« 初ミサゴ(An Osprey) | トップページ | イカルチドリ群れ(A Long-billed plover) »

2017年7月26日 (水)

夏空のオオタカ(A Northern Goshawk)

夏の日差しが照り付ける多摩川護岸で、いつ来るか判らない鳥を待つのは、地獄のようです。

しかも、ほとんど毎日何も来ません。そんな中で遠くの崖や空を双眼鏡でのぞいている人がいます。

知らない人は何と思うのでしょうか?

それでも極まれに上空に鳥が現れることがあります。今日はオオタカが飛んでくれました。




Dsc_4041a




飛んでくれたのはいいのですが、はるか遠くの上空なので大トリミングをしてもこの程度です。






Dsc_4044a





一瞬期待を持たせてくれますが、すぐに現れたカラスに追われてあっという間に姿を消して

しまいます。






Dsc_4322a





他人から見ると、酔狂としか思えないような日々が続きます。




« 初ミサゴ(An Osprey) | トップページ | イカルチドリ群れ(A Long-billed plover) »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

猛暑続く中、悪戦苦闘心中お察しいたします。
毎日のレポート写真の鳥を見ておりますと、
季節の移り行きが感じられます!

コメントありがとうございます。それでも少しずつ季節は変わっているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595143/65581568

この記事へのトラックバック一覧です: 夏空のオオタカ(A Northern Goshawk):

« 初ミサゴ(An Osprey) | トップページ | イカルチドリ群れ(A Long-billed plover) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ