« 抱卵中のサンコウチョウ(A Japanese Paradise flycatcher) | トップページ | カワセミのホバリング(A common kingfisher) »

2015年7月 8日 (水)

新たなゴイサギ親子(A Black-crowned night heron)

朝目覚めた時、一番最初に外を見ます。雨が降っていなければ、出かけるためです。

今日も雲は低く垂れこめていましたが、降っては居ませんでした。

大栗川では、特に鳥さんの姿が無く、寂しく帰ろうかと云う時に散歩の人がゴイサギを

教えてくれました。




Dsc_1847




急いで行って見るとこの前まで居たのと違う親子のようです。



Dsc_1779




子供の方は星がはっきりしていて、全く違います。

Dsc_1815





親の方は、ちょっと区別できませんが、何となく顔だちが違う感じがします。

Dsc_1834




そうだとすると、2組目の親子が大栗川にやって来てくれたことになります。

嬉しいことです。それにしてもゴイサギは何故子供の方がいつも親より大きいのでしょう?

« 抱卵中のサンコウチョウ(A Japanese Paradise flycatcher) | トップページ | カワセミのホバリング(A common kingfisher) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/61859437

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなゴイサギ親子(A Black-crowned night heron):

« 抱卵中のサンコウチョウ(A Japanese Paradise flycatcher) | トップページ | カワセミのホバリング(A common kingfisher) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ