« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

またしてもハイタカ(A Sparrowhawk)

完全に時機を逸してしまった鳥さんを探して浅川の上流へ行って見ました。案の定カメラマンの

姿は見えません。一人もいません。やっぱり遅すぎたな~、と肩を落として暫く河原に佇んでいました。

その時です、突然何かが草むらに突っ込みます。目の前15mほどです。直感的にハイタカだと

思いましたが、ピントがついていきません。狩りは失敗し飛び立ってしまいます。




Dsc_9541_614





後姿を見送るばかりです。やっぱりハイタカです。それでも旋回して来ます。



Dsc_9549_615





金色の眼光が鋭く何かを探しています。

Dsc_9552_616





近くに居たハトが逃げ惑います。

Dsc_9555_621





ハイタカが草むらに追い込んだのは、もっと小さい鳥でした。狩りが成功していれば、撮るチャンスは

十分あったはずです。


Dsc_9556_617





一月ほど前、やはり多摩川で目の前にハイタカが突っ込んできたことがありましたが、あの時と

ほぼ同じ感じでした。


Dsc_9559_618





そんなことを思いながらどんどん高度を上げるハイタカを見送るばかりです。

Dsc_9567_619





常に緊張感を持ってとっさに、しかも冷静にターゲットにカメラを向けられればいつかきっと

ハイタカの狩りの瞬間を撮れるでしょう。

2016年3月30日 (水)

桜ヒヨドリ(A Brown-eared bulbul)

今日は暖かくなりました。いよいよ春本番です。桜も咲きました。花見をせななりません。

ということで、今日は桜に来たヒヨドリです。




Dsc_8792_601





場所によっては、7、8分咲のところもあるようです。



Dsc_8806_602





花見をせななりません。何故日本人は桜を見ると心が浮き立つのでしょうか?花見をしたくなるのは

何故でしょうか?


Dsc_8821_603





理由はよくわかりませんが、ひたすら浮かれてくるのです。

桜に来るとヒヨドリもかわいい小鳥に見えてくるから不思議です。


Dsc_8825_604





くちばしを花粉まみれにして桜の蜜を吸っているのはヒヨドリも日本の鳥だからでしょうか?

Dsc_8831_605





何はともあれ、花見をせななりません。

 

2016年3月29日 (火)

人気のチョウゲンボウ(A Common Kestrel)

今日はお仲間と一緒にチョウゲンボウを見に行きました。相変わらず人気があって大勢の人でした。



Dsc_8910





今日は飛びものを中心にご紹介します。



Dsc_8919





飛びものと言っても飛び出した後、何とか撮れたものが中心です。

Dsc_8932





皆さん、もう撮り飽きたという感じで、くつろいでいて余りカメラを構えません。

Dsc_8962





こちらは必死で撮りまくります。

Dsc_8965





午前中は逆光になってしまうので、橋の下を飛んでる姿がお勧めです。

Dsc_9085





結構近くで飛んでくれたので、そこそこ満足でした。

2016年3月28日 (月)

イカルの大群(AJapanese Grosbeak)

イカルの大群が居るということで、出かけてみました。この中に混ざっている鳥さんを探して。



Dsc_8573_595





ところが、その群れが多すぎて、探すどころではありません。時々散歩の人が歩くと一斉に

飛び立ちます。



Dsc_8576_596





余りの数に圧倒されて、途中から作戦を変更しました。とっても見つかるとは思えなかったからです。

Dsc_8612_597





時々とんだイカルは枝どまりします。

Dsc_8663_599




ところが、なかなか良い所へ止まってくれません。

Dsc_8648_598





咲き始めた桜どまりを狙ったのですが、思い通りにはいかないものです。

Dsc_8376_594





一回だけの桜どまりも逆光で残念な結果です。

Dsc_8695_600





最後は仕方なく終わってしまったウメ止まりです。

 

2016年3月27日 (日)

オオタカ飛翔(A Nohern goshawk)

今日の合流点はハイタカのカラスとのバトル、オオタカの顔見せ、程度でした。


Dsc_8228_587


しかもオオタカの写真は空抜けばかりで、残念です。

 

Dsc_8238_588




更に露出補正がまるで駄目で、何とも情けない次第です。

 

Dsc_8251_591



オオタカも結構かっこよく飛んでくれたのですが、申し訳なく思っています。

 

Dsc_8252_592





実は桜オオタカを狙っていたのですが、それも寂しい結果でした。

 

Dsc_8267_593





ゴルフ場の桜は崖の上なので、どうも映えません。

 

 

続きを読む "オオタカ飛翔(A Nohern goshawk)" »

2016年3月26日 (土)

桜ビンズイ(An Olive-backed Pipit)

少し前からビンズイが10羽ほど入っていて地面に降りて種子を食べていました。桜に来ないかと

待ちかまえていましたが、桜もなかなか咲きません。




Dsc_7774_582




やっと少し咲き出したので、朝チャンスを待ちました。今度はなかなか良い所へ来てくれません。



Dsc_7852_586





鳥撮りもなかなか難しいものです。鳥も何処に止まろうが、人間のことなどかまっていられません。

Dsc_7813_585





ビンズイもこの場所が気にいっているせいか、遠くへ飛んで行ってしまうことはないようです。

Dsc_7811_584





人が通ると桜の枝に逃げるのですが、そこでじっとしています。

Dsc_7788_583





本当はもう少し咲いていてくれるといいのですが、ここのところの寒さで桜も足踏みのようです。

Dsc_7768_581





今日のところはこんなところで我慢しましょう。

2016年3月25日 (金)

カンムリとイソヒヨ

夏羽といえば、カンムリカイツブリも夏羽になっていました。



Dsc_5833_579





多摩川で見かけた時はまだ冬羽だったのに、早いものです。夏羽はライオンの鬣のようで

かっこいいです。



Dsc_5838_580





しきりと海に潜って魚を捕っていました。

Dsc_5870_578





カンムリカイツブリに見とれていると岩場にイソヒヨドリのメスでしょうか、現れました。

Dsc_5677_576





なかなかシックな様相で好きなタイプの鳥さんです。もっと良い所へ出てくれればよかったのですが

コサギに追い払われてしまいました。


Dsc_5686_577





余計なことをするコサギを恨めしく思いながら海岸を後にしました。

今回の海辺シリーズはこれでお終いです。明日からはまた地元の鳥さんを探して歩きましょう。

続きを読む "カンムリとイソヒヨ" »

2016年3月24日 (木)

海のカモメたち(Gulls)

実は鳥の中でもカモメは好きな鳥さんで、その飛んでいる姿はとてもきれいだと思うのです。

カモメも色々な種類が居てよくわからないのですが、手当たり次第に撮ってみました。



Dsc_5789_571




たぶんこれはカモメです。セグロカモメやオオセグロカモメは区別がつけられません。



Dsc_5920_572




セグロとオオセグロの違いは背の色の濃さで見分けるようですが、自分には不可能です。

Dsc_5956_573





これらは、すべてセグロカモメかも知れません。多摩川で見るのとちょっと違うようにも見えるのですが・・・


Dsc_5977_574





空が曇ってきれいでないのが残念です。

遠くに無数の鳥さんが休んでいますが、その手前を飛んだのはミヤコドリでしょうか。


Dsc_5726_570





初めての鳥さんなので、もっとちゃんと撮っておけばよかったと後悔しています。

Dsc_5992_575





最後は多分ウミネコです。赤い縁どりの目が特徴的です。次回はもっと勉強して撮りに行きたいと

思っています。

2016年3月23日 (水)

葦原のオオジュリン(A Reed bunting)

淡水の池でカモを見ていると2羽のオオジュリンが葦原に入って来ました。



Dsc_6060





葦の茎をむしって中の虫を探しています。



Dsc_6088





葦を割る時の音がペキペキとします。

Dsc_6103





かなり近くで夢中になって探しているので、写真も大きく撮れました。

Dsc_6112





顔がそろそろ黒くなり始めているようです。

Dsc_6126





もう少しすると北へ帰ってしまうのでしょうが、最後のチャンスかもしれません。

Dsc_6161





暫くの間付き合ってくれました。

Dsc_6167





海の近くで会えるとは思わなかったので、偶然に感謝です。

2016年3月22日 (火)

波間のクロツラヘラサギ(A Black-faced spoorbill)

穏やかな海岸にクロツラヘラサギがいます。話には聞いていましたが、あまり感激がありません。



Dsc_5606





先日多摩動物園でいっぱいいるところをまじかで見たせいでしょうか。



Dsc_5618





くちばしがヘラのようになった、顔の黒いサギということですが、かなり数は少ない貴重な鳥さんです。

Dsc_5631





ペアでしょうか、2羽で仲良く餌取りをして岸に沿って移動しています。カメラマンも一緒に移動します。

Dsc_5597





砂の中の甲殻類などが餌のようですが、その餌取りは結構根気がいる仕事のようです。

Dsc_5643





見ている間に、さしたる成果はありませんでした。いつものように油断してそっぽを見ている間に

飛ばれてしまい、飛び出しも飛翔姿も撮れずじまいでした。残念!

2016年3月21日 (月)

波間のハジロカイツブリ(A Black-necked grebe)

坐骨神経痛の回復と共に春風に誘われて、海辺へ行って見ました。そこにはハジロカイツブリが

気持ちよさそうに泳いでいました。




Dsc_5497





真っ赤な目が印象的ですが、すでに夏羽に代わっていていっそう個性が引き立ちます。



Dsc_5499_569





正面顔など怖いくらいです。


Dsc_5501_567





目の後ろに書き上げた金髪が凄みを増幅させます。


Dsc_5780





ところがまだ冬羽のままの奴が居て肩身が狭そうです。夏羽に変わった奴はエンゼルポーズなど

しておちゃらけています。


Dsc_5884





結構な数のハジロカイツブリに出会えて満足でした。

Dsc_5769_568





もちろん海には他にも色々な種類の鳥さんが居ましたが、徐々に紹介しましょう。

続きを読む "波間のハジロカイツブリ(A Black-necked grebe)" »

2016年3月20日 (日)

オオタカとハイタカ(A Northern Goshawk & a Sparrowhawk)

午前中はお彼岸の墓参り、午後から合流点に行って見ました。あまり期待はしませんでしたが、

暫くするとオオタカが現れました。




Dsc_5291_559





崖を背景にしたショットはすべてピンボケでした。残念!



Dsc_5297_561





それでもやっぱりオオタカはかっこいいのです。


Dsc_5304_562





特に成鳥は、その眼光といい猛禽の王様です。でも今日は単独ではなくお供と一緒でした。

Dsc_5316_563





お供はハイタカの様です。

Dsc_5330_564





ハイタカは久しぶりですが、2羽一緒だとどちらにピントを合わせていいか、迷います。

Dsc_5356_566





結局どっちつかずの写真になってしまいました。

 

2016年3月19日 (土)

ハヤブサの水浴び(A Peregrine Faalcon)

昨日お仲間が一時間待っても飛ばなかったハヤブサですが、その後行ったときは、さらに一時間後に

飛んでくれました。




Dsc_4926_548





一直線に対岸の河原に飛んで行きました。そして水浴びを始めます。



Dsc_5062_556





いつもより念入りに水浴びします。

Dsc_5063_557





暑かったせいか気持ちがいいのでしょうか?

Dsc_5087_554





完全に長湯というところです。

Dsc_5092_551





10分以上水浴びしておもむろに飛び立ちます。向こう向きですが・・・

Dsc_5106_553





そして頭の上を飛び越えてもと来た枝に引き返します。

Dsc_5124_552





どうだサービスしたからよく撮れただろう、という顔をしています。まさに絶好のチャンスだったのですが、

一枚もピントが合っていませんでした。残念!

2016年3月18日 (金)

オオワシを見に(A Stellers sea eagle)

オオワシを見に行きました。そこはワシがいっぱい居て驚くばかりです。



Dsc_4513





数種類のワシの仲間が飛び回っています。



 

Dsc_4519





さすがにオオワシは猛禽のオオ様です。

多摩動物園ですが・・・

2016年3月17日 (木)

オオタカ子育て準備(A Northern Goshawk)

鳥さんの子育てシーズンが始まったようで、久々にオオタカを見に行きました。



Dsc_4351_540





森に入ると、オオタカは去年の巣をリフォームしているようです。



Dsc_4401_541





まだ完全に固定されているわけではないようですが、時々枝を運んで補修しています。

Dsc_4492_542





流石に枝が込み入っていて、よくわかりません。

Dsc_4518_543





巣の近くの枝を折って補修しているようです。

Dsc_4591_544




オスも遠くで警戒を怠りません。突然若が近づいて追い払うのに大変です。

Dsc_4660_545





しばらくショウを楽しませてくれましたが、遠くてはっきりわかりません。一度だけ近くを飛んでくれました。

Dsc_4679_546





しばらくしたら、また行って見ましょう。

2016年3月16日 (水)

新レンズ評価チョウゲンボウ(A Common Kestrel)

昨日に引き続いて、新レンズの評価に行きました。今日は飛びものねらいです。ところが残念なことに

視野が狭くなったせいか飛びものを狙えません。ほんの少しの差なのでしょうが、とっさの反応が

いまいちです。仕方なく止まりものを一枚。




Dsc_3994_538




間違いなく大きく撮れます。何とか飛びものをと頑張ってみました。



Dsc_3876_536





飛んできて木に止まったところです。飛びものに対してピントが追い付きません。

仕方なく飛び出しを狙います。


Dsc_3860_531





80-400では遠すぎてダメだった木まで何とか撮れます。

Dsc_3861_532





どこまで追いつけるかが問題です。

Dsc_3862_533





結構いけそうです。

Dsc_3863_534





まあまあな感じです。

Dsc_3864_535





ここが限界でした。従来とあまり変わらない範囲追いつきそうです。後は腕次第と言うことでしょうか。

 

2016年3月15日 (火)

新レンズ評価

 

 

昨日ちょっと書きましたが、新しいレンズを入手しました。皆さんご使用の200-500です。

今日はそれの試し撮りに行ったのですが、被写体があまりよくありませんでした。


 

Dsc_3444_525





構わず撮りまくります。AFも聞いていたより早い感じです。

 

Dsc_3481_524





ピントが合った時の画質は80-400より良いような気がします。

 

Dsc_3538_530





おまけに逆光での画質も向上している感じがします。

 

Dsc_3555_527





それに何と言っても従来の80-400より1.25倍大きく映ります。

 

Dsc_3636_528





ということで、大変満足しています。難点は重い!ということです。持って歩きながら

撮影するスタイルには、ちょっと厳しい感じがします。

さて、どうやって使い分けましょうか。もう少し考えてみましょう。

2016年3月14日 (月)

カワセミのダイブ(A Common kingfisher)

雨ですね~、おまけに寒いし。実はレンズを新調したので試し撮りに行きたかったのですが、

この天気では諦めるしかありません。仕方がないので先日撮ったカワセミで遊んでみました。




Dsc_3262_520




結構ホバリングが好きな奴が居て、頻繁にホバッテ居ます。



Dsc_3265_521




魚を見つけると急降下します。

Dsc_3266_522





何回も飛び込み体勢に入ります。

Dsc_3192_516





余り効率がいいとは思えないのですが、どんなもんでしょう?ホバリングは疲れそうだし。

Dsc_3196_517





もう一羽いて、それは護岸から狙うタイプでしたが、そちらは結構効率よく捕っていました。

Dsc_3197_518





まあ、カワセミにも主義みたいなのがあるのかもしれません。漁は下手でもホバる方が好きですが。

続きを読む "カワセミのダイブ(A Common kingfisher)" »

2016年3月13日 (日)

薄曇りのコサギ(A Little egret)

薄曇りの多摩川にはセイヨウカラシナがあちこちで咲いています。久しぶりにコサギを見かけました。



Dsc_3103_511




コサギも飾り羽をきれいになびかせて、優雅に見えます。



Dsc_3105_512





緑の草も適当に伸びてきて、良い雰囲気です。

Dsc_3123_513





当人たちにとっては、食事が優先のようですが。

Dsc_3133_514





見る方からするときれいな舞台の方が嬉しいものです。

Dsc_3150_515





この時ばかりは、オオタカの襲来もない方がいいかなと思うものです。

 

2016年3月12日 (土)

久しぶりの合流点

久しぶりに合流点に行って見ました。崖にはいつものようにハヤブサが居ます。しばらくすると

飛んで、近くに来てくれました。寒くて足が痛いためワンカットだけです。






Dsc_3026_510


早く陽気が良くなってほしいと思うこのごろです。

2016年3月10日 (木)

カワガラスの子育て(A Brown Dipper)

カワガラスの雛が巣立ったと聞いてしばらく経ってしまったので、少し不安に思いながら行って見ました。

いつもの営巣地付近には影も形もありません。雛も一羽も居ません。やっぱり遅かったかな、

と思いつつ一時間ほどいたでしょうか。突然親鳥が現れました。





Dsc_2457_498




あ~、良かった。親鳥だけでも見れて。そう思った瞬間親鳥は上流へ飛んで行ってしまいました。

しばらくその場にいたのですが、帰って来ません。少し上流へ歩いてみました。

すると、そこには巣立ったばかりの雛がいます。



Dsc_2520





あ~!いた~!親鳥は雛に給餌をしています。

Dsc_2469_499




何という幸運なのでしょう。待った甲斐がありました。雛の姿も見られました。

Dsc_2483_500





雛も何羽かいますが、親は依怙贔屓をしているようです。

Dsc_2689_502





よく見ると雛は全部で3羽います。

Dsc_2749_504





その中の一番小さい雛に集中して餌を与えているようです。

Dsc_2710_503





他の2羽は、もう自分で餌を捕りなさいと言っているようです。

それにしても、遠くまで出かけて来た甲斐があって良かったとしみじみ思いました。




2016年3月 9日 (水)

セイヨウカラシナ

坐骨神経痛の状態が少し改善されてきた感じがするので、ちょっとだけ遠出して見ようかと

思っていたのですが、天気の崩れが思ったより早かったので、予定を変更し、いつもの場所まで

行って見ました。一時間足らずいましたが、寒く早々に撤収しました。





Dsc_2357



鳥さんはホオジロがちょっとだけ顔を見せただけで、他は何も出ませんでした。



Dsc_2348




鳥さんの背景になってもらうカラシナだけ撮って来ました。


2016年3月 8日 (火)

谷のチョウゲンボウ(A Common Kestrel)

4月下旬の気温だったそうです。暖かさに誘われてチョウゲンボウの谷へ行って見ました。



Dsc_2076_490




そこではチョウゲンボウが元気に飛び回っていました。



Dsc_2083_493





自分では数えませんでしたが、前に来ていたお知り合いの話では、全部で6羽だそうです。

Dsc_2090_494





その6羽が飛び回ったり木に止まって、合い方を鳴き呼んだり賑やかでした。

Dsc_2105_495





中々近くにゆっくり止まってはくれませんが、それでもこれだけ居れば飽きません。

Dsc_2110_496





もうすぐメスが営巣に入り、オスは餌運びに忙しくなることでしょう。

Dsc_2171_491




ちょうど天気も良く、青空だったので久しぶりのフィールドも楽しめました。

Dsc_2261_492





今日はとりあえず様子見ということで、1時間ほどで撤収しました。

Dsc_2311_497





次回はちょっと気合を入れて撮ることにしましょう。

 

2016年3月 6日 (日)

早春の公園

暖かさに誘われて公園を一回りして来ました。急激な気温の上昇に草花や木の芽が追い付いて

居ない感じですが、陽だまりの道端にはオオイヌノフグリやホトケノザが咲いています。




Dsc_1990



Dsc_1984





野生種の野草かなと思っていたのは、クロッカスでした。

Dsc_1882




公園にはあまりない桃の花でしょうか、やっと咲きだしました。

Dsc_1885




山道に入るとウグイスカグラも咲きだそうとしています。

Dsc_1888





山道と言えば、鳥さんの鳴き声がするので、振り返るとルリビタキです。

Dsc_1966





そろそろお別れなので、わざわざ出てきてくれたのでしょうか・・・

 

2016年3月 5日 (土)

クイナと白いカワラバト(A Water rail)

脚を引きずりながらの散策なので、歩行スピードは遅く、どうしても目を落として歩くので、

視野も狭くなってしまいます。ですから意識して時々頭を上げるようにしています。

あっと思ったら、何かがこちら岸からあちら岸へ飛びました。しばらくするとクイナが歩いています。




Dsc_1616_482





クイナが飛ぶという感覚がどうもピンとこないのですが、考えてみると相当な距離移動するわけ

ですから、まさか歩いて移動することもありません。



Dsc_1622_483





相変わらず川の端っこを目立たないように歩いています。

Dsc_1641_484





どうやら、今シーズンは猛禽の餌食にならず済んだようです。

合流点で佇んでいると真っ白い鳥が飛んできて着地します。びっくりして見るとカワラバトの

白い奴のようです。足に識別番号の輪っかをしています。伝書鳩のようです。

 

Dsc_1816_486

 

レース途中で

はぐれてしまったのでしょうか、一羽でやって来て暫くくつろいで行きました。

2016年3月 4日 (金)

オオジュリンと逆光のハヤブサ(A Reed bunting)

足元の葦原にはオオジュリンが時々やって来ます。今日もいっぱい居ました。



Dsc_1159





その後はいつものように逆光の中をハヤブサが飛んで来ます。



Dsc_1197_477





逆光に加えて今日は靄が出ていて、見ずらいことこの上ありません。

Dsc_1217_478





そして比較的近い方の定位置で、しばらく休憩です。

Dsc_1283_479





こちらに止まった場合は、比較的あっさり飛び出します。

Dsc_1313_480





何となく日常が戻りつつあるような感じです。

2016年3月 3日 (木)

逆光のノスリ(A Western Buzzard)

気温が上がり、春めいてきたので痛い足を引きずって久しぶりに合流点に出かけてみました。


 

Dsc_0797_472





崖の方から逆光をついてノスリが飛び出しました。

 

Dsc_0800_473





普段あまり被写体に選ばれないノスリですが、こちらにとってはノスリでも逆光でも構いません。

 

Dsc_0802_474





久しぶりに見る空を飛んでる鳥さんです。うれしさのあまりシャッターを切ります。

 

Dsc_0806_475





痛いには痛いのですが、何とか合流点まで来ることが出来ました。

 

Dsc_0858_476





後は狙いの鳥さんが来てくれるのを待つだけです。

続きを読む "逆光のノスリ(A Western Buzzard)" »

2016年3月 1日 (火)

春ビンズイ(A Olive-backed Pipit)

昨日は、一歩も家を出ず鳥見もせず、足の静養をしました。こんなことは記憶にないほど久しいことです。

今日は、暖かな春の日差しを求めて、すこし近くに行って見ました。公園の芝生にビンズイが居ます。




Dsc_0508





よく見ると2羽で採餌しているようです。芝生の中を突きながら歩き回っています。



Dsc_0524





日差しはすっかり春になっています。その陽だまりは気持ちがいいこと、この上ありません。

Dsc_0529





この陽気にビンズイも移動して来たのでしょう。

Dsc_0532





考えてみるとビンズイを見るのも久しぶりのような気がします。以前木の枝できれいな声で

囀っているのを見て以来です。


Dsc_0544





普段は、何気なく見過ごしてしまいそうなビンズイも外に出られる嬉しさで珍しい鳥さんに思えてきます。

Dsc_0562





気温の春ももうすぐそこです。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ