« 早朝のミサゴ(An Osprey)2 | トップページ | 夕日に映えるオオタカ(A Northern goshawk) »

2016年10月17日 (月)

早朝のミサゴ(An Osprey)3

旋回して戻ってきたミサゴは、川面を魚を探しながら飛んでいるようです。

Dsc_9956a






順光側に行ってくれたので姿も色もはっきり見えます。





Dsc_9909a






ところがこちらに飛んでくる様子がちょっと変です。脚を抱くような格好で飛んできます。

しかも尾羽を上げている姿は明らかに異常です。こんな格好は初めて見ました。







Dsc_9912a






よく見ると何かがぶら下がっています。





Dsc_9913a






どうやら釣り糸のようです。見ているとその釣り糸がするすると伸び始めました。





Dsc_9914a







さてはミサゴのどこかに絡まっていたのかもしれません。次の瞬間、その釣り糸がスッと解けました。





Dsc_9915a






うまい具合に絡まっていた釣り糸が解けたようです。釣り糸がとれたミサゴは普通の格好で

飛び始めました。





Dsc_0003a






この後、何もなかったように崖の向こうへ飛んでいきました。

それにしてもミサゴは川や海で飛び込んで魚を捕る訳ですから、そこに釣り糸があれば

絡まっても不思議ではありません。釣り人が故意にしろ不可抗力にしろ放置した糸も時として

命取りになってしまいます。釣りを楽しむ人には、その辺りまで気を回してもらえると良いのですが・・・




お仲間からの指摘でするすると伸びていたのは釣り糸ではなく糞ということでした。またしても間違いをしてしまいました。お詫びして訂正します。

« 早朝のミサゴ(An Osprey)2 | トップページ | 夕日に映えるオオタカ(A Northern goshawk) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ミサゴがこんな近くで撮影できたとは羨まし限りです。
おもしろい写真が撮れましたね。実はこれは糞をしているところです。
魚捕り専門のミサゴは釣り糸の問題と隣り合わせなので、今回は糸ではなくて本当によかったです。

え~~!これは糞をしているところですか!飛びながらするんですね~!!!!びっくりしました。
どうもお尻の方から出てきたな~、と思っていたのですが。
いや~、驚きました。それにしてもいつも勉強になります。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/64360000

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝のミサゴ(An Osprey)3:

« 早朝のミサゴ(An Osprey)2 | トップページ | 夕日に映えるオオタカ(A Northern goshawk) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ