鳥見

2017年11月18日 (土)

対岸

そう言えば今季はまだ越冬ノビタキに出会っていないな~と思い、向こう岸に行ってみました。

ついでにオオタカでも居てくれるといいな~、などと土手を歩くと視界の片隅に動くノビタキがいます。




Dsc_4721a






丸々太って、運動不足のようですが、意外とすばしこく、あっという間に藪の中に入ってしまいました。

仕方なく逆光のツグミなんかを撮ってみます。





Dsc_4730a






一応、崖の紅葉を入れたつもりですが、いまいちです。散々歩くも収穫ないので、たまに風景でも

ということで冠雪した富士の山・・・




Dsc_4728a_2





さて、今日は天気が持つでしょうか。



2017年11月17日 (金)

ハヤブサ飛び回る(A Peregrine Falcon)

余り風が強いという訳でもない朝の河原です。川の上空をハヤブサが飛び回ります。



Dsc_4119a





機嫌が悪かったのでしょうか、そこいらにいるカワウに突っかかって脅かしています。





Dsc_4120a





のんびり小魚を追いかけていたカワウは、突然現れたハヤブサにびっくり仰天です。





Dsc_4016a





その後河原にたむろしていたカラスの集団を威嚇して飛びまわります。






Dsc_4040a






単にからかっているだけのようです。飛び回るだけで何もしません。





Dsc_4043a_2





食後の腹ごなしか、余程虫の居所が悪かったのでしょう。





2017年11月16日 (木)

カワアイサ再び(A Goosander)

いまにも降って来そうな暗い朝でした。誰も居ない土手上で見ていると、何か飛んできます。

目の前の本流に着水します。




Dsc_3632a




その姿からカワアイサのようです。先日目の前を下流へ飛んで行ったメスの個体かもしれません。





Dsc_3633a





今日は本流に降りて泳ぎだします。





Dsc_3671a





暗く、ISO感度を上げているせいもあって画像はひどいのですが、とりあえずシャッターを押します。





Dsc_3686a






近くで撮りたいと思うのですが、かなり警戒心が強いようです。





Dsc_3749a




中々近づけさせてくれません。その内飛び立ってしまいます。





Dsc_3781a





次は何とか条件のいい時に撮りたいものです。





2017年11月15日 (水)

オオタカ、ハトを追う(A Northern Goshawk)

いきなり崖の方から飛んできたのは、オオタカのようです。対岸に突っ込んでいきます。

何が起きたのか良く判らないうちに2羽の鳥が空中を飛び回ります。




Dsc_3555a




少したって、オオタカがハトを追いかけているのが判りました。





Dsc_3561a





ハトは必死に逃げます。追うオオタカも必死です。





Dsc_3564a





追うオオタカは一時も目を狙った獲物から離しません。徐々にその差はちじまります。






Dsc_3566a





もう少しで捕まります。目の前で繰り広げられる狩りに興奮します。






Dsc_3580a





正に、すぐ手が届くところまで追い詰めました。






Dsc_3591a






が、次の瞬間オオタカは追うハトから離れてしまします。遂に諦めてしまったようです。

これ以上追いかける体力が無かったようです。何ということでしょう、ハトは逃げ切ってしまいました。

この間、突っ込んできてから20秒余りで、オオタカの力は尽きてしまったようです。

狩りの成功率が低いのは、その全力での飛翔可能な時間が短いことが原因かもしれません。










2017年11月14日 (火)

水辺のタヒバリ(A Buff bellied Pipit)

河原を歩くと、その前をちょこちょこと進んでいる鳥がいます。タヒバリです。

Dsc_3130a




セキレイの仲間ですが、姿からはセキレイの仲間とは思えません。





Dsc_3147a





今年も冬になって越冬のため渡って来たのです。





Dsc_3158a





5,6羽の群れで水辺で餌探しをしています。





Dsc_3174a





それほど珍しい鳥さんではありませんが、季節を感じさせます。




Dsc_3133a





冬の陽だまりの中で、なんとなくほんのりした気分になりました。





2017年11月13日 (月)

今季のベニマシコ(A Long-tailed Rosefinch)

数日前からその鳴き声は聞いていたのですが、姿は見えずにいました。晴天の朝に出会えた

ベニマシコです。




Dsc_3201a





鳴き声を頼りに進んでいくと逆光の中にその姿がありました。




Dsc_3203a






しかもかなり色の濃いオスです。





Dsc_3209a




大抵オスは用心深く、その姿はシーズンが終わる頃しか見れないのですが、今季はラッキーです。





Dsc_3214a






今季は大雨台風で餌が水没したところが多く、どうなることやらと思っていましたが、しっかり見つけて

食べています。





Dsc_3236a





ちょうど朝食時だったのが良かったのかもしれません。





Dsc_3249a





メスも近くにいましたが、人が来て飛ばれてしまいました。また今度のお楽しみです。




2017年11月12日 (日)

今年もユリカモメ(A Black-headed Gull)

毎年寒くなるとユリカモメの群れが多摩川を上がって来ます。今年は例年に比べ数が多い感じがします。



Dsc_1036a




数日前の写真ですが、一応記録として録っておきましょう。





Dsc_1042a





支流の小魚を狙って大量に飛び回ったときの写真です。





Dsc_1044a





時々、ミサゴのように飛び込むのですが、早くて撮影は難しいものです。





Dsc_1048a





よく観察していると若い個体が多いようです。





Dsc_1055a





なぜ冬になると川を上がってくるのか良く判りません。





Dsc_1063a






それでもその真っ白い姿を見せてくれるだけで、嬉しくなります。



2017年11月11日 (土)

ハイタカの季節(A Sparrowhawk)

強風が吹いていい感じの朝でした。上空に現れたのはハイタカです。

Dsc_2358a




カラスのモビングを受けています。

Dsc_2368a





奇麗な個体です。メスの成鳥と思ったのですが、幼鳥とのことです。詳しい知人が教えてくれます。

風切先端の幅の広い横帯と単色部の間にやや明瞭な濃い横帯が決め手だそうです。まこと奥が深いです。


Dsc_2429a





見上げた上空には2個体飛んでいたので、どちらがどちらか分からなくなりました。

Dsc_2440a





ハイタカはその精悍さがたまりません。特に目つきの鋭いこと、オオタカ以上です。





Dsc_2465a





興奮冷めやらぬまま佇んでいると、別の個体が飛んで行きます。オスの成鳥かと思ったのですが、

典型的なメスの成鳥とのことです。





Dsc_2611a





雑木林に止まってあたりを窺います。





Dsc_2677a





この後近くに来たのですが、葉の陰に隠れ、姿を見せてくれません。下でバンが警戒音を

しきりと発していました。そのうち静かになったので、何処かへ行ってしまったのでしょう。








2017年11月10日 (金)

河原の小鳥

しばらく海浜話題だったので、その間に写真がいっぱい溜まってしまいました。季節ものを少々。



ジョウビタキ♂

Dsc_8095a






ジョウビタキ♀

Dsc_0617a





最近群れてるカワラヒワ

Dsc_8163a






最近よく出るキジ♂

Dsc_8175a





一杯あるのですが、これくらいにしておきましょう。



2017年11月 9日 (木)

オオタカ日向ぼっこをする(A Northern Goshawk)

風の強い日でした。いつもの川を上流へ歩くと対岸にオオタカの姿があります。しばらく観察しましたが、

動きません。どうも日向ぼっこをしているようです。




Dsc_0134a






その内、落ち着きがなくなり歩き始めます。





Dsc_0152a







「やっぱりあっちの方がいいかな」






Dsc_0159a






「あっちへ行ってみよう」




Dsc_0167a





こんなにうろうろするオオタカは見たことがありません。その内元いたところの近くに落ち着きます。





Dsc_0206a





さらに観察を続けます。見ている先にはダイサギが居たのですが、それを狙ったのでしょうか、

飛びだします。





Dsc_0244a






それにしては、ゆっくり飛びます。





Dsc_0245a






地上すれすれなので時々草に邪魔されますが、一応姿は追いかけます。





Dsc_0246a





後で考えてみると、何のことはない、単に対岸でじろじろ見ている観察者が目障りなだけだった

ようです。とんだお邪魔虫でした・・・





より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ