鳥見

2017年8月19日 (土)

アレチハナガサとセッカ(A Zitting cisticola)

昨日、今日と対岸を低空で飛ぶオオタカを見ました。たぶん狩りをしていたのでしょう。

今朝は一応低空から柳の木に止まったところは撮影できたのですが、あまりに湿気が多く、画像不鮮明

なので掲載はあきらめました。




Dsc_9886a






対岸の止まったところまでの距離は300mくらいでしょうか、ちょっと目を離したすきに

見失ってしまいました。たまには対岸に行ってみるかと、歩き出しました。






Dsc_9888a





対岸について河原へ出てみようとしたのですが、生い茂った草が背の丈以上もあり、断念しました。

戻ってくる途中、カラスが騒いでいたので、先ほどのオオタカがまた出たのでしょう。





Dsc_9905a






家に帰って写真を見ると見失ったと思っていたオオタカは単に枝移りをしただけで同じ木に

とまって居ました。あのままこちらで見ていれば面白い場面を見れたかもしれません。

またしても残念無念!



2017年8月18日 (金)

コアオアシシギ(A Marsh sandpiper)

水が引いている池にはアオアシシギに混じってコアオアシシギが来ていました。




Dsc_9466a




初めは皆お休み中だったので、どれがコなのか判りませんでした。





Dsc_9488a





その内一羽が動き出したので、どれがコか区別がつきます。確かにアオアシシギより一回り

小さいようです。






Dsc_9434a





アオアシシギと並んでくれると大きさの違いが判ります。





Dsc_9441a





コアオアシシギは幼鳥のようです。 全部で4羽いるそうですが、全部は見つけられません。





Dsc_9751a




皆さん、雨で出られなかったカメラマンがいっぱいいて自由に撮れませんでしたが、一応

何枚か撮って来ました。





Dsc_9795a




本当は他にも狙いはあったのですが、潮が満ちるまで待てず、ここまでがやっとでした。




2017年8月17日 (木)

飛翔するキョウジョシギ(A Ruddy turnstone)

やっと雨がやんで、欲求不満も爆発寸前で収まったようです。今日は海へ行ってみました。

渚の堤防付近に何か動いています。ひょっとするとキョウジョシギのようです。





Dsc_9541a




双眼鏡で覗いていると突然飛び立ちました。






Dsc_9544a





実はスコープの人がさっきからそちらを見ていたので、双眼鏡で覗いてみたのです。





Dsc_9546a





8羽くらいのキョウジョシギが一斉に飛び立って、旋回しています。




Dsc_9548a





何もいない季節でも海に来れば何かいるだろうと、計算したのは正解でした。





Dsc_9550a





背中が茶色と黒のまだら模様で、なんとも斬新なデザインです。






Dsc_9551a




行ってしまったと思ったら旋回して戻って来ます。





Dsc_9553a





何とも嬉しいパフォーマンスです。





Dsc_9558a





お陰ですぐ近くで飛翔姿を撮ることが出来ました。例の欲求不満も少し解消方向です。





2017年8月16日 (水)

思いでのツバメチドリ(An Oriental pratincole)

本当はこれが本当の梅雨だったりして・・・、という訳で今日も外に出れません。夏の日を

思い出して懐かしのツバメチドリです。





Dsc_0826b




南の島では今頃夏の太陽が照りつけていることでしょう。




2017年8月15日 (火)

Minaminoshimaセッカ(A Zitting cisticola)

今日もまたまた雨模様ですね。暇なので今年初めて行った南の島で撮ったセッカです。


Dsc_7831b





地元のセッカとどこか違うところはないかと、よくよく見たのですが、違いは無さそうです。



2017年8月14日 (月)

川原にて

何だか梅雨のような毎日ですが、雨の止み間を狙って河原へ出てみました。相変わらず

めぼしい鳥さんはいません。




Dsc_9145a




常連のアオサギ、ダイサギツバメなどが飛んでいるだけです。






Dsc_9165a





多摩川本流にまだ小さい雛を連れたカルガモが岸に沿って泳いでいました。オオタカにでも

見つかったら一発だな、などと思いながらしばらく佇んでいました。





Dsc_9195a





霧雨のようなものが立ち込めて、最悪な条件です。少し上へ行ってから帰ろうと歩き始めると

いつもの所にハヤブサがいます。





Dsc_9288a





何か起こるかと、しばらく居ましたが、根負けして撤収しました。

今日も異常なし、といったところです。




2017年8月13日 (日)

在庫のムラサキシギ(A Purple heron)

懐かしの鳥が豊富な南の島、そこを飛ぶムラサキシギです。



Dsc_8642b




なんとかこの鳥日照りを乗り切りたいものです。




2017年8月11日 (金)

ササゴイ(A Striated heron)

今日は都合で鳥見はお休みしました。せっかく見に来ていただいた方には、申し訳ありません。

代わりに在庫からササゴイです。




Dsc_5186z




明日は天気が回復すると良いですね。



2017年8月10日 (木)

ついにセッカ(A Zitting cisticola)

今朝の定点観測は低い雲が立ち込め、めぼしい鳥は姿を現さず、寂しい限りでした。

何にもいないので、セッカを撮って帰ることにしました。




Dsc_8885a




ここでセッカしか撮れなくなったら、しばらくは休憩した方がよさそうです。





Dsc_9048a





何処かいいとこを探すしかなさそうですが、この時期そんなところもないし、じっと我慢する

しかありません。出るのは愚痴ばかりです。




2017年8月 9日 (水)

コシアカツバメ給餌(A Red-rumped swallow)

台風の過ぎ去った空をコシアカツバメが飛んでいます。今日の最高気温は37度になるそうです。




Dsc_8524a




最近よくコシアカツバメを見かけます。雛が巣立って餌取の練習でもしているのでしょうか。





Dsc_8634a





よく見ていると時々2羽で空中で接近して飛ぶことがあります。





Dsc_8635a





幼鳥が親から餌をもらっているようです。ツバメが同じことをしていましたがコシアカツバメも

同じように幼鳥には時々餌を与えているようです。





Dsc_8637a





それにしても何と器用なのでしょう。飛びながら給餌するとは大したものです。






Dsc_8639a





コシアカツバメはツバメに比べると人相がいいような気がします。ツバメは目の窪み方が

人相を悪く見せている感じがします。






Dsc_8640a





今朝は飛んでいるハトの群れにハヤブサが突っ込むところを見ましたが、撮影は完全に失敗。

さらにすぐ上をホトトギスが鳴きながら通過しましたが、こちらも撮影失敗。暑さに負けて

早々に撤収しました。




より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ