« 森のカッコウ(A Common cuckoo) | トップページ | 森のキビタキ(A Narcissus flycatcher) »

2016年7月 5日 (火)

閑話休題 ツミ4兄弟(A Japanese sparrowhawk)

探鳥会シリーズはまだまだ続くのですが、ここで地元の近況を一つ掲載しましょう。あの巣立ったツミの

お話です。先週までは4兄弟のうち2羽はまだ巣の近くにいたのですが、今や4羽ともこちらの

林で過ごしています。




Dsc_0681a






先に巣立った2羽と後からの2羽はいつもそれぞれ一緒にいます。





Dsc_0692a






親が餌を運んでくると我先に飛び出すのですが、どうも順番が決まっているようです。





Dsc_0660a






このときは末のこの順番だったようです。ところがこの時事件が起きます。






Dsc_0807a






親からもらった餌を抱えた末の子を3番目の子が追いかけます。ほんのふざけた気持ちだったの

だと思います。末の子は餌をもって飛んで枝に止まろうとした時です、その餌を落としてしまいます。






Dsc_0732a






3番目のお兄ちゃんもびっくりして大きな声で泣き叫びます。





Dsc_0907a






末っ子は落とした餌を探します。餌はドウダンツツジの藪に落としてしまったのですぐには取れません。





Dsc_0936a






しばらくどうしようか考えています。こちらとしても見ていることしかできません。次に餌をもらえる順番は

一回ぬかしになってしまいます。散々考えていましたが、意を決して飛び出します。





Dsc_0970a






この後ほかの兄弟のところへ戻ったのですが、親はすでに次の餌探しに行ってしまって

気が付きません。さあ、その後どうなったんでしょう・・・?

近いうちまた覗いてみましょう。

« 森のカッコウ(A Common cuckoo) | トップページ | 森のキビタキ(A Narcissus flycatcher) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/63863216

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題 ツミ4兄弟(A Japanese sparrowhawk):

« 森のカッコウ(A Common cuckoo) | トップページ | 森のキビタキ(A Narcissus flycatcher) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ