趣味

2014年12月27日 (土)

イカルチドリ (Long-billed plober)2

川の岸辺には、チドリや、シギがいっぱいいます。岸辺を歩くと驚いて飛び立ちます。

Dsc_1106

コチドリが好きなのですが、このところ見かけるのはみんなイカルチドリのようです。

Dsc_1108



黄色いアイリングが目立つのはコチドリですが、これイカルのようです。

Dsc_1109


観察に熱心のあまり近づきすぎて飛ばれました。

 

2014年12月26日 (金)

カケス (Eurasian jay)

山の中には、ギャーギャーと言う声がしてカケスが飛び回っています。

 

Dsc_0404

観察によるとカケスはよく針葉樹に居る感じがします。特に杉の木でよく見かけます。

 

Dsc_0415


カラスの仲間ですから、雑食で、何でも食べるようです。

Dsc_0440

どんぐりなどの木の実は好物のようで、よく食べています。

Dsc_0494


結構きれいな鳥さんですが、いかんせん声がいただけません。それとちょっと

目つきが気になります。

2014年12月25日 (木)

ミヤマホウジロ (Yellow-Throated bunting)

実は狙いの鳥さんは、喉の黄色いこの鳥さんだったのです。割と簡単に見つけられた

ので、撮るのに慎重さが欠けていました。

Dsc_0431


逆光を避けて向こうに回ろうと、5,6羽いたミヤマホウジロを飛ばしてしまったのです。

 

Dsc_0436


折角の初対面だった♂なのに残念なことをしました。この日は出が悪く、写真を撮りに

来ていた人で撮れたのは自分だけだったようです。返す返すも残念です。仕方ないので、

また今度行って見ましょう。

2014年12月24日 (水)

ソウシチョウ (Red-billed leiothrix)

お目当ての鳥さんを探しながら山道を歩いていると藪の中で、にぎやかな声がします。

Dsc_0457


よく見るとソウシチョウです。久しぶりの出会いです。

Dsc_0460

ソウシチョウは篭脱けとか言われていますが、カラフルできれいな鳥さんです。

Dsc_0474

あのエキゾチックさが好きです。

Dsc_0482


ただ、実際は声はギャギャと言う声だし、忍者のような動きだし、姿とは大分違います。

Dsc_0484

まあ、せっかくここまで来たのですから、出会えたことは嬉しいことでした。

 

2014年12月23日 (火)

カイツブリ着水 (Little grebe landing on the water)

毎年年末に松のもみあげをします。松は一年に二度丁寧に手入れしてあげないと、樹形

を維持できません。そこで今日は、鳥見はお休みでした。

Dsc_0333s


昨日の朝、大栗川でカイツブリが飛んできたときの写真です。

 

Dsc_0334s


後で見たら、なかなか面白かったので、掲載します。

Dsc_0335s


着水時のカイツブリの羽が透明感があっていいなと思いました。

Take offの写真もあるのですが、それはまた今度!

2014年12月22日 (月)

ウグイス (Japanese Bush Warbler)3

今日は公園に行こうか、河原へ行こうか迷ったのですが、河原から公園に回りました。

Dsc_0371

公園では特に珍しい鳥さんがいたわけではないのですが、藪でジャッジャッと地鳴きする

ウグイスさんに出会えました。

 

Dsc_0369


実はウグイスはとても好きな鳥さんであの目が特に好きなのです。

Dsc_0365


切れ長と言うかそう見える目元がとても凛々しく思え、魅力を感じるわけです。

Dsc_0367


この季節には地鳴きなので、知らない人はウグイスとは気づきません。

Dsc_0363


藪から出てきて木の上できょろきょろしていました。

2014年12月21日 (日)

松と鳥 (the birds on the pine tree)

コハクチョウが来ているということで、何回も川に行きますが出会えません。そんな途中の

松の木にオナガが居ます。

Dsc_0206


オナガは、よく松の木に居ますがその種子でも食べているのでしょうか?

 

Dsc_0218


よく見るとムクドリの集団も松の木で何か食べています。不思議な光景でした。

続きを読む "松と鳥 (the birds on the pine tree)" »

2014年12月20日 (土)

ベニマシコ (Long-tailed rosefinch)4

ハイタカの飛翔を堪能した後、土手を歩いているとどこからともなく、フィフィと言う声が

聞こえてきます。見ると草むらに赤い鳥さんが来ていました。

Dsc_9680

ベニマシコです。赤い奴は今シーズン初めてです。

 

Dsc_9688


明るい日差しの中で草の種子を食べています。

 

Dsc_9946


どうもこの鳥さんは、草むらに居るのでバックが映えません。

 

Dsc_9955


数羽います。中にはメスも交じっていて全部で4羽でしょうか。

 

Dsc_0138

出合えただけでもうれしいことではありました。

2014年12月19日 (金)

ハイタカ (Sparrowhawk)2

上空をタカが飛んでいます。何度も何度も旋回します。しかもゆっくりと写真を撮ってくれと言わんばかりに。

Dsc_9536

青空を背景に気持ちよさそうです。実際は地上の獲物を探しているようです。

Dsc_9537


見たところオオタカかなと思ったのですが、ハイタカのようです。

Dsc_9555


ハイタカとオオタカの区別は難しいので、間違ってはいけないと図鑑で再確認です。

Dsc_9577


オオタカの方が翼の先が細くとがる。オオタカの尾は丸みを帯び、ハイタカは角ばっている。

Dsc_9578


頭はオオタカの方が大きく、前に突き出ている。

Dsc_9581


ハイタカの方が尾の班が荒く明瞭ではっきり見える。

Dsc_9586


まあ、そんなところのようですが、これだけ近くを飛んでくれたことに感謝!

2014年12月18日 (木)

カシラダカ (Rustic bunting)

河原の草藪から一斉に鳥さんが飛び出します。よく見ると、カシラダカのようです。


Dsc_9286


草の種子を食べていたようです。驚いて飛び散ったものと思われます。


Dsc_9297


カシラダカは結構冠羽があって、一見するとミヤマホウジロに似ています。

Dsc_9356


あわよくば、群れに交じっていないかと、片っ端からチェックします。

Dsc_9359



しかし喉が黄色い奴は居ません。

Dsc_9364


それでももしかしたらと、さらに探してみます。

Dsc_9367

似た奴は居ましたが、残念本物は交じっていませんでした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ