« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

降りてきたホトトギス(A Lesser cuckoo)

ホトトギスは高い木のてっぺん付近で鳴いていましたが、今日は目線に降りてきました。



Dsc_8865a






きっと鶯の巣をそろそろ見つけて托卵の準備をするためでしょう。何回も近くにきて止まってくれます。





Dsc_8940a






木のてっぺんだとお腹ばかりで写真も飽きてしまいがちですが、今日は全然違いました。





Dsc_8854a






やっぱり緑の中で見えるホトトギスは一段ときれいに見えます。





Dsc_8909a






時々、ヒヨドリに追われて逃げ回っていますが何とか托卵場所を探し当てようとしています。





Dsc_8949a






目線の木の間だと飛び出しがなかなかうまく撮れないのですが、明日もう一度挑戦してみましょう。

2016年5月30日 (月)

シジュウカラファミリー(A Japanese tit)

今日は午後から雨があがるという予報だったので、出かけてみましたが途中から再び降り出し、


びしょびしょに濡れてしまいました。サツキの生垣にはシジュウカラのファミリーが賑やかでした。




Dsc_8695







こちらも幼い幼鳥がお母さんを困らせていました。




Dsc_8719






食べ物に対する兄弟喧嘩はお兄ちゃんがいつも有利です。




Dsc_8723







お母さんもどちらかというと自己主張の強いお兄ちゃんを贔屓します。




Dsc_8749






それでも餌取の練習は兄弟そろって真剣にやっていました。



2016年5月29日 (日)

またまた公園のホトトギス(A Lesser cuckoo)

鳥に興味がない人は別にしてある程度鳥を意識している人と鳥との出会いの偶然は不思議なものです。



Dsc_8267a






どこでどんな鳥さんと出会うかは偶然ですが、不思議な偶然です。





Dsc_8288a






今日はまさにそんな一日でした。しばらく見ていないアオバズクを見ようと遠征したのですが、

残念ながら姿を見ることはできませんでした。





Dsc_8377a






そんな折いつもの公園では超レアバードが通り過ぎたようです。





Dsc_8383a






今まで地元の公園では見たことがなかった鳥さんです。





Dsc_8102a






何人かのお仲間は偶然出会うことができたようです。それでもその一瞬だけの出会いだった

のだと思うのですが、そんな偶然に出くわした人たちは幸せです。

2016年5月28日 (土)

シジュウカラの幼鳥(A Japanese Tit)

時間もなくチャンスにも恵まれず良いことない鳥見でした。たまにはこんな日もあります。

公園の茂みではシジュウカラの幼鳥が飛び回っていました。




Dsc_8051






まだ胸のネクタイもぼんやりして、おまけにその瞳は子供そのものです。





Dsc_8070






皆で虫取りの練習でもしているようでした。





Dsc_8082






こんな日もあるんだと自分を納得させ明日に期待です。

2016年5月27日 (金)

海のコアジサシ(A Little Tern)

ちょっと珍しいアジサシがいるというので、少し期待していたのですが、結局見つかりません。

それでもコアジサシは元気に海上を飛び回ります。


Dsc_7281






多摩川ではすでに何回か見ているのですが、海でのコアジサシは今季初めてです。





Dsc_7285






遠くの海上には数え切れないほどのコアジサシが群れで飛んでいます。





Dsc_7308






川での飛翔と同じように見えますが、ここでの方がゆっくり飛んでいるように見えます。





Dsc_7288






ダイブして小魚を捕まえメスに差し出すのはここも同じです。





Dsc_7402






メスはいつも待っていて気に入ったオスが持ってくるとそれを受け取ります。





Dsc_7323






オスは単純でメスが小魚を受け取ってくれると喜び勇んで再び海面にダイブに向かいます。





Dsc_7271






時には三角関係でもめることもあるようです。

2016年5月26日 (木)

公園のホトトギス(A Lesser cuckoo)

今年も数日前からホトトギスの鳴き声が聞こえていました。今日は電車で出かけるのをやめて

公園でホトトギスを待ってみました。




Dsc_7685a






大きなクスノキで鳴いていますが、クスノキに入られると探し出すのが大変です。





Dsc_7718a






それでもやっとのことで、探し出すとしばらくそこで鳴いていてくれました。今朝は2羽のホトトギスが

鳴きあって公園を飛び回っていました。





Dsc_7822a






ヒマラヤスギのてっぺんで鳴いてもくれましたが、残念ながら逆光です。





Dsc_7924a






それでも金色のきれいなアイリングを見せてくれます。しかも飛び出しまで撮らせてもらいました。





Dsc_7662a






ホトトギスの飛翔写真は初めてなので、うれしかったです。





Dsc_7663a






しかも散歩の人が来ての飛び出しだったので、写真を撮っているこちらに向かってきてくれました。





Dsc_7664a







今年はまだやってきたばかりですが、サービスよく撮らせてくれます。





Dsc_7666a







結果的には電車で出かけず、地元を選択したのは正解でした。


2016年5月25日 (水)

水辺のソリハシシギ(A Terek sandpiper)

池の中のキアシシギを見ているとどうも少し小さいし、どこか違うなと思わせるシギがいます。

よく見るとソリハシシギのようです。




Dsc_7110_2






足は黄色いし羽の模様もキアシに似ていますがどこか違います。





Dsc_7163






胸からお腹にかけての縞模様とそれからなんと言ってもくちばしのそり具合が違います。





Dsc_7171






キアシやアオアシと一緒に採餌中のようです。





Dsc_7180






この鳥も夏には北へ行ってしまうので、今の時期しか見れません。





Dsc_7186






そう思うとやっぱり出かけてきてよかったと思うのです。今まであまりシギやチドリは興味が

なかったのですが最近少し興味を持つようになりました。





Dsc_7190






数千キロの渡りをする鳥さんはやっぱりすごいと思います。

2016年5月24日 (火)

初めてのチュウシャクシギ(A Whimbrel)

ポイントに立って砂浜を見ていると大型の鳥が降り立ちました。行ってみようかと思っていると

こちらに飛んできます。よく見るとチュウシャクシギのようです。




Dsc_7274






かなり大型の鳥なので近くを飛ぶと迫力があります。





Dsc_7275






以前多摩川でホウロクシギを見たことがありますが、チュウシャクシギを見るのは初めてです。

一瞬だったので、残念に思っているとしばらくして戻ってきました。





Dsc_7326






人がいない渚のほうから飛んできて牡蠣の岩場に降り立ちます。





Dsc_7334






待っていた甲斐がありました、そこでしばらく餌探しでもするようです。





Dsc_7335






しばらくすると牡蠣の殻の間からカニを捕まえました。細く長いくちばしを使って捕獲したのです。




Dsc_7357






かなり漁のうまい鳥さんのようです。それでも潮の引いた砂浜や岩場はカニであふれているので

獲物には事欠かないのかもしれません。





Dsc_7371






ここへ飛んできたのは2羽のチュウシャクシギでしたがしばらく餌取をしていました。

おかげで写真もいっぱい撮れました。





Dsc_7441






しばらくするとまた人のいない渚のほうに引き上げて行きました。満足のひと時でした。

2016年5月23日 (月)

池のアオアシシギ(A Greenshank)

朝早くから出かけてきました。池のふちを歩いていると遠くにシギがいます。



Dsc_7117






きれいなシギだったので近づいてみるとアオアシシギのようです。





Dsc_7123






浅瀬で朝食をとっているようです。それにしてもきれいなシギです。





Dsc_7146






この池は海とつながっているのでしょうか、時間とともに水が引いていきます。





Dsc_7152






朝早いので、まだ誰もいない静かな池の中で数羽のアオアシが魚でも探しているようです。





Dsc_7154






シギ、チドリの仲間は日本には立ち寄るようですが、夏前にはさらに北へ行ってしまうので

今回は早めに来てみました。





Dsc_7156





まだ暑くなる前の池端は静かで気持ちの良い場所でした。

2016年5月22日 (日)

キジとごろつきカラス達(A Japanese Pheasant)

河原を歩いていると遠くでキジの鳴き声がします。



Dsc_6909





単なるホロウチかなと思っていたのですが、よく見ると事情は違うようです。





Dsc_6971






キジのすぐそばには、カラス軍団がうろついています。キジはこれを追い払おうとしているようです。





Dsc_6975






カラス軍団は無視してその場を離れません。キジはその近くをうろうろしますが、遠くへは

行きません。





Dsc_7044






一方の草むらから入り、別の場所からまた現れます。近くにメスと子供でもいるのではないでしょうか。





Dsc_6991






ごろつきカラス軍団はしつこく付きまとい、チャンスをうかがっています。キジは必死で追い払います。





Dsc_7003






所詮、威嚇だけなのでどうなることかと見守りますが、時間が無くなりこちらが退散することに

なってしまいました。明日にでもまた行ってみましょう。

2016年5月21日 (土)

スズメ巣立ち雛(A Eurasian Tree Sparrow)

道端でしきりと鳴いているスズメがいます。



Dsc_6814






見ている間ずっと鳴いています。時々飛ぶ真似などしていますが、飛びません。





Dsc_6813






巣立ったばかりの幼鳥のようです。近くに親の姿はありません。





Dsc_6834






たぶん親を読んでいるのでしょうが、親は一向に現れません。





Dsc_6854






こんな時猛禽にでも見つかったら、ひとたまりもありません。





Dsc_6864






そのうち、少し飛んで道端に落ちているものを食べようとしたりしています。





Dsc_6882






さらに観察していると、今度は花壇に逃げ込みます。するとどこからともなく親が現れて

飛ぶのを促しているようですが、すぐに行ってしまいました。





Dsc_6887






花壇から出ると子スズメは意を決して飛んで行ってしまいました。なんとも親の厳しいしつけを

見るようでした。

2016年5月20日 (金)

エナガ幼鳥(A Long-tailed Tit)

公園を歩いても何もいません。しばらく広場でのんびりしているとエナガの幼鳥が飛び回っています。



Dsc_6404a






今年はエナガの巣がわからなかったので、幼鳥の巣立ちは見れませんでした。





Dsc_6406a






その代わりと言っては何ですが少し成長した子供たちに出会うことができました。





Dsc_6407a






みんな元気に飛び回っています。





Dsc_6413a






もう親鳥と一緒に飛んでも引けを取りません。





Dsc_6450a






中には兄弟で鬼ごっこのようにはしゃぎまわる子もいます。





Dsc_6378a






最後は精一杯大きな口を開けて鳴いている子もいます。





Dsc_6394a






エナガの幼鳥って口の中が赤いんですね。知らなかった。

2016年5月19日 (木)

ツミの子育て(A Japanese sparrowhawk)

ツミのお母さんはかなり怒っていました。近くを歩いているとツミの大きな鳴き声が聞こえます。

オスがメスを呼んでいるのかと思ったら、メスのツミが巣を出てけたたましく鳴いています。

Dsc_5702a





何かに対して威嚇しているようです。しばらく見ていると理由がわかりました。

 

Dsc_5708a





どうやらカラスがツミのテリトリーに侵入し、うろうろしているようです。ツミはカラスを追い払おうとします。

 

Dsc_5710a





近くに止まったカラスに攻撃を仕掛けます。それはすさまじい攻撃で、早くてよく見えませんが、

カラスとぶつかる音が激しく響くほどです。

 

Dsc_5711a




カラスは、一撃をかわして別な木に止まりますが、そこから逃げるわけではなく不気味な

唸り声を出しています。

Dsc_5712a





ツミは何回か攻撃を仕掛けますが、カラスは動きません。ツミは本気で怒っていました。

Dsc_5746a





あの、特有な鳴き声で鳴いています。オスは近くに居ません。きっと狩りにでも行っているのでしょう。

Dsc_5749a





メスは何回もカラスに襲い掛かり何とか遠ざけようと必死です。

Dsc_5751a





その間、10分くらいだったでしょうか、とうとうカラスは逃げ出してしまいました。すかさずメスは

巣に戻り何もなかったようにじっとしていました。

2016年5月18日 (水)

ハヤブサの子育て(A Peregrine falcon)

オスが見ていた向かい側の崖には孵ったばかりの雛とメスの姿があります。2羽ともオスが餌を

持ってくるのを待っているようです。


Dsc_5242a





オスは捕らえた餌を持って大急ぎで帰って来ます。

 

Dsc_5271a





犠牲になった鳥が何かは判りませんが、ここでは生の自然の営みを見る思いです。

Dsc_5277a





営巣場所に戻ってきたオスをメスは「遅い!」と言って怒っているように見えます。

Dsc_5287a





オスは早速獲物をメスに差し出します。メスはそれを雛に与えなければなりません。

Dsc_5292a





獲物を渡したオスは、休む暇もなく次の仕事に向います。成長の早い雛を育てるために休んでいる

時間は無いようです。

Dsc_5301a





オスが運んできた獲物をメスは食べやすいように千切って雛に与えるようです。雛はお腹が

空いて待っているのももどかしいようです。

Dsc_5315a





細かく千切った餌を雛に与える間、もちろんメスも自分では食べる暇もありません。

鳥の世界の子育ても、大変な仕事です。

Dsc_5386a





海岸沿いの岸壁に自然界の厳しい営みを見てきました。

2016年5月17日 (火)

崖のハヤブサ飛び出し(A Peregrine falcon)

切り立った崖にハヤブサが居ます。その鋭い目で一点を見つめています。



Dsc_5168a





暫くすると止まっていた崖から飛び出します。



Dsc_5172a





飛び出す瞬間も見つめていた一点から目を離しません。

Dsc_5173a





見つめていたのは向かい側の営巣地だったようです。

Dsc_5174a





そこにはまだ孵ったばかりの雛がいて親鳥を待っているのでしょう。

Dsc_5175a





周りにはずるがしこいカラスやトビがいっぱい居て隙を見せるといつ襲われるかわかりません。

Dsc_5176a





この時も巣に近づいたトビを追い払うため飛び出したようです。

Dsc_5177a





ハヤブサは近づこうとしたトビを瞬間的に攻撃し撃退します。残念ながら早すぎてカメラで

追いきれません。


Dsc_5310a





そのスピードは目を見張るものがあり、子を守る親の必死さが伝わって来ます。

2016年5月16日 (月)

ペアのイソヒヨドリ(A Blue Rock Trush)

久しぶりに海へ行って見ました。風も少なく波も穏やかな海岸でした。



Dsc_4937a




綺麗な鳴き声に周りを見渡すとイソヒヨドリです。




Dsc_4923a





オスだけでなく、メスも一緒に行動しています。きっとペアなのでしょう。

Dsc_4908a





波の引いた岩場で餌を探して二羽でうろうろしています。

Dsc_4903a





他の鳥さんと同じようにオスの方が色鮮やかですが、メスのくりっとした目もかわいさいっぱいです。

Dsc_4900a





最近では地元の川でも時々見かけるようになりましたが、やっぱり海が似合います。

Dsc_4895a





穏やかな海岸沿いをちょこちょこと渡り歩いて採餌してます。

Dsc_4882a





他の鳥さんと同じであれば、今が繁殖期なのでしょう。頑張ってほしいものです。

2016年5月15日 (日)

谷戸のチョウゲンボウ(A Common Kestrel)

久しぶりにチョウゲンボウの様子を見に行って来ました。メスが巣を出て木に止まっています。



Dsc_4689a




何か下で動くものを狙っているようです。



Dsc_4828a





しばらく様子を見ていると、その内飛び出しました。

Dsc_4830a





真下の藪に突っ込んだのですが、狩りは失敗だったようです。そのうちオスが獲物を下げて

帰って来ました。


Dsc_4701a





カナヘビか、ヤモリのようなものをぶら下げています。メスはあわてて巣へ帰りました。

Dsc_4791a





オスが再び狩りに出るとメスはまた巣を出て木の上から下の獲物を捕ろうと急降下します。

Dsc_4792a




自分で獲物を捕らないとオスが持ってくるものだけでは足りないのかもしれません。

Dsc_4793a





見ている間中、メスは何回も近場で狩りを試みました。それでも中々うまく行かないようでした。

 





2016年5月14日 (土)

コロニーのゴイサギ(A Black-crowned night heron)

昼下がりのコロニーには沢山のサギがたむろしていて、さながらサギのハーレムのようです。

そこに一羽のゴイサギが飛んで来ました。




Dsc_3639a




強い日差しの中をブルーと青味がかった薄いグレーのコンビネーションが綺麗です。



Dsc_3648a





ここにはゴイサギの子供たちもいっぱい居て、そのホシゴイの数も半端ではありません。

Dsc_3651a





何でここにそんな多くのサギが集まるのか不思議です。

Dsc_3656a





地元でも以前川沿いの竹藪に沢山のゴイサギファミリーが暮らしていましたが、竹藪が切り取られ

ゴイサギファミリーは霧散しました。


Dsc_3686a





特にゴイサギはこのような環境を好むようです。

Dsc_3901a





地元の竹藪は刈り取られてしまいましたが、最近また竹が何本か生えてきて以前の環境に

近くなってきました。またゴイサギファミリーが戻ってくれるとうれしいのですが・・・。

2016年5月13日 (金)

キアシシギ飛翔(A Grey-tailed tattler)

久しぶりに多摩川に出てみました。朝の河原は気持ちがいいことこの上ありません。

河原で水の流れをぼんやり見ていると川下から対岸近くを鳴きながら飛んでくる群れがあります。




Dsc_4220a





キアシシギでしょうか、川の分岐あたりで反転して来ます。



Dsc_4228a





岸辺もすっかり緑に覆われて、鳥の飛翔も一段と綺麗です。

Dsc_4232a





初めは8羽飛んでいたのですが、いつの間にか6羽になっています。

Dsc_4235a





2羽はいったいどこへ行ったのでしょうか?かなりのスピードで川面近くを飛んでいます。

Dsc_4238a




日差しは朝と言えどかなり強くその中をどこへ向かうのでしょうか。

Dsc_4239a





キアシシギと言ってもその飛翔姿は綺麗で思わず見とれてしまいます。

Dsc_4242a





カメラの性能向上のおかげで、ピントも背景に取られる確率がずいぶん改善されました。

2016年5月12日 (木)

川べりのアマサギ(A Cattle egret)

真夏のような日差しが照りつける中、川に沿って上流へ歩くと木々の上にアマサギが居ます。



Dsc_3578a





以前から見たいと思っていたサギで、亜麻色の羽が綺麗です。



Dsc_4050a





本当はもう少し近くで撮りたかったのですが、贅沢は言えません。

Dsc_3753a




無理やりトリミングしているので画像がいまいちです。それとも日差しが強すぎるせいでしょうか。

Dsc_3754a





確かにコントラストが強すぎるのかもしれません。もう少し亜麻色がはっきり出るといいのですが。

Dsc_3854a





それでも木の上を飛んだり枝に止まったり色々パフォーマンスを見せてくれます。

Dsc_3923a





頭の羽が逆立ったり靡いたりするのは、何か意味があるのでしょうか、今度専門家に聞いてみましょう。

Dsc_4039a





この季節でないと見れない亜麻色の乙女を堪能しました。

Dsc_4111a





今度はできれば田んぼの中のアマサギを撮りに行きたいと思います。

 

2016年5月11日 (水)

ツミの飛び出し(A Japanese Sparrowhawk)

今日は雨が降ったりやんだりで、鳥見に集中できませんでした。出かけると降りだし、帰ってみると

止んだりして最後は諦めました。というわけで先日撮ったツミの飛び出しです。初めはメスです。




Dsc_3371a





余りに近いので、新鋭機と言えどピントが追い付きません。それでもメスの特徴の虹彩が黄色や

胸の横じまは判りそうです。



Dsc_3372a





さすがに小さいとは言え鷹の仲間だけのことはあります。迫力は負けません。

次はオスですが、こちらは更にピンアマです。虹彩が赤くオレンジ色の羽毛で胸が覆われています。


Dsc_3315a





さて、明日は天気も良さそうなので少し遠征してこようかなと思っています。

続きを読む "ツミの飛び出し(A Japanese Sparrowhawk)" »

2016年5月10日 (火)

アオゲラの営巣(A Japanese Green Woodpecker)

地元の公園では、毎年アオゲラが営巣します。その場所は意外とあっけらかんとしていて、

人通りの多い所で巣穴を掘ることが多いのです。今年も数か所で巣穴を掘りだしました。




Dsc_3431_2





ところが途中で放棄してしまうことが良くあります。



Dsc_3441




メスが気にいらなかったり、掘っては見たがさすがに人通りが多すぎたり、理由はいろいろです。

Dsc_3452





さて、今年は有力な巣穴を3か所探しました。どれでもいいから卵を産んで雛が巣立ってほしいと

願っているのですが、うまく行くでしょうか?


Dsc_3454





余りアオゲラにプレッシャーをかけても悪いのですが、静かに見守るので是非頑張ってほしいと

思うのです。


Dsc_3460





3か所の巣穴が放棄されず、子育てに入ることを祈りつつ毎日チェックしましょう。

 

2016年5月 9日 (月)

電線のツミ(A Japanese Sparrowhawk)

散歩をしていると電線にツミが止まっています。どうやらメスのツミです。



Dsc_3214a




綺麗なメスですが、ロケーションがいまいちです。



Dsc_3226a




周りに何もないので、空抜けして決して褒められた写真になりません。

Dsc_3243a





しばらく見ていると、向こうも一向に移動しません。何かを待っているようです。

Dsc_3277a_2





アッと思った瞬間、森の方へ飛んでしまいました。それからすぐに引き返して来ましたが、

その足には獲物を掴んでいました。たぶんオスからもらったのでしょう。


Dsc_3294a




メスが戻るとすぐ後からオスがやって来て見張り役を始めます。

 

Dsc_3301a



それにしても電線どまりばかりで、面白くありません。

Dsc_3314a



次にチャンスがあれば、もう少し撮影に工夫しましょう。

2016年5月 8日 (日)

森のキビタキ(A Narcissus flycatcher)

今日は体調を崩し、鳥見はお休みしました。この前サンコウチョウを撮った時のキビタキです。



Dsc_1847a





坂の上の方でサンコウチョウを待っていると鳥影が動きます。鳴かないので初めは判らなかったのですが、

よく見るとキビタキです。




Dsc_1863b





静かに見ているとどんどん近づいてきます。

Dsc_1919a





どうも鳴かないなと思っていたら餌探しだったようです。

Dsc_1961a





すぐ頭の上の枝に来て毛虫を食べていました。

2016年5月 7日 (土)

河原のヒバリ(A Eurasian skylark)

コアジサシを撮っていると背後で何かにぎやかです。振り向いて見るとヒバリが低空を飛んでいます。



Dsc_2362a





ヒバリは普段飛び立つとすぐに上昇してはるか上空を囀るイメージしかなかったので、

こんな低空を横向きに飛ぶヒバリはあまり記憶がありません。




Dsc_2364a





そのすぐ後方を見るとカメラを構えた人がしきりとヒバリを追いかけます。


Dsc_2370a





どうやら近くにヒバリの巣があるようです。それで遠くへ行かないのでしょう。

Dsc_2616a





ヒバリは数十メーターの間をあっちに行ったりこっちに来たりうろうろしています。


Dsc_2636a





こんな近くでヒバリの飛翔姿を撮れたのは初めてです。

Dsc_2649a





それでも最後は冠羽を立てて怒っているようなので早々にコアジサシに戻りました。

 

2016年5月 6日 (金)

コアジサシの漁A Little Tern)

コアジサシが今年もやって来ているとのことで、出かけてきました。現地では数十羽のコアジサシが

飛び回っています。




Dsc_2316a





コアジサシはその飛翔スピードは相当速く、まるでツバメのようです。



Dsc_2199a





上空を川の水面を観察しながら漁のチャンスを伺っています。

Dsc_2442a





獲物の魚を見つけると直角にダイブします。

Dsc_2430a





よくあんな小さな魚が泳いでいるのが判るものだと感心してしまいます。

Dsc_2184a





飛び込む時は嘴から突っ込んで魚を直接捕りに行くようです。

Dsc_2541a





ミサゴなどと違ってどちらかというとカワセミ風です。

Dsc_2542a





それでも水から上がってくると魚をくわえているのにはやはり驚きがあります。

Dsc_2543a





しかも捕った魚をメスが待つ場所まで必ず届けるのです。

Dsc_2118a





なんとも律儀なオスのコアジサシです。

2016年5月 5日 (木)

杉林のサンコウチョウ(A Japanese Paradise Flycatcher)

早朝からサンコウチョウを撮りに出かけました。森に着くと周りには誰も居ません。

鳴き声もしません。少し不安になってしばらく探し回りました。一時間くらいして鳴き声が聞こえます。

姿を見ることなく再び静寂。さらに30分経ちました。二度目の鳴き声です。姿を探すと、やっと見つけました。




Dsc_2010a





サンコウチョウは撮影がとても難しいと思います。杉の木の暗い所に居るので背景とのバランスが

居場所によって大きく変わってしまいます。



Dsc_1969a





しかも意外と動きが早く、見つけるだけでも大変です。

Dsc_1996a





更にこの時期、まだ数が少ないせいか一度とり逃すと中々次のチャンスが来ません。

Dsc_2022a





毎年まともな写真が撮れずにいたのですが、今年は新兵器があります。とりあえずの姿だけ

撮ることが出来ました。


Dsc_2012a




それでも決して満足できるものではありません。近いうちにリベンジしましょう。

2016年5月 4日 (水)

強風下のセッカ(A Zitting cisiticola)

朝の内は、暴風と雨で大荒れの天気でした。その後も風は収まらず、鳥見の条件は最悪でした。

そんな中、河原に出てみるとセッカが鳴いています。




Dsc_1722





少し見ていると近くまで来て鳴いています。



Dsc_1634





普通、ヒッツヒッツヒッツと鳴いてしばらく飛んでいるのですが、今日は強風のためか、飛翔時間は

短めでした。


Dsc_1619





それにいつまでも近くをうろうろします。

Dsc_1756





更に鳴き方が、縄張りを主張している風でもありません。


Dsc_1791





その形相からして近くに巣があるので、さっさと立ち去れ!と鳴いているようです。

Dsc_1822





気が付かずに失礼しましたとばかり、早々に退散です。

続きを読む "強風下のセッカ(A Zitting cisiticola)" »

2016年5月 3日 (火)

朝のカワラヒワ(A Oriental greenfinch)

今日は用事があって鳥見は早朝だけでした。先日河原で出会ったカワラヒワです。



Dsc_1121





黄色い花もそろそろ終わりに近づいています。

Dsc_1126





それだけだとちょっと寂しいので、おまけにニセアカシアです。

Dsc_1116_2





明日は午後からは晴れそうです。また頑張りましょう。

 

2016年5月 2日 (月)

ツバメの巣材集め(A Barn Swallow)

一月ぐらい前からツバメの姿は見ていたのですが、ここのところ河原で巣材を集めに来ています。



Dsc_0745





ツバメの羽はコバルトブルーに輝いてきれいなものです。



Dsc_0759





そのツバメたちが次から次へやって来て川の泥やら何かを運んでいます。

Dsc_0766





皆何かを咥えては同じ方向へ飛んで行きます。個体識別ができないので同じ個体が何回も

来ているのかは分かりません。


Dsc_0767





それでも飛んで行く方向は皆同じです。

Dsc_0907





きっと土手の向こうのどこかの家の軒下に巣を作っているのでしょう。

Dsc_0936





最近は橋の下に巣をかけることが多いように感じます。もう少しするとその巣からかわいい顔が

覗くのでしょう。

続きを読む "ツバメの巣材集め(A Barn Swallow)" »

2016年5月 1日 (日)

河原のオオヨシキリ(A Great reed warbler)

真夏を思わせるような天気に河原に出てみると懐かしい声でオオヨシキリが鳴いています。

 

Dsc_1251a





声は大きいのですが、まだ木の上の方には出てきてくれないので、探すのに一苦労です。

 

Dsc_1269a





ちょうどいい塩梅にまだ咲いているセイヨウカラシナの黄色い花に来てくれました。

 

Dsc_1278a





どうやら近くには2羽のオオヨシキリが居て、たがいに縄張りを主張しているようです。

 

Dsc_1342a





少し遠い枯れ枝にはその天辺まで登っている奴が居ますが、少し遠すぎるのが残念です。

 

Dsc_1363a




結構枝から枝へ飛び回っています。遠い南の国からやって来た疲れも取れたようです。

 

Dsc_1364a





また夏の間河原で賑やかな声を聞かせてくれるのでしょう。

 

Dsc_1284a





最近は見かける鳥さんで、季節を感じるようになりました。

 

続きを読む "河原のオオヨシキリ(A Great reed warbler)" »

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ