出てきません。

Dsc_7134_021



何の変哲もないので、一応花がらみとして見ます。

Dsc_7141_022




それにしても雨の日はどうしようもありません。

 

続きを読む "河原のキジ(A Green Pheasant) " »

2015年6月18日 (木)

ホトトギス(A Lesser cuckoo)

早朝公園を散歩すると遠くでホトトギスが鳴いています。このへんにも居ないかな、

と楠を見ていると、居ました。




Dsc_7439_010



ただ、ホトトギスは楠の高い枝に止まり、葉の陰になってまともな写真は撮れません。



Dsc_7446_011





今シーズン初めてだし、まあ仕方ないかとシャッターを押します。

Dsc_7438_009



その内こちらに気付いたホトトギスは、無情にも飛び去ります。

Dsc_7448_012




まあ、今度見かけたらもう少しまともな写真を撮りましょう。






おまけ(ネムノキ)

Dsc_6636


ホシゴイ情報
午後歯医者に行った帰りに気になって寄ってみました。カメラもなく話だけですが、昨日と同じ場所に居ました。詳しい様子はわかりません。もう一羽近くにホシゴイが居ました。これは多分兄弟でしょう。明日晴れたら行って見たいと思います。

2015年6月17日 (水)

草原のヒバリ(A Eurasian skylark)

今朝は少し涼しかったので、久しぶりに多摩川を散策してみました。公園の草原に

ヒバリが遊んでいました。





Dsc_7018



初めはスズメかな、と思ったのですがよく見るとヒバリです。



Dsc_7014



こちらは川沿いを歩いていたのですが、彼は草原を同じ方向に歩いています。

Dsc_7021




久しぶりなので、つい嬉しくてシャッターを何回も押してしまいました。


Dsc_7026




朝方の雨が上がり、涼しさもあって気持ちのいい散策が楽しめました。






そう言えば、あのホシゴイのことが気になる人も居ると思うので、ちょっと触れて

起きます。昨日と同じ場所に同じようにしていました。


Dsc_7265_008



でも、昨日より少し状態はよくなっているように見えます。

こんな恰好でストレッチもできています。

Dsc_7258_007



右足も少しつけるようです。


Dsc_7246_006



一日も早く回復してほしいと思わずにはいられません。

 

2015年6月16日 (火)

ホシゴイ御難(A Baby Black-crowned night heron)

ゴイサギの飛翔姿を撮りたくて再び大栗川へ向かいました。向かい岸の藪で

動いているのが判りました。あっと思ったら飛び立ちます。




Dsc_6859_003


とっさにカメラを構えますが全然だめです。



Dsc_6868_004



ピントは会わないしどこを狙っているのかわかりません。

でもこの写真何だか変だと思いませんか?ホシゴイの足です。右足が垂れています。




Dsc_6878



しばらく飛んでうずくまりました。この時はいつものように眠りに入ったのだろうと

思っていました。実はそうではなかったのです。夕方お友達が写真を送って

くれました。その写真はホシゴイが足に大けがをしている写真でした。

すごく痛々しくかわいそうなものでした。・・・・?ひょっとすると、あのタヌキ?

真実はわかりません。早く回復することを祈るばかりです。

2015年6月15日 (月)

ツミ(A Japanese lesser sparrowhawk)

ツミの様子を見に出かけました。巣を観察していると早速どこからともなく

母親が飛んできました。




Dsc_6652



きっとどこかで見張っていた所、怪しい人間が巣に近づいたので慌てて来たのでしょう。



Dsc_6651




目の前の枝に止まるとこちらを見て威嚇します。


Dsc_6664




それでも、見慣れた奴だと思ったのでしょうか、近くの木に戻ってしまいました。

少しだけ巣を観察させてもらいます。見ると真っ白い羽毛に包まれた雛がいます。



Dsc_6742




こんなにはっきり見えたのは初めてです。どんどん大きくなっているのでしょう。


Dsc_6809




写真に撮れた雛は2羽でしたがもう一羽見え隠れしていました。

今後を楽しみに早々に引き揚げます。

 

2015年6月14日 (日)

ゴイサギとタヌキ(A Black-crowned night hearon & a Raccoon dog)

午後から河原に出かけました。ここのところいつも見かけるゴイサギが居ます。



Dsc_6272



近くにはホシゴイも居て狩りの練習でしょうか?




Dsc_6271




そこへ、何としたことでしょう、こちらもよく見かけるタヌキさんが現れました。

Dsc_6335




その遭遇にびっくりして見ていると、タヌキさんはどんどん近づいてきます。

Dsc_6340




大変だ~!どうなるんだろう固唾を飲んで見守ります。

Dsc_6344




次の瞬間、タヌキがゴイサギを襲ってゴイサギは飛び立つのだろうと思っていました。

Dsc_6347




ところがタヌキさんは3m位まで近づきましたが、その脇を通り過ぎます。

ゴイサギは、ほっとして見送ります。


Dsc_6350



この後も何か起きるのではないかと、1時間も見ていましたが、何もなく平和が戻りました。

2015年6月13日 (土)

オナガ巣作り(An Azure-winged Magpie)

鳥さんの子育てシーズンですが、鳥によってまた個体差によって進行状況は

大分違うようです。この日はオナガが巣材を集めていました。




Dsc_58971



よく見ているとペアで力を合わせて巣材を運んでいます。



Dsc_5899




オナガはよく見かけるし、この辺で巣を営んでいるようだなと言うのはわかりますが、


実際にその場所が分かったのは初めてです。


Dsc_5904



かなり人目に付くところなので、こんな場所で大丈夫かなと心配になります。

Dsc_5913





枯れた小枝ばかりでなく、木の幹に付いた苔も集めています。

Dsc_5924




かなり巣としてはしっかりしたものになりそうです。最後の仕上げにかかって

居ました。

Dsc_5908





ここで雛を孵してくれるとうれしいのですが・・・

 

2015年6月11日 (木)

ツバメ子育て(A Barn swallow)

昔はよく見られた光景ですが、最近あまり見ることが無くなったような気がして

いました。ツバメは、よく家の軒下に巣を作ったものです。




Dsc_60701




今日はたまたま、歩いているときにツバメが餌を運んでいるのに気づきました。



Dsc_60721




ここには、巣がいくつもありましたが、巣立っていない雛が残っている巣が

一つだけありました。親鳥は一生懸命餌を運びます。その間、近づくカラスを

追い払い、大忙しです。



Dsc_60731




子ツバメは大きな口を開いて親鳥の頭ごと飲み込みそうな勢いです。

Dsc_60741




親鳥は餌をすべてフライングキャッチで捕まえてくるのでしょう。動きが早い

はずです。早く子ツバメが巣立ちすると良いですね。




おまけ(キツリフネ)

 

Dsc_5888

続きを読む "ツバメ子育て(A Barn swallow)" »

2015年6月10日 (水)

ゴイサギ(Black-crowned night heron)

梅雨の晴れ間に、久しぶりに大栗川へ行って見ました。どこからともなく2羽の

鳥さんが飛んできました。すかさずシャッターを押しますが何かはわかりません。


Dsc_5752



落ち着いて見るとゴイサギです。久しぶりの対面です。

 

Dsc_5753



よく見ると子供が一緒です。ホシゴイですが、すでに星が消えかかっています。

Dsc_5771




子供に漁を教えているのでしょうか、じっとして動きません。

Dsc_5800




ホシゴイも自分から積極的に漁をするでもありません。2羽で見つめ合っています。

Dsc_5803




しばらく見ていたのですが、動きがないので向こう岸に回ってみました。

Dsc_5817




ホシゴイはまだ鳥さんの写真を撮り始めたばかりの頃、大栗川で興奮しながら

撮らせてもらった記憶があります。

Dsc_5842





ゴイサギが漁の仕方を見せるように葦の中に入って行ったので、その場を離れましたが

帰りに寄ってみるとまだ2羽で同じところに居ました。この調子だと明日まで

居そうです。

2015年6月 9日 (火)

ツミとチョウゲンボウ(A Japanese sparrowhawk & a Common Kestrel)

ツミとチョウゲンボウは同じように猛禽類ですが、タカの仲間とハヤブサの仲間

なので、ちょっと顔つきも性格も違うようです。今両方とも子育て中ですが、

その仕方も少し違いがあるように感じます。餌を運んできたオスのツミはそれを

調理してメスに渡すのですが、運んでくるとキィキィキィと鳴いてメスを呼びます。




Dsc_5212



呼んでおいて一生懸命調理して、すぐに食べられる状態まで持っていきます。



Dsc_5270




メスに渡してしまうとしばらくはリラックスタイムです。それでも少し神経質さが

あるようです。

それに引き替えチョウゲンボウはオスが餌を持ってくる間も意外と平気にメスは

巣を離れるようです。


Dsc_5586




顔も目が大きいせいかどことなくのんびりしているように見えます。

ツミに比べて大様に構えている感じです。


Dsc_5612




こどもの育ち具合が進んでいるためでしょうか、それとも周りにお仲間がいっぱい

いるせいでしょうか。わかりませんが、どことなくツミと感じが違います。

 

2015年6月 8日 (月)

アオバトとオオタカ(A White-bellied greenpigeon & a Northern goshawk)

公園を散歩しているとどこからともなく聞きなれない鳴き声がします。ヒマラヤスギの

天辺に何かいます。




Dsc_55171



アオバトです。初めて見ました、もちろん撮影も初めてです。シャッター音で

飛ばれてしまったので、1カットだけですが、うれしいことでした。聞いては居ましたが、

本当にアオーアオーと鳴いていました。

帰り掛け、上空をカラスに追われたオオタカが飛びます。



Dsc_55221



露出補正が間に合いません。すぐ上を飛ばれました。

Dsc_5524



それでも久しぶりにオオタカの姿を見れたので良しとします。




おまけ(ビヨウヤナギ)

Dsc_5493

2015年6月 7日 (日)

アオバズク

去年と同じ神社にアオバズクが来ているとのことで、朝早く出かけてみました。

カメラマンが数人いましたが、手持無沙汰のようです。アオバズクは、木の上で

眠っています。




Dsc_5031




夜通し働いてやっと眠りについたようです。しばらく待ちましたが、薄目を開けるのが

やっとでした。


Dsc_49911




日を改めて出かけることにしましょう。



おまけ(ムラサキツユクサ)

Dsc_5489





2015年6月 6日 (土)

Other birds at the mountainside

今回の遠征で見たその他の鳥さん集です。




まずは高原の日陰で涼むウグイス

Dsc_3032



高原で見るとなんとなくすごい猛禽に見えるトビ

Dsc_3173



森の中では木道で餌を物色中のゴジュウカラ

Dsc_3343




黄色が一段と綺麗なキビタキ

Dsc_3312



樹上で愛をささやき合うイカル

Dsc_3242





飛びそうで飛ばないアカハラ

Dsc_3566





沢沿いでは闇夜のカワガラス

Dsc_4108




ヒガラと見分けがつかないコガラ

Dsc_4531





何とも楽しい3日間でした。

2015年6月 5日 (金)

At the mountainside 7

そう言えば高原の鳥さん、ホオアカを忘れていました。

湿原のほとりで、優雅な別荘生活を送るホオアカは、地元で見るそれとずいぶん

違って見えます。




Dsc_2692



地元で冬場見ることができるのは、河原の草原でちょこちょこ歩く姿です。



Dsc_2719




それが、ここでは低木の枝に止まり、きれいな声で囀っています。

Dsc_3191



まるで綺麗さが違います。これだけでも来た甲斐がありました。

Dsc_3148




高原の空気は澄んで囀る声も響き渡ります。


Dsc_2725

梅雨入り前の天空の台地は文字通り天国のようです。

 

2015年6月 4日 (木)

At the mountainside 6

沢沿いでの狙いの鳥さんは別だったのですが、とうとう出会うことはありませんでした。

それでもオオルリは出てきてくれました。




Dsc_42991



か細い声で囀っていました。



Dsc_43301



まだ、若い鳥さんのようです。

沢沿いを歩くと別のオオルリにも出会いました。こちらは餌を咥えてじっとしています。


Dsc_4457




きっと近くに巣があるに違いありません。

Dsc_4488




そこに偶々人間が来たので、固まってしまったようです。かわいそうなので、

早々に離れることにします。


Dsc_4701

沢沿いの期待の鳥さんには会えませんでしたが、一瞬声を聞いたような気が

します。まあ、それで良しとしましょう。

At the mountainside 5

今回の探鳥は、高原、森、沢沿いと言うパターンでやりましたが、森と沢沿いの

あちこちで出てきたのは、ミソサザイでした。


Dsc_3323




例のヒリヒリヒリヒリと言う鳴き声がこだまします。

 

Dsc_3840




ミソサザイの色自体は決してきれいとは言えませんが、その小さな体で囀る声は

目を見張るものがあります。


Dsc_41871



森で出てきたミソサザイも派手に鳴いていましたが、沢沿いのミソサザイは

更に派手に鳴いていました。

Dsc_4239



朝早かったせいで、暗いこともありましたが姿は見えずにすぐ近くで鳴き声だけが


響き渡っていました。

Dsc_4390




少し明るくなると見つけやすくなるのと、写真に撮りやすくなるのとで、助かります。

Dsc_4414




それにしてもその数は、地元では考えられない数でした。

 

2015年6月 3日 (水)

At the mountainside 4

神秘の森には沢山のアカゲラが居ました。ちょうど地元の公園に沢山のアオゲラが

いるように。


Dsc_3397



そのアカゲラは木から木へ素早く移動して食べ物を探しています。

 

Dsc_3410



枝が被り姿がきちんと見えませんが、必死に追いかけます。

Dsc_3450




地元で見ていたのは冬の間だったので、緑の葉と一緒の姿は新鮮です。

Dsc_3534



この個体は赤い部分が綺麗な個体だったのでなおさらコントラストが綺麗です。

Dsc_3638




朝陽を受けてアカゲラは、生き生きとしていました。

At the mountainside 3

いっぱい撮った鳥さんが紹介しきれなくても詰まらないので、先を急ぎます。

高原を後にして行った先は、神秘の森の中です。ここでは数知れない鳥さんが

その営みをしていました。初めはコサメビタキです。

Dsc_3855


木の大きな枝に苔で作った巣を守って子育てです。

 

Dsc_3948



小さい体に大きな目がかわいいのですが、動きが早いことこの上ありません。

 

Dsc_3979



緑の森の中を素早く移動して小さな虫を捕まえてきます。

Dsc_4064



お父さんが餌探しをして、お母さんに渡します。お母さんはそれを生まれたばかりの

子供に分配します。時には夫婦で巣を離れます。

Dsc_4078



でもすぐに戻って来て子供の面倒を見ます。実に自然の姿に感動します。

 

 

2015年6月 2日 (火)

At the mountainside 2

真っ青に晴れ上がった高原で初めに出会えたのは、真っ黒く日焼けしたノビタキ

でした。松の木の天辺で下界を見下ろしています。




Dsc_2666



高原の高台には更にいっぱいのノビちゃんが遊んでいます。



Dsc_2939




余りに澄んだ空気の中で気持ちよさそうです。

Dsc_2961



ここはノビちゃんにとっては楽園です。ペアもいっぱいいました。

Dsc_3087



そうかと思うとシングルを楽しんでいる気丈なメスもいます。

Dsc_3210



高原の日差しは強く、空気は澄んでどこまでもきれいな空です。

Dsc_3212



そんな中、とりさんと思う存分遊んできました。

 

2015年6月 1日 (月)

At the mountainside

5月と言うのに30℃を超える日があって、とてもじゃないが今年の夏を越すのは

容易ではなさそうです。と言うわけで山へ鳥見と涼を求めて出かけました。

撮った写真が整理つきませんので、まずは予告編と言うことで・・・




Dsc_4330


オオルリ(A Blue-and-White Flycatcher)です。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ