« 公園のアトリ(A Brambling) | トップページ | モミジと雪とウソ(A Eurasian bullfinch) »

2016年11月24日 (木)

手負いのハイタカ(A Sparrow hawk)1

北風が吹き、寒い河原です。目の前のススキや葦の叢に何か入ったようです。じっと目を凝らして

動きを待ちます。ガサガサと音がして潜んでいたハイタカが姿を半分見せます。鋭い眼光に

たじろぎながらも、シャッターを押します。





Dsc_7738c






数分経ったでしょうか、様子を窺っていたハイタカは突然飛び出します。







Dsc_7751c






カメラが後を追います。何とかついていきますが、草むらの間をすべるように飛んでいきます。






Dsc_7752c






不思議なことに飛び上がって上空へ行きません。餌でもつかんでいるのでしょうか。







Dsc_7753c








そこにいた大先輩の話では、幼鳥のようです。






Dsc_7754c







かすかに見えた両足には獲物を掴んでいるわけでは無さそうです。







Dsc_7755c







再び土手下の叢に入り込んだように見えますが出てきません。獲物も持たず叢にいるというのは

どういうことでしょうか?     話はさらに進みます・・・



« 公園のアトリ(A Brambling) | トップページ | モミジと雪とウソ(A Eurasian bullfinch) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/64535943

この記事へのトラックバック一覧です: 手負いのハイタカ(A Sparrow hawk)1:

« 公園のアトリ(A Brambling) | トップページ | モミジと雪とウソ(A Eurasian bullfinch) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ