« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

森の定番ミソサザイ(A Eurasian wren)

高原から森へ移動して探鳥を楽しみます。森では定番のミソサザイが大声で鳴いています。




Dsc_7727a






ミソサザイ自身は地味な配色の鳥さんなのですが、森の背景に溶け込まずかえって目立ちます。






Dsc_7850a






例年、この森ではミソサザイが歓迎の囀りをあげてくれるのが楽しみです。






Dsc_7867a






ミソサザイはあまり人を警戒することなく正面から挑んでくるように思えます。






Dsc_7914a






いつもは小川の下から飛び出したり、結構目線で撮れることが多かったミソサザイも、今年は

なぜか枯れ木のてっぺんがお気に入りのようでした。

木道の休憩所近くでは巣作りに忙しい個体もいてしきりと巣材を運びます。






Dsc_8657a






なんと巣の場所はその休憩所の屋根裏のようです。





Dsc_8659a






熊出没の掲示板に恐れをなして木道から外れず歩き回ったので、何回も巡り合います。





Dsc_8916






何回も巡り合うたびに大声で囀り続け最後は、疲れてきていたようです。





Dsc_8921






こちらとしては、今年もまた出会うことができてうれしい限りだったのですが・・・

2016年6月29日 (水)

湿原のホオアカ(A Chestnut-eared bunting)

広々とした湿原のところどころにレンゲツツジが咲いています。その上で何かが囀っています。

どうやらホオアカのようです。





Dsc_6753a






遠くて判りにくいのですが、胸の模様がセーターの襟の模様に見えてしまうホオアカです。





Dsc_6764a






気持ちよさそうにこっちの方からあっちの方へ飛び回ります。





Dsc_6776a






もう少し近くで囀ってくれると嬉しいのですが、そううまくは行きません。





Dsc_6795a






冬の間は地元に来ていたホオアカですが、ここでは環境が違うせいか別の鳥さんのように見えます。






Dsc_7182a






この場所を去る段になるとわざわざ木道まで来てくれました。

2016年6月28日 (火)

高原のノビタキ(An African Stonechat)

さて、元気だったのは子供たちだけではありません。ノビタキのお父さん、お母さんも大忙しです。

Dsc_7051a






目の前に現れたお父さん、子供たちに餌の捕り方指導に夢中で遊歩道も気づかないほどです。





Dsc_7055a






お母さんは虫捕りが上手と見えてすぐに捕まえました。





Dsc_7079a






天気が回復したので湿原から高原に向かいます。そこは風が強く立っていられないくらいです。





Dsc_7396a






それでもレンゲツツジにノビタキをテーマにやって来たので引き下がる訳にはいきません。





Dsc_7358a






ノビタキも強風で飛ばされそうになっても、頑張ってポーズをとってくれます。





Dsc_7416a






何とか一つの目標は達成できたようです。

2016年6月27日 (月)

草原のノビタキ幼鳥(An African stonechat)

梅雨のさなか、鬱陶しい季節を避けて高原に鳥さん求めて出かけてきました。しばらくは、

遠征シリーズです。まずは高原の澄んだ空気のもと広々とした草原のノビタキをと思ったのですが

出てきたのはノビタキ幼鳥です。




Dsc_6821






しかも広々とした草原背景とはいきません。





Dsc_6827






更に蓮華つつじにも絡みません。





Dsc_6869a






それでも巣立って間もないノビタキの幼鳥は可愛さ100倍です。





Dsc_6914






やっと親鳥と一緒に虫取りの稽古のようです。





Dsc_6926






帰ってきたばかりで整理する時間もないので、とりあえず撮ったままの写真です。





Dsc_6928






梅雨の真っ最中とは思えない天候に恵まれた探鳥行の始まりです。

2016年6月26日 (日)

アオゲラ巣作り(A Japanese green woodpecker)

この前から巣穴を再び掘り出したアオゲラ、いったいどういうつもりでしょう。






Dsc_6637a

本日は遠征中です。

2016年6月25日 (土)

カルガモ親子(A Spot-billed duck)2

大栗川沿いを歩いているとカルガモ親子が泳いでいます。子供もずいぶん大きくなりました。

ここまで来れば一安心です。




Dsc_6365a






本日は遠征しています。

2016年6月24日 (金)

ツバメの給餌(A Barn swallow)

いろいろな鳥さんが巣立っています。ツバメも巣立って子ツバメが飛び回っていますが、まだ

うまく餌を捕れないでいるようです。





Dsc_6394a






しきりと親が餌を運んでいます。







Dsc_6423a







子ツバメが目いっぱい広げた口の中に餌を落とさないように入れています。





Dsc_6451a






時には大きめの虫を捕まえてきて子ツバメにくわえさせることもあります。





Dsc_6465a






子ツバメもいきなり餌をくわえさせられ、きょとんとしています。





Dsc_6473a






これも餌取教育の一環かもしれません。





Dsc_6474a






電線には他にも子ツバメがいるのですが、不思議と親鳥はこの一羽だけに餌を運んできます。





Dsc_6501a






一番下の子なのかもしれません。

2016年6月23日 (木)

セッカ飛翔(A Zitting cisticola)

梅雨空が続きなんともすっきりしませんが、鳥見は今日も続きます。多摩川の河原ではセッカが

飛び回っています。





Dsc_6173a






昨日今日と空が明るくなってからの散策なので、あまり期待はしていません。







Dsc_6187a






ただ、セッカだけは雨が止むと飛び出します。






Dsc_6221a






レンズを向けるとその飛び方も複雑になり追いかけるのに必死です。





Dsc_6244a






今日は何故か自分の上空を飛び回るな~、と見ているとどうも近くに巣があるようです。






Dsc_6263a






奴にしてみればこちらは邪魔者以外の何物でもありません。






Dsc_6276a






さんざん飛び回った挙句すぐ近くの藪に入り込みました。







Dsc_6314a






こちらとしても悪気はなかったのですが・・・

2016年6月22日 (水)

モズ幼鳥(A Bull-headed shrike)

雨の止み間を狙って河原散策です。雲間から今にも降り出しそうないやな天気です。

ふと気づくとモズの幼鳥のようです。




Dsc_5982a






何やら一人で遊んでいます。





Dsc_5974a






仕草は幼鳥ですが、そこは猛禽の幼鳥、動きは激しいものがあります。






Dsc_5968a






何をしているのかはっきり判りませんが、虫でも追いかけているのでしょうか?





Dsc_5975a






幼鳥とも思えないほど激しく動き回ります。






Dsc_5976a






このまま大人になったらさぞ激しい大人になりそうなモズです。






Dsc_5995a






しばらく見ていなかったモズですが、今日は改めて小さな猛禽を見た気がしました。

2016年6月21日 (火)

公園散策

今朝の早朝散策は意外と早く降り出した雨のため成果なしに終わりました。その代わり天気の

回復は意外と早い時間にやってきたため、夕方公園を散策することができました。

公園では放棄されたと思っていた巣穴をアオゲラがしつこく掘っています。





Dsc_5492a






意外と深く掘れています。





Dsc_5517a





これは楽しみだと、歩き出すとすぐお隣の木でコツコツ音がします。





Dsc_5570a






おやおやこちらも新居づくりでしょうか。






Dsc_5560a






ほかの鳥さんはみんな巣立ち始めてますよ~!ついでにツミも見に寄ってみました。





Dsc_5473a






こちらも4羽雨にも負けず元気にしています。

2016年6月20日 (月)

ツミの巣立ち雛(A Japanese Sparrowhawk)

ツミが巣立ったというお仲間の話を聞いて、びっくりしました。地元のツミは最近親鳥の姿もなく、

巣を放棄したものと思っていたからです。早速出かけてみました。




Dsc_5145a






現地へ行ってみると確かに松の木の横枝に小さな姿が見えます。





Dsc_5159a






なんとなく巣立ったツミにしては小柄のような気がします。巣も小さくこんなところで、育つのかな~

などと思っていた先入観もあるのかもしれません。





Dsc_5172a






4羽いたということなので、一羽ずつ確認してみます。






Dsc_5292a






3羽までは比較的簡単に確認できましたが、最後のヒナが判りません。すると三番目のヒナを

撮っている横にまだ白いヒナがいます。





Dsc_5314a






確かに4羽います。





Dsc_5328a





しかも最後のヒナは小さく一番大きそうなヒナと比べると同じ兄弟とは思えないほどの差があります。





Dsc_5376a





いずれにしても4羽のヒナが無事育っていたのが確認できました。今回は本当にびっくりし、

自分の観察眼の未熟さを改めて認識してしまいました。



2016年6月19日 (日)

見張りをするツミ(A Japanese Sparrowhawk)

林の中ではツミのお父さんが木の枝に止まってじっとしています。



Dsc_4351a






朝陽の中にいるので、コントラストが強すぎますが、その姿は凛々しさを感じさせます。





Dsc_4356a






巣が見える木の枝でじっと警戒しているのです。





Dsc_4544a






それでもずっとじっとしていると、あちこち凝ってしまうので時々ストレッチをして体をほぐします。





Dsc_4550a






今日は念入りに体をほぐしています。





Dsc_4557a






エンゼルポーズもエキササイズの一つです。







Dsc_4567a






見張りも楽な仕事ではありません。

2016年6月18日 (土)

イワツバメの子育て(A House martin)

久しぶりに多摩川散策です。最近は暑いので日中は河原散策は不可能です。橋の付近で

おびただしいツバメが飛んでいます。よく見ていると時々橋の下に消えていきます。覗いてみると

やっぱり巣があります。イワツバメの巣です。




Dsc_4591a






観察していると時々もう一羽戻ってきて二羽で子育てしているようです。





Dsc_4651a






巣の中にはヒナが2羽いるようです。





Dsc_4669a





親の一羽は残って、もう一羽から餌をいったん受け取っているのでしょうか、大きな口を開けます。





Dsc_4693a






イワツバメは普通のツバメよりかわいい気がします。普通のツバメはどうも目つきが怖い感じで

取っ付きにくさがありますが、イワツバメの目はくりっとしてかわいいものです。





Dsc_4709a






ヒナのイワツバメは更にかわいく感じます。





Dsc_4738a






散策しているとツバメの数が増えた感じがしますが、子供が巣立ったせいでしょうか。

はやく大人になってまた海を渡らなければなりません。

2016年6月17日 (金)

オオタカの餌渡し(A Northern Goshawk)

森を歩いているとキィキィーという声がします。周りを見回すと枯れ木の上にメスのオオタカがいます。



Dsc_4021a






よく見るとその足には犠牲になった鳥の姿が見えます。メスは尚もキィキィーと鳴き声を上げます。





Dsc_4024a






どうやら少し前に頭上を飛んだのはオスで、すぐそこで餌を受け取ったようです。





Dsc_4030a






しばらく鳴き声を上げた後メスはいきなり飛び立ち態勢です。





Dsc_4032a






暗かったのでISO感度は上げていたのですが、SSが十分ではありません。





Dsc_4033a






とっさの動き出しに、設定変更が間に合いません。





Dsc_4034a






さすがにブレブレになってしまいました。






Dsc_4037a






ぶれていても臨場感があっていいかと思い、そのまま掲載です。オオタカの足には鷲掴みされた

ムクドリがしっかり確保されていました。

2016年6月16日 (木)

梅雨

昨日今日とさすがに梅雨らしく湿気が強く、外に出ると降られるという場面に遭遇し、写真が撮れません。

仕方ないので、先日撮った写真でお茶を濁します。






Dsc_3936






Dsc_3937





いずれがあやめ、かきつばた。

2016年6月15日 (水)

フクロウの巣立ち(Ural owl)

6月の初め久しぶりに森に行ってみるとちょうど巣立ったばかりのフクロウに巡り合いました。




Dsc_1528a






その巣立ったばかりのフクロウは枯れた木のてっぺんで、危なっかしく止まっていました。







Dsc_1560a







ほとんど目をつぶり寝ているようでしたが、時々その木から落ちそうになっては、目を覚ましていました。







Dsc_1637a






その後更に一羽のヒナが巣立ったそうですが、もう一羽いると言われていたヒナは巣立てなかったようです。





Dsc_1656a






フクロウは森の賢者ともいわれていますが、どこか普通の鳥と違った威厳を感じてしまいます。





Dsc_1659a






たとえそれが巣立ったばかりのヒナであってもその雰囲気は変わりません。







Dsc_1714a






また、来年もこの森で新しい命に会えるでしょうか?

2016年6月14日 (火)

遅めの巣作りアオゲラ(A Japanese Green woodpecker)

公園を散歩していると何かが目の前を横切りました。見てみるとアオゲラです。



Dsc_3897






苔むした雰囲気のいい木に止まりましたが、何をしているのでしょう。





Dsc_3901






アッと思ったら飛んで森の中に入りました。後をついて行ってみるとどうやら巣穴を掘っていた

ようです。





Dsc_3925a






しかもメスに見てもらっていたようです。気に入ってもらえたのでしょうか?





Dsc_3927a






今年は数か所の巣穴が全部放棄されて結局営巣場所が判りません。






Dsc_3932a






何とかこの辺で手を打って営巣してくれるといいのですが・・・

2016年6月13日 (月)

赤色型ホトトギス(A Lesser cuckoo)

ファインダーを覗いていると赤い頭のホトトギスが見えました。シャッターを切る前に飛ばれてしまい

撮れなかったのですが、家に帰ってから露出補正がまるでダメな写真を見ると、どこか感じが

違います。画像処理ソフトで思い切り補正してみると、なんとなく頭が赤く見えますが、どうでしょう。




Dsc_3538a






調べてみるとツツドリの赤色型は有名ですがホトトギス、カッコウも赤色型がいるようです。

ただホトトギスの赤色型はその割合が少なく圧倒的に普通型が多いようです。


返す返すも惜しいチャンスを逃したものです。悔しいのでもう一回狙ってみようと思います。


これだけでは寂しいので普通型の虫取りも載せておきます。





Dsc_3508a




Dsc_3510a






運が良ければまた出会えるかもしれません。

2016年6月12日 (日)

森のサンコウチョウ(A Japanese Paradise Flycatcher)

久しぶりにサンコウチョウの姿を見たくなって森に行ってみました。森では子育て中です。



Dsc_3660a







木の枝に杉の木の皮で作った巣でじっと卵を抱いているオスの姿がありました。







Dsc_3830a






あまりよく見えなかったのですが、あっちへ行ったりこっちへ来たりして数ショット撮ってみました。





Dsc_3858a






まごまごしている間に巣の中はメスに入れ替わっていました。残念ながらその瞬間は

見逃しました。

2016年6月11日 (土)

チョウゲンボウ飛び出し(A Common Kestrel)

すっかり草刈りをされた土手に沿って松の木や落葉高木が並んでいます。その上からチョウゲンが

何回も狩りをしていました。






Dsc_1957a






狙いは土手の草むらに動くバッタでしょうか、もう少し大きい獲物もあるようです。






Dsc_1958a






何回も何回も飛び出して土手に突っ込みます。





Dsc_1959a






Dsc_1960a






Dsc_1961a






狩りは結構いい確率で成功しているようですが、その写真がうまく撮れません。





Dsc_1962a






飛び出しはそれなりに撮れるのですが、狩りの写真はすべて失敗でした。





Dsc_1963a







この日は5回の飛び出しを撮ったのですが、今日はその中の一回の写真です。





Dsc_1964a






次は狩りの瞬間を撮れるようにしたいと思います。

2016年6月10日 (金)

最後のホトトギス(A Lesser cuckoo)

今シーズンはホトトギスが嫌というほどサービスしてくれました。





Dsc_2444a






帰る道々どこからともなく飛んできて目の前で鳴きだします。しかもフェンスの上で。






Dsc_2454a






じっとしていると、どんどん向こうから近づいてきます。






Dsc_2462a







もういいかな、と思っていたのですが近づいてくるとどうしてもシャッターを押してしまいます。






Dsc_2473a






至近距離でひとしきり鳴いたかと思うと、周りをきょろきょろしています。







Dsc_2475a






その顔は托卵を企んでいるいたずらホトトギスの顔です。

2016年6月 9日 (木)

巣立ちチョウゲンボウ(A Common kestrel)2

橋の下のフェンスを見ると巣立ったばかりのチョウゲンボウが危なっかしい足取りでその上を

歩いています。





Dsc_2711a






どうしてあんなところに上ったのか判りません。





Dsc_2712a






細い針金を張ったフェンスは足場も悪く不安定です。





Dsc_2713a






たぶん自分が落ちてきた巣に近づくために歩き出したのでしょう。





Dsc_2714a






見ていると羽を広げてバランスをとっています。






Dsc_2715a






先天的にできる動作なのでしょう、少しずつ前進しています。






Dsc_2717a







時々落ちそうになりますが、決して落ちません。






Dsc_2718a







そろりそろりと前進しますが、その先はどこへ行こうとしているのでしょう。






Dsc_2719a







橋げたの陰になるまで歩き続けていました。






Dsc_2720a






ここまで見ていましたが、その先どうなったかは判りません。

2016年6月 8日 (水)

巣立ちチョウゲンボウ(A Common kestrel)

公園でふと足元を見ると、チョウゲンボウのヒナが歩いています。



Dsc_2578






今年もまた、巣から落下したヒナが巣に戻れなくて歩いているようです。





Dsc_2607






石畳を歩いてうろうろしていますが、巣まで飛んでいけるだけの力はまだなさそうです。





Dsc_2614






何とか巣へ戻る手段を考えているようですが、しばらくは難しそうです。





Dsc_2635






今年もちょうどアジサイの花が咲いていますが、そこへはなかなか来てくれません。





Dsc_2656






せいぜいドクダミの花が関の山です。





Dsc_2674






落ちてきたチョウゲンボウはかわいそうですが、こういう時は手出しもできないので、ただ見守る

しかありません。

2016年6月 7日 (火)

池のササゴイ(A Striated heron)

遠出した帰りに池のある公園に寄ってみました。そこでは数組のササゴイが営巣していました。



Dsc_2025






しばらく待っているとどこからともなく、飛んできて杭の上に止まりました。






Dsc_2046







この池では多くの釣りを楽しむ人がいて釣り糸を垂れています。そんなことはお構いなく

ササゴイは普通に生活しているようです。





Dsc_2036






よく見るともう一羽、隣の杭に止まっています。いつの間に来たのか気が付きませんでした。






Dsc_2061






この池にも数人のカメラマンがいましたが、皆さん地元の人のようです。池全体の雰囲気が

なんとなくのんびりしていて気が休まる感じです。






Dsc_2163






思えば一年前にここを訪れた時もこんな感じでした。






Dsc_2172






その人たちの話に耳を傾けていると、ササゴイのヒナもずいぶんカラスやオオタカに狙われて

その餌食になっているようです。






Dsc_2173






それでも親ササゴイは残ったヒナを自分の体の下に隠して育てているそうです。






Dsc_2174






ここでも自然界の弱肉強食が普通にされていて、それが当たり前のように過ぎて行っているようです。

2016年6月 6日 (月)

チョウゲンボウの餌運び(A Common kestrel)

今日は少し遠出したのですが、その成果は後日お話しするとして、昨日撮ったチョウゲンボウにします。



Dsc_1245a






気が付くと木の上でチョウゲンボウがオスからもらった獲物を調理していました。





Dsc_1258a






それは必死で調理して、すぐさまヒナのもとへ持っていきます。





Dsc_1466a






最近カメラが変わったせいか、狙ってシャッターを押すだけでそこそこ写真が撮れてしまいます。





Dsc_1467a






今まで写真は腕だと思っていましたが、飛んだ間違いです。





Dsc_1469a






いい道具さえあれば誰でも簡単に写真は撮れてしまいます。





Dsc_1470a






良いような悪いような複雑な気分です。

まあ、何はともあれチョウゲンボウの飛び出しなんかもさほど苦労はしません。





Dsc_1471a






手軽に野鳥写真が楽しめるというのは、たぶん良いことなのでしょう。これからは何を捕るかが


勝負です。



2016年6月 5日 (日)

イワツバメの巣材集め(A House martin)

多摩川の水が引いた浅瀬にできた小さな島でイワツバメが巣材集めをしていました。




Dsc_0646a






イワツバメは普通の燕と違って喉や額が赤くありません。腰辺りが白い羽毛で覆われています。





Dsc_0648a






普通のツバメより少しずんぐりしている感じです。まあ、ぽっちゃり系といった方が可愛いでしょうか。





Dsc_0654a






それでもヒナを孵すのに必要な巣を作るのは普通のツバメと同じように一生懸命です。





Dsc_0662a






飛び方や飛ぶ速さも同じ感じです。





Dsc_0680a






この日は普通のツバメと同じところで泥を巣材として集めていました。





Dsc_0698a






仲良く巣材を集めているように見えたのですが、普通のツバメと少し離れているようです。





Dsc_0714a






やっぱり少し意識しているのか、なわばりの違いか判りません。





Dsc_0715a






最後の写真はおまけですが、空を飛ぶところが撮れたので載せておきます。






Dsc_9659a






やっぱり少し太めです。

2016年6月 4日 (土)

カルガモ親子(A Spot-billed duck)

今年はカルガモ親子を見かけないね~、などとお友達と話をしていました。そこで近くの川へ

探しに行ってみました。しばらく探した後、帰ろうかと支流へ寄ってみると、いました。




Dsc_0763





3羽のヒナを引き連れて小さな川を歩いています。





Dsc_0778






今年初めて見たカルガモ親子です。





Dsc_0789






今年の初めだったでしょうか、この辺りの木を軒並み伐採してしまったので小鳥が少なくなったように

感じていました。カルガモも親子連れを見れないのではないかと心配していましたが、

よかったです。





Dsc_0804






ヒナは生まれてどれくらいたったのでしょうか、上手に泳いでいます。





Dsc_0811






親も子供から目を離しません。あまりに見通しの良いところで泳いでいるとすぐに猛禽の餌食に

なってしまいます。





Dsc_0813






何とか無事に育ってほしいものです。

2016年6月 3日 (金)

またまたまたホトトギス(A Lesser cuckoo)

運がいい時は写真もいっぱい撮れます。今日もそろそろ帰ろうかと思っていると目の前を

飛ぶ鳥がいます。ヒヨドリかなと、よく見るとホトトギスでした。




Dsc_0146a






なんと公園の手すりに止まってきょろきょろしています。





Dsc_0202a






明るくなった公園のあちこちに止まってあたりを見渡します。





Dsc_0231a






先日は広場にいたら降りてきて周りを飛び回りましたが、今日はもっと近くをうろうろします。





Dsc_0243a






いろいろいいところに止まってくれるので、悪乗りして前ボケにサツキの花を入れてみたりします。





Dsc_0255a






時々通る散歩の人が来ると飛んでしまうのですが、遠くへ行くわけではありません。





Dsc_0266a






ここの公園は大きな木があるわけではないので、止まる場所はすべて目線以下です。





Dsc_0269a






おまけにそんなところでも、トッキョキョカキョクなどと鳴いたりします。





Dsc_0304a






どう見ても托卵場所を探しているとしか思えません。





Dsc_0324a






こうなったらいっそ托卵場所を探し当ててホトトギスの幼鳥でも撮影してみようかと思わせます。





Dsc_0341a






実際、最後はサツキの上に止まってきょろきょろする始末です。今年のホトトギスはなんとも

サービス精神旺盛のようです。

2016年6月 2日 (木)

久しぶりのオオタカ(A Northern Goshawk)

久しぶりで河原へ行ってみました。大栗川沿いを歩いていると突然崖付近から猛禽が飛び出しました。



Dsc_9493a










すぐにオオタカだと思ったのですが、ピントが追いつくまで3コマかかりました。










Dsc_9495a









久しぶりに見るオオタカの姿です。見ているとずいぶんゆっくり飛んでいます。









Dsc_9498a










お腹のあたりに抱卵班というのでしょうか、卵を抱いていた跡が見えます。どうやらメスでしょうか。









Dsc_9506a









ゆっくり飛んでいるのは、子育てが一段落してやっと少し楽になりそうだと言わんばかりです。








Dsc_9510a








長いこと卵からヒナまで抱いていた期間から解放されたのでしょうか、大空の飛翔を楽しんで

いるようです。









Dsc_9515a







もしそうだとすると、しばらく猛禽の姿を見れなかった寂しさからこちらも解放されるかもしれません。








Dsc_9517a










いずれにしても久しぶりに見るオオタカの飛翔にうれしさいっぱいでした。

2016年6月 1日 (水)

ツミの餌渡し(A Japanese sparrowhawk)

森を歩いていると木の間の上空を何かが飛んできて、近くのコナラの太い枝に止まりました。

それがツミのオスであることはすぐに判りました。





Dsc_9116a






ツミのオスであることは、直感ですぐ判ったのですが、その姿を見つけ出すのは大変でした。

実は先日も同じ場所でオスがメスを呼んでいる鳴き声は聞いていたのですが姿はとうとう判りませんでした。






Dsc_9159a








何しろ緑の葉が生い茂り、まったく判らなかったのです。今日は飛んでくるところから見ていて

やっとのことで見つけることができました。





Dsc_9175a







と言っても葉っぱの間からやっと見える程度です。オスはしきりとメスを呼びます。餌を捕ってきたのです。





Dsc_9182a









メスが来るまでの間、しきりと獲物の羽をむしって食べやすく調理します。







Dsc_9208a









あっと思った瞬間、メスがやってきてオスと入れ替わります。オスはとっさに離れます。





Dsc_9232a








メスは更に自分好みに調理して食べやすいようにしています。






Dsc_9262a






そして、次の瞬間オスが運んでくれた餌をもって飛び去ってしまいました。その間オスが現れてから

20分足らずの出来事でした。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ