« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

初冬のセッカ(A Zetting cisticola)

最近は急に冷え込んできて、特に朝は真冬のようです。少し陽が高くなってから河原散策をするように

しました。今日は目の前にセッカが飛び出してきました。




Dsc_5563





びっくりしてあわててシャッターを切ります。



Dsc_5568


夏の間あんなに騒いでいたセッカですが、秋と共に鳴き声を出さなくなっています。

Dsc_5578





いつも草の茂みに隠れて出てこないのですが、今日は飛び出してきたかと思うとそこで、動きません。

Dsc_5579





おかげでゆっくり写真を撮らせてもらえました。

Dsc_5581





そうは言っても何もなくて飛び出してくるわけありません。実は散歩のワンちゃんが、追い出してくれたのです。

Dsc_5582





今日ばっかりはワンちゃんに感謝感謝です。

 

2015年11月29日 (日)

ベニマシコ再び(Long-tailed rosefinches)

例年近くで撮れるベニマシコが今年はまだ警戒心が強く、出てきてくれません。仕方なく、いつもの

合流点で待っていると、少し遠いですが、今日はオスが出てきてくれました。




Dsc_5073





セイタカアワダチソウの種子を食べているようです。



Dsc_5084





去年はヨモギの種子にいっぱい来ていたのですが、今のところここが主流です。

Dsc_5100





ミサゴのダイブが頻繁だったころに比べ、カメラマンも姿がめっきり減っています。

Dsc_5109





いつもの常連さんと一緒にかわいくベニマシコで遊んでいます。

Dsc_5159





この場所に出てくるメスは背景が茶色っぽいので映えないのですが、今日はなかなかいい所に来ました。

Dsc_5178





暖かい日差しを受けて穏やかな午前中です。

Dsc_5201





明日は、天気が崩れるようです。今日の内に楽しみましょう。

2015年11月28日 (土)

冬の人気者ルリビタキ(A Red-franked blue tail)

公園のルリビタキもオスはなかなか姿を見せてくれなかったのですが、やっと姿を現してくれました。



Dsc_4361_193





カメラマンがいっぱい公園にやって来て、姿を見せずにいれなくなったのかもしれません。



Dsc_4369_194





じっとしていると、まだ縄張りを決めかねたオスが近くで行ったり来たりします。

Dsc_4380





去年もこの辺りで冬を過ごした個体でしょうか、去年より色が深くなったような気がします。

Dsc_4415_195





ルリは、人懐っこいのが良い所です。直ぐに人を気にしなくなって、いつでも出てきてくれるでしょう。

Dsc_4479





カメラマンも現金なもので、そのうち飽きて知らんぷりとなってしまいます。

Dsc_4486





出来るだけ見かけたら、撮ってあげるようにして見ます。

2015年11月27日 (金)

クイナ危機一髪(A Water rail)

久しぶりに晴れ上がって気持ちの良い朝でした。最近家の近所でタヌキが出没するということで、

少し騒ぎになっています。ひょっとすると大栗川のタヌキがこちらまで遠征してきているのでしょうか。

いつものように大栗川沿いを歩いていると前方に2頭のタヌキが歩いています。こちらに気付き、ばらばらの

方向に逃げます。1頭は、河原に降りてこちらを振り返っています。




Dsc_3797





この後、藪の中に消えていきました。

少し先で、川べりを見ていると、何かいます。おや、クイナのようです。



Dsc_3821





以前からこの辺りに鳴いていたのは知っていましたが、ここに居るのは幼鳥のようです。

Dsc_3847





さっきタヌキが消えて行った藪のあたりです。危うしクイナ!


Dsc_3862





クイナも川の方へ出てくることもできず、後ろにはタヌキの殺気!(ここは想像です)じっとして動きません。

Dsc_3868




こちらの都合としては、出てきてほしいのですが、クイナにも都合はあるようです。

Dsc_3869




ちょっと変なエンゼルポーズを取ってくれましたが、その後藪の中に消えていきました。

タヌキにやられなければ、良いのですが・・・


2015年11月26日 (木)

モズの自己主張(A Bull-headed shrike)

多摩川や大栗川でもモズの高鳴きが、ひとときほどでもなくなりました。あれもシーズンがあるのでしょうか。

公園には、異常に自己主張の強いモズが居ました。




Dsc_3689





枝ぶりの良い松でしきりと鳴いています。



Dsc_3690






面白いので写真を撮っていると、わざわざ正面を向いてもっと面白い顔を見せてくれます。

Dsc_3691





なかなか、おどけた才能の持ち主のようです。

Dsc_3692





写真を撮りながら一人笑ってしまいました。他人が見たら怪しく見えたかもしれません。

Dsc_3693





このあと、帰る道すがらルリビタキに襲い掛かる別のモズを見ました。書物には小型の鳥類も食べる

とあります。にわかには信じられませんでしたが、今日のモズを見ていると満更なくもないかもしれません。

モズを見直してしまいました。

2015年11月25日 (水)

公園のルリビタキ(A Red-flanked bluetail)

今年は冬鳥の到着が早いといわれていますが、MFの公園でもルリビタキがやって来ています。




Dsc_3653





少し前から声は聞いていたのですが、なかなか姿を現さず、やっと写真を撮らせてくれるようになりました。



Dsc_3655





今日はすぐに藪に引っ込まず、いろいろポーズまで取ってくれました。

Dsc_3663





この鳥さんがやってくると公園も少し賑やかになります。

Dsc_3678





夏の間、閑散としていた公園も、鳥さんで賑やかになるのは嬉しいことです。


Dsc_3682





最近は餌付けで写真を撮ろうとする人が居ますが、あれだけはやめてほしいと思います。

Dsc_3672





自然の中に居る鳥さんに出会った時の喜びやわくわくする気持ちは、餌を撒いて待っていても

出てこないでしょう。



Dsc_3667





自然と一緒に鳥見を楽しみたいと思います。

 

2015年11月24日 (火)

森のジョウビタキ(A Daurian redstart)

今朝は公園も深い霧に覆われて、鳥さんの姿もあまり見られませんでした。それでも、少し明るくなると

少しずつ出てきてくれます。





Dsc_3276




一番サービスよく出てきてくれたのは、メスのジョウビタキです。




Dsc_3322




人が通るとすぐに藪に入り込んでしまいますが、また出てきてくれます。

Dsc_3345





霧が晴れてきたとはいえ、撮影条件はあまりよくありません。目いっぱいISO感度を上げての撮影です。



Dsc_3454





ジョウビタキのメスは目がくりくりしてかわいさいっぱいです。オスよりはるかに好きです。

Dsc_3497





さんざん遊んでもらって、もういいかなとピントが後ろに合うと、そこにはルリビタキが隠れています。

Dsc_3478





本当はジョウビと、ツーショットで撮りたかったのですが、手前のジョウビがまるでピンボケです。

この辺が腕の未熟さを露呈してしまっています。

 

2015年11月23日 (月)

メジロ水浴び(A Japanese white-eye)

今年の紅葉はあまりきれいでないような気がします。気温が高いせいでしょうか。



Dsc_3017





公園のモミジも赤い葉と緑のままの葉が木によってあるようです。



Dsc_3018




冬鳥を探して公園をずいぶん歩きましたが、収穫なしです。帰りがけ水場で鳥の気配がします。

Dsc_3181





メジロが大勢で水浴びしています。

Dsc_3194





見ているとさっさと浴びてしまう奴と、ゆっくりつかっている奴が居ます。

Dsc_3197





同じメジロでも個性はあるようです。

 

2015年11月21日 (土)

セグロカモメ(A Herring Gull)

散歩中の頭上を越えて行ったセグロカモメが川に降りたちます。近づいてみると何か食べています。

大きな魚のようです。




Dsc_2781





セグロカモメは、ニシン(へリング)などの魚類や昆虫、動物の死骸等を食べるそうです。

へリングガルの名前の由来だそうです。



Dsc_2809





その内、何かに驚いて飛び立ちました。



Dsc_2815





カモメと言えど、近くを飛ぶ姿はなかなか迫力があります。


Dsc_2816





まるでミサゴのダイブからの飛翔のようです。

Dsc_2818





ミサゴと言えば、今シーズンは多摩川での撮影も終わってしまった感じですが、近くで思った写真が

撮れずに終わってしまいました。


Dsc_2826





来シーズンまでカモメでも使って練習しておきましょう。

2015年11月20日 (金)

カワラヒワ(A Oriental Greenfinch)

ここ数シーズン、マヒワに出会っていないので、ぜひ会ってみたいと思っているのですが、

なかなか、出会うことができません。


Dsc_2974




いつだったか、やはり多摩川の河原を歩いているとき、急にすぐそばのマツヨイグサに

群れでやって来ていくつもない種子を争って食べていることがありました。


 

Dsc_2214





その頃は、デジスコを装備した三脚を担いで歩いていたため、マヒワが集団でやって来てから

セットして写す体制までかなり時間がかかったものです。


Dsc_2218





そのため、さあ、写すぞと構えた瞬間に一斉に飛ばれて、悔しい思いをしたことを覚えています。

Dsc_2220






それも一眼が欲しくなった理由の一つだったと思います。

Dsc_2222





今日もマヒワに出会うことはかなわず、代わりにカワラヒワになってしまいました。

2015年11月19日 (木)

ミヤマホオジロ2015(A Yellow-throated bunting)

数日前多摩川でミヤマホオジロを見かけていたので、あそこに行けばもっと近くで

撮れるだろうと、出かけてみることにしました。ただまだ少し早いので、何もいなかった

時のために唯のホオジロを撮っておきます。




Dsc_2490




そう言っては唯のホオジロに悪いのですが、一応安全パイと言うことで抑えさせて

もらっておきます。正面顔もついでに。



Dsc_2495





現地についてみると、カメラマンは一人もいません。あ~、やっぱり早すぎたかな~、

そんな思いで、山を歩き回ります。


Dsc_2507





所々で、ルリビタキの鳴き声は聞こえていたのですが、ミヤマの鳴き声は繊細で

判りません。諦めてもう帰ろうと思っている頃、見つけました。


Dsc_2888





7,8羽の群れです。驚きました。藪から藪へ動きが早く上手く撮れませんが何枚か

シャッターを切れました。


Dsc_2885





黄色い喉に黄色の冠羽が綺麗です。

Dsc_2892





ワンチャンスしかありませんでしたが、満足して帰途につきました。

 

2015年11月18日 (水)

多摩川のハイタカ(A Sparrowhawk)

多摩川を散策中にふと上空を見上げるとハイタカが飛んでいます。


Dsc_2327





実は初めから優雅に飛んでいたわけではなく、小鳥を追いかけていたのですが、

逃げられて仕方なく他の獲物を捜索中だったのです。

 

Dsc_2340





今年はハイタカに出会う機会が多いような気がします。

Dsc_2323





特別今年に限って数が増えたわけでもないと思うのですが・・、もっともオオタカは

その数が増えていると聞きます。保護された影響が出ているようです。

Dsc_2329





猛禽類はやっぱり大空のスターです。もう少し近くをゆっくりと飛んでくれるとうれしい

のですが、彼らにも都合があるようです。

Dsc_2350





大抵、だんだん高度を上げて最後は見えなくなってしまうのが常です。

2015年11月17日 (火)

バン幼鳥(A Common moorhen)

大栗川散策は、毎日の日課ですが、楽しいひとときです。今日はバンの幼鳥を見つけました。

 

Dsc_2160



本当は別な鳥さんを探していたのですが、それでもかまいません。ここでバンは

よく見かけますが、幼鳥は初めてでした。ほほが薄っすらとピンク色で美人の幼鳥です。


 

Dsc_2167



まだ、曇っている時間帯だったので、逆光も何とかなります。さらに歩くと上空に

カラスに追われたチョウゲンボウが飛んでいます。


 

Dsc_2246





いつもカラスは騒がしく猛禽が飛ぶたびにちょっかいを出します。

 

Dsc_2252





今日はちょっと気合が入っていたので、久しぶりに上流の合流点へ徒歩で向かいます。

さすがに歩き疲れて、ぼ~としていると、藪に何かいます。


 

Dsc_2311





遠くて肉眼では判りません。双眼鏡で見ると、おや、ミヤマのようです。

 

Dsc_2314





距離は40mほどあります。ちょっと遠すぎます。

 

Dsc_2316





こんな時は機材の弱さを露呈してしまいます。何とか近くに寄って来てくれないかと

見ていると周りにいっぱい居たカワラヒワに追われています。


 

Dsc_2317




そのままどっかへ行ってしまいました。まあ、居ることが判れば上出来としておきましょう。

 

続きを読む "バン幼鳥(A Common moorhen)" »

2015年11月16日 (月)

紅葉

大栗川で一番きれいに紅葉しているナンキンハゼにカワセミでも止まってくれないかな、

などと思っていたら、そのカワセミが止まってくれました。残念ながら逆光で光は最悪です。


Dsc_1888_190




そっと順光側に回り込みます。飛ばさないで回り込みましたが、枝が・・・ああ、枝が邪魔!


しかも葉っぱが少ない、ああ葉っぱが・・・。

 

Dsc_1893





仕方ないので、他のチャンスを探します。すると桜にエナガが来ました。しかし葉っぱが

少ない・・・ああ、紅葉が。

Dsc_1993




更にチャンスを探して歩くと柿に今シーズン初めて見たツグミが来てくれます。

Dsc_2096





背景が抜けていないので、ツグミが目立ちません。ああ、背景が・・・。

全ていまいちですが、一応紅葉がらみということでまとめてみました。

2015年11月15日 (日)

大空のハイタカ(A Sparrowhawk)

雨が上がって、しばらくすると河原のすすきの原でベニマシコが飛び出しました。

Dsc_1436




メスのもとへオスが飛んで行きます。

 

Dsc_1437




土手からの撮影なので、400mmでは限界です。

 

Dsc_1438





おかげで、鳥さん小さくなってしまいますがご勘弁。

 

Dsc_1445





仲良く草の種子を食べだしました。他にも数羽メスが居ます。

 

Dsc_1491





陽が射してきて一斉に飛び出してきたようです。いつもより元気に飛び回ります。

そう言えば題名のハイタカを忘れてはいけません。大空ではカラスとバトルを

しています。かなりしつこいカラスに捕まってしまったようです。

Dsc_1716_186





ハイタカは英語でSparrowhawkと言いますが、何故かツミもJapanese Sparrowhawk

と言われています。小さい鷹はみんなSparrowhawk何でしょうか?

Dsc_1729_188




ハイタカは飛び方がチョウゲンボウに似ていてついついな~んだチョウゲンか

といい加減に写真を撮ってしまいます。後でしまったハイタカだった、となります。

今後は真剣に撮ることにしましょう。

 

2015年11月14日 (土)

オナガ(A azure-winged Magpie)

一応一日雨を覚悟していましたが、やはり外に出れないとつまらないものです。

仕方がないので、昨日の河原散歩で出会った鳥さんを載せます。

いつもの中州のいつもの枯れ木にはペアのチョウゲンボウがいつものように居ます。




Dsc_1228




余りに遠いので、近づこうとしたら、一羽飛ばれてしまいました。



Dsc_1233




やはり慣れによる不注意は命とりです。

肩を落として帰る途中オナガの群れに出会いました。


Dsc_1246




他の仲間は木の中なので外からは判りません。

Dsc_1258





さすがにAzure-wingedだけあって、その羽はきれいです。

Dsc_1263




この鳥さんの声がもう少し綺麗だったら、きっと人気が出たことでしょう。


Dsc_1270




いずれにしても明日は午後から雨も上がるようです。期待しましょう。

 

2015年11月13日 (金)

二羽のセグロカモメ(Herring gulls)

目の前をセグロカモメが通過して行きます。下流から上流へ向かって。

最近よく見かけます。冬に近づくと見かけるような気がします。




Dsc_1182

Dsc_1185

Dsc_1187





5分も経たない間にまた、別な個体が通過します。

Dsc_1205


Dsc_1207


Dsc_1209




でも待ってください、何となくこの二羽違う感じです。後から飛んだカモメが

なんか変です。よく考えてみたら尾羽が半分無いようです。どうしたのでしょう。

海でサメにでもかじられたのでしょうか?これでは着地や方向転換が

難しいことでしょう・・・

続きを読む "二羽のセグロカモメ(Herring gulls)" »

2015年11月12日 (木)

またカシラダカ(A Rustic bunting)

昨日のカシラダカがどうも気に入らなかったので、もう一度河原を歩いて

探してみました。昨日より特段良くなっているわけではありませんが、カシラダカです。

Dsc_1076




カシラダカに拘ったわけではなく、他に何もいなかったのです。

 

Dsc_1078



今年のミサゴも、もうおしまいです。少し歩いて冬鳥さんでも探してみましょう。

Dsc_1079




というわけで、探したのですが、他に見つからなかったのが実体です。

Dsc_1133



向こう岸まで行って見たのですが・・・

 

2015年11月11日 (水)

草原のカシラダカ(A Rustic bunting)

今日は久しぶりに晴天が戻って来て気持ちの良い日でした。河原に居るとセグロカモメが

上流から下流へ、また上流へと行ったり来たりしていました。歩いてみると上流で

羽を休めていました。何か言っています。




Dsc_0829_180




他に何もいないので帰ろうとすると草原にカシラダカがチッツチッツと鳴いています。



Dsc_0859





久しぶりの出会いに嬉しくなりました。


Dsc_0865




枝被りですが、久しぶりなので勘弁してもらいましょう。

Dsc_0880





もうすぐ金髪の仲間もやってくるでしょう。

 

2015年11月10日 (火)

カイツブリのかけっこ(A Little grebe)

今日も昨日と同じような天気でした。いつもの合流点に一人佇んでいましたが、

その内雨が降り始め、これはいかんと慌てて退散しようとしますが、雨は容赦なく

カメラに降り注ぎ、またしても危ない状態です。

そんな訳で今日は昨日同じ場所で観察した鳥さんを掲載します。黙っていれば

判りません。まずは遠くのベニマシコですが、あまりに遠すぎて、本当にそれか

判別が難しいと思います。




Dsc_0457




それから、帰る道々撮ったカイツブリのかけっこです。



Dsc_0473_178




ゆうに30mはかけていました。

Dsc_0474_179



雨のため暇に任せて、遊んでみました。

2015年11月 9日 (月)

森のオシドリ(Mandarin ducks)

森の奥の池にはオシドリが来ていました。去年都心の池で見て以来です。



Dsc_0586




残念ながら天気が悪く、おまけに水面にガスが出て、はっきり見えません。



Dsc_0652





それでも、オスもメスも居るようです。色が出ないのは仕方がありません。

Dsc_0610




池の奥の方に居てこちらには来てくれませんが、一度だけ近くに来てくれました。

Dsc_0564





森の奥深く天気も悪いので、人は誰も居ませんでした。最後に勢ぞろいしてくれた

ので、記念写真を撮って帰ることにします。


Dsc_0671




天気が回復したらもう一度行って見たいと思います。

 

2015年11月 8日 (日)

柿とメジロ(A Japanese white-eye)

今日は雨のため一日外に出られませんでした。何もないのも寂しいので、メジロです。


Dsc_0277




天気の良かった昨日、公園の柿の木ではカメラマンが一人手持無沙汰でいました。

 

Dsc_0278_2



その人の言うには、相手が鳥なので気長に待たないと仕方ない・・・

2015年11月 7日 (土)

晩秋のシメ(A Hawfinch)

早朝の川沿い散歩を楽しんでいると、木の上でペキッツ、ペキッツと音がします。

見上げるとシメが柿の木にいます。




Dsc_0182_175



あの懐かしの泥棒顔が帰って来ました。



Dsc_0206_174




シメは大抵木の上に居て写真を撮るのが難しい鳥さんです。

Dsc_0211_173




何とか近くで撮れないかな~と待っていると、近くに来てくれました。

Dsc_0249_172




何の木か判りませんが、実がついています。これでも食べに来たのでしょうか。

Dsc_0260_171




近くに来てくれたおかげで、何とかシメと分かる写真が撮れます。近くと言えば、

あの鳥さんも今朝は大分近くに止まってくれました。


Dsc_0090_169





この鳥さんの場合は、近くと言っても60m位はありそうです。

Dsc_0127_170




去年止まっていた枝なので、今年もここまで来たという感じです。

2015年11月 6日 (金)

晩秋のベニマシコ(A Long-tailed rosefinch)

あちこちに冬鳥が入って来ています。我がフィールドも丹念にチェックしなくちゃ、と

ばかり歩いてみました。すると思いがけず遠くに居ます。





Dsc_0011_163





鳴いていなかったので、危うく見逃すところでした。



Dsc_0013_164




赤い色したベニマシコです。

Dsc_0014_165




草の種子を食べる時はよく鳴いているのですが、今日は無言で食べています。

Dsc_0016_167





もう少し近づきたかったのですが、散歩の人が来て飛ばれてしまいました。

Dsc_0018_162





やって来たのが判ればこれからちょくちょく出会えるでしょう。

 





ミサゴのワルツ(Ospreys)

褒めていただいたので、悪乗りしてミサゴのワルツです。



Dsc_9844




青空をバックに気持ちよさそうです。



Dsc_9846




ミサゴは雌雄ほぼ同じ色彩と言うことで、どちらがオスか、わかりません。

Dsc_9847




少し大きさが違うかもしれません。

Dsc_9852




何処からともなくワルツが聞こえて来そうです。

Dsc_9854




青空をキャンバスに見事な編隊飛行です。

Dsc_9861




ちょっと悪乗りしてみました。

2015年11月 5日 (木)

ヒドリガモ(Eurasian wigeons)

ここ数日、秋晴れが続き、気持ちがいいですね。つい散歩に出たくなります。

多摩川では、ヒドリガモでしょうか、ペアで仲良く泳いでいます。




Dsc_9825




コガモも一緒に居ましたが、ヒドリは2羽だけでした。何かに驚いて飛び立ちます。



Dsc_9695




コガモは。警戒心が強く近づくとすぐに飛んでしまいましたが、ヒドリはそれほど

神経質ではありませんでした。もう来て暫く経つのでしょうか。

Dsc_9696



飛び立っても近くに着水します。

Dsc_9698





特にメスの方は美人でした。仲良くと言えば、大空を見上げると、こちらも

仲良く飛んでいました。まるで手をつないで飛んでいるようです。


Dsc_9847



うらやましい限りです。

 

2015年11月 4日 (水)

架線に止まったミサゴ(An Osprey)

多摩川を散歩していると、遠くに大きな鳥が飛んできました。ミサゴのようです。

京王線の架線の支柱に止まろうとしています。





Dsc_9437




いつもの止まり木と違って止まりにくそうです。支柱は丸くすべすべですから。



Dsc_9444





おっとっと、なかなかうまく行きません。

Dsc_9445





何とか、腰を下ろしますが、居心地が悪そうです。


Dsc_9447




やっぱり、すぐに飛んで今度は架線そのものに止まりました。近づいてみます。


Dsc_9504




まさかこんなところで、ミサゴの止まりものを撮れるとは思いませんでした。

鉄橋の下は堰になっています。まさかここに飛び込むのでしょうか。きょろきょろ

チャンスを伺っているようです。


Dsc_9506




ところが、ちょっと目を離した隙に飛ばれてしまいました。

Dsc_9523




堰への飛び込みはなく、またしても飛び出しを撮りそこないました。

う~ん、残念!次回に期待です。

 

2015年11月 3日 (火)

晴天のコガモ(A Common Teal)

昨日の曇天に打って変わっていい天気になりました。おかげで写真も綺麗になります。



Dsc_9006



今日もコガモが群れで飛んでいます。



Dsc_9026




結構なスピードで川面を滑るように飛びます。

Dsc_9031




カメラで追いかけるのも容易ではありません。それでも昨日よりはましです。

追いかけるといえば、いつものミサゴも元気でした。


Dsc_8936




いつものように漁に余念がありません。

Dsc_8939




あのへたくそミサゴも大分腕を上げたようです。

Dsc_8941



しっかり獲物を持っています。

Dsc_8946




釣り人の話では、鮎も少なくなったとのことなので、漁もそろそろお終いです。

また来年に期待しましょう。

 

2015年11月 2日 (月)

コガモ飛来(A Common Teal)

雨上がりの川へ行って見ました。どこからともなくカモの群れが飛んできます。



Dsc_8640




低い雲に覆われた暗い日なので、コントラストも取れません。



Dsc_8641




それでも、カモであることは判ります。

Dsc_8642




低空で飛んできて着水しようとしています。どうやらコガモのようです。

Dsc_8643




カモは着水時の格好が面白いので、ついつい写真を撮ってしまいます。

Dsc_8644




両翼をいっぱい広げて逆噴射しているようです。

Dsc_8645




何千kmも飛んできたコガモに失礼なことを言ってはいけません。

Dsc_8647




長い旅を終えて、今到着したコガモたちです。数えてみたら18羽いました。

暫くするとみんな寝込んでしまいました。やっぱり旅の疲れでしょうか。

ゆっくり休んでもらいましょう。上空をオオタカが飛んでいますが、気を付けて。

 

2015年11月 1日 (日)

早朝のカイツブリ(A Little grebe)

あちこちで鳴くジョウビタキの数も増えてきました。



Dsc_8485_3





季節が変わっていきます。秋の川辺ではカイツブリが泳いでいます。



Dsc_8315_3




カイツブリは、ほぼ一年中見られますが、全体の雰囲気から秋を感じ取ってください。

Dsc_8319_2




朝の気温が10度を下回った今日ですが、気温よりも明るさで、季節の進みを

感じてしまいます。

Dsc_8341_2




早朝散歩に出かける時間がだんだん遅くなります。

Dsc_8348_2



秋も静かに深まっていきます。酔いもだんだん深くなります。

 

続きを読む "早朝のカイツブリ(A Little grebe)" »

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ