« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

今年最後のチョウゲンボウ(A Common kestrel)

大晦日にまで鳥さん探して歩くのも気が引けながら、早朝の多摩川に出てきました。

ふと、上空を見るとチョウゲンボウが、飛んでいます。

 

Dsc_5007




昇ったばかりの朝陽を浴びて金色に輝いています。

 

Dsc_5009





風もなく穏やかな朝に東に向かって飛んで行きます。

 

Dsc_5011





今年もよく遊んだものです。初めての鳥さんにも出会うことが出来ました。

 

Dsc_5012





年末には珍しい鳥さんにも遭遇しました。

 

Dsc_5022


チョウゲンボウと共に今年も去っていくようです。来年もまた、よろしくお願いします。









今年最後の写真は今はもう居なくなってしまった多摩川のトラフズクです。

 

Dsc_4015

2015年12月30日 (水)

多摩川のキジ(A Green Pheasant)

早朝の多摩川を散歩しているとキジのペアが飛んできました。2羽で何かに追われたようです。



Dsc_4843





多摩川でキジを見るのは久しぶりです。しかもペアのキジは、長いこと見ていませんでした。



Dsc_4849




メスの方は、とっさに飛んでしまいましたがオスの方は流石にゆったりしています。

Dsc_4851




周りを見渡していましたが、ゆっくりと藪に入って行きます。

Dsc_4854





本当は別の鳥を探していたのですが、本命は見つかりません。

Dsc_4857





その代りと言っては、キジに悪いですが、少し気持ちを和らげてくれました。

2015年12月29日 (火)

オオタカの巡回(A Northern Goshawk)

朝陽が気持ちの良い朝、対岸を眺めていると、上流から何か飛んできて柳の木に止まりました。

枝を被っていますがオオタカのようです。

Dsc_4652





暫く、周りを見回して獲物を探しているようです。最近上流でよく見られる個体でしょうか。

上流から来て止まる木がだいたい決まっています。まるでチェックポイントを一つづつ確認している

ようです。しばらくすると飛び出しました。

 

Dsc_4660





下方へ飛び出したので、狩りかと期待したのですが、地上すれすれを飛びます。

 

Dsc_4662





かなり低空をそのまま飛び続けます。

Dsc_4664





まるでハイチュウか何かのように葦の上を飛んでいます。

Dsc_4665





もちろんハイチュウのような優雅な飛び方ではなく一直線に飛んで行きます。

Dsc_4666





まさか、ああやって獲物を探しているのではないでしょうが、本当に低空を飛ぶので驚いてしまいます。

Dsc_4668





この後、次のチェックポイント付近でスピードを落としたのですが、余りに低空のため見失いました。

2015年12月28日 (月)

カワセミ求愛飛翔(A Common kingfisher)

風邪もなく穏やかな午前中、川辺を通るとカワセミが二羽で居ます。どうやら求愛飛翔のようです。



Dsc_4317





カワセミはオスまたはメスがどちらかの縄張りに侵入し、それを追い払ったりしている内に

お互いを認識し仲良くなったりするそうです。



Dsc_4318





二羽は護岸で並んでいたかと思うと、時々思い出したように争います。

Dsc_4431





争ったかと思うと、また並んでいます。

Dsc_4488





その様子を見ていると、面白くついつい長くなってしまいました。

Dsc_4489





通常カワセミの求愛行動は、捕った小魚を捧げたりしますが、その前段階のようです。

Dsc_4503





それにしても攻撃的で、この後仲良くなるとはとても思えません。

Dsc_4519





朝陽の中でオレンジとブルーのきれいな色彩の二羽がいつまでも飛翔し合います。

Dsc_4521





それにしても面白い習性です。

Dsc_4555





余りの面白さに、見つけてから30分以上楽しんでしまいました。

2015年12月27日 (日)

銀杏の木のアオゲラ(A Japanese green woodpecker)

MFの公園ではアオゲラはいっぱい居て写真を撮る気にもならないほどでしたが、最近少ない感じがします。

そんな中、今日は銀杏の天辺で鳴いていました。




Dsc_3922





枝被りで酷いのですが、久しぶりなので気にせずシャッターを押します。



Dsc_3936_275




余りに長時間鳴いていたので角度を変えて撮ることはできるのですが、あまり変わり映えしません。

Dsc_3948





どうも単に鳴いていただけでなく、オスメスで鳴き合っていたようです。

Dsc_3956_276





河原のオオタカといい、ここのところ鳥さんの繁殖行動が早まっているのでしょうか?

続きを読む "銀杏の木のアオゲラ(A Japanese green woodpecker)" »

2015年12月26日 (土)

地上に降りたシメ

久しぶりに公園を歩いてみました。さっきまでモミジの種子を食べていたシメが降りて来ました。

Dsc_3320





相変わらずの泥棒顔です。

Dsc_3325





地面に落ちたモミジを拾っているようです。

Dsc_3330





今シーズンは冬鳥の動向がいつもと違うようですが、やっといろいろ入ってきた感じです。

Dsc_3332





シロハラやアカゲラの姿も見ました。

Dsc_3335





もちろんルリは主役です、もちろんあなたも主役です。

2015年12月25日 (金)

探し求めたトラフズク(Long-eared owls)

昨シーズン見れなかったトラフズクを探して遠征することにしました。電車を乗り継ぎ、歩きとおして

探しまくります。疲れ果てて双眼鏡を持つ手も疲れた頃、「おや、」柳の木の向こうに何かいます。




Dsc_2973





柳の葉に隠れていたので判りませんでした。近づいてみるとトラフズクです!!



Dsc_2996





警戒してこちらを睨んでいます。驚かさないように遠巻きで写真を撮らせてもらいます。

Dsc_3039





数羽のトラフズクの群れのようです。びっくりしました。

Dsc_3054





一応、一羽ずつの写真を撮りに行きますが、木の陰でなかなか上手く撮れません。

Dsc_3107






全ての個人写真は諦めて、5羽の集合写真を撮らせてもらいます。

Dsc_3131





木の陰になってしまった奴も居ますが、まあ良しとします。大満足の写真撮影行でした。

2015年12月24日 (木)

逆光のハイタカ(A Sparrowhawk)

昨日とは打って変って暖かな午前中でした。ふと見上げると逆光の空にカラスが飛んでいます。

それにしては、騒がしくセキレイが追いかけています。




Dsc_2797_260




一瞬、なんだかわかりません。更に真逆光のシルエットです。



Dsc_2803_263




これで、この鳥がなんだかわかる人はいないでしょう。これでも精一杯補正しています。

横に来たときの写真を補正するとハイタカのようです。


 

Dsc_2806_265





初め上空に現れた時は、余りに近くカラスだと思ったほどです。

Dsc_2813_269




どの写真も補正したのですが、どれもよくありません。咄嗟の時にちゃんと撮れないと、だめです。

Dsc_2819_272





今日は用事がありリベンジすることができませんでした。明日に期待です。

 

2015年12月23日 (水)

ユリカモメの着水訓練(Black-headed gulls)

どんよりとして、肌寒い朝でした。多摩川に二羽のユリカモメが泳いでいます。



Dsc_2163





その内、二羽はサギのまねをして追い込み漁をしようとします。



Dsc_2102





追い込み漁は、ご存じのようにサギやカワウの得意技です。

Dsc_2103





低空で飛んで魚を脅かし、追い込んで漁をするあれです。

Dsc_2104





ところが一羽のユリカモメ、低空からの着水がからきし下手です。

Dsc_2105





これを見ていたもう一羽がどうも癇に障ったようで、訓練を始めました。


Dsc_2107





ぴったり寄り添って、低空飛行の初歩技術からスパルタ訓練です。

Dsc_2111





そして、着水までを手取り足取り教えています。

Dsc_2113





このあと、漁に生かせたかどうかは判りません。

(個人の名誉にかかわるので正面顔は、遠慮しておきます)

2015年12月22日 (火)

久しぶりのツミ(A Japanese sparrowhawk)

昨日今日とまじかで猛禽の狩りに出くわしました。昨日は10m足らずの場所でハイタカがセキレイを

襲ったところでしたが、余りの突然に写真は撮れませんでした。そして今日は、すぐ近くを猛禽が

小さい鳥さんを追って藪に入りました。あてずっぽうにシャッターを押します。そこから何か飛び出し

て来ました。


Dsc_1740_247




何処に居るかわかりにくいかと思いますが、よく見ると最近ハトが餌を食べているところから

飛び出し、すぐ脇を飛んで行くのはツミのようです。

 

Dsc_1743_249





とっさのことで、カメラの設定はめちゃくちゃです。

Dsc_1745_251





それでもツミと言うことは判りました。先日剪定されたプラタナスに止まります。

Dsc_1756_252





止まったところを落ち着いてよく見るとツミのメスのようです。

Dsc_1761_253





久しぶりに見るツミです。この場所でも、たまに遠くに飛ぶ姿は見るのですがこんなに近くで

しかも狩りをするところを見るのは初めてです。

Dsc_1764_254





狩りは見事に失敗でしたが、まだあきらめては居ません。周りをきょろきょろしています。

Dsc_1773_255





その内何かを見つけたのでしょうか、再び飛び出します。

Dsc_1836_258





飛び出して崖の上で止まりましたが、何か捕まえたかどうかは判りませんでした。

2015年12月21日 (月)

芝生のカワラバト(A Rock Dove)

朝からどんよりと雲が多く、鳥さんの出もあまり期待できない一日でした。河川敷の公園を歩くと

ぽっちゃり系のカワラバトがどこか堂々と歩いています。




Dsc_1646




ハトの写真はあまりとったことがなかったのですが、どこか高貴なところがありそうなハトだったので、

思わずシャッターを押してしまいました。首回りの太さが尋常ではありません。時々半眼で物思いに

耽ります。



Dsc_1647





これはどう見ても只者ではありません。物思いに耽りながら歩き回ります。

Dsc_1648





単に食べ物を探しているわけではありません。深く思いを馳せているのです。

Dsc_1649





それにしても首が重たそうです。どうしてこんなになったのでしょう。

Dsc_1650




このカワラバトもそんなことを考えていたのでしょうか?

2015年12月20日 (日)

ユリカモメ再び(Black-headed gull)

最近多摩川を登ってくるユリカモメの数がどんどん増えています。今日も色々パフォーマンスを見せて

くれました。




Dsc_1096_243





数羽のユリカモメが魚を狙ってホバリングしています。



Dsc_1097_244





カモメの漁を見たことないので、期待して見ていました。

Dsc_1106_246




なかなか成果が見られず、しまいには着水してしまいます。

Dsc_1182_241





水上滑空も見せてくれます。

Dsc_1183_240





カモメとは言えその飛ぶ姿はきれいです。

Dsc_1185_238





最後は大栗川に入り魚を追いかけていました。

Dsc_1321





猛禽の出ない日の別な楽しさでした。

2015年12月19日 (土)

モズ縄張り争い(A Bull-headed shrike)

葦原に縄張りを確保したメスモズが日向ぼっこをしていました。

Dsc_0626_228





そこへ縄張りを荒らしに来た別のメスモズが飛んできました。

 

Dsc_0629_229





いきなり壮絶なバトルが始まります。どちらも負けるわけにいきません。


Dsc_0631_230





取っ組み合っての肉弾戦です。

Dsc_0632_231





その争いは壮絶を極めます。

Dsc_0633_232





鳥同士の争いは当然空中戦になります。

Dsc_0634_233





写真を撮っているときは、なんだかよくわからなかったのですが、後で見て見ると迫力満点です。

Dsc_0635_234





自分の縄張りを守り切ったメスモズは元居た場所に戻ります。

Dsc_0655_236




縄張りを守り切った満足感が溢れています。

 

2015年12月18日 (金)

青空のユリカモメ(A Black-headed gull)

ここのところユリカモメが群れで多摩川を遡上して来ます。先日も数十羽の群れが来て驚きました。

今日は近くを旋回してくれました。




Dsc_0336





青空をバックにして白い姿が映えます。



Dsc_0337





実はカモメは好きな鳥さんで、他の人はあまりシャッターを切りませんが、自分はシャッターを切りまくります。

Dsc_0338





多摩川では、セグロカモメを見ることはあるのですが、ユリカモメが群れで来るのは、この季節だからでしょうか。

Dsc_0339





夏羽であれば、頭が黒くてかっこいいのでしょうが、残念ながら冬羽のため清潔感溢れる白頭です。

Dsc_0340




羽を広げるとかなり大きく、猛禽に引けを取らない大きさです。そこが好きな点でもあります。

Dsc_0345





目の後ろの黒い斑点がかわいらしさを演出します。ちなみに下は今日も飛んでたセグロカモメです。

Dsc_0380




ちょっと嘴の形が人相を悪くしている感じがします。

2015年12月17日 (木)

越冬ノビタキ(An African stonechat)

ここのところ毎年越冬してくれるノビタキが居ます。今シーズンはまだ見ていないので、探してみます。



Dsc_9598





草原でしばらく居ると、飛び出してきました。



Dsc_9602





久しぶりの対面です。

Dsc_9609





じっくり撮ろうとしますが、どこかへもぐってしまいました。飛び出すのを撮るとモズです。

Dsc_9613




さらにすすきの中で動いている奴を撮ると、ホオジロです。

Dsc_9618





完全に見失ってしまいました。また今度挑戦しましょう。

続きを読む "越冬ノビタキ(An African stonechat)" »

2015年12月16日 (水)

林のオオタカ(A Nortern Goshawk)

いつもより少し早く早朝の散歩に出かけました。土手を歩いていると林の中に白い点が見えます。

よく見るとオオタカです。逆光に煙って見えます。



Dsc_9274





気づかれないように順光側へ回り、ゆっくり近づきます。



Dsc_9486





10歩進んでは2枚づつ写真を撮り、また10歩進みます。

Dsc_9501





オオタカはとっくにこっちのことは気づいているはずです。

Dsc_9510





それでも、脅かさないようにゆっくり10歩ずつ近づきます。

Dsc_9543




最終的に40mの地点まで近づいて待機します。たぶんこれが飛ばれない限界です。

Dsc_9552




オオタカは近くのカイツブリを狙っているようです。こちらもじっと我慢します。

Dsc_9559_2





じっとしたまま数十分が立ったでしょうか、アッと思ったら反対側へ飛ぶつもりです。

Dsc_9560




数十分の我慢も水泡に帰す感じで完全に反対側に飛ばれました。

Dsc_9561




オオタカも最初から判っていてサービスしてくれたのでしょうが、さすがに狩りまでは見せてくれませんでした。

 

2015年12月15日 (火)

夕暮れのオオタカ(A Northern Goshawk)

比較的暖かい冬の日でした。天気が穏やかな分、何も出てこないまま夕方になりました。

帰る寸前に森の方から飛んできたのは、オオタカのようです。


 

Dsc_9144_213_2




多摩川を一直線に超えて飛んできます。

Dsc_9151_214





崖の方に差し掛かると途端に見えずらくなります。

Dsc_9155_215




必死にカメラで追いかけます。

Dsc_9156_216





一瞬枝に止まりそうになります。

Dsc_9157_217


姿を見失い、探している間に再び飛び出し、夕日に向かって飛んで行ってしまいました。

 

Dsc_9175




何ともさびしい夕暮れでした。

 

2015年12月14日 (月)

曇天のノスリ(A Eastern Buzzard)

今シーズンは、何故かノスリをあまり見ないな~と思っていたのですが、自分だけだったようです。

今日は曇天のもと、周りを飛んでくれました。


Dsc_8820_209_2




ちょうど土手の紅葉とノスリの模様が同じようで、見にくいのですが、一応紅葉がらみです。




Dsc_8828




ノスリはオオタカほど人気がないので、シャッターを切らない人がほとんどです。




Dsc_8840




自分としては、狛犬のような顔が好きなのですが、どこかひょうきんで猛禽の感じがしません。






Dsc_8843





狩りもせいぜいねずみくらいなので迫力に欠けます。




Dsc_8857






その割に自分の縄張りに他の猛禽が入ってくると必死に追い払おうとします。




Dsc_9005_210



多摩川のあっち岸から、こっち岸までパフォーマンスを見せてくれました。

第三回写真展

本日15日から18日まで第三回の写真展を開催しております。お時間があればお出かけください。

皆さんに楽しんでいただける写真展になれば幸いです。





079



2015年12月13日 (日)

あめの日のルリビタキ(A Red-flanked bluetail)

Dsc_8518

天気予報で雨だったので、今日は静かに家に居るつもりでしたが、少しだけ公園に行って見ました。




Dsc_8455





地元の公園はルリビタキだけはよく来てくれます。

Dsc_8463




遠方より来てくれる人も居ますが、あまり自慢できるような鳥さんは居ません。

Dsc_8483





寒さも和らいだっきり今年は例年に増した暖かさです。

Dsc_8490





温暖化が進むと鳥さんの渡りにも影響が出てくるでしょう。

Dsc_8535




その前に何とかし無くては、ご先祖と未来の子供たちに申し訳が立ちません。

 

2015年12月12日 (土)

二羽のオオタカ(Northern Goshawk)

雨が上がって風が強く、異常に気温が高くなった日でした。いつものように河原へ行って見ると

突然、オオタカが飛びました。




Dsc_7919




初めは若が単独で飛んでいると思っていたのですが、なんと二羽で飛んでいます。




Dsc_7930





しかも並んで、じゃれあうように飛んでいます。上流へ飛んで行ったのですが、また戻って来ます。

Dsc_7945





まっすぐにこちらに来るのでピントが追い付きません。いつものように背景にピントが・・・

Dsc_7949





ぐるっと一回りして対岸に飛んで行ってしまいました。ところがしばらくすると、今度は成鳥だけが

再び現れました。


Dsc_8135





かなり近くを飛んでくれます。

Dsc_8140





夕日に映えた紅葉をバックに飛んでくれたのですが、ピンがいまいちです。

それでもこの日は他にハヤブサ、ノスリ、ハイタカ、それからミサゴまで飛んでくれました。

続きを読む "二羽のオオタカ(Northern Goshawk)" »

2015年12月11日 (金)

池のゴイサギ(A Black-crowned night heron)

遠征のついでに寄ってみた池には、本命が見当たらず、その代り久しぶりに見るホシゴイが居ました。



Dsc_7790




一緒に居た人が見つけたのですが、すぐに飛んでしまいました。気が付くとすぐ上の枝に居ます。



Dsc_7807





ゴイサギは本当に竹藪が好きです。地元のゴイサギも竹藪をねぐらにしていました。

Dsc_7813





この日も眠かったのでしょう、奥の方へ入ろうとしていました。

Dsc_7820


竹が揺れて、うまく登れません。

Dsc_7821





羽をまるで手を使うようにバランスとって登ります。

Dsc_7823




そしてこの後、竹藪の奥に入ってしまいました。

 

2015年12月10日 (木)

久しぶりのキクイタダキ(A Goldcrest)

今シーズンは、あちこちでキクイタダキのうわさを聞きます。数年前には地元にもずいぶんやって

来たのですが、今年はいくら探しても見つかりません。仕方ないので探しに行きました。




Dsc_7731_206





公園の高い木の上に居てなかなか降りてきてくれません。



Dsc_7709_204




暫く上を見ながら歩いていると、やっと見つけることが出来ました。

Dsc_7708_203





相変わらず動きが早く、カメラが追い付きません。やっと一枚ピンアマが撮れたくらいです。

Dsc_7707_202





地元ではないと勝手が違って写真も上手く撮れません。居るところが見つかっただけでも

ラッキーでした。


Dsc_7694_201





今度は本気で探してみましょう。

2015年12月 9日 (水)

護岸のタヒバリ(A Water pipit)

多摩川の土手には毎年冬になるとタヒバリがやって来ます。今年もいっぱいやって来ています。



Dsc_7246




この前まで異常に警戒心が強く、なかなか近づけなかったのですが、最近やっと慣れて来たようです。



Dsc_7253





護岸を歩くとそこには、セキレイに交じってタヒバリが忙しそうに歩いています。

Dsc_7261





タヒバリとビンズイはよく似ているので、見分けがつきにくいのですが、多摩では、居る場所で

およそどちらか区別がつきます。


Dsc_7270




もともとセキレイの仲間なので、飛び方といい、鳴き方といいよく似ています。

Dsc_7273





北国から来ているため寒さには強いようで、冷え込みの強い早朝に平気な顔で餌探しをしています。

 

2015年12月 8日 (火)

葦原の猛禽ハイイロチュウヒ♀(A Hen harrier)

夕方の葦原をゆっくりと飛ぶハイチュウ♀の姿があります。

 

Dsc_6796





この鳥は地上付近を低空飛行するのが特徴ということです。

 

Dsc_6965





もちろん低空飛行する目的は、獲物を捕るためですが、この時は塒に帰ってきたときでその場所を

探していたのかもしれません。

 

Dsc_6968





オスのように明るい灰色ではないので、目立ちません。葦原に溶け込んでしまいそうです。

 

Dsc_6973

 

周りにいる観客に一回りして挨拶しているようです。

 

Dsc_6976

その後、塒にスッと入ってしまいました。乾いた葦のベッドでお休みでしょうか。

これで葦原シリーズはお終いです。また、今度遠征したいと思っています。




さて、今日の公園では、

 

Dsc_7408

ムラサキシキブの実もこんなに残っているのに、あの鳥さんはどこへ消えてしまったのでしょう?

 

2015年12月 7日 (月)

葦原のチュウヒ(A Eastern marsh harrier)

葦原に着くとその上空をヒラヒラヒラと、飛んでいる鳥が居ます。どうやらチュウヒのようです。



Dsc_6380





朝陽に当たって輝いています。



Dsc_6381




チュウヒを見るのは初めてだったので、嬉しかったのですが、どうもトビと似ています。

Dsc_6560_200





実際後でトビを間違えてさんざん撮りまくったくらいです。よく見ると顔の形が違っています。

Dsc_6567_199





羽が一枚折れています。狩りでもした時に折ったのでしょう。飛ぶたびにぶらぶらして、痛々しい限りです。

Dsc_6748





夕方、ハイイロチュウヒを待っているとチュウヒが現れました。朝見たのと同じ個体です。

Dsc_6754





葦原とその向こうの紅葉した木の上をヒラヒラヒラと飛んできます。

Dsc_6767





ハイイロチュウヒほどの興奮はありませんが、それでもそれなりに撮っておきましょう。

Dsc_6763





ハイチュウ出現の前の前座のような感じの現れ方でした。

2015年12月 6日 (日)

葦原の猛禽ハイイロチュウヒ♂(A Hen harrier)

北の葦原に足を延ばし、猛禽を見に行って来ました。そこでは、ハイイロチュウヒのオス、メス、チュウヒが

見られました。葦原は広く自分の機材では限界だったため、思い切りトリミングしています。

そのため醜いとは思いますが、ご容赦ください。まずは初めはハイイロチュウヒのオスの飛翔です。




Dsc_6895




夕方、北西の方からハイチュウ♂がねぐらへ帰って来ました。



Dsc_6904




明るいうちに塒に帰って来てくれたので、何とか撮れますが、距離があります。

Dsc_6923




ハイイロチュウヒは葦原すれすれに飛んで自分の塒に近づきます。

Dsc_6928




灰色の羽が内側は白く頭はブルーがかった灰色です。

Dsc_6931




天気が良く、葦原に接近してもよく見えます。

Dsc_6945





ぐるっと一周するとき筑波山を背景に飛んでくれました。

Dsc_6953





そして最後は、自分の塒に飛び込みます。

Dsc_6963





早朝から8時間半待っての一大ショーでした。

今日はここまでです。明日以降にご期待ください。

 

2015年12月 5日 (土)

池のヨシガモ(A Falcated duck)

近所の池にヨシガモが来ているということなので、行って見ました。



Dsc_5944




去年も来ていたのですが、見れずに終わったので、今年はいるうちにと、張り切って行って見ました。



Dsc_5957




うわさに聞いたその頭はきれいなメタリックグリーンで、何とも言えぬ綺麗さです。

Dsc_5958





そんなに大きな池ではないのですが、色んなカモがいっぱい居ます。

Dsc_5960




写真が悪いので、黒っぽくしか見えないでしょうが、そこは想像力でカバーしてください。

Dsc_5962




今度はもう少し綺麗に撮っておきます。

 

2015年12月 4日 (金)

強風のハヤブサ(A Peregrine falcon)

天気予報通り風の強い朝でした。いつものように合流点に居ると猛禽が飛んで、向こう岸の河原に消えました。

暫くして帰る途中、その河原から何か飛び出します。ハヤブサのようです。




Dsc_5895




遠くて何処に居るかわからないと思いますが、勘弁してください。



Dsc_5900




何故かやたら色の黒いハヤブサです。まるでカラスのようです。

Dsc_5909




よく見ればハヤブサに間違いないのですが、それにしても黒いです。

Dsc_5911





この後遠く崖の方に消えてしまいました。悔しいので、午後から再び探しに行きます。

アッと思った瞬間頭上を通過します。


Dsc_6022_197





またしても後姿。しかも露出補正失敗。踏んだり蹴ったり。

 

それでもその後、コリもせず崖に戻って来ていました。(これも何処に居るか探すのが大変ですが)

Dsc_6040




考えようによっては、この崖に居ついてくれそうな予感もします。楽しみにチャンスを待ちましょう。

2015年12月 3日 (木)

エナガの群れ(A Long-tailed Tit)

雨ですね~、午後から天気が回復するそうですが、判らないのでブログの更新でもしておきましょう。

天気の良かった日のエナガです。




Dsc_5342




エナガはいつも群れで行動します。小さくて無防備なのでせめて危険の察知は、早くするためでしょうか。



Dsc_5331





姿に加えて、あのジュルジュルと言う鳴き声がかわいらしい鳥さんです。

Dsc_5333





その鳴き声で群れが近づいたことがわかります。

Dsc_5341





動きが早く写真を撮るのが一苦労ですが、群れの中にはサービスの良い鳥さんも居て撮らせてくれます。

Dsc_5367





何だか外が明るくなってきました。それでは公園にでも行って見ましょう。



2015年12月 2日 (水)

桜のシメ(A Hawfinch)

今日は天気がはっきりせず、鳥さんの出も悪い一日でした。多摩川で2時間ばかり過ごした後、

公園に回ってみたのですが、何も出てくれませんでした。




Dsc_5733





公園に入った瞬間に桜の木にシメが3羽居たので、幸先がいいかなと思ったのですが、シメは動かず

じっとするばかりです。



Dsc_5741





おまけに空抜けで、面白くもなく色も出ません。

Dsc_5750





背後でウソの鳴き声がしたので、探してみたのですが、見つかりません。

Dsc_5761





破れかぶれのシメの写真でご勘弁ください。

2015年12月 1日 (火)

冬空のチョウゲンボウ(A common kestrel)

ここのところよくチョウゲンボウを見かけます。今日も上空を飛んでいましたが、掲載するのは数日前の

チョウゲンボウです。よく見ると何か食べながら飛んでいます。


Dsc_4768





カメラの設定がいつの間にか低画質モードになっていたため、はっきり写っていないのが残念です。

食べ終わると何食わぬ顔でまた、普通に飛んでいました。

 

Dsc_4880





その内、今度は飛びながら何かを捕まえたようです。まさかチョウゲンボウがフライングキャッチを

するとは驚きました。


Dsc_4834





かなりの高度だったので、バッタではないと思いますが、いったいなんでしょう。

また、飛びながら食べ始めます。

Dsc_4835





少なくとも、食べているように見えます。

Dsc_4836




食べ終わると、何もなかったように飛び続けます。

Dsc_4867





まったく、驚いたチョウゲンボウに出会ったものです。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ