鳥見

2017年7月21日 (金)

やっと育ったオオタカ幼鳥(A Northern Goshawk)

遠征ボケを直すべく、猛禽を見に歩く毎日です。久しぶりにオオタカ幼鳥の姿を見ることが

出来ました。





Dsc_2759a




その幼鳥はヒマラヤスギの枝で食後の休憩をとっていました。





Dsc_2516a




何でも朝早くに親が餌を持って来て、それを食べ終わったばかりとのことでした。






Dsc_2426a






これでもかというくらい嗉嚢が膨らんで、余程いっぱい食べたのでしょう。






Dsc_2448a




食べ過ぎて身動きできないようですが、時々枝を移ります。





Dsc_2813a





枝移りをする時の様子を見ていると何だかまだよく飛べないような感じです。





Dsc_2725a





兄弟2羽を失っているそうで、この子だけでも無事育ってほしいと思わずにはいられません。





Dsc_2599a





こちらも早くいつものペースに戻りたいと思っています。



2017年7月20日 (木)

ツミそろそろお別れ(A Japanese Sparrowhawk)

今年も4月の末くらいから楽しませてくれたツミも、その子育てが終盤です。若ツミも大分大人に

なりました。





Dsc_0997a




活発に飛び回り、その飛翔力も十分ついてきた感じです。





Dsc_1002a





まだ狩りの腕は十分といえませんが、少しづつ練習を重ねていくのでしょう。






Dsc_1079a





先日もあっという間にセミを捕まえていました。





Dsc_1080a





まだ時々親が餌を運んできているようですが、それもだんだん無くなるでしょう。






Dsc_1601b





姿が見れなくなると思うと、寂しい感じもしますが、仕方ありません。





Dsc_1607a





5羽の若鳥がこの後無事に成長することを祈るばかりです。





Dsc_2048a




きっとまた来年も戻って来てくれるでしょう。





2017年7月19日 (水)

ミフウズラとその他の鳥たち(A Barred buttonquail)

南の島には色々珍しい鳥がいて、目を楽しませてくれます。まずはサトウキビ畑の縁を歩く

ミフウズラです。あちこち探しまわりましたが結局一回だけ見ることが出来ました。





Dsc_0698a




次は松の木の横枝でウーウーウーと鳴くキンバトです。嘴は紅を引いたような赤、雨覆と三列風切は

エメラルドグリーンのおしゃれなハトで額から眉斑が白いのはオスだそうです。






Dsc_0406a





車の前を歩いていたのは夜になると変な声で鳴いていたクジャクです。






Dsc_0674a





更に電線に止まっていたのはリュウキュウツバメです。本州にくるツバメと比べると下腹が赤っぽいかな。





Dsc_8952a






そして最後はキンパラ。渇いた道の残った水たまりに現れた外来種だそうです。





Dsc_0712a





一応これで今回の遠征報告はお終いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

大分地元をさぼってしまったので、また頑張りましょう。




2017年7月18日 (火)

飛翔するバン(A Common moorhen)

湿原の朝、朝陽を浴びて一羽のバンが飛びだします。




Dsc_8547a





湿原の芦原には見えないところで、いろいろな動物が潜んでいるのでしょう。何かに驚いて

飛びだしたに違いありません。






Dsc_8554a




バンはクイナの仲間なので、泳いでいるか、水際を歩く姿が印象に残っていて、飛ぶ姿は

あまり印象にありません。





Dsc_8560a





写真を撮ってみると、やはり体の割に足が目立ちます。





Dsc_8565a





着地の姿も走り幅跳びの着地に似ています。






Dsc_8567a





鳥でなければ、世界新記録間違いなしです。




2017年7月17日 (月)

南の森のサンコウチョウ(A Japanese Paradise flycatcher)

リュウキュウアカショウビンが来た水たまりにサンコウチョウもやって来ました。なんと、おおらかな

土地柄でしょう。




Dsc_7812a





これなら森に入る必要もありません。でも背景が道路では、如何せん寂しいのでやはり

森に入ってみることにします。池の端で待つとほどなくオスが現れます。






Dsc_7704a





周りではあちこちで、ホイホイ鳴いています。






Dsc_7710a





見上げる木の上ではなく、目線の枝に止まってくれるのが嬉しいです。






Dsc_7721a





何回も池に飛び込んで水浴びをするのですが、動きが早く、また場所取りが悪いため撮影できません。






Dsc_7724a





仕方なく止まりものばかりですが、近いのが、救いです。






Dsc_7734a





短時間の滞在時間だったのでこんなもんしかありませんが、次回はリベンジしてみたいと思います。




2017年7月16日 (日)

憧れのリュウキュウアカショウビン(A Ryukyu Ruddy kingfisher)

森に入る前に森の周りの明るい道の水たまりに寄りました。ここでは水が貴重なため水たまりも

侮れません。すぐに目の前にアカショウビンが現れました。あまりの近さにびっくり仰天です。





Dsc_7564a




今年初めて見たアカショウビンより大きい感じがします。それと紫色が強い感じです。

いきなり出てきた大物に期待を膨らませて森に入るとそこらじゅうで鳴いています。しかも出くわすと

近すぎます。






Dsc_7658a





それならばいっその事デジスコモードで撮影です。






Dsc_7672a





長い間、あこがれていたアカショウビンがこんなに簡単に撮れるとは、そのことに驚いてしまいます。






Dsc_7684a





池の端にやってくるのは水浴びのためか、漁のためか判りませんが頻繁に現れます。






Dsc_7784a





時々何か加えているやつもいるので、水浴びばかりでは無さそうです。






Dsc_7744a






驚いたことに南の島のアカショウビンはおしゃれな趣味のものも居てアクセサリをしたやつも

飛び交っていました。どこかスケールの違いを痛感しました。



2017年7月15日 (土)

ツバメチドリ擬傷(An Oriental pratincole)

すぐ真上を飛び回っていたツバメチドリが、目の前に降り立ちます。5mほどの距離です。




Dsc_9966a




そして畑の土の上でバタバタとうごめいています。





Dsc_9967a





その動きは激しくはないのですが、どうしたのだろうと思わせるものです。






Dsc_9968a





とりあえず目の前の姿を収めようとシャッターを押します。






Dsc_9981a





一向に飛び去る気配がしません。こんなチャンスはないだろうと尚もシャッターを押し続けます。






Dsc_9987a





相変わらず飛び去る気配もなく却って近づいてきます。






Dsc_9992a





その内土の上にしゃがみこんだりしています。






Dsc_0004a





おかしいな~?と思いつつシャッターを押す手を休め観察していて気が付きました。

これは擬態なんじゃないかと。






Dsc_0016a




帰ってから調べて見るとコチドリなどがする擬傷という行為で近くに雛か卵があってそれから

目をそらせる行為だったようです。何とも勉強不足でした。





2017年7月14日 (金)

飛翔するツバメチドリ(An Oriental pratincole)

親のツバメチドリが真っ青な空を背景に飛び回ります。




Dsc_9910a




その飛翔姿は、名前の通りツバメによく似ています。ただツバメほど早く飛ぶ訳ではありません。






Dsc_9936a





ピィピィピィと大きな声で鳴きながら飛ぶのですが、遠くへ行ってしまうわけではありません。





Dsc_9944a





やはりこの近くで営巣しているので、遠くへ行くわけにはいかないのでしょう。





Dsc_0170a





ツバメほど早く飛ばないのも、そのせいかもしれません。その気になれば早く飛ぶことが

出来そうな姿をしています。






Dsc_0176a





すぐ上空を何度も旋回するので、写真はいっぱい撮れます。






Dsc_9946a





幸い青空だったので、その姿も映えて飛翔姿もきれいです。





Dsc_0820a





何とも贅沢な鳥見と言えそうです。





2017年7月13日 (木)

初めてのツバメチドリ(An Oriental pratincole)

トウモロコシ畑の耕したばかりの土の上にツバメチドリが佇んでいます。




Dsc_0206a





以前から一度見てみたいと思っていた鳥ですが、地元近郊に来たときは大変な騒ぎとなるため、

どうしても足が遠のいていました。それがここの畑には他に誰も居にところでじっくり観察できます。






Dsc_0846a_2




夏羽なので喉は淡黄色の羽毛で覆われ、眼先から胸部にかけて淡黄色を縁取るように黒い線が

はいっています。まさに図鑑のとおりです。





Dsc_0855a





嘴の基部の赤い色がポイントになっています。

ゴロゴロした耕された畑の遠くに陽炎が立って、そこに親子でしょうかその姿が見れます。






Dsc_9737a





陽炎が激しくピントが合わず残念だと思っていると、幼鳥でしょうか羽を広げてこちらに来ます。






Dsc_0280a





どうも様子を見ていると親と一緒に闖入者に対して威嚇しているようです。






Dsc_0291a





幼鳥も巣立ったばかりのような小さいのから、大分経ったようなのまで様々です。





Dsc_0732a





耕された畑に一雨来るとサトウキビの苗を植え始めるそうですが、その前に皆巣立つ必要が

あるそうです。




2017年7月12日 (水)

アオバズク親子(A Brown hawk owl)

森のはずれの明るい道を歩いていると、遠くの松の木にアオバズクの姿があります。




Dsc_0550a




近づいてよく観察します。南の島のアオバズクも地元にくるアオバズクと変わりないようです。





Dsc_0598a




よく見ると一羽ではなく幼鳥と一緒です。子供が2羽一緒にいました。





Dsc_0602a





更に周りを見てみると、親がもう一羽下の枝に止まっています。家族で一緒だったようです。






Dsc_0634a





せっかくなので子供たちのアップの写真も一枚。





Dsc_0655a





何気ない散歩の間に偶然出会っただけですが、ラッキーでした。



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ