鳥見

2018年2月17日 (土)

今日もオオタカ(A Northern Goshawk)

毎日、ドラマを求めて通いますがそうそうドラマがある訳ではありません。今日も何もありませんでした。



Dsc_7879a





いつもの幼鳥が崖に止まっていましたが、何をするでもありません。






Dsc_7884a





しばらくすると対岸に飛んで行ってしまいました。次に現れたのは成鳥です。






Dsc_7918a






しばらく崖を行ったり来たりしていました。





Dsc_7941a







一度、川に突っ込むふりをしましたが途中であきらめます。





Dsc_7974a






結局、元の位置に戻ります。






Dsc_8006a






いつものように平穏な一日が終わります。





2018年2月16日 (金)

突然のオオタカ(A Northern Goshawk)

いつものように川沿いの土手を歩いていると、2,30m先でアオサギが大声を出します。見るとオオタカが

舞っています。あわててカメラを構えますが間に合いません。ところが運よくこちらに向かってきます。





Dsc_7251a






何を狙ったのかは、判りません。失敗して飛んでくるところが偶然ファインダーに収まりました。





Dsc_7252a






一度焦点があってしまえば、あとはカメラが追いかけてくれます。





Dsc_7253a





真っすぐ飛んできたオオタカは、すぐ横を通り抜けます。5,6mといったところです。





Dsc_7256a






全くのノートリです。こんな近くを飛ぶオオタカを撮ったのは初めてです。





Dsc_7258a






ところが近すぎてオオタカの動きについて行けません。気が付くと反転して崖の方を飛んでいます。





Dsc_7269a






驚きと興奮で、しばらくは動けませんでした。この時期オオタカもいっぱい食べる必要があるのでしょう。

それにしてもびっくりする出来事でした。





2018年2月15日 (木)

チョウゲンも繁殖の季節(A Common kestrel)

赤い鳥を探しに行った谷では、見つけることが出来ませんでした。その代わりチョウゲンボウが

2ペア飛び回っていました。





Dsc_6288a





青空を背景に4羽のチョウゲンが本当に楽しそうな光景を見せてくれます。






Dsc_6527a






猛禽ばかりではないでしょうが、早くも鳥の世界では繁殖活動が盛んになって来ました。





Dsc_6327a_2





気温も高く、空も青く気持ちの良い日です。






Dsc_6602a





毎年のことではありますが、季節を感じる一コマです。






Dsc_6619a






最近地元のポイントで猛禽を見ないな~!と思っていたのですが、矢張り皆忙しいのでしょう。





Dsc_7011a






チョウゲンボウノ仲の良さに驚かされます。






Dsc_7121a





人間、年を取ると時間の流れが速く感じるらしいので、それに当てはまっているのかもしれません。

2018年2月14日 (水)

梅ルリ(A Red-flanked bluetail)

最近少し日の出の時刻が早くなってきました。もちろん日没の時間も遅くなってきました。

春が近い証拠です。嬉しい限りです。梅林にいるルリビタキも嬉しそうです。




Dsc_5580a






陽だまりでは春を感じることが出来ます。





Dsc_5598a






時々、地面に降りて虫を探しています。






Dsc_5657a






少し怪しい感じがしますが、ここは目をつぶりましょう。






Dsc_5688a






ルリビタキももう少しすると山へ帰ってしまいます。





Dsc_5700a






来年また来てくれることを祈っています。





2018年2月13日 (火)

またキジが飛ぶ(A Green pheasant)

この場所におなじみの人には、毎度のことになってしまいますがキジの滑空です。





Dsc_4147a






キジばかりではないのですが、鳥はいつ飛びだすか判りません。ですから常に緊張感をもって

待機する必要があります。





Dsc_4162a






鳥見の人でへらへらしている人は好きではありません。






Dsc_4169a






単におしゃべりしたいのであれば、どこか他でやってもらいたいものです。





Dsc_4170a






大切な瞬間を逃してはなりません。






Dsc_4172a






常に緊張感をもって探している瞬間が好きです。





2018年2月12日 (月)

水際のオオタカ(A Northern Goshawk)

崖の上でずっと下を窺っていたオオタカが突然河原へ降りてきました。何かを捕ろうとしています。



Dsc_5414a






河原の草むらに何かいたのでしょうか。こちらからは判りませんでした。






Dsc_5416a






しばらく暴れていましたが、何か捕った様子はありません。





Dsc_5429a






ほんの20mくらい先で起きている捕りものですが、実際は何をしているのか、観客は茫然と

するばかりで判りません。






Dsc_5485a






小さな鳥でも居たのでしょうか、それとも小動物でも捕ろうとしたのか想像をめぐらすばかりです。





Dsc_5498a






藪の中を数分飛び回っていましたが、最後はあきらめたのか、川に沿って飛んでしまいました。






Dsc_5510a






今回もまた、消化不良の捕り物劇に終わってしまいました。いつか劇的なシーンに出会うのを待つばかりです。





2018年2月11日 (日)

再開キクイタダキ(A Goldcrest)

静かになった公園を歩いてみると針葉樹の中に小さな鳥が動いています。キクイタダキのようです。




Dsc_4452a






年末に撮ってはいたのですが、満足できなかったので、もう一度出会いたいと思っていました。






Dsc_4525a






やっと公園も静かになったので、ゆっくり楽しむことが出来ます。





Dsc_4526a






キクイタダキの動きは早く、なかなかファインダーに収まりません。






Dsc_4527a






動き回り、飛び回り、松から松を渡り歩きます。





Dsc_4602a






よく見ていないと、見失ってしまいます。一度見失うと探すのが大変です。






Dsc_4761a






動きに必死でついていきます。ある程度の予測も必要です。





Dsc_4824a






数えてみると、はじめ居たヒマラヤスギから5本の松を渡っています。





Dsc_4994a






普段、なかなか見れないはずです。最後は開いた口の中まで見せてくれました。





Dsc_5059a






今回は、そこそこ撮らせてくれました。最初に見つけてくれたお仲間に感謝!!




2018年2月10日 (土)

どんぐりとカケス(An Eurasian Jay)

今年はいつもの年に比べると入ってきたカケスの数が少ないようです。早朝、目の前の斜面で

枝の向こうでジェイジェイと鳴いています。




Dsc_4338a






何とか枝被りのない姿を撮りたいと思いますが、なかなかいいところに止まってくれません。






Dsc_4353a






しばらくすると、幹の一部が腐った穴に何かを探しているようです。






Dsc_4362a






カケスはその鳴き声がそのまま英名になっているところが面白く、ジェイ(Jay)といいます。





Dsc_4372a






しばらく何か考え事をしながら、穴の中を探しています。





Dsc_4378a






確かここだったんだがな~、と言わんばかりです。






Dsc_4379a






そしてついに見つけたようです。どんぐりを銜えています。






Dsc_4383a






この後、満足そうに飛んで行ってしまいました。ちゃんと隠した場所を覚えていたとは、なかなか賢い鳥さんです。





2018年2月 9日 (金)

オオタカカワセミを狙う(A Northern Goshawk)

崖の中腹に止まっていたオオタカが、なんとカメラマンがいる目の前に降りてきました。



Dsc_3962a






もちろんこちらを警戒していますが、それよりも獲物に対しての気持ちが強かったのでしょう。





Dsc_3965a





枝を渡って獲物に近づきます。





Dsc_3967a






こちらで見ているカメラマンはみんな呆然としています。あまりに近くで獲物を捕ろうとしているからです。





Dsc_3982a






オオタカの視線の先にはカワセミがいるようですが、隠れてしまっています。





Dsc_4001a






しばらくするとオオタカは意を決して突撃態勢に入り、ついに飛び出します。





Dsc_4002a






それを見ていた人はみんなその瞬間、息をのみます。





Dsc_4004a






自分がいた位置からカワセミの姿は見えません。何に飛び掛かったかわからないままシャッターを

押します。






Dsc_4008a






水面から3、4mの高さなのでスピードが増すこともないのですが、それでもオオタカは飛び込みます。





Dsc_4010a






案の定、狩りは失敗しオオタカは反転して低空を元いた崖に向かって飛んで行ってしまいました。

期待をもってシャッターを切っていたものの、中途半端な結末でした。





2018年2月 8日 (木)

目の前にベニマシコ(A Long-tailed Rosefinch)

帰ろうと歩き始めると道端の枯草の中で、聞きなれた鳴き声がします。見るとベニマシコの群れです。



Dsc_3081a






メスばかりのようですが、すかさず撮らせてもらいます。





Dsc_3149a






逆光ですが木どまりも一枚。





Dsc_3174a






更に背景を変えてもう一枚。





Dsc_3181a






他に誰も居ないところで、偶然出会えた鳥さんは嬉しいものです。






Dsc_3095a






ベニマシコのメスは採餌に忙しくカメラマンのシャッター音など気にしていないようです。





Dsc_3204a






時にはラッキー、もあるようです。今後については更に期待したいところです。




より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ