鳥見

2017年10月16日 (月)

雨の日のミサゴ(An Osprey)

雨が続いて、気がめいります。写真を撮りに出ることもできません。仕方がないので在庫からです。



Dsc_1342a




今年もずいぶん楽しませてくれています。





Dsc_1356a





少しずつアユも大きくなっているようです。





Dsc_1358a





こちらまで飛んできて目の前で飛び込んではくれるのですが、不漁は続きます。




Dsc_1359a





一応、雨の雰囲気とアレチハナガサをあしらってみました。





Dsc_1360a





明日は晴れ間が見れそうです。





2017年10月15日 (日)

飛来したヒドリガモ(An Eurasian Wigeon)

そぼ降る雨の多摩川にヒドリガモでしょうか、ひっそりと泳いでいます。



Dsc_2233a




雨が降って、落ち着いた感じがいいです。





Dsc_2258a





カルガモも一緒にいますが、喧嘩するわけでもありません。カモさんは平和的なのでしょうか。





Dsc_2263a




全体にメスの方が多いようです。この前のコガモもそうでしたが、シーズン最初の頃は圧倒的に

メスの方が多いような気がします。なぜでしょう?





Dsc_2281a




そのうち一斉に飛びだしました。全部で14羽いたようです。




Dsc_2307a






行ってしまったと思っていたら、戻って来ます。オスも2羽混じっていました。



2017年10月14日 (土)

雨のオオタカ(A Northern Goshawk)

雨雲レーダーをチェックしながら河原へ行ってみました。誰も居ない静かな風景です。

崖にオオタカが現れました。




Dsc_1541a




実は午前中も行ってみたのですが、雨に降られ身動きが取れませんでした。それでもいいことも

あるものです。




Dsc_1833a





雨のため写真は酷いですが、おかげで初めての人と一緒に鳥見が楽しめました。




Dsc_1873a





明日もまた雨なのでしょうか、何とか出かけるチャンスをうかがいたいと思います。






2017年10月13日 (金)

上空の猛禽

青空は出ているのですが、湿度が高い日でした。はるか上空に大型の猛禽が飛んでいます。



Dsc_1418a




あまりに高く、写真がぼやけ特定することが困難です。





Dsc_1423a





羽の幅がやたら広い猛禽です。





Dsc_1433a





今まで見たことがない猛禽ですが、あまりに遠いので興奮も覚えません。






Dsc_1466a





高高度をゆったりと、本当にゆったりと飛んでいます。





Dsc_1524a





ひょっとするとあれが話に聞くクマタカかもしれません。今度は、はっきりわかる写真を撮りに

行きたいと思います。





2017年10月12日 (木)

林のツミ(A Japanese Sparrow-hawk)

林を歩いているとピーピー、と鳥の声が聞こえます。オオタカかなと思って探してみると、ツミの幼鳥です。



Dsc_0397a




どうも少し離れたところにもう一羽いるようです。お互いに鳴きあっています。





Dsc_0570a





夏はとっくに過ぎて大方のタカも渡って行ったのに、まだ居残っているようです。





Dsc_0440a






ひょっとすると越冬するつもりなのかもしれません。





Dsc_0575a





ハイタカが渡ってくると縄張り争いが起きそうです。






Dsc_0579a





かわいい顔で見つめられるとどちらを応援していいかわからなくなります。






2017年10月11日 (水)

木の上のオオタカ若(A Northern Goshawk)

土手を歩いていると朝食用の餌を求めて、若いオオタカが飛び回っています。見ていると、ちょうどいい木

に止まってくれたので近くまで見に行きます。





Dsc_0364a






餌を探すのですが、格好な餌が見つからないようです。足元の池でカイツブリの声がしてます。






Dsc_0335a






こちらも急いでいたので、早く片付けてもらいたいと願っていました。





Dsc_0348a





いつもだとこちらに飛んでくれるのですが、今日は向こう向きに飛ばれてしまいます。





Dsc_0366a





後姿で残念ですが、あまり見ない角度なので掲載します。





Dsc_0367a





お尻からのショットでオオタカには失礼ですが・・・




2017年10月10日 (火)

もう一度エゾビタキ(An Grey-streaked Flycatcher)

秋の渡りがすべて通り過ぎてしまう前にもう一度エゾビタキを見たくて、公園に出かけました。



Dsc_0930a




今年豊作のクマノミズキの実を食べに朝からエゾビタキがやって来ます。





Dsc_0949a




光の具合があまり良くないのですが、何とか姿をとらえました。





Dsc_0950a





ちょうど実を銜えて満足げな様子です。





Dsc_0951a





銜えた実を一気に丸呑みです。消化によくないようですが、鳥ですから・・・





Dsc_0804a





朝早い時間だとまだ陽が当たらない場所は暗くて色が出ません。





Dsc_0849a





それでも無理やり撮っておきました。






2017年10月 9日 (月)

早朝の漁ミサゴ(An Osprey)

最近よく飛び込むポイントにミサゴを見に行ってみました。近くに顔見知りが大勢いたようですが、

気づきませんでした。観察ポイントが違っていたようです。ミサゴは3回ダイブしました。




Dsc_0015a





相変わらず漁が下手なのか、魚がいないのか効率は今一です。





Dsc_0119a






それでも近くでポーズは取ってくれます。





Dsc_0128a





水からすぐに上がってこない場合は、失敗のケースが多いようです。





Dsc_0025a





水から上がって飛び上がる方向で、写真も大分変って来ます。





Dsc_0203a






3回目には真正面に飛んできます。





Dsc_0204a





ピントが背景にとられる前にシャッターをどれだけ切れるかです。





Dsc_0206a






3回目で一応小さなアユを持っていました。






2017年10月 8日 (日)

ハクセキレイ幼鳥(A white Wagtail)

今日は所用で鳥見はお休みしました。在庫の幼鳥ハクセキレイです。

Dsc_5773a




今日は気温が上がって暑いくらいでした。運動会の見物も汗だくです。





Dsc_5775a





明日はまた、鳥見を楽しみます。




2017年10月 7日 (土)

オオタカカラスを蹴散らす(A Northern Goshawk)

崖の上のニセアカシアにオオタカ成鳥が止まっています。



Dsc_9547a




北風が吹いて胴回りの羽毛が波立っています。それを見たカラスがすぐに集まり騒ぎ立てます。





Dsc_9553a_2




オオタカはうるさいカラスを追い払いにかかります。



Dsc_9554a





オオタカに蹴散らされたカラスが集まって来ます。





Dsc_9783a





オオタカにかかったらカラスなど問題になりません。





Dsc_9581a










空中戦でもやってやるかと、少しだけ相手をしているようです。





Dsc_9592a




適当にあしらってさっさと退散モードに入ります。





より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ