« 夕暮れのオオタカ(A Northern Goshawk) | トップページ | 越冬ノビタキ(An African stonechat) »

2015年12月16日 (水)

林のオオタカ(A Nortern Goshawk)

いつもより少し早く早朝の散歩に出かけました。土手を歩いていると林の中に白い点が見えます。

よく見るとオオタカです。逆光に煙って見えます。



Dsc_9274





気づかれないように順光側へ回り、ゆっくり近づきます。



Dsc_9486





10歩進んでは2枚づつ写真を撮り、また10歩進みます。

Dsc_9501





オオタカはとっくにこっちのことは気づいているはずです。

Dsc_9510





それでも、脅かさないようにゆっくり10歩ずつ近づきます。

Dsc_9543




最終的に40mの地点まで近づいて待機します。たぶんこれが飛ばれない限界です。

Dsc_9552




オオタカは近くのカイツブリを狙っているようです。こちらもじっと我慢します。

Dsc_9559_2





じっとしたまま数十分が立ったでしょうか、アッと思ったら反対側へ飛ぶつもりです。

Dsc_9560




数十分の我慢も水泡に帰す感じで完全に反対側に飛ばれました。

Dsc_9561




オオタカも最初から判っていてサービスしてくれたのでしょうが、さすがに狩りまでは見せてくれませんでした。

 

« 夕暮れのオオタカ(A Northern Goshawk) | トップページ | 越冬ノビタキ(An African stonechat) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント


こんばんは、2日連続オオタカがいましたか。飛翔シーンも良いですが、止まっているシーンは、毛並みや表情が確認できて、魅力的です。

 続いて、写真展についてです。開催の方、楽しみにしています。その時はお声をかけさせていただくので、よろしくお願いします。

今晩は。
右の翼に釣り針が刺さっていた個体のように思います。
元気でいるようでほっとしました。

実は今日、橋を歩いていらっしゃる姿をたまたま車から拝見しました。まさかこんな良いシーンの帰りだったとは!

獺堂様、こんばんは。実はこの個体は最近この辺でたびたび見かける個体だと思います。若いオスと一緒によく飛んでいます。その若もこの後カラスに追われて現れました。獺堂様のお知り合いだったとは奇遇でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/62881055

この記事へのトラックバック一覧です: 林のオオタカ(A Nortern Goshawk):

« 夕暮れのオオタカ(A Northern Goshawk) | トップページ | 越冬ノビタキ(An African stonechat) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ