« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

鳥年に向かってキジ(A Green Pheasant)

川のこちら側とあちら側をキジが良く行き来しています。突然2羽のキジが飛び出し、向こうへ

飛んでいきます。写真に写ったのは一羽だけでした。






Dsc_5935c






向こうへ行ったと思ったら、一羽引き返してきました。今度もピントが合ったのは一枚だけです。






Dsc_5958c






中々うまく撮れないな~、と嘆いていると藪の中からひょっこり出てきました。






Dsc_5973c







タヌキ道を歩き始めました。何やら急いでいるようです。






Dsc_5983c







どうしたんだろうと見ていると、「急げ、急げ、鳥年だ!」という声が聞こえます。






Dsc_6011c





今年一年、ありがとうございました。良いお年をお迎えください。





2016年12月30日 (金)

今年もタヒバリ(A Water Pipit)

穏やかな日和に川沿いを散歩すると、足元の流れにタヒバリが飛んできました。





Dsc_2914c







タヒバリはセキレイの仲間ですが、渡り鳥で冬になるとこの地にもやって来ます。







Dsc_2918c







今年はあまり見かけないな~、と思っていた矢先なので嬉しい再開となりました。







Dsc_2933c






セキレイというと黒白灰色のイメージですが、タヒバリは茶色い有彩色でなんとなく違います。







Dsc_2941c






小さな流れで虫でも探しているのでしょうか、動きはセキレイそのものです。



2016年12月29日 (木)

オオタカ若飛び回る(A Northern goshawk)

風のある日とない日では、猛禽の出が全く違います。この日は強風が吹いていました。

最後に飛んだのはオオタカ若です。






Dsc_5473c






しばらくは上空を飛び回ります。







Dsc_5477c






その内向こう岸の柳に向かいます。







Dsc_5495c








柳に止まって狩りの準備を期待します。







Dsc_5503c







期待通り柳に止まり辺りを窺います。この前はここからカイツブリを狙ったのですが、今日も

期待して待ちます。







Dsc_5504c






こちら岸にカイツブリの声はしていますが、姿は見えません。






Dsc_5555c






30分ほど待ったでしょうか、期待に反して飛び去ってしまいました。残念!!

こういうことは、しょっちゅうです。次回に期待しましょう。



2016年12月28日 (水)

強風のオオタカ(A Northern goshawk)

悪天候後の晴天、強風。条件は揃っていました。その中で取り上げるのはオオタカ成鳥です。



Dsc_5177c






地上を偵察しながらオオタカが飛んでいます。あまり見慣れない個体です。





Dsc_5125c






晴れ渡った空を飛び回ります。





Dsc_5141c






最近は人も少なく静かに観察できます。






Dsc_5154c






風が強いので飛ばされそうになりながらの観察です。






Dsc_5160c






成鳥の白い姿が青空に溶け込んでいくようです。






Dsc_5167c






飛んでいる姿が、どこというわけではないのですが、少し普段のオオタカと違う感じがします。







Dsc_5121c






後でよく見ると右目が変です。






Dsc_5173c






狩りで逆襲でも食らったのでしょうか完全に失われているように見えます。猛禽と言えども、


生きていくのは簡単ではありません。






2016年12月27日 (火)

いつものシメ(A Hawfinch)

いつもの場所に毎年現れるシメがいます。ここに来て大分経つので慣れてきたようです。



Dsc_4722c






相変わらずの泥棒顔ですが、このシメは愛嬌があります。






Dsc_4736c






近くで何の実でしょうか、探して来てこれ見よがしにくわえています。






Dsc_4739c







つぎの瞬間、その強靭な嘴でバキッと実をつぶしました。






Dsc_4740c






最後は正面を向いてどや顔です。






Dsc_4741c






今年のシメにするには情けない記事でした。




2016年12月26日 (月)

ユリカモメ小魚を捕る(A Black-headed gull)

最近ユリカモメの群れが川を遡上してきます。今日は小魚の漁をじっくり観察しました。




Dsc_3715c







一度川に着水し小魚を脅かして飛び出させます。






Dsc_3727c






すかさず飛び上がり上から再攻撃を仕掛けます。





Dsc_3728c






小魚は逃げ回ります。






Dsc_3729c





ユリカモメは上から執拗に追い立てます。






Dsc_3730c






チャンスを狙って再び襲い掛かります。







Dsc_3731c






ミサゴのように飛び込みました。






Dsc_3732c






二三コマ後に浮かび上がってきました。





Dsc_3735c






後姿ですが、小魚を銜えていました。お見事!思わず声が出ます。




2016年12月25日 (日)

オオタカ若狩りをする(A Northern goshawk)2

カイツブリを取り逃がしたオオタカ若は、どうにもあきらめられません。お腹がすいているのでしょう。

柳の木に潜んで何かを狙っています。





Dsc_3295c








息をのんで見ていると、またまた飛び出しました。







Dsc_3304c






柳の枝を縫って飛び出したオオタカはまっしぐらに上流へ突っ込みます。






Dsc_3306c






北東の風が吹いて、それに乗ったオオタカは全速力で飛んでいきます。







Dsc_3309c







それにしてもオオタカはお腹がすいているのでしょう、ちょっと距離的に難しい距離を狩りに飛びます。






Dsc_3317c







またしても川の真上で何かに襲い掛かります。カメラを構えている位置からは判りません。






Dsc_3347c








先ほどはカイツブリでしたが、今度のターゲットは何なのでしょう?






Dsc_3348c






それでもオオタカの狙っている場所は少し深くなっている場所です。手間取っているうち

またしてもカラスが邪魔に入ります。







Dsc_3387c






オオタカ若は、またしても狩り失敗です。






Dsc_3434c






狩り自体はよく見かけますが、成功したのを見るのは稀です。一体どれくらいの確率で

狩りに成功しているのでしょう?




オオタカ若狩りをする(A Northern goshawk)

突然背後から飛んできたオオタカが川の上で旋回した後、対岸の灌木に止まりました。



Dsc_3121c





しばらくすると再び川面に飛び掛かります。





Dsc_3165c






一体何を狙っているのか判りません。






Dsc_3166c






尾羽をいっぱいに開いて襲い掛かっています。





Dsc_3167c






比較的近いのですが、手前の草が邪魔になって見えません。そうこうしているうちにカラスに

追われてしまいます。





Dsc_3225c






後で近くの人に聞いてみるとカイツブリを襲っていたということです。狩りは今回も失敗です。



2016年12月24日 (土)

久しぶりにアカゲラ(A Great spotted woodpecker)

公園を歩いているとか細い声でキョキョと久しぶりに聞く声がします。辺りを見渡すとアカゲラです。




Dsc_2252c






コナラの木をつついいています。シャッターを押していると、睨まれました。







Dsc_2257c






最近、毎年来てくれていますが冬になると必ず来る場所がある訳ではないので、探すのが

大変です。





Dsc_2264c







コナラの木にいた虫を見つけ出したようです。







Dsc_2280c






嬉しそうに食べていました。



中州のチョウゲンボウ(A Common kestrel)

工事のためか沢山の木を切り倒してしまって、残った木が一本、二本ですが、そこにチョウゲンが

止まっていました。






Dsc_2811c






しばらく見ていると虫でも見つけたのでしょうか、飛び出し態勢に入ります。






Dsc_2831c






すぐに飛び出して加速します。






Dsc_2832c






最近定点での猛禽の出が悪いため、少し上流へ移動したのが良かったのかもしれません。





Dsc_2833c






チョウゲンをここで見るのは久しぶりです。







Dsc_2834c






工事でいなくなってしまったかと思っていたのですが、掘り返した中州は結構餌があるのかも

しれません。どうやら土を盛り上げた山に下りたようです。そこには何とメスがいました。







Dsc_2849c






どうもペアのようです。早くも相手探しも終わったようです。







Dsc_2854c






この後、二羽で仲良く日向ぼっこをしていました。





2016年12月23日 (金)

コジュケイ(A Chinese bamboo partridge)

コジュケイが木の下にいます。珍しくはありません。




Dsc_1977c






何が気になるのか、上を見上げています。








Dsc_1984c







アッと思った瞬間、飛び上がり木の中に入ります。何とヒサカキの実を食べだしました。








Dsc_2014c







コジュケイが木に止まることは珍しくはありませんが、ヒサカキの実を食べるとは知りませんでした。







Dsc_2031c








全部で4羽のコジュケイがヒサカキの中で食事しています。







Dsc_2074c







まるでヒヨドリかなんかのように実を食べる光景は初めてのことで、びっくりしてしまいました。



2016年12月22日 (木)

ヒサカキのトラツグミ(A White's Thrush)

公園を一回りして戻ってくるとヒサカキの中にトラツグミの陰が見えます。




Dsc_2645c






あ~!見つかっちゃった、という顔をしています。







Dsc_2652c







ヒサカキの実は今年も豊作で木にいっぱいなっています。木の中の方の実を食べているので、

中々表面に姿を現しません。







Dsc_2694c






その内散歩の人が通ったので、びっくりして飛び出しました。






Dsc_2715c






都合よく近くの木に止まってくれました。






Dsc_2723c






散歩の人に感謝して居たら、その人がトラちゃんの方へ行ったので、飛ばれてしまいました。

半分感謝、半分・・・。



2016年12月20日 (火)

やっとのベニマシコ(A Long-tailed rosefinch)

フィーフィーという口笛を吹くようなか細い声がします。見るとオスのベニマシコが出ています。




Dsc_1076c






メスはずいぶん前に見ましたが、ここでのオスは今シーズン初めてです。






Dsc_1124c






セイタカアワダチソウの種子を食べています。






Dsc_1148c






頻繁に場所を変えますが、結構見えるところに出てくれます。






Dsc_1165c






赤い色がかなり出ていて、きれいな個体です。






Dsc_1287c






これまで声だけの出演でしたが、姿を見せてくれたので、写真もいっぱい撮ります。






Dsc_1079c







おまけの飛び出しもそこそこ決まって満足です。







Dsc_1309c






オオタカも出ましたがこの日ばかりはベニマシコに専念です。







Dsc_1310c







ラッキーな日でした。





2016年12月19日 (月)

飛び回るオオタカ成鳥(A Northern goshawk)2

対岸から戻って飛んできたオオタカです。




Dsc_0787c






気が付いたときは大分こちらに近いところを飛んでいましたが、西に傾きかけた陽を浴びて

コントラストが強くなってしまいました。






Dsc_0803c






川の中央くらいからはずっと滑空で飛んできました。







Dsc_0885c






こちら側の崖に止まったと思ったら、またしても飛び出します。






Dsc_0887c






なんともサービス満点のオオタカです。






Dsc_0968c






何か獲物を狙っているというわけでもなさそうです。辺りを下見しているかのような行動です。





Dsc_0935c






そして遠いところの木に止まったところで、タイムアップ。今日の所は十分楽しみました。




2016年12月18日 (日)

飛び回るオオタカ成鳥(A Northern goshawk)1

遠いですが、久しぶりにオオタカ成鳥が止まっています。





Dsc_0501c







しばらくすると飛び出しました。地上のハトを狙ったようです。







Dsc_0602c







一瞬早くハトは気づいて逃げてしまいます。狩りは失敗。でも近くに止まってくれました。






Dsc_0621c






この後また飛び出したかと思うとあっちへ行ったりこっちへ来たり崖沿いをうろうろします。






Dsc_0676c






逆光なのが残念です。止まる場所を何回も変えるので、その度にシャッターを切ります。







Dsc_0735c







この後対岸に行ってしまってお終いと思っていたら、戻ってきました。









Dsc_0774c







何とサービスの良いオオタカでしょう。個体識別はできませんが、あまりこの辺では見かけない

個体なので居ついてくれると良いのですが・・・



2016年12月17日 (土)

河原散策

早朝、いつもの場所に佇みます。遠くにノスリがいるくらいです。久しぶりに歩いてみることにしました。

上流に向かって相当歩きましたが、目立った鳥は居ません。藪の中からはアオジが飛び出します。





Dsc_0281c_2






河原を歩く音に驚いて、セッカまで出てきました。






Dsc_0298c







帰り道中州にオオタカ成鳥を見つけました。まだ葉の残った柳に隠れています。






Dsc_0352c






しばらく見ていると対岸に向かって飛び出しました。しばらく待っても、出てきません。

狩りは成功したようです。実はそれを見ていたのでわざわざ対岸まで行ってみたのですが、

見つけることはできませんでした。その分余計に歩くことになり、2万歩を超えてしまいました。

久しぶりに疲れました。




2016年12月16日 (金)

写真展開催

第4回の写真展を開催することになりました。






Photo







お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。


お待ちしています。




強風下のノビタキ(A Siberian stonechat)

強い北風が吹いて寒い日でした。越冬ノビタキは元気に飛び回っています。




Dsc_8141c






最近は結構近くに来てくれます。





Dsc_8145c






しかも向こうから近づいてきてポーズまで取ってくれます。






Dsc_8326c






寒い日でもノビちゃんが出てくれれば、それだけでもOKです。






Dsc_8329c







風に飛ばされてどこかへ行ってしまわなければ、いいのですが・・






Dsc_8552c







それにしても毎年同じところにやってくるのには、感心します。






Dsc_8294c






晴れてさえいれば、虫も飛ぶしノビちゃんも元気が出るのでしょう。



2016年12月15日 (木)

着水するキンクロハジロ(A Tuted duck)

土手に佇んでいると時々カモが飛んできます。一応シャッターを押すことにしています。

今朝も自分の周りを一周して着水態勢に入るカモがいました。

Dsc_8181a






遠くて定かではありませんが、着水態勢が面白かったので、シャッターを押し続けてみました。





Dsc_8183a






いよいよ着水まじかには足を踏ん張って水かきも目いっぱい広げます。






Dsc_8188a






着水してから見るとキンクロのようです。






Dsc_8195a






今回は一羽で飛んできて川の中を優雅に泳いでいました。






Dsc_8492a






たまには、変わったカモでも飛んできてくれないでしょうか・・・


2016年12月14日 (水)

早朝のユリカモメ(A Black-headed gull)

一度上がった雨が再び降り始め、行動の難しい朝でした。川の下流からいつものように

ユリカモメが飛んできました。





Dsc_8051a






嘴と脚が赤く成鳥と思われます。






Dsc_8052a






目の前まで来て、そのまま通り過ぎるわけではなく、一回りしています。







Dsc_8053a






その白さが際立ってきれいです。





Dsc_8055a






セグロカモメなどと比べると目つきもかわいらしさがあって好きです。目の後ろのワンポイントも

チャーミングです。





Dsc_8056a






なにも来ないときにはこの上なくありがたい存在です。



2016年12月13日 (火)

オオタカ若の狩り2(A Northern goshawk)

崖の上に止まっていたオオタカ若は、いつの間にか下流の崖に移動ししばらく居ましたが、

その内上空へ高く飛び出し、本流を川上に向かって飛んでいきます。その間双眼鏡で、追っていると

橋の手前のこんもりした木に急降下して入ります。近くにカラスもいたのですが気が付きませんでした。

オオタカはその木の中でそっと川岸のダイサギの群れを観察しています。






Dsc_7803a







少し距離があるためでしょうか、ダイサギはオオタカの接近に気が付きません。






Dsc_7806a






一時間以上たったでしょうか、オオタカは狩りを決行しません。じっとチャンスを窺い続けます。

その内ダイサギの群れは移動を始めます。数十羽が群れを成して下流へ移動します。

とうとうオオタカはチャンスを見逃してしまったようです。ところがその時、何とオオタカは

その飛翔する群れに突っ込みました。





Dsc_7900a






群れは、とっさにチリジリになりますが、こちらも予期せぬオオタカの行動にあわてて

カメラをどこに向けたらよいのか、判りません。当然ピントなど合いません。







Dsc_7917a






やっとのことでオオタカの姿を捉えカメラで追います。ダイサギの群れは通り過ぎたようです。





Dsc_7922a






カメラはひたすらオオタカを追ったのですが、この時一羽のダイサギが川の中央で浮いていました。

きっとオオタカの一撃を食らったのでしょう。これは完全にオオタカに再度襲われると思ったのですが、

ダイサギは力を振りしぼって飛び立ちました。仲間の群れの中に入り込んだのです。







Dsc_7951a






オオタカは元いた木の方へ戻って止まりました。オオタカが態勢を整えなおし、再度襲い掛かる前に

ダイサギは飛び去ったのです。

解説ばかりで肝心の写真が撮れていないのは残念ですが、一瞬のドラマに圧倒されるばかりでした。





2016年12月12日 (月)

オオタカ若の狩り1(A Northern goshawk)

カラスが背後で騒ぐので振り返ると崖にオオタカ若がいます。カラスを無視して獲物を探しています。





Dsc_7444a






その内、込み入った枝の中をすり抜けるように飛び出します。







Dsc_7453a






まっしぐらに川へ向かうので、狩りだと直感しました。






Dsc_7457a






そして突っ込んだ先はダイサギの群れです。びっくりしたダイサギは飛び回ります。






Dsc_7473a






狩りは失敗したようでオオタカ若はこちらに引き返してきます。





Dsc_7509a






散々飛び回りダイサギを追い回したにしては、まだ余力がありそうです。






Dsc_7521a







朝のコントラストが強い時間帯なので、写真が良くないですが、我慢してください。





Dsc_7557a






帰ってきたオオタカは崖の上のニセアカシアに止まり周りを見渡しています。第一回目の

狩りはこうして失敗に終わりました。

ところがこの後更に狩りを続けるのです。(続く)


2016年12月11日 (日)

公園のルリビタキ(A Red-flanked bluetail)

しばらくご無沙汰してしまった公園に散歩に行きました。あちこちに冬鳥が入っています。

まずはこの公園の冬の主人公、ルリビタキです。




Dsc_7000a






朝陽の中を飛び回っていました。ちょうどゴンズイの実の所にやって来ます。





Dsc_7002a






残念ながら枝の陰が入ってしまいました。






Dsc_7028a






こちらは、メスでしょうか、それともオスの幼鳥でしょうか。






Dsc_7168a






尾羽が大分青っぽい感じです。






Dsc_7176a






一応こちらもムラサキシキブと一緒のころを撮っておきましょう。







Dsc_7184a






しばらく猛禽ばかりだったので、なんとなく癒される感じがします。




2016年12月10日 (土)

逆光のミサゴ(An Osprey)

最近は魚がいなくなったせいでしょうか、ミサゴの行動が不規則です。今回は崖沿いの逆光の

中を飛び回りました。





Dsc_5767a






逆光の写真は難しくうまく撮れないので、あまり載せないのですが、逆光に光った羽がきれい

だったので、逆光写真を特集してみました。






Dsc_5800a






うまく撮れれば羽が透けてきれいに見えるのでしょうが思い通りにはいきません。






Dsc_5806a






風が強く一段と寒さが身に染みる一日でした。





Dsc_5814a






何回もホバリングしていましたが川に飛び込んだのは遠くで一度だけでした。






Dsc_5818a






その他はぱっとしませんでした。明日に期待です。



2016年12月 9日 (金)

日向ぼっこのキジ(A Green Pheasant)

比較的暖かい朝でした。土手を歩いているとキジがいます。日向で動きません。




Dsc_6241a






向こうを見たりこっちを見たりきょろきょろはしています。





Dsc_6252a






こんなに近くで見るのも久しぶりです。






Dsc_6258a






近くで見るとキジの模様はなんとも言えない配色とデザインが施されているものです。






Dsc_6263a






見とれていると近くからメスが飛び立って、それにつられてオスも飛んでしまいました。

メスがいると判っていればツーショットを狙ったのですが、残念!


2016年12月 8日 (木)

忘れたころのミサゴ(An osprey)

何だか気が抜けたような感じで今朝も合流点へ行ってみました。ふと見ると崖の横枝にミサゴがいます。




Dsc_5455a






誰もいないし、せっかくなので近くで見させてもらいます。よく見ると魚を食べているようです。





Dsc_5485a






そういえば最近は漁をするのは遥かかなたですが、不思議と食べるのは近くの崖です。

食事が終わると飛び出します。





Dsc_5511a






せっかくとれた飛び出しなので、飽きるかもしれませんがお付き合いください。





Dsc_5512a






背景がごちゃごちゃしてよくないですが、紅葉が入っています。





Dsc_5513a






ミサゴはとっくに終わったはずなのですが、今年は中々下りません。






Dsc_5514a






ミサゴは体が大きいので飛び出しも迫力はあると思います。






Dsc_5515a






この後散々周りを飛び回るのですが、いまいち気合が入りません。





Dsc_5516a






交替を命じられた選手がもう一度行け、と言われているようです。


カワラヒワ(An Oriental greenfinch)

土手を歩いていると藪の中で何か動きます。見るとカワラヒワです。





Dsc_5352a






カワラヒワなどどこにでもいてあまり撮る人は居ませんが、かわいらしいので撮っておきます。





Dsc_5359a






最近マヒワを見かけません。その代わりと言っては何ですが、カワラヒワも黄色い羽がきれいです。






Dsc_5360a






枝に止まってポーズをとってくれます。






Dsc_5363a






ぐるっと一周回ってファッションモデル気取りです。





Dsc_5365a






今度はマヒワを探してみましょう。



2016年12月 6日 (火)

飛翔するカモたち(Ducks)

ずいぶん楽しませてもらった合流点もいつもの静けさが帰ってきた感じです。何も出ないことが

多く、目の前をカモが飛んでゆきます。






Dsc_9887a






群れで飛んでいるのはオカヨシガモの編隊のようです。地味なカモさんですが、好きです。






Dsc_9890a







すぐにその後に続いたのはホシハジロの一団でしょうか、間違っていたらごめんなさい。






Dsc_9914a






最後に単独で飛んで行ったのはカワアイサのようです。最近ときどき見かけますが、ここいらに

居ついているのでしょうか。






Dsc_1382a






これからの季節、寒くなるので観客も減って来そうです。



2016年12月 5日 (月)

ヒマラヤスギのアトリ(A Brambling)

良く晴れた朝でした。ふと見上げるとヒマラヤスギの天辺にアトリの姿です。



Dsc_3573a






真っ青な空を背景にオレンジ色の姿が映えます。





Dsc_3589a






公園に群れで入ったアトリは少しばらけて小グループで行動しています。






Dsc_3599a






2羽のアトリがダンスを踊るように飛び回ります。







Dsc_3600a







ノビタキではあるまいし、フライングキャッチでもないでしょう。






Dsc_3601a






その姿にしばらく見とれてしまいます。






Dsc_3602a






公園も楽しくなってきました。


2016年12月 4日 (日)

紅葉イカル(A Japanese Grosbeak)

早朝、静かな公園を散歩します。今年の紅葉もそろそろお終いだな~、などと思っていると

モミジに何かが動いています。よく見るとイカルです。




Dsc_3038a






モミジの種子を食べているようです。







Dsc_3108a






青空背景に赤いモミジに止まったイカル、おぜん立ては揃っているのですが、なかなかいい構図に

なりません。





Dsc_3145a






モミジの中にいるので、枝は被るし影はできるし、なかなか難しいものです。






Dsc_3148a






そう考えるとプロのカメラマンは大したものです。







Dsc_3199a






写真一枚にも大変な苦労をしているのでしょう。







Dsc_3227a







そこ行くとアマチュアは楽なもんです。適当に撮ってそこそこ奇麗であれば満足できるのですから。



2016年12月 3日 (土)

初見初撮りニシオジロビタキ(A Red-breasted flycatcher)

近くに珍しい鳥が来ているということで、ちょっと覗いてみました。初めて見るニシオジロビタキは

紅葉したコナラの木の周りを飛び回っていました。





Dsc_3884a






何でもこの鳥さんはユーラシア大陸の亜寒帯で繁殖し、冬季はインドや東南アジアへ渡るそうです。





Dsc_3630a






どこをどう間違ってしまったのでしょう、日本のこんなところへやって来てしまったようです。






Dsc_3746a






初めて見るニシオジロは喉元がきれいな橙色で斬新な配色をしています。ヒタキ類のクリっとした

眼がかわいらしさを出しています。






Dsc_3995a






良く晴れた午後だったのですが、紅葉も進みその色に溶け込んでしまいそうでした。





Dsc_4225a







あまり自分の鳥見スタイルと合ってはいなかったのですが、せっかく教えていただいたので

見に行ってよかったと思います。





Dsc_4265a






一見ルリビタキのメスに似た柄ですが、まったく違う色合いが新鮮でした。



2016年12月 2日 (金)

ハヤブサ若(A Peregrine falcon)

暖かな小春日和の午前中、土手で足元のタヌキを写真に撮っていると上空にハヤブサが来ます。




Dsc_2518a






見ているといつもの若のようです。どんどんこちらに近づきます。







Dsc_2541a







どうも脚を気にしているように見えます。






Dsc_2544a






飛びながらハヤブサがあんな格好をするのは珍しい光景です。







Dsc_2546a







足を怪我したのでしょうか、足の先を舐めているようにも見えます。






Dsc_2556a






しばらくこんな格好で飛んでいましたが、結局は何でもなかったようです。







Dsc_2571a







余りにもじろじろ見ていたので、逆に睨まれてしまいました。



2016年12月 1日 (木)

大漁ミサゴ(An Osprey)

いつものように河原の土手で寒さに震えていると、遠くにトビに追われるミサゴの姿が見えます。




Dsc_0733c






こちらに近づいてきますが、よく見ると何か掴んでいるようです。






Dsc_0738c






どうもダイブで捕ってきた魚のようです。







Dsc_0746c






上空を通過するとき、見ると魚は2匹掴んでいるようです。







Dsc_0752c






いっぺんに2匹の魚を捕まえるとは、大した腕前です。今の季節魚も減っているというのに・・





Dsc_0779c







まるで見せびらかすかのように何回も上空を飛び回ります。







Dsc_0820c







余りに大きな魚だったので、確認のため拡大してみましたが大きなアユのようでした。




« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ