« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

帰ってきたホオアカ(A Chestnut-eared bunting)

最近、猛禽の出がいまいち悪く、今日も全く気配なしでした。仕方なく上流へ向かうと、そこには今シーズン

初めて見たホオアカの姿があります。後姿ですが飛ぶ前に見ていたので間違いありません。




Dsc_1893_356





対岸に飛ばれてしまったので、思いっきりトリミングしないとわからないと思います。



Dsc_1895_357





胸の模様でかろうじてホオアカと分かります。

Dsc_1898_358





折角、今シーズン初めて多摩川で出会えたホオアカなので、もっといい写真が撮りたかったのですが、

時間もなく残念です。


Dsc_1900_359





掲載をためらったのですが、とりあえずの写真ということで、ご勘弁。

Dsc_1901_360





近いうちきっとリベンジしてみせます。

続きを読む "帰ってきたホオアカ(A Chestnut-eared bunting)" »

2016年1月30日 (土)

冬空のハクセキレイ(A Japanese Pied wagyail)

寒い一日でした。朝いつもの観察ポイントに行くのも雨でためらわれました。



Dsc_1752



やはり、周りには何も見つけることができません。いつものハクセキレイだけが元気でした。



Dsc_1783




観察舎の中から見ているとやって来た一羽です。

Dsc_1792





だ~れも居ないので、どこか堂々としている感じがします。


Dsc_1793



いつもはあまり気に留めないセキレイちゃんもこんな時はスターです。



Dsc_1794





明日はやっと時間が取れそうなので、頑張りますか。

2016年1月29日 (金)

飛翔するユリカモメ(A Black-headed Gull)

今朝はそれほど寒くありませんでした。9時ころまでは、鳥さん観察ができるだろうと、家を出たのですが、

予想より早く降りだしました。遠くにノスリが居ただけだったので、仕方なくシャッターを押さずに

帰って来ました。こんな日は仕方ないので取り置きの好きな鳥さんで行きます。





Dsc_9437




先日、天気が良かった時に河原で撮ったものです。



Dsc_9438




かなり近くを飛んでくれたので、いっぱい撮ることが出来ました。


Dsc_9439





今日のような氷雨が降る日はコタツに入ってのんびりが一番です。

Dsc_9440





天気予報によると雪が積もるようなことを言っています。


Dsc_9481





それだけは勘弁してほしいものです。

 

2016年1月28日 (木)

モミジのアオゲラ(A Japanese green woodpecker)

今日は暖かな一日でした。残念ながら用事があり、鳥見は夕方一時間だけでした。なので在庫の

アオゲラです。在庫と言っても一昨日なのでそれほど古くはありません。




Dsc_1201





幻の冬鳥を追って公園を歩き回っていたときです。直ぐ頭上のモミジにアオゲラがやって来ました。



Dsc_1203





最近急にアオゲラの数が増えた気がします。もともとこの公園は多かったのですが、ここのところ

かずがすくないな~、と思っていたので余計感じます。


Dsc_1204





アオゲラにかかわらず、鳥さんが増えるのは嬉しいことです。

2016年1月27日 (水)

オオタカ,コサギを襲う(A Northern Goshawk) 後編

さて、忙しかったもので遅くなりましたが昨日の続きです。崖の木を飛び出したオオタカが弾丸のように

飛んで来ます。翼をつぼめて猛スピードで突進です。




Dsc_1562_348



この前見たハイタカの突進とそっくりです。ところがその後翼を広げスピードを落とします。

ターゲットへの微調整をしているのでしょうか。



Dsc_1572_347





そしてついにコサギの前に回り込み、一気に襲い掛かります。


Dsc_1577_349





この時、何故かシャッターが切れない瞬間が数秒ありました。焦るのですが、どうしようもありません。

Dsc_1578_350





コサギはびっくりして水の中で暴れまわります。


Dsc_1579_351





そして間一髪、飛び上がります。オオタカは何とか捕まえて川の中に引きずり込もうとします。

Dsc_1580_352





オオタカの羽は手ではないので、摑まえることができません。完全に第一撃のミスです。

Dsc_1581_353





コサギは必死でオオタカの攻撃を避けることが出来ました。オオタカは自分の失敗に気付いたようです。

Dsc_1582_354





近くの木の枝にとりあえず引き上げました。

Dsc_1608_355





枝に止まってからのオオタカの落ち込み様は見る影もありません。あまりのショックに動けず、

かなり近づいてもしばらくは呆然としていました。

こうして世紀の瞬間は、完全なオオタカのミスにより見ることが出来ずに終わってしまいました。

それでもこの緊迫の数秒間は実に迫力に満ちたものでした。

2016年1月26日 (火)

オオタカ,コサギを襲う(A Northern Goshawk) 前編

実に衝撃的な日でした。ついにオオタカの狩りを目の当たりにしました。

それは、オオタカがオオタカの森から飛んでくるところから始まりました。


 

Dsc_1435_338




森に止まっていたオオタカが多摩川を渡って飛んで来ます。

 

Dsc_1441_339



遠いので思い切りトリミングしています。

 

Dsc_1444_341




夕方近く西日がオオタカを照らします。

 

Dsc_1446_342





こちら岸の木に止まるとじっと川面を伺います。

 

Dsc_1491_343





そこには、おあつらえ向きにコサギが一羽魚を追いかけています。カメラマンは5人、皆狩りを期待しています。

環境はまさに整いました。


 

Dsc_1558_344





どう考えても狩りのシーンです。     

思った通りオオタカが飛び出します。


 

Dsc_1561_345





見事にコサギを狙って急降下します。

果たしてコサギはどうなるのでしょうか。続きは明日のお楽しみとさせてください。

続きを読む "オオタカ,コサギを襲う(A Northern Goshawk) 前編" »

2016年1月25日 (月)

やって来たイカル(A Japanese Grosbeak)

お仲間から久しぶりの冬鳥が来てるというので、行って見たのですが、今日は残念ながら空振りでした。

その代りこちらも久しぶりのイカルに出会えました。




Dsc_0405




イカルは少し遠くの地面に降りて何やら種子でも食べているようです。



Dsc_0448





10数羽の群れで行動しているようです。

Dsc_0454





足場が悪くなかなか良い所に出てきてくれません。

Dsc_0474





枝をかいくぐって姿を捕らえるのに苦労します。

Dsc_0521





耳を澄ますと例のか弱いキーコ、キーコという鳴き声を上げています。

Dsc_0622_337





地面に落ちた種子を食べた後は、モミジに止まってその種子を食べていました。あっと思ったら

群れで飛び去ってしまいました。今日はお目当ての鳥さんに出会えませんでしたが、明日もう一度

トライしてみましょう。

2016年1月24日 (日)

またトラツグミ(A White's Thrush)

いつものように公園を散歩していると、少し先で何かが飛びました。ヒサカキの中を覗くとトラツグミです。



Dsc_9833





前の枝が邪魔しているので、慎重に回り込みます。



Dsc_9847_332





木の中だとどうしても枝が被り、しかも後姿です。しばらくすると少し飛んで良い所に出てくれました。

Dsc_9912





トラツグミはこちらが動かなければ、いくら写真を撮っても動きません。

Dsc_9967





じっとしてこちらが居なくなるのをひたすら待ち続けます。

Dsc_9973





お腹のトラ柄もきれいに見せてくれます。何枚撮ったでしょうか、満足して帰ることにします。

Dsc_9991





公園には他にも何か入っているかもしれません。ゆっくり散策してみましょう。

2016年1月23日 (土)

久々のジョウビタキ(A Daurian redstart)

暖かな日差しの中、帰る道々、ジョウビタキを見かけました。



Dsc_9701





メスはよく、河原で出会うのですが、オスを見るのは久しぶりです。



Dsc_9723_327





その銀髪が陽に当たって輝いています。

Dsc_9767_328





ジョウビタキは人の住む近くに出てくるので、どうしても建造物が写ってしまいます。

Dsc_9781_329





それに、オスは顔が黒いので、目が出にくい面もあります。

Dsc_9792_330





日当たりのよいコントラストの強い所では、なおさらです。

Dsc_9800_331





それでも今日はずいぶんサービスしてくれてしばらく遊んでくれました。

2016年1月22日 (金)

ハイタカ飛翔(A Sparrowhawk)

早朝の合流点は誰も居ません。いつものように遠くにオオタカが止まっています。移動しようと歩き

始めた途端、上空をハイタカが飛んできます。





Dsc_9573




遠くからきっと見ていて、居なくなるのを見計らったようにこちらに飛んで来たようです。



Dsc_9574





いつものようにこちらに向って来たときは、はじめチョウゲンとばかり思っていました。

Dsc_9576




どうも飛び方に惑わされてしまいます。

Dsc_9582





真上を通過し、いつもオオタカが止まるニセアカシアに止まりました。その後ちょっととんだため

見失ってしまいましたが、遠くには行っていないようです。崖の木に止まっていそうですが、

探せません。しばらく川の方を双眼鏡で覗いたりしていたのですが、何気なく振り返った、その時

何かが自分に向って猛スピードで飛んで来ます。一瞬なんだか判らなかったのですが、

すぐにそれは翼をたたんで突進してくるハイタカだとわかりました。あぁぁぁぁ~と見るしかできません。

自分との距離5mもなかったと思います。すぐ脇を通り過ぎ、草原に飛び込みます。

草原に居たハトか、ツグミ、またはホオジロでも狙ったのでしょうか。狙われた鳥はとっさに逃げます。

それを追ってハイタカが向こう岸まで追いかけます。


Dsc_9609_325




余りの迫力に呆然としてシャッターが遅れます。

Dsc_9610_326





それにしてもすぐ脇を通り過ぎた時のスピードは並大抵ではありません。本当にびっくりしました。

 

2016年1月21日 (木)

川辺のイタチ(A Japanese weasel)

川辺で猛禽のお出ましを待っていると、すぐそばに現れたのは、イタチさんです。



Dsc_9049_320





小さな穴に出たり入ったり、大忙しです。



Dsc_9087




いったい何をしているのでしょう。周りの草や枯れ枝を集めています。

Dsc_9104




それを咥えては、穴の中に運び込みます。

Dsc_9161_321





ひょっとして出産の準備をしているのでしょうか?

Dsc_9185_322





そうだとするとあまりにもいい場所とは言えません。

Dsc_9291_323





周りに観客が多すぎます。いつかのアオゲラみたいです。

Dsc_9307_324





もう少し人のこないところの方がいいと思うのですが、イタチの方にも都合があるのかもしれません。

無事を祈って見守るしかありません。

2016年1月20日 (水)

雪のベニマシコ(A Long-tailed Rosefinch)

雪が降ると鳥さんたちは、食べるものが雪に覆われてしまい大変です。葦などの草もなぎ倒され、

隠れる場所も無くなります。そんな訳で今日は雪の上に色々出てきてくれました。まずはベニマシコ。




Dsc_8365




普段だと止まらないような枝に止まります。



Dsc_8369_318




周りに隠れる場所もないので、葉の落ちた枝に止まって鳴いてくれます。

Dsc_8376




欲を言えば真っ赤なオスが出てくれることを期待したのですが、欲張りでしょうか。

Dsc_8397_319





餌を撮るために雪に降りてせっせと種子をほおばります。

Dsc_8413





鳥さんにとっては雪は一大事ですが、撮る方にしてみるとありがたいものです。

Dsc_8494





本当は赤いベニマシコを求めて他に回ったのですが、見つかりませんでした。

Dsc_8512





雪を踏みしめる音に驚いていち早く飛ばれてしまったせいでしょう。

 

2016年1月19日 (火)

雪の公園

昨日までの写真展で、散策に出られず、欲求不満がたまっていたのですが、今日も予定があり、

満足に時間が取れませんでした。1時間だけと家を飛び出し鳥さんを探してみました。




Dsc_8247_316



遠く秩父の山並みも雪をかぶっています。



Dsc_8243_317





食べ物を探してシジュウカラが雪の上を歩き回っていました。時間切れで目当ての鳥さんの

写真は撮れずじまいです。

続きを読む "雪の公園" »

2016年1月18日 (月)

写真展ご来場御礼

4日間に渡る写真展、ご来場まことにありがとうございました。おかげさまで無事打ち上げることが出来ました。フクロウダルマも喜んでおります。

 

Cimg5615






来年もまた、一年間の成果をお見せできればうれしいです。明日からまた、精進して散策を頑張ります。





続きを読む "写真展ご来場御礼" »

2016年1月17日 (日)

写真展開催中  日向のツグミ(A Dusky thrush)

写真展開催中です。今日で三日目となりました。おかげさまで大変盛況です。


 

Cimg5604





連日250人を超えるお客様にご来場いただいております。皆様のお越しをお待ちしています。


 

Cimg5611

 







さて、今日は何故か日向で動かないツグミ君です。

Dsc_6503





余程寒かったのでしょう。

2016年1月16日 (土)

護岸のイソシギ(A Common sandpiper)

写真展2日目に入りました。おかげさまで大勢の人に見ていただいております。

ご来場ありがとうございます。さて、今日は護岸で餌取り中のイソシギ君です。





Dsc_7062



いつもせわしなく働き者です。





2016年1月15日 (金)

アオジ(A Black-faced bunting)

写真展開催中です。開催期間中散策に行けないので、在庫から掲載します。今日はアオジです。



Dsc_5936




今年の初撮りです。

第三回写真展

本日15日から18日まで第三回の写真展を開催しております。お時間があればお出かけください。

皆さんに楽しんでいただける写真展になれば幸いです。





079



2016年1月14日 (木)

オオタカの狩り(A Northern Goshawk)

最近、鳥の観察舎の下の方にハトが集まり、何かを餌にしていることがあります。今日はハトの姿はなく、

代わりにカラスが数羽降りていました。崖側は逆光でよく見えません。油断しているといきなり

何かが飛び出しました。オオタカのようです。初めはカラスを狙ったのだと思っていました。

(オオタカの右の羽の下に見える黒いものがオオタカに狙われた鳥です)




Dsc_8152_306




崖から猛スピードで降下して来たかと思うと何かを追いかけます。(前方の黒い点)


Dsc_8154_307




オオタカの前方を全速力で逃げて行きます。

Dsc_8155_308





後から分かったのですが、逃げているのはカラスではなく、ハトのようです。

Dsc_8157_309





肝心のところは、崖の日陰に入って、全くわかりませんでした。しかし狩りは失敗だったようです。

Dsc_8163_312





一度崖の上の木に止まっていましたが、カラスに追われオオタカの森に逃げ込んでしまいました。

Dsc_8168_315





こちら側から姿が見えたので、対岸に行って見たのですが、すでに遅く飛んでしまった後のようでした。

実際の場面は迫力満点だったのですが、うまく伝わったでしょうか?

2016年1月13日 (水)

林のアカゲラ(A Great spotted woodpecker)

今朝は凍てつく寒さでした。それにしても河原には鳥が居ません。どうしたんでしょう。

余りの寒さにどこかへ行ってしまったのでしょうか。仕方がないので午後は公園を歩いてみました。

キョッツキョッツというかすかな声がします。アカゲラです。




Dsc_8041_303




この前から姿は見ていたのですが、撮れたのは今日が初めてです。



Dsc_8047_304





じっとしていてくれるのは、ありがたいのですが、枝被りばかりです。

Dsc_8066_300





枝の被らないところを探して、撮ろうとするのですが、すべて被ってしまいます。


Dsc_8074_301





もう少しまともに撮れないものかと、さんざん試しましたがだめです。

Dsc_8092_302





今日のところは、こんな按配で我慢するしかありません。

2016年1月12日 (火)

また公園のルリビタキ(A Red-flanked bluetail)

寒く冷たい霧のような雨が降り、とても外へ出る気になりませんでした。仕方がないので、昨日公園で

出合ったルリビタキでお茶を濁します。


 

Dsc_7808_293





今日も雨さえ降っていなければ、出かけたのですが残念です。

 

Dsc_7815_295





そう言えば昨日出合ったルリちゃんは、全く鳴きませんでした。

 

Dsc_7821_296




ただ、そのブルーは鮮やかできれいでした。

 

Dsc_7832_297




最近は別な鳥さんに人気を奪われ気味のようです。

2016年1月11日 (月)

今年もまたトラツグミ(A White's Thrush)

やっと冬らしい寒さが戻ってきた朝でした。久しぶりの公園散歩をしていると、ウメの木の枝に何か居ます。



Dsc_7717





あの後ろ姿は、トラツグミです。



Dsc_7724





後ろを向いたまま動きません。まるで木トンの術のようです。

Dsc_7730




暫くすると、思い出したように飛んで移動します。

Dsc_7742_292




今度も枝に止まってじっとしています。おかげで写真は撮らせてもらえます。

Dsc_7746





トラちゃんはよく地面を歩いていることが、多かったのですが今日は枝どまりのサービスです。

Dsc_7767





それにしても毎年やって来てくれるのは、嬉しいことです。

Dsc_7779





春先になると良く鵺の鳴き声を聞かせて震えさせてくれますが、それまでゆっくり逗留して欲しいものです。

2016年1月10日 (日)

ユリカモメの水浴び?(A Black-headed gul)

ここのところユリカモメがたくさん川を上って来ます。前にも書きましたが、とても好きな鳥さんなので

ついついシャッターを押してしまいます。


 

Dsc_7377



真っ白い胴体に赤い嘴がチャーミングです。

 

Dsc_7378





翼も広げるとかなり大きく、飛ぶ姿は非常にきれいです。

 

Dsc_7379





今日も数羽の編隊が近くに降りたち、水浴びのようです。

 

Dsc_7447





でも、考えてみると変です。カモメは海鳥なので始終水には浸かっているはずです。

水浴びをする必要があるのでしょうか?


 

Dsc_7448





海で塩水にさらされた体を洗っているのでしょうか?

 

Dsc_7449





見ているとかなり丹念に洗っています。

 

Dsc_7450





人間が海水浴の後、シャワーを浴びるのと同じなのかもしれません。

 

続きを読む "ユリカモメの水浴び?(A Black-headed gul)" »

2016年1月 9日 (土)

草叢のベニマシコ(A Long-tailed rosefinch)

今年は例年になく、冬鳥が少ないように感じます。いつも見かける多摩川のホオアカも姿が無く、

寂しいものです。これも暖冬のせいでしょうか。そこ行くとベニマシコは多いような気もします。




Dsc_7150





今日も元気に鳴いていました。



Dsc_7151





赤いオスが出てくれればよかったのですが、今日はメスでも我慢しましょう。

Dsc_7157





多摩川を歩き回っているお蔭で、ベニマシコポイントだけでも5か所も発見してしまいました。

Dsc_7161





あっ、ベニマシコか、と気合が入っていない時は写真も雑になります。先日の真っ赤なオスがそうでした。

Dsc_7169





慣れた鳥さんだからと言ってぞんざいに扱ってはいけません。常に気合を入れて行きましょう。










2016年1月 8日 (金)

ハイタカ後オオタカ(A Sparrowhawk)

昨日考えた通り、いつもの場所でハイタカを待ちました。しばらく待っているとカラスが何かを追います。

しまった、と思った時は遅く、飛び去る後姿しか見えません。仕方なく午後から合流点で待機です。

初めに飛んだのはハイタカでした。


 

Dsc_6692_288



迫るカラスを追い払いながら悠々と飛びます。

 

Dsc_6696_289





暫くして今度は遠くの木からオオタカです。

 

Dsc_6877_290





やはりカラスが追いますが、あまり相手にしません。きれいな成鳥でした。

 

Dsc_6901_291




飛んでくれるのは良いのですが、遠いので機材の限界です。

続きを読む "ハイタカ後オオタカ(A Sparrowhawk)" »

2016年1月 7日 (木)

またまたまたオオタカ(A Northern Goshawk)

今日は最近、ハイタカが頻繁に狩りをする場所で、狩りのシーンを撮ろうと待っていました。

待つこと40分、全くそんな気配がないので、上流へ向かいかけた時です。カラスがけたたましく

鳴いて、方々から集まりだします。慌てて河原へ戻るとオオタカがカラスを追いかけています。




Dsc_6436_287



あわてて、カメラを向けたので設定も適当です。オオタカの追跡をカメラで追います。



Dsc_6437





写真を撮っているときは、判らなかったのですが、かなり接近しています。

Dsc_6440





ここには写っていませんが、2羽のカラスがオオタカの後から追いかけます。

Dsc_6441





オオタカが本気だったかどうかは判りません。たまにカラスを追い払っているだけかもしれません。

Dsc_6443





それでも先日オオタカがカラスを狩ったのも事実です。

Dsc_6444





集まったカラスに追われながらの追跡劇です。

Dsc_6447




しかし残念ながらカラスに逃げ切られてしまいました。ハイタカの狩りを狙ったのですが、飛んだ

捕り物に遭遇してしまいました。明日もう一度挑戦してみましょう。




どうも最近、猛禽ばかりで食傷気味な方のためにモズです。

Dsc_6460
あっ、ごめんなさいモズも猛禽でしたね!

続きを読む "またまたまたオオタカ(A Northern Goshawk)" »

2016年1月 6日 (水)

指定席のオオタカ(A Northern Goshawk)

オオタカ、ハイタカ、ベニマシコ、チョウゲンボウ、オオタカ、これらは今朝の散策中に出会った鳥さんです。

何を取り上げるか迷ったのですが、写真だけ逆光のオオタカにしました。

Dsc_6195





オオタカはいつものようにやって来て、いつもの木に止まり、いつものように飛び出していきます。

 

Dsc_6230





画像はすべてオオタカですが、今日は、この後上流へ行って見ます。途中でハイタカが狩りに夢中でした。

 

Dsc_6254





先日も河原でハイタカの狩りに出くわした同じ場所です。ハイタカは余程空腹だったのか

相手かまわず襲い掛かりますが、うまく行きません。

Dsc_6255





その後対岸に渡り、居なくなってしまった鳥さんを探して歩きます。残念ながら見つかりません。


居なくなってからほぼ毎日捜し歩いていますが、見かけたのは一回だけです。

Dsc_6259





橋を渡って戻ってくると鉄塔から何か飛び出します。チョウゲンボウでした。

Dsc_6260





再び下流へ向かって歩いていると対岸でカラスが騒いでいます。双眼鏡で覗くと必死でオオタカを

追いかけています。

Dsc_6263





多摩川では、あまり鳥さんの数を見かけませんが、猛禽だけは目立っていました。

今日は画像と説明文のアンマッチで判りにくかったかと思いますが、ご勘弁ください。

2016年1月 5日 (火)

飛び出したオオタカ(A Northern goshawk)

今朝は対岸に行って見ました。先日オオタカが止まっているチャンスに恵まれて、柳の下にどじょうを

探す心境でした。ところが相当注意深く探したにもかかわらず猛禽の姿は見えません。

居るのはオオバンの群れだけでした。一通り散策して戻ろうとした時、池の向こうの藪から何か飛び出します。

Dsc_5915_286




咄嗟にシャッターを押しますが、木の陰で4コマ分見えません。それでも林を抜けると姿が見えます。

 

Dsc_5920_282





葦原に出てきた猛禽はオオタカのようです。(ハイタカかもしれません)

 

Dsc_5921_281





シャッターは押し続けますが、運悪く逆光です。

 

Dsc_5922_283





まともに太陽を受けて被写体が捉えきれません。

Dsc_5926_284

ほんの数秒の間に飛び去られてしまい、まともに撮れませんでしたが、あまり遠くには行かなかったようです。


 

Dsc_5927_285

 

もうちょっといい写真が撮れていれば良かったと残念がりましたが、2匹目のどじょうに7割満足でした。

2016年1月 4日 (月)

春陽気のホオジロガモ(Common Goldeneyes)

早朝はそれなりに寒く、防寒をきちんとしていないと、震えるほどでしたが、午後の陽気は春そのものでした。

多摩川を2羽のホオジロガモが泳いでいます。




Dsc_5731




どうやらメスのようです。その内いい具合にこちらに飛んできます。



Dsc_5751




早朝もカモの飛翔はよく見ますが、区別がつかないほど暗いので、昼間はずいぶん有利です。

Dsc_5754





100mほど飛んで着水しました。2羽で並んで泳ぎ始めます。

Dsc_5774





英名の所以でしょうか、金色の目が目立ちます。


Dsc_5785





そろそろ正月休みもあけて町が騒がしくなりそうです。

2016年1月 3日 (日)

今年の初ハヤブサ(A Peregrine falcon)

今年の正月は穏やかというか、暖かいというか、何か変です。合流点の猛禽も戸惑っているようです。

少し上流へ歩いてみると遠くにハヤブサの姿が・・




Dsc_5601




しばらく観察していたのですが、動きがあまりないので近づいてみました。50mまで動きません。

そのまま5分、やっと飛び立ちました。



Dsc_5610





川に沿って飛びますが自分の周りを回っている感じです。

Dsc_5616




ピントも何とか追いついています。

Dsc_5617





普段だと背景にピントを持って行かれるのですが、今日は何とかついて行けてます。

Dsc_5619





ハヤブサにしてはかなりサービスが良い方です。

Dsc_5622




その勇猛な飛び姿を撮れました。

Dsc_5623



実はこの後、こちらに向ってきてすぐ横を飛んだのですが、ピントが全く追いつかず、失敗でした。

今年を占う意味で良いような悪いような、判らない出来事でした。

 

2016年1月 2日 (土)

カラスに追われるノスリ(A Eastern Buzzard)

さすがに正月も三が日は、気にしながら出かけます。午後からだとやはり、あまりチャンスはありません。



Dsc_5407




カラスに追われたノスリがこちらに飛んできます。



Dsc_5413





いつもカラスは集団で追いかけるので、ノスリはひたすら逃げ回ります。

Dsc_5415





ノスリは猛禽とは言え、飛ぶ速さも遅くカラスに馬鹿にされているようです。

Dsc_5416





真っ青な空が背景なので、まだ見れますがあまり大した光景ではありません。

Dsc_5417





逃げてきたノスリは崖の上の方へ飛んで行きます。

Dsc_5419




目の前を通過した時のノスリの表情はすっかりうんざりしていました。

2016年1月 1日 (金)

元旦のウグイス(A Japanese bush warbler)

まるで春のような元旦でした。午後から早速カメラ担いで散策です。藪の中からウグイスが飛び出します。



Dsc_5196





この時期のウグイスはジャッツジャッツと鳴きますが縄張りを主張しているのでしょう。



Dsc_5197




実はウグイスは好きな鳥さんで、あの眼元が好きなのです。

Dsc_5202




本当は切れ長の目が好きなのですが、出てきたウグイスさん、目がパッチリしています。

Dsc_5204




薄汚れ色のウグイスが藪から出てきてもあまり目立たないのですが、我慢してください。

Dsc_5216





春告げ鳥の異名を持つウグイスは今日の気候にぴったりです。

Dsc_5217





正月早々、地味な鳥さんから始まりましたが、今年もよろしくお願いします。

新春

Dsc_3839_280

続きを読む "新春" »

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ