« オオタカ若の狩り1(A Northern goshawk) | トップページ | 早朝のユリカモメ(A Black-headed gull) »

2016年12月13日 (火)

オオタカ若の狩り2(A Northern goshawk)

崖の上に止まっていたオオタカ若は、いつの間にか下流の崖に移動ししばらく居ましたが、

その内上空へ高く飛び出し、本流を川上に向かって飛んでいきます。その間双眼鏡で、追っていると

橋の手前のこんもりした木に急降下して入ります。近くにカラスもいたのですが気が付きませんでした。

オオタカはその木の中でそっと川岸のダイサギの群れを観察しています。






Dsc_7803a







少し距離があるためでしょうか、ダイサギはオオタカの接近に気が付きません。






Dsc_7806a






一時間以上たったでしょうか、オオタカは狩りを決行しません。じっとチャンスを窺い続けます。

その内ダイサギの群れは移動を始めます。数十羽が群れを成して下流へ移動します。

とうとうオオタカはチャンスを見逃してしまったようです。ところがその時、何とオオタカは

その飛翔する群れに突っ込みました。





Dsc_7900a






群れは、とっさにチリジリになりますが、こちらも予期せぬオオタカの行動にあわてて

カメラをどこに向けたらよいのか、判りません。当然ピントなど合いません。







Dsc_7917a






やっとのことでオオタカの姿を捉えカメラで追います。ダイサギの群れは通り過ぎたようです。





Dsc_7922a






カメラはひたすらオオタカを追ったのですが、この時一羽のダイサギが川の中央で浮いていました。

きっとオオタカの一撃を食らったのでしょう。これは完全にオオタカに再度襲われると思ったのですが、

ダイサギは力を振りしぼって飛び立ちました。仲間の群れの中に入り込んだのです。







Dsc_7951a






オオタカは元いた木の方へ戻って止まりました。オオタカが態勢を整えなおし、再度襲い掛かる前に

ダイサギは飛び去ったのです。

解説ばかりで肝心の写真が撮れていないのは残念ですが、一瞬のドラマに圧倒されるばかりでした。





« オオタカ若の狩り1(A Northern goshawk) | トップページ | 早朝のユリカモメ(A Black-headed gull) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/64620545

この記事へのトラックバック一覧です: オオタカ若の狩り2(A Northern goshawk):

« オオタカ若の狩り1(A Northern goshawk) | トップページ | 早朝のユリカモメ(A Black-headed gull) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ