« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

ホシゴイとチョウゲン(A Common Kestrel)

土手を降りて河川敷を歩き川岸に出たとたん、何かが飛びだしました。後姿はホシゴイです。



Dsc_5564a




既に飛ばれてしまったので、後姿しか撮れません。





Dsc_5575a





正面から撮れていれば、朝陽を浴びてきれいだったでしょう。






Dsc_5579a





もっと静かに川に近づくべきでした。反省しきりです。反省しつつ土手に戻って下流へ歩き始めると

今度は河原を低空で飛ぶ鳥がいます。レンズを向けてシャッターを押しますがすべてピンボケです。

やっとピントが追いついたのは川から上昇して鉄橋の上に出たところでした。





Dsc_5610a





チョウゲンボウが何か狙っていたようです。





Dsc_5611a





またしても肝心なところを撮れません。何という腕の悪さでしょう。





Dsc_5612a





道々うなだれて帰って来ました。

実はリベンジとばかり午後もう一度出かけてきたのですが、そっちの方が遥かに面白い結果が

待っていたのです。今日は時間がないので、またの機会にお話しします。




2017年7月30日 (日)

ツバメ給餌(A Barn Swallow)

今日は朝から雨でした。散策に出れず仕方がないので在庫からツバメです。



Dsc_2317a




毎年同じ写真を撮っていますが、何故かこのシーンが好きなのです。






Dsc_2318a




いつも同じ橋の上から少し先の電線に止まる巣立ち雛、餌を運ぶ親鳥。




Dsc_2319a






雛の大きく開けた口の中に餌を入れてあげると雛は親の嘴を噛みついて離しません。






Dsc_2320a





親はいつも雛から離れるのに苦労しています。





Dsc_2321a_2






今年ももうすぐ見れなくなるシーンです。




2017年7月29日 (土)

今朝もオオタカ(A Northern Goshawk)

早朝の散策は続きます。多摩川土手は格好の散策コースです。時々足を止め双眼鏡を覗きます。

今日は中州の見晴らしのいい木にオオタカの姿があります。





Dsc_5390a




待機して狩りの瞬間を見ようか、接近して止まりものを大きく撮ろうか迷います。中州は背の高い

草で覆われ、狩りの瞬間は見えそうにありません。接近撮影を選択します。






Dsc_5402a





土手で見ていた時から、オオタカは気づいていたのでしょう。それは判っているのですが

ゆっくり接近します。






Dsc_5449a





オオタカもどちらに飛ぼうか思案しているようです。






Dsc_5464a





最接近地点、約30mです。これ以上は無理でしょう。いつ飛びだすか判りません。






Dsc_5479a





こちらとしても、覚悟の上です。飛びだすのをカメラを構えてじっと待ちます。






Dsc_5490a





次の瞬間、真横に飛びだしました。数本の枝が被ってしまいましたが、それも計算づくです。






Dsc_5491a





思った通り背の高い草の間にその姿は消えてしまいました。全て想定内の出来事でした。

次はもう少し良い場所で狩りの場面を狙いたいものです。




2017年7月28日 (金)

今朝のオオタカ(A Northern Goshawk)

ここ数日涼しい朝を迎えました。お陰で気持ちの良い散策が楽しめます。いつものように土手を

歩いていると対岸の柳の木に白いものが見えます。双眼鏡でのぞくとオオタカ成鳥です。





Dsc_5049a




川岸まで出て観察を始めます。遠くにはサギとカワウの集団が朝の餌探しをしています。

狙っているのは、このサギのようです。しばらくすると枝の上の方に移動します。







Dsc_5063a





そして次の瞬間飛び出します。やはりサギを狙っていたようです。





Dsc_5092a





それにしては距離がありすぎる感じがします。ざっと2,300mはあります。






Dsc_5096a





柳の木を飛びだすと地上すれすれをサギをめがけて飛んで行きます。






Dsc_5098a





サギの集団は川に入って夢中で魚を物色しています。狙いは今しかないのかもしれません。





Dsc_5099a





自分の位置からだとサギに突っ込むところが見えなくなりそうですが、できるとこまでオオタカを

追いかけます。






Dsc_5100a





意外とピントが追従してくれます。もう一息でサギまで届きそうです。






Dsc_5104a





そう思った瞬間、サギが一斉に飛び立ちます。気づかれてしまったようです。オオタカは

コースを変えて近くの大柳に入りました。そこまでは見えたのですが、そこで時間切れです。

この後どうなったか判りません。今日は午後もう一度出かけてみようと思います。




2017年7月27日 (木)

イカルチドリ群れ(A Long-billed plover)

今朝はたいへん涼しかったので、久しぶりに川原を歩いてみようといつもの合流点から上流へ

行ってみました。少し前まで大規模な工事をしていた場所もいったん中断ということで、河原を

歩くことが出来ます。川に近づくと一斉に何かが飛びだしました。イカルチドリのようです。




Dsc_4833a




イカルチドリがこんなに群れでいるのは見たことがなかったので驚きました。10羽以上います。






Dsc_4840a





確認のため一応近くを飛んだ奴を撮っておきました。





Dsc_4850a





調べて見ると冬季には小さな群れを作るとありますが、今は真夏です。まあよくあることかも

しれません。午後から猛禽狙いで定点観察しましたが、まったく何も出ませんでした。





2017年7月26日 (水)

夏空のオオタカ(A Northern Goshawk)

夏の日差しが照り付ける多摩川護岸で、いつ来るか判らない鳥を待つのは、地獄のようです。

しかも、ほとんど毎日何も来ません。そんな中で遠くの崖や空を双眼鏡でのぞいている人がいます。

知らない人は何と思うのでしょうか?

それでも極まれに上空に鳥が現れることがあります。今日はオオタカが飛んでくれました。




Dsc_4041a




飛んでくれたのはいいのですが、はるか遠くの上空なので大トリミングをしてもこの程度です。






Dsc_4044a





一瞬期待を持たせてくれますが、すぐに現れたカラスに追われてあっという間に姿を消して

しまいます。






Dsc_4322a





他人から見ると、酔狂としか思えないような日々が続きます。




2017年7月25日 (火)

初ミサゴ(An Osprey)

毎日暑い中、いつもの場所に通っても何も来ません。夕方になると肩を落として帰っていく

毎日が続きます。そんな中久しぶりにミサゴが飛んできました。




Dsc_3834a





はるか遠くなのでトリミングしてやっと顔が判るレベルです。それでも一応ホバリングの真似事

をして期待を持たせてくれます。






Dsc_3838a





川には放流されたアユもいて、上空からも見えるくらいの大きさになったでしょうか?





Dsc_3839a







一応突っ込みポーズは取るものの、実際に突っ込むまでの獲物が見つかる訳でもなさそうです。






Dsc_3841a






せめて近くに来てほしいと念じていると川の上空を遡上してきます。






Dsc_3896a






そして久しぶりにその精悍な姿をファインダーいっぱいに見せてくれます。






Dsc_3898a







すぐ上空で一回だけ旋回してくれたので、写真には収めることが出来ました。






Dsc_3939a





その後上流へその姿は消えてしまいましたが、今シーズン初めて目の当たりにすることが出来ました。




2017年7月24日 (月)

里山のオオタカ(A Northern Goshawk)

里山の谷を巣立ったばかりのオオタカ若が飛び回ります。




Dsc_3306a




向こうの尾根とこちらの尾根の間を飛ぶので、こちらの近くであれば、大きく撮れるのですが

ほとんど向こう側を飛んでいます。





Dsc_3326a





朝陽が出てさほど時間がたっていないので、光はほぼ真横から来ます。






Dsc_3343a





一番近くを飛んでくれた時は、ほぼ真上でした。






Dsc_3290a





時々親も餌を求めてはるか上空を飛びます。






Dsc_3457a





比較的近くを飛ぶのは若ばかりでした。






Dsc_3524a





それでも久しぶりにオオタカの飛翔シーンを楽しむことが出来ました。次は地元で期待です。





2017年7月23日 (日)

若タカ兄弟大空の舞(A Northern Goshawk)

坂道を歩いていると上空を2羽のオオタカ若が飛んでいます。


Dsc_3228a




向こうの尾根の上で絡み合って飛び出しました。





Dsc_3215a





本気ではないのでしょうが、何やら蹴りを入れたり、かなり激しくやりあっています。






Dsc_3216a





時々大きな鳴き声を上げながら追いかけ合っています。






Dsc_3236a





間違いなく兄弟だと思われますが、一方はやけに色黒の顔をしています。






Dsc_3237a





どちらがお兄ちゃんかわかりません、初めは色黒のほうが逃げている感じでした。






Dsc_3246a





途中で攻守入れ替わったようで、今度は色黒が追いかけます。






Dsc_3248a





しばらく思わぬ空中戦を楽しむことが出来ました。





今朝の散策

今朝は東の空に雲が出ていました。その後空全体を雲が覆って行きます。




Dsc_4352a




支流の川ではカワセミが2羽、魚の取り方の講習をしていました。






Dsc_4373a





いつもの場所ではホオジロがやって来てひとしきり美声を聞かせていました。





Dsc_4405a





スズメも同じ木に飛んできましたが、すぐに行ってしまいました。






Dsc_4408a





雲に覆われた空を東に向かってゴイサギが飛んで行きます。




Dsc_4414a





そろそろ帰ろうと、歩を進めだすと大きな木の下で子だぬきが休んでいます。何か言って

ほしそうな顔をしています。




Dsc_4437a






帰り際支流には二番子でしょうか、まだ幼い雛を6羽連れてカルガモが泳いでいます。





Dsc_4453a






何となく満足できる散策でした。




今日はSさん風にまとめてみました。Sさん真似してごめんなさい。
本題の猛禽の写真は後ほどアップします。

2017年7月22日 (土)

鎮守の森のアオバズク(A Brown hawk-owl)

鎮守の森にはアオバズクが毎年やって来ます。今年もそろそろ雛の巣立ち時期ということで

出かけてみました。



Dsc_2983a




去年と同じヒノキの木の横枝にお父さんがいました。






Dsc_3024a





雛が巣立つのを今か今かと待っているようですが、なかなか巣穴から出てきません。





Dsc_3031a





手持無沙汰なのか、いろいろパフォーマンスを見せてくれます。






Dsc_3038a





退屈してしまっているようで、色んなポーズもしてくれますが、如何せん動きません。




Dsc_3044a





観客の様子も時々チェックしてヒナの巣立ちを待ち続けます。






Dsc_3070a





隣の木にはお母さんも、そろそろ巣立つヒナを心配そうに見守っています。





Dsc_3092a





こちらは、残念ながら時間切れで撤収です。




2017年7月21日 (金)

やっと育ったオオタカ幼鳥(A Northern Goshawk)

遠征ボケを直すべく、猛禽を見に歩く毎日です。久しぶりにオオタカ幼鳥の姿を見ることが

出来ました。





Dsc_2759a




その幼鳥はヒマラヤスギの枝で食後の休憩をとっていました。





Dsc_2516a




何でも朝早くに親が餌を持って来て、それを食べ終わったばかりとのことでした。






Dsc_2426a






これでもかというくらい嗉嚢が膨らんで、余程いっぱい食べたのでしょう。






Dsc_2448a




食べ過ぎて身動きできないようですが、時々枝を移ります。





Dsc_2813a





枝移りをする時の様子を見ていると何だかまだよく飛べないような感じです。





Dsc_2725a





兄弟2羽を失っているそうで、この子だけでも無事育ってほしいと思わずにはいられません。





Dsc_2599a





こちらも早くいつものペースに戻りたいと思っています。



2017年7月20日 (木)

ツミそろそろお別れ(A Japanese Sparrowhawk)

今年も4月の末くらいから楽しませてくれたツミも、その子育てが終盤です。若ツミも大分大人に

なりました。





Dsc_0997a




活発に飛び回り、その飛翔力も十分ついてきた感じです。





Dsc_1002a





まだ狩りの腕は十分といえませんが、少しづつ練習を重ねていくのでしょう。






Dsc_1079a





先日もあっという間にセミを捕まえていました。





Dsc_1080a





まだ時々親が餌を運んできているようですが、それもだんだん無くなるでしょう。






Dsc_1601b





姿が見れなくなると思うと、寂しい感じもしますが、仕方ありません。





Dsc_1607a





5羽の若鳥がこの後無事に成長することを祈るばかりです。





Dsc_2048a




きっとまた来年も戻って来てくれるでしょう。





2017年7月19日 (水)

ミフウズラとその他の鳥たち(A Barred buttonquail)

南の島には色々珍しい鳥がいて、目を楽しませてくれます。まずはサトウキビ畑の縁を歩く

ミフウズラです。あちこち探しまわりましたが結局一回だけ見ることが出来ました。





Dsc_0698a




次は松の木の横枝でウーウーウーと鳴くキンバトです。嘴は紅を引いたような赤、雨覆と三列風切は

エメラルドグリーンのおしゃれなハトで額から眉斑が白いのはオスだそうです。






Dsc_0406a





車の前を歩いていたのは夜になると変な声で鳴いていたクジャクです。






Dsc_0674a





更に電線に止まっていたのはリュウキュウツバメです。本州にくるツバメと比べると下腹が赤っぽいかな。





Dsc_8952a






そして最後はキンパラ。渇いた道の残った水たまりに現れた外来種だそうです。





Dsc_0712a





一応これで今回の遠征報告はお終いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

大分地元をさぼってしまったので、また頑張りましょう。




2017年7月18日 (火)

飛翔するバン(A Common moorhen)

湿原の朝、朝陽を浴びて一羽のバンが飛びだします。




Dsc_8547a





湿原の芦原には見えないところで、いろいろな動物が潜んでいるのでしょう。何かに驚いて

飛びだしたに違いありません。






Dsc_8554a




バンはクイナの仲間なので、泳いでいるか、水際を歩く姿が印象に残っていて、飛ぶ姿は

あまり印象にありません。





Dsc_8560a





写真を撮ってみると、やはり体の割に足が目立ちます。





Dsc_8565a





着地の姿も走り幅跳びの着地に似ています。






Dsc_8567a





鳥でなければ、世界新記録間違いなしです。




2017年7月17日 (月)

南の森のサンコウチョウ(A Japanese Paradise flycatcher)

リュウキュウアカショウビンが来た水たまりにサンコウチョウもやって来ました。なんと、おおらかな

土地柄でしょう。




Dsc_7812a





これなら森に入る必要もありません。でも背景が道路では、如何せん寂しいのでやはり

森に入ってみることにします。池の端で待つとほどなくオスが現れます。






Dsc_7704a





周りではあちこちで、ホイホイ鳴いています。






Dsc_7710a





見上げる木の上ではなく、目線の枝に止まってくれるのが嬉しいです。






Dsc_7721a





何回も池に飛び込んで水浴びをするのですが、動きが早く、また場所取りが悪いため撮影できません。






Dsc_7724a





仕方なく止まりものばかりですが、近いのが、救いです。






Dsc_7734a





短時間の滞在時間だったのでこんなもんしかありませんが、次回はリベンジしてみたいと思います。




2017年7月16日 (日)

憧れのリュウキュウアカショウビン(A Ryukyu Ruddy kingfisher)

森に入る前に森の周りの明るい道の水たまりに寄りました。ここでは水が貴重なため水たまりも

侮れません。すぐに目の前にアカショウビンが現れました。あまりの近さにびっくり仰天です。





Dsc_7564a




今年初めて見たアカショウビンより大きい感じがします。それと紫色が強い感じです。

いきなり出てきた大物に期待を膨らませて森に入るとそこらじゅうで鳴いています。しかも出くわすと

近すぎます。






Dsc_7658a





それならばいっその事デジスコモードで撮影です。






Dsc_7672a





長い間、あこがれていたアカショウビンがこんなに簡単に撮れるとは、そのことに驚いてしまいます。






Dsc_7684a





池の端にやってくるのは水浴びのためか、漁のためか判りませんが頻繁に現れます。






Dsc_7784a





時々何か加えているやつもいるので、水浴びばかりでは無さそうです。






Dsc_7744a






驚いたことに南の島のアカショウビンはおしゃれな趣味のものも居てアクセサリをしたやつも

飛び交っていました。どこかスケールの違いを痛感しました。



2017年7月15日 (土)

ツバメチドリ擬傷(An Oriental pratincole)

すぐ真上を飛び回っていたツバメチドリが、目の前に降り立ちます。5mほどの距離です。




Dsc_9966a




そして畑の土の上でバタバタとうごめいています。





Dsc_9967a





その動きは激しくはないのですが、どうしたのだろうと思わせるものです。






Dsc_9968a





とりあえず目の前の姿を収めようとシャッターを押します。






Dsc_9981a





一向に飛び去る気配がしません。こんなチャンスはないだろうと尚もシャッターを押し続けます。






Dsc_9987a





相変わらず飛び去る気配もなく却って近づいてきます。






Dsc_9992a





その内土の上にしゃがみこんだりしています。






Dsc_0004a





おかしいな~?と思いつつシャッターを押す手を休め観察していて気が付きました。

これは擬態なんじゃないかと。






Dsc_0016a




帰ってから調べて見るとコチドリなどがする擬傷という行為で近くに雛か卵があってそれから

目をそらせる行為だったようです。何とも勉強不足でした。





2017年7月14日 (金)

飛翔するツバメチドリ(An Oriental pratincole)

親のツバメチドリが真っ青な空を背景に飛び回ります。




Dsc_9910a




その飛翔姿は、名前の通りツバメによく似ています。ただツバメほど早く飛ぶ訳ではありません。






Dsc_9936a





ピィピィピィと大きな声で鳴きながら飛ぶのですが、遠くへ行ってしまうわけではありません。





Dsc_9944a





やはりこの近くで営巣しているので、遠くへ行くわけにはいかないのでしょう。





Dsc_0170a





ツバメほど早く飛ばないのも、そのせいかもしれません。その気になれば早く飛ぶことが

出来そうな姿をしています。






Dsc_0176a





すぐ上空を何度も旋回するので、写真はいっぱい撮れます。






Dsc_9946a





幸い青空だったので、その姿も映えて飛翔姿もきれいです。





Dsc_0820a





何とも贅沢な鳥見と言えそうです。





2017年7月13日 (木)

初めてのツバメチドリ(An Oriental pratincole)

トウモロコシ畑の耕したばかりの土の上にツバメチドリが佇んでいます。




Dsc_0206a





以前から一度見てみたいと思っていた鳥ですが、地元近郊に来たときは大変な騒ぎとなるため、

どうしても足が遠のいていました。それがここの畑には他に誰も居にところでじっくり観察できます。






Dsc_0846a_2




夏羽なので喉は淡黄色の羽毛で覆われ、眼先から胸部にかけて淡黄色を縁取るように黒い線が

はいっています。まさに図鑑のとおりです。





Dsc_0855a





嘴の基部の赤い色がポイントになっています。

ゴロゴロした耕された畑の遠くに陽炎が立って、そこに親子でしょうかその姿が見れます。






Dsc_9737a





陽炎が激しくピントが合わず残念だと思っていると、幼鳥でしょうか羽を広げてこちらに来ます。






Dsc_0280a





どうも様子を見ていると親と一緒に闖入者に対して威嚇しているようです。






Dsc_0291a





幼鳥も巣立ったばかりのような小さいのから、大分経ったようなのまで様々です。





Dsc_0732a





耕された畑に一雨来るとサトウキビの苗を植え始めるそうですが、その前に皆巣立つ必要が

あるそうです。




2017年7月12日 (水)

アオバズク親子(A Brown hawk owl)

森のはずれの明るい道を歩いていると、遠くの松の木にアオバズクの姿があります。




Dsc_0550a




近づいてよく観察します。南の島のアオバズクも地元にくるアオバズクと変わりないようです。





Dsc_0598a




よく見ると一羽ではなく幼鳥と一緒です。子供が2羽一緒にいました。





Dsc_0602a





更に周りを見てみると、親がもう一羽下の枝に止まっています。家族で一緒だったようです。






Dsc_0634a





せっかくなので子供たちのアップの写真も一枚。





Dsc_0655a





何気ない散歩の間に偶然出会っただけですが、ラッキーでした。



2017年7月11日 (火)

港のベニアジサシ(A Roseate tern)

クロサギと同じところにベニアジサシがいっぱい飛んでいます。



Dsc_9345a




嘴が細く長く、先端が黒いのですがその他は赤く目立ちます。






Dsc_9354a





日本にも南の方にはやってくるようですが、あまり地元では見たことがありません。






Dsc_9427a





何回も港の海にダイブして小魚を捕っていましたが、かなり漁はうまいようです。






Dsc_9431a





尾羽が細く長いので、飛んでいる時の姿が優雅に見えます。






Dsc_9438a





アジサシも地元ではコアジサシくらいしか見なかったので、その種類の多さに驚きます。





Dsc_9469a





ベニアジサシもいけすの魚を狙いに来ましたが、どうなるでしょう。





2017年7月10日 (月)

港のクロサギ(A Eastern Reef Heron)

港を歩いてみると、向こうから大型の真っ黒い鳥が飛んできます。しかも二羽です。

どうやらクロサギのようです。




Dsc_8963a




真っ黒なのでカラスと間違えてしまいそうですが、顔をみるとからすでないことが判ります。




Dsc_8960a





港の中には漁師さんがいけすを作って魚を入れてあります。






Dsc_9303a






その中の魚を狙って舞い降りてきたようです。漁師さんも判っていていけすには網がかけてあるようです。






Dsc_9313a




ですから簡単には魚は取られないようになっているようです。クロサギの方も何とか取れないかと

狙っています。






Dsc_9581a





目を離した瞬間いけすに飛び込み魚を捕まえて上がって来ました。どうやって捕ったのでしょう。






Dsc_9586a





中々すばしこいクロサギのようです。

クロサギと言えば黒タイプト白タイプがいるようですが、何で白いのにクロサギというのでしょう。





Dsc_9609a





ちょっと油断しているとダイサギと間違えてしまいそうです。どことなく丸みがあるような感じは

するのですが・・・



2017年7月 9日 (日)

夜の森リュウキュウコノハズク(A Ryukyu scops owl)

夜の森を歩くのは、初めてでした。あちこちで不気味な鳴き声がします。近くで猫のような鳴き声が

驚かせます。クジャクの鳴き声だそうです。木の上を見るとぼんやりと鳥の陰があります。

鳴き声からリュウキュウコノハズクだと判りました。




Dsc_0330a




そっぽを向いていたので初めは判らなかったのですが、黄色い目が光っています。





Dsc_0338a





あわてていたので、ズームレンズが200mmで撮っていました。こちらを向いてくれます。






Dsc_342a





地元でオオコノハズクは、見たことがあるのですが、それよりは小さい感じがします。





Dsc_0348a





何人もで、騒ぐものですからあっという間に闇に消えてしまいました。他の枝を見ていた人が

別な鳥がいると言っています。





Dsc_0353a





なんと、アカショウビンではないですか。木の枝で眠っていたのでしょうか。





Dsc_0357a





闇夜に照らし出されたアカショウビンは普段以上に紫がかって見えます。なんとも神秘的な

姿を見せてもらうことになりました。




2017年7月 8日 (土)

エリグロアジサシの営巣2(A Black-naped turn)

ペアの中には既に卵がかえっているものもいます。雛は親が餌を持ってくるのを待ちかねます。



Dsc_9121a




どちらがオスかわかりませんが、小魚を持って帰ったのがお母さんのようです。





Dsc_9124a





どんな鳥も同じですが、大きな口を開けて餌を要求しています。






Dsc_9131a





受け取った小魚は雛の口には大きいようですが、丸呑みしてしまいます。





Dsc_9136a




お母さんが餌を運んでくるまで、雛の面倒を見ていたお父さん、自分の分の餌を要求します。

お母さんは当然無視して相手にしません。






Dsc_9142a





しかたなくお父さんは自分で餌を探しに行きます。





Dsc_9176a






お母さんと雛はその後ろ姿を見送っていました。





Dsc_9189a





何ともほほえましい一コマでした。



2017年7月 7日 (金)

エリグロアジサシの営巣1(A Black-naped turn)

海岸の岩場ではエリグロアジサシの子育て風景が観察できます。




Dsc_9009a




およそ10組のペアが岩場の巣で卵を温めています。






Dsc_9017a





卵を温めるというより、暑さから守っているという感じです。時々巣から離れますが、すぐに戻ります。





Dsc_9213a






エリグロアジサシは余り草が生えていない岩場を好んで営巣するそうです。





Dsc_9216a





巣に戻って、座り込む前にお腹の下を見ると確かに卵を抱えています。






Dsc_9233a





海岸線と言いましたが実際は道路が埋め立てた上に作られているので、海と反対側の

岩場ということになります。





Dsc_9279a





つまり、旧海岸線で、引き潮になると、ここの水は無くなってしまうそうです。風景的には

水がある方がきれいでいいと思うのですが、エリグロアジサシにとっては景色どころでは無いようです。




2017年7月 6日 (木)

初めてのオオアジサシ(A Greater crested tern)

湿原を後にし、海岸に向かうと、そこでは色々なアジサシが飛んでいます。はるか遠くから

飛んでくるのはオオアジサシです。





Dsc_9494a






胴体下面は白、背中は暗灰色の羽毛で覆われています。





Dsc_9514a





遠くを飛んでいる時はアジサシか、などと思っていたのですが近づくにつれその大きさに

驚いてしまいます。






Dsc_9556a





名前がオオアジサシというだけあって、ユリカモメより大きいのです。







Dsc_9563a





もともとアジサシはカモメ科に属しているので、カモメの仲間でもあるのですが、姿や飛翔の様子から

カモメには思えないな~、などと思っていました。








Dsc_9572a





でもこのオオアジサシを見ると納得してしまうほどの迫力がありました。







Dsc_9574a





遠くまで来て良いものを見せてもらった気がします。





2017年7月 5日 (水)

ヨシゴイとリュウキュウヨシゴイ2(A Yellow bittern & A Cinnamon bittern)

湿原は広くあちこちから色々な鳥が飛び立つので、なかなか目的の鳥を探し当てられません。

そんな時、遠くを2羽同時に飛んでいます。



Dsc_8181a




後ろを飛んでいるのはリュウキュウヨシゴイか、赤っぽくそれらしいので、カメラで追ってみます。





Dsc_8202a





湿原の水面近くを悠々と飛んで行きます。






Dsc_8208a





2羽一緒になると、それらしく思えますが、それにしても遠すぎます。粘り強く待ちますが

出てくるのは、ヨシゴイばかりです。





Dsc_8226a





ヨシゴイもそれなりに奇麗ですが、せっかくここまで来たのですから、リュウキュウを真近で見たい

ものです。





Dsc_8281a





だんだん陽が高くなってきました。






Dsc_8598a





次の瞬間近くを通り過ぎたのは、間違いなくリュウキュウヨシゴイでした。カメラが一瞬遅れます。

気づくと遠い丘の上を飛んでいます。






Dsc_8678a





また来てね~!と言われている気分でした。




続きを読む "ヨシゴイとリュウキュウヨシゴイ2(A Yellow bittern & A Cinnamon bittern)" »

2017年7月 4日 (火)

ヨシゴイとリュウキュウヨシゴイ1(A Yellow bittern & A Cinnamon bittern)

広大な湿原のはるか彼方を2羽の鳥が飛んでいます。一羽はヨシゴイ、そしてもう一羽、赤っぽい方は

リュウキュウヨシゴイです。2羽同時に飛んでくれたので違いが良く判ります。





Dsc_7937a






リュウキュウヨシゴイの方が少し大きい感じがします。近くで見たいのでひたすら待ちます。


すると葦原から一羽飛びだしました。





Dsc_7952a





何ともきれいなヨシゴイです。この後あちこちから飛び出します。





Dsc_7969a






残念ながらリュウキュウではなくヨシゴイばかりです。





Dsc_7970a







更に近くに潜んでいた個体が朝日を浴びて飛び上がります。





Dsc_8011a






飛んだ瞬間、赤っぽかったのでリュウキュウかと思ったのですが、残念ながら今度もヨシゴイ

のようです。






Dsc_8012a






羽を広げた姿はまた美しいのですが、すぐに茂みに入ってしまいます。遠くに止まっている

ヨシゴイも朝陽に照らされて奇麗ですが、リュウキュウでは無さそうです。






Dsc_8058a




こうしてひたすらリュウキュウヨシゴイの出現を待ち続けます。



2017年7月 3日 (月)

飛翔するクロハラアジサシ(A Whiskered Tern)

湿原の彼方から現れたのはクロハラアジサシです。池の小魚を狙って朝食に来たようです。




Dsc_8684a




これほど間近で見たことがなかったので、じっくり観察します。名前の通り腹が黒いので、なるほどと

納得してしまいます。






Dsc_8703a





もっとも夏羽の特徴で、冬羽では腹は白くなるようです。





Dsc_8710a





展望デッキの前を右から左へ、また左から右へ飛び回ります。






Dsc_8723a





暗赤色の嘴が何処か場末のバーのマダムの口紅色のようです。





Dsc_8729a





これも冬羽では黒くなるそうです。




Dsc_8736a






真っ青な湖沼の水にその姿を映して時々水面をすくうように魚を捕ります。コアジサシのように

派手な飛び込みはしないようです。






Dsc_8774a





銜えた魚は物凄く小さく、これでは何回捕っても満腹にはなりそうにありません。




2017年7月 2日 (日)

ムラサキサギ登場(A Purple heron)

やっと上り始めた太陽が広大な湿原を真横から照らし出します。逆光のはるか彼方にムラサキサギの

シルエットが浮かび上がります。





Dsc_8302a




余りにも遠く、その姿もはっきりしません。と、次の瞬間真横を別の個体が悠々と飛んで

行きます。初めて見るムラサキサギの飛翔姿です。






Dsc_8304a





胴体上面は灰黒色の羽毛で被われ、青みがかった灰色や赤褐色の羽毛が混じり、全体に

紫みを帯びています。何という美しさでしょう、サギの姿に感動を覚えたのは初めてです。






Dsc_8329a





近くに止まっている個体がないか多くの目で探しますが、見当たりません。はるか遠くの

日陰になった草陰に一羽、羽を休めています。






Dsc_8331a





止まりものに気を取られていると次から次へ湿原から飛び立ちます。






Dsc_8427a





ムラサキサギも長いこと見てみたいと思っていた鳥なので、自然と気持ちは昂ります。






Dsc_8445a





まさに、人気のない広大な湿原でドラマが始まりました。




2017年7月 1日 (土)

初めてのシロハラクイナ(A White-breasted waterhen)

日の出直前の道路を車を飛ばしていると、道端に何かいます。暗くて良く判らないのですが、

シロハラクイナのようです。





Dsc_7883a





地元では見たことなかったのですが、ここではコジュケイのようにどこにでも居るそうです。






Dsc_7896a




自分としては初めてなので、じっくり撮りたかったのですが、余りにも当たり前の鳥のため

意見が取り入れてもらえません。






Dsc_7913a





それでも必死に観察していると何やら餌探しでもしているのか、すぐに逃げるという訳でもありません。





Dsc_7923a





額から顔、腹にかけて白く良く目立ちます。頭頂部から体の上面はやや光沢のある黒色で

嘴は黄色で基部は赤い。下尾筒は茶色。まさに図鑑のとおりです。





Dsc_7917a





以前誰かのブログで拝見した時に、是非見てみたいと思っていただけに嬉しさひとしおです。





Dsc_7892a





何やら期待の持てる日々が始まりそうな予感がします。





« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ