鳥見

2018年4月21日 (土)

五月晴れのイカル(A Japanese Grosbeak)

いつものように公園を夏鳥探して歩いていると、ヒマラヤスギの天辺からきれいな声でさえずりが

聞こえてきます。見上げるとイカルでした。





Dsc_4913a






まだ居たんだ、と驚いてしまいますが、この時期の鳥さんはきれいな声で囀ってくれるので

冬の間には聞けなかった鳴き声を楽しむことが出来ます。







Dsc_4935a







そろそろ帰ろうかとばかり、飛び出して行ってしまいます。








Dsc_4938a








数日前に聞いていた夏鳥を探し回ったのですが、見つかりません。抜けてしまったのかも

しれません。残念!








おまけ(キンラン)

Dsc_4291a






早く夏鳥の姿を見たいものです。






2018年4月20日 (金)

河原のセッカ(A Zitting Cisticola)

何年かぶりの発熱で床に伏せってしまいました。余程普段の行いが悪かったのでしょう。

それはともかく、河原にはセイヨウカラシナが咲き乱れ、セッカが鳴きながら飛んでいます。





Dsc_4592a







Dsc_4819a







この季節、なんとなくセッカが撮りたくなります。






Dsc_4753a







冬の間、静かに草陰で隠れていたのが、暖かさに誘われ一気に爆発したような元気さです。







Dsc_4779a







今年は暖かくなるのが急激で、セッカもあわてたに違いありません。






Dsc_4821a







鳴きながら飛ぶのは、お手の物ですが、どこか焦っているようにも思えます。






Dsc_4801a







一応熱も下がったので、明日からまた頑張りましょう。





2018年4月17日 (火)

公園のコジュケイ(A Chinese bamboo partridge)

今朝は、寒く薄暗い公園でした。相変わらず目立った動きがなく聞こえるのは、ヒヨドリとガビチョウ、

コジュケイの大きな鳴き声だけです。







Dsc_4513a







最近、鳴き声とともにペアと思われる2羽が一緒にいるところをよく見かけます。

鳥の世界は種類に寄らず繁殖期を迎えているのかもしれません。








Dsc_4541a







早くもツツジが咲きだして5分咲きくらいまで来ています。








おまけ(ウラシマソウ)

Dsc_4303a






野草だけは豊富に咲いています。





2018年4月16日 (月)

シロハラとアカハラ(A Pale Thrush & A Brown-headed Thrush)

公園には夏鳥が入りそうで、入らない状態が続いています。夏鳥目当てのCMも手持無沙汰のようです。

早朝はまだ、シロハラがうろうろしてます。





Dsc_4055a






幸い木止まりで撮れるので、まだ救われます。






Dsc_4271a







アカハラも各地から集まって来て帰る準備です。






Dsc_4121a






冬の間、なかなか見れなかったのが嘘のようです。






Dsc_4143a







アカハラもシロハラと一緒で木に止まってくれます。







Dsc_4270a







早く撮れよと言わんばかりに。それでもそろそろ夏鳥が恋しくなってきました。







おまけ(シロバナジロボウエンゴサク)

Dsc_4263a







野草は今が旬です。





2018年4月15日 (日)

2羽のカンムリカイツブリ(A Great Crested Grebe)

今日は在庫のカンムリカイツブリです。朝の川にはまだカンムリカイツブリが居ました。




Dsc_3761a







なかよく並んで泳いでいましたが、少し近づくと、いきなり飛びだしました。






Dsc_3777a







驚かせてしまったかな、と反省しているとどうもそうでは無さそうです。






Dsc_3807a






上流まで飛んで行って、もぐりながら戻って来ます。






Dsc_3820a







下流へ向かって魚を追いながら、漁をしてまた上流へ飛んで行くのを繰り返しています。






Dsc_3838a







2羽とも夏羽に変わって、すっかりかっこよくなっています。






Dsc_3852a







しばらく一緒にいると、またまた飛び出していきますが、まるですいとんの術のようです。






Dsc_3869a







子供の頃、忍者漫画を見ながら、片方の足が沈む前に次の足を出せば、沈まないということに

完全に納得していたものです。






2018年4月14日 (土)

河原のコチドリ(A Little Ringed Plover)

良く晴れた朝、河原を歩いてみました。あちこちでコチドリの鳴き声が聞こえます。




Dsc_3756a







黄色なアイリングがきれいです。






Dsc_3715a






もうコチドリがやってくる季節なんだな~、などと感慨にふけってみます。






Dsc_3694a







今年は季節の変化が早いので、うかうかしてられません。ここで見たコチドリは2羽仲良くいたので、

ペアーかもしれません。






Dsc_3594a








その内可愛い雛が出て来てちょこちょこ歩き回るのでしょう。






Dsc_3588a






今から楽しみです。








おまけ(ヤブニンジン)

Dsc_3200a





2018年4月13日 (金)

飛びだしたキジ(A Japanese Pheasant)

いつもの河原には誰も居ませんでした。鳥日照りで人が来ないのでしょうか?そこへ突然飛び出したのは

いつものキジです。





Dsc_3415a






最近はメスを見かけることもあるようですが、一向にメスとは縁がありません。






Dsc_3425a






飛び出して滑空するキジはいやっていうほど撮っているので、面白くありません。






Dsc_3432a






一面の菜の花の上を飛んでいるのなら、まだしも・・・






Dsc_3433a






そんなことを思いながら、シャッターを押し続けるのは、習慣でしょうか。






Dsc_3434a






きっと待つ場所が良くないのでしょう。







Dsc_3435a







そんなことを考えているうちに、無事着地しました。








おまけ(ヒヨドリ)

Dsc_3452a







渡りの群れでしょうか。





2018年4月12日 (木)

新緑のセンダイムシクイ(An Eastern Crowned Warbler)

新緑はどんどん進みます。コナラやクヌギの花もどんどん咲いています。そんな中でセンダイムシクイが

鳴き始めました。いつの間にかやって来たようです。





Dsc_3214a






チョビチョビビィー、と鳴いていますが中々いいところへ出てくれません。






Dsc_3121a






ムシクイは見分けるのが難しく、鳴き声で区別するのがよさそうです。






Dsc_3209a






冬の間は、別のムシクイで大騒ぎでしたが、あまり変わりはないように思えます。






Dsc_3172a






天気が続いたので、水場にでもやって来そうな感じがしますが、まだ木の上の方から降りてきません。






Dsc_3205a






この鳥の声を聴くと早くも夏の始まりを予感します。





Dsc_2997a






公園も緑に覆われ、鳥の姿を探すのが難しくなりそうです。






おまけ(ホウチャクソウ)

Dsc_3197a






野草が楽しめるベストシーズンです。



2018年4月11日 (水)

アオサギとセイヨウカラシナ(A Grey heron)

セイヨウカラシナの黄色い花がらみで鳥さんを撮りたいと思っていましたが、いつの間にか終わって

しまったようです。仕方ないのでアオサギです。





Dsc_1940a






今年はことのほか季節の変化が早いので、こんなことになりはせんかと撮っておいた写真です。






Dsc_1941a






こんな事でもないとなかなかカメラを向けないアオサギですから、たまにはいいか!と掲載です。






Dsc_1946a






もう少し気が利いた写真があればよかったのですが、こんなこともあります。








おまけ(チゴユリ)

Dsc_2978a







群生していました。






2018年4月10日 (火)

新緑のアオジとクロジ(A Black-faced bunting & a Grey bunting)

今日は十分な撮影時間が取れませんでした。昨日散策中に出会ったアオジとクロジです。



Dsc_2729a






この季節アオジは藪から出て来て桜などに止まります。新緑の中でポーズを取ってくれました。

クロジも一緒にいたのですが、良いところに止まってくれません。







Dsc_2737a






今日も同じところで見かけたのですが、撮影には至りませんでした。残念!






Dsc_2763a






この季節のクロジは、たぶん戻りクロジの立ち寄りだと思うのですが、毎年見かけます。







おまけ(ツミ)

Dsc_1736a



より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ