« 青空のツミ(A Japanese sparrowhawk) | トップページ | ユリカモメ群れ(A Black-headed gull) »

2015年9月27日 (日)

食性はチュウサギ(A Intermediate egret)

川原の草むらにチュウサギが居ます。嘴の先は黒くないのですが、チュウサギです。

いいえ、チュウサギとしたいだけです。





Dsc_0734




草むらのトカゲやらを片っ端から食べています。



Dsc_0745




土手の草がかられた後を歩いて、ひたすらトカゲやらカナヘビを捕まえます。

Dsc_0882





見ている間にカナヘビを3匹捕まえて食べてしまいました。

Dsc_0914




外観の特徴はあまり当てはまらないのですが食性はチュウサギです。

Dsc_0892a




それにしても、いつも歩いている足の下にこんなにカナヘビがいっぱいいるのには

驚きました。

« 青空のツミ(A Japanese sparrowhawk) | トップページ | ユリカモメ群れ(A Black-headed gull) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

私も土曜日にトカゲを捕まえるダイサギを見ました。
あれって獲物を捕まえる前に何度か首を左右に振るんですね。毎回そうしていました。
獲物までの距離を測っている? もしかしたら一番捕まえやすい位置を探しているのかもしれませんね。
首を振ると、あっ獲物を見つけたなとわかるのでとても面白かったです。

Satoさん、おはようございます。
やっぱり、ダイサギですかね。現場でも議論が分かれていたのですが・・・
それにしてもよっぽどトカゲが好きなんでしょうね。

パッピンさん
私も食性だけを見て最初チュウサギと思いこんだのですが、よく見るとやはりダイサギでした。

首が細く長いこと。
チュウサギはやや太めでもっと短いです。

嘴が長く、先端まで黄色い
チュウサギはダイサギに比べてやや短く、先端が黒っぽいことが多いです。

目の下の口角(嘴の結合部の食い込み)が目の後ろまである
チュウサギは目の下までです。これが一番の決め手でしょうか。

ダイサギとチュウサギが一緒にいると一目瞭然なんですけどね。私も勉強になりました。

Sato さん、おはようございます。詳細な解説ありがとうございます。
色々勉強になることがあってうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/62364849

この記事へのトラックバック一覧です: 食性はチュウサギ(A Intermediate egret):

« 青空のツミ(A Japanese sparrowhawk) | トップページ | ユリカモメ群れ(A Black-headed gull) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ