鳥見

2017年6月28日 (水)

その他の鳥たち

さて、遠征報告が長くなってしまいました。そろそろおしまいにしたいと思います。

まずはどこにでもいるキビタキが早朝の森で囀っていました。




Dsc_6127c






やたら白っぽいので名のあるモズかと思ったら、ただのモズでした。






Dsc_5982c





お腹に縞模様のあるオオアカゲラもいました。





Dsc_5048c






電線どまりのノジコももっといいのを撮りたかった鳥さんです。






Dsc_6546c





そして最後はニュウナイスズメ、ほっぺに班がありません。






Dsc_6742c






いやはやメインの鳥さん以外は分散してて中々撮るのが大変でした。





2017年6月27日 (火)

アカゲラ夫婦(A Great Spotted woodpecker)

お父さんアカゲラとお母さんアカゲラは餌を探すのに大忙しです。




Dsc_4784c




お母さんアカゲラはよくエゾハルゼミを捕まえます。






Dsc_4792c






森のあちこちで鳴いているので、見つけやすいのかもしれません。






Dsc_4800c





お父さんアカゲラは近場で餌を探すので、持ってくる頻度が高い感じです。






Dsc_4896c





子供たちももうすぐ巣立ちなので一杯食べて体力をつけなければなりません。






Dsc_6235c






セミの鳴き声だけがうるさく聞こえる森の一コマです。




2017年6月26日 (月)

アカゲラの子育て(A Great Sptted woodpecker)

森の楓の木に小さな穴があり、中にはアカゲラの子供たちがいました。




Dsc_6274c




お父さんアカゲラとお母さんアカゲラはせっせと餌を運んできます。






Dsc_6288c_2






巣穴から頭を出しているのは小さい方の子アカゲラです。






Dsc_6390c




子アカゲラは餌が足りないようで、お父さんアカゲラの足にかみつきます。お父さんアカゲラは

痛さをこらえてそっと嘴を離します。








Dsc_6461c





次に餌を持ってきたときに頭を出したのは大きい方の子アカゲラです。頭の赤がはっきりしてます。





Dsc_6470c






さすがにお兄さんアカゲラ餌のもらい方もうまいもんです。






Dsc_6525c





餌をもらった後もお父さんアカゲラを見送っていました。




2017年6月25日 (日)

カワセミドジョウを捕える(A Common Kingfisher)

遠征報告はまだまだ続くのですが、今日は一息入れて同じブッポウソウ目のカワセミです。

久しぶりに支流を歩いているとカワセミがホバリングをしています。

Dsc_6991c




何かを見つけたようです。急降下します。






Dsc_6992c





獲物はドジョウの子供だったようです。






Dsc_7118c






いつものように叩きつけて気絶させています。





Dsc_7119c





結構元気なドジョウだったようです。中々食べられる状態になりません。






Dsc_7120c




やっとのことで食べきったのですが、お味の方はどうだったのでしょう?






Dsc_7087c





さてさて、明日から遠征報告の後編が始まります。






2017年6月24日 (土)

アカショウビン 最接近(A Ruddy Kingfisher)

数回水浴びをしに池に飛び込んでいたアカショウビンは更に近い枝に止まります。




Dsc_5911c




森全体に光が差し込み、少し明るくなった感じがします。近くの横枝に止まったアカショウビンは

羽繕いなどしながら、ゆっくりとしています。






Dsc_5942c





大きさはヒヨドリよりやや大きい感じです。赤い嘴と足以外は腹面が橙褐色、背中が赤褐色に

赤紫色の光沢があります。腰の中央にコバルトブルーの縦線がありますが雌雄同色ということです。






Dsc_5965c





しばらくくつろいだ後、いよいよ飛び出し態勢に入りました。






Dsc_5966c





そしてアッと思った瞬間飛び出します。






Dsc_5967c





カメラを構える我々の頭上を越えて飛び去りました。その間20分以上目の前でパフォーマンスを

見せてくれたのには、ただただ驚くばかりでした。また出会ってみたい鳥さんです。





2017年6月23日 (金)

アカショウビン 水浴びをする(A Ruddy Kingfisher)

横枝に止まっていたアカショウビンは辺りを窺った後、水辺の枯れ枝に降りてきました。

何というサービスの良さでしょう。




Dsc_5837c




次の瞬間、アッと思ったら水に飛び込みます。






Dsc_5528c






SSが全く足りないため、ブレブレですが仕方ありません。






Dsc_5560c




思っても見なかった水浴びを始めたのです。





Dsc_5629c





何という幸運でしょう、初めて見たアカショウビンが水浴びまでしています。





Dsc_5541c






しかも一回だけではなく、何回も池に飛び込みます。ただ残念なのは暗さと、見える位置に

移動して居る間にそのショーは終わってしまったのです。






Dsc_5643c





まあ贅沢は言えません。何しろ始めて来て長時間に渡ってその姿を見せてくれているのですから。



2017年6月22日 (木)

アカショウビン 枝から枝へ(A Ruddy Kingfisher)

長いこと見たいと思っていたアカショウビンが出現した興奮に体と脳が緊張していました。

撮影設定まで頭が回りません。





Dsc_5111c




もともと湿った森の奥に住む鳥ですから、撮影条件は厳しいものがあります。






Dsc_5221c





確かに三脚は必要な機材ではあります。今回手持ちでの撮影ではこの辺が限界です。







Dsc_5232c






意外と枝に止まって静かにしていることが多いので三脚設置でじっくり狙えそうです。






Dsc_5374c




出現してから三本目の横枝に止まりました。葉っぱのついていない枝に止まるので姿は容易に

確認できます。






Dsc_5420c





一方、アカショウビンは餌を探しに来たのでしょうか、しきりと周りを見回しますが餌が見つからないようです。




2017年6月21日 (水)

アカショウビン 出現(A Ruddy Kingfisher)

気の遠くなるような待ち時間の末に、あの特徴的な鳴き声とともにはるか遠くの横枝に

その鳥は現れました。アカショウビンです。




Dsc_5090c





その姿を堪能する間もなく飛び出し態勢に入ります。






Dsc_5098c





そしていきなり飛び出します。






Dsc_5099c





幸いこちらに飛びだしたので、視界に入ったまま近づきます。





Dsc_5100c





赤褐色の体上面が緑の林の中で際立っています。




Dsc_5101c






赤く大きな嘴がひと際、その姿を印象付けます。





Dsc_5102c





そして先ほどよりずっと近くの枯れ枝に止まってくれます。






Dsc_5104c




ずっと長い間、見たいと思っていたアカショウビンがやって来ました。しかもこの後20分以上

その姿を見せつけるかのように飛び回ってくれることになるのです。




2017年6月20日 (火)

ワカケホンセイインコ(An Indian Rose-necked Parakeet)

遠征最終日です。

公園を歩いていると、突然キィキィーと鳴いて尾の長い鳥が飛びだしました。驚いて見ると、

インコです。




Dsc_3071a



篭脱けが増えて公園にいっぱいいるとは聞いていましたが、驚きました。





Dsc_2493a





日本の気候にも適応してしまっているようです。




Dsc_2507a





何だか、どこの国にいるのかわからないような感じです。


さて、それはともかく明日からの遠征報告をお楽しみに!



2017年6月19日 (月)

子育て終盤のツミ(A Japanese Sparrow hawk)

子供たちもずいぶん大きくなりました。ツミの子育てももう一息です。


Dsc_4378a




最近は巣から離れる時間が増えました。





Dsc_4388a





明日まで、遠征中です。



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ